<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
あまかけ
6年ぶりに上演されたTSミュージカル『天翔ける風に』を観に東京芸術劇場まで行ってきました。
6年前に再演舞台を初めて観たとき(初演はそのあとテレビで見ました)もんのすごく感動して通った作品だったので、また再び上演されたことは本当に嬉しかったですね。最近のTS作品は個人的に好みに合うものとそうでないものがあったりでちょっと気持ちが離れ気味になることもあったんですが・・・
『天翔け』だけは別格です!
ちなみに再演時の私の熱烈な観劇記はこちらにあります(笑)。

ロビーにはいろんな人から贈られた花が咲き乱れた状態でいい香りが広がってました・・・。なんか花畑に来たような気分に(笑)。こんなたくさんの花を見たのは『タイタニック』以来だったかも。謝先生もいらっしゃってて入り口付近でいろんな方とご挨拶してました。それから俳優の鶴田忍さんもいらっしゃってましたね。銀之丞さんの応援かな?

さて、新しくなった『天翔ける風に』ですが・・・セットも一新され今までよりも分かりやすい演出になっていたように感じました。なんていうか、より、登場人物の気持ちがストレートに客席まで伝わりやすかったかなと。
ダンスシーンも相変わらずアクロバティックで迫力があるものが多く、見応え充分。そして何よりも玉麻さんの音楽が素晴らしいです!パーッと6年前の記憶が蘇ってきて・・・あぁ、やっぱり好きだなぁと実感。あと、衣装も独創的なものに変わってました。ブレザーとかも出てきて現代と幕末が入り混じったような感じ。ちょこっと違和感あったのは通貨の単位だったかな。幕末の話なんですが・・・なぜか通貨単位が現代のものになってました(汗)。ここはやはり時代にあわせたものにしてほしかったかも~。
そのほかの細々した感想はネタバレになるので追記に書きますね。

主なキャスト
三条英:香寿たつき、才谷梅太郎:山崎銀之丞、都司之助:戸井勝海、溜水石右衛門:今拓哉、甘井聞太左衛門:阿部裕、志士ヤマガタ:平澤智、三条智:剱持たまき、三条清・おみつ:福麻むつ美、志士・瓦版:照井裕隆、志士・瓦版:川本昭彦、志士:友石竜也


以下、ネタバレを含んだ諸々感想になります。けっこう相変わらず長い(爆)




まず一番印象的だったのはセットですかね。初演と再演は舞台中央に大川が流れているというような設定で下手から上手にかけて大きな木製の端のセットが組み立てられてて、シーンごとにその橋を上手く利用して役者が芝居をしているっていう感じだったんです。今回の再々演ではその橋がなくなっていて、芝居はほとんど舞台中央で展開されていきました。スローモーションで歩く英はその舞台中央の周りを行くって感じかな。
江戸の情緒溢れる初演と再演のセットがとても好きでそれがなくなってしまったのはちょっと寂しかったのですが、物語の展開を舞台中央に集中させたことで一つ一つのシーンがよりストレートに分かりやすくなったので今回のセットもいいなと思いました。特に、おみつ姉妹を英が殺してしまうシーンは以前よりも客席に近いところで展開していたので迫力があったし、英の罪の部分がより強調されているように感じられてよかったと思います。

それと、以前ともう一つ変わったなと思ったのが才谷が集めた金。たしか前に見たときは地下に隠していたと思うんですが、今回は舞台上に隠し溜めていくという演出に変わっていました。ラストに才谷が大政奉還のために金子をばら撒くシーン、以前は地下にためた箱をバーッと橋の上から開け放つって感じだったんですが、今回は天井にセコセコ溜めていたので(笑)上から金貨が落ちてくるという演出が生きててなかなかよかったです。

圧巻だったのは「ええじゃないか」集団。冒頭とクライマックス付近に「ええじゃないか」の群舞があるんですが・・・どうやらこのために集められたらしい30人のキャストさんたちが一斉に踊りながら出てきてビックリ。まだ小学生か中学生くらいの若い子もいたなぁ。いやぁ、舞台の上がものすごい人口密度になってて(笑)・・・ええじゃないかの狂喜乱舞っぷりがより迫力あるものに見えましたよ。考えたなぁと。

一幕ラストの「果てしない道を」は個人的にものすごく好きなナンバーです。自らの罪から逃げられると確信した英が自らの正義を信じて力強く歌うのですが、これに才谷やヤマガタ、都に溜水、智たちがそれぞれの思いを歌い上げる・・・メロディーもカッコイイし皆の想いがガンガン伝わってきてドキドキします。最後に皆が同じフレーズを歌い上げるクライマックスは本当に感動的でした!

そして泣けるのが二幕のクライマックス、自らの罪と正義との間でもがき苦しむ英が才谷・・・つまり、坂本龍馬を襲った際に彼に諭されようやく自分の犯した罪の重さと向かい合う決意をするシーン。初演も再演もここでボロ泣きしてしまうんですが・・・今回も泣きました~(涙)。
才谷が放つ言葉の一つ一つがとても印象的なんですよね。頑なに人を殺したことを正当化しようとする英に「今すぐ十字路に立ちあなたが汚した大地に接吻しなさい」と諭す言葉は本当に胸にズシンときます。そして泣きながら罪と向かい牢に入ることを受け入れようとする英に「お前が牢屋でオレを待つんじゃない、オレが牢の外でお前を待ち続けるんだ」と告げる才谷。女が男を待つのではなく、男が女を待つ・・・この言葉の優しさに英だけじゃなく私も涙・・・(涙)。そんな彼女を抱きしめ「人殺しってあったかいんだなぁ」と告げる才谷。あぁ~、ほんとにおっきくて温かい男だよなぁ~才谷~。
私はこの芝居を見るまでは坂本龍馬があまり好きじゃなかったんですが、このシーンの才谷を見たときに龍馬への気持ちがものすごく変わったのを覚えてます。まぁ、ほとんどフィクションなんですけど・・・(苦笑)、それほど「天翔け」に出てくる才谷梅太郎=坂本龍馬は素敵な男なのです!

才谷が大政奉還のために金貨をばら撒き、それが雪に変わり、英が十字路に接吻する・・・ここの舞台演出は本当に素晴らしいと思います。燃え滾るような雰囲気から一転、真っ白な景色に変わる。そして英も罪と向かい合い牢に入る罰を受ける。なんか見てるだけでものすごく泣けてきます。
勇ましさが消えて静かに牢で才谷を待つ英は少女のようでとても可愛い。そんな彼女の足元で、坂本龍馬は英の父親によって暗殺されてしまう・・・。何度見てもここは切な過ぎる(涙)。英は才谷=龍馬の死を知らないまま明るい笑顔で語りかけて終わるんですよね~…。それが泣けて仕方なかった。

キャストについて少々。

三条英@香寿たつきさん
前の公演から時間は経っていてもあのときの凛々しく美しいままでちゃんと「英」でした。髪型は再演のときと違って今回はロングだったのが印象的。歌も安定感があって素晴らしいし、罪を犯したことと自分の正義とのあいだでもがき苦しむ芝居も真に迫っていてとても見ごたえがありました。

都@戸井勝海さん
再演の都は重厚感があってどっしりした感じだったのですが、戸井さんの都は少し若返った感じでちょっと人間臭さな部分もあり見ていてとても楽しめました。特に英を追い込んでいく芝居は迫力があってみててドキドキしてしまった。歌も本当に素晴らしかったです。

溜水@今拓哉さん
いやぁ~ものすごいインパクト十分な登場の仕方でした(笑)。最初亡霊が現れたのかと思ったくらい(笑)。再演のときは福井貴一さんがこの役を演じてて、切れ味鋭い極悪人っぽい印象があったんですが、今さんは金持ちの歪んだボンボンっていうイメージでネチネチネチネチした印象。それが不気味さを増長させててかなりインパクト強かったです。ラストの自殺シーンはちょっと切なかったですね。

甘井@阿部裕さん
再演で見たときはそれほど印象に残らなかった役でしたが、阿部さんの聞太左衛門はけっこう迫力十分な父ちゃんで存在感がありましたね。時代に踊らされていく哀れな父親を熱演!生きていたいと歌うシーンは思わずウルウルっときてしまいました。

智@剱持たまきさん
ヴァンパイアにいないと思ったら、こちらに出演してたんですね~。とにかく可愛かった!可憐で芯の強い智役にハマってたと思います。ただちょっと影が薄かったかなぁ~。再演の伊東さんがホントに素晴らし過ぎたので・・・それと比べてしまうとちょっと物足りなかったかも。

ヤマガタ@平沢智さん
この方もずっとヤマガタ役をやられていますが、相変わらずのダイナミックな動きは魅せられますね~。ただやっぱり、歌になるとちょっと落ちてしまうのが残念。これは再演のときも感じたんですけど(汗)。

清・おみつ@福麻むつ美さん
久しぶりに福麻さんを拝見しましたが、テンションの高い母親で見ていて楽しかったです。以前よりも母親のポジションが濃くなっていたためか、身分に対する歪んだ思いや娘を思い遣る気持ちなどが描かれていて印象的でした。

それから目立っていたのが瓦版と志士を演じていた照井裕隆さん
瓦版役って前回は前説みたいなこともやってたんですが今回は舞台の登場人物としてだけの活躍。でも、照井さんならではのアクロバティックな動きも堪能できたし笑顔もすごく可愛かった。逆に志士になると猛然と改革に燃える男に変貌してて・・・このあたりの切り替えが非常に見ごたえがあってよかったと思います。

最後に・・・
才谷梅太郎@山崎銀之丞さん
実は、今回の再々演にあたり一番気がかりだったのが才谷が畠中洋さんじゃなくなってしまったことだったんです。畠中さんの才谷を見たさに通った経緯もあるくらい、この作品における彼の芝居は本当に素晴らしかった。で、今回新たに配役された銀之丞さん。ただ・・・不安はあったものの、才谷な銀之丞さんというのも、けっこう私の中ではイメージ的にしっくりくるものがあったんですよね。畠中さんが抜けたのは残念だけど、銀之丞さんの才谷も合うかも!みたいな期待感があった。
初演と再演の才谷は最初からものすごくテンションが高くてフットワークが軽い印象。それに対して銀之丞さんの才谷もテンションは高いんだけど冷静な部分もところどころで顔を出していて、どちらかというとしっかり地に足をつけている感じ。志士たちや司之助たちを翻弄しているシーンでの銀之丞さんの芝居はとにかくカッコよかったです!!
そしてクライマックスの英を諭すシーン・・・一つ一つの言葉をとても大切に演じていて、それがしっかりと英の心に伝わっているのが分かる。熱く体全体で英にぶつかっていく畠中さんの才谷が大好きだったんですけど、銀之丞さんの熱くありながらも言い聞かせるように接し、静かに英を受け止めていく才谷も個人的にはすごく腑に落ちて・・・とても感動しました!多少の物足りなさも正直ありましたが・・・でも、私はそれもアリだなと納得できましたね。
最近はテレビで活躍している姿のほうが多く見かけますが、私的には銀之丞さんはやっぱり舞台の人という印象。声の出し方、間の取り方などとても素晴らしいし立ち姿がカッコイイ。それに・・・ミュージカル初挑戦だとは思えないくらいしっかりした歌をきかせてくれましたよ。回りのミュージカル役者さんたちと比べると「上手い」とは言えないかもしれないけど、これからも十分ミュージカルでやっていけるレベルだと思います。この作品を機にミュージカルにもまたチャレンジしてほしいなぁ。
そういえばカーテンコールでなにやら一人、感極まり状態のように思えた銀之丞さん。どうやらこの日だけではなくいつもそんな状態ということですが・・・役に入り込んでるんでしょうか、それとも?私が見たマチネ公演の時には2回目くらいのカーテンコールで後ろにいた幸村さんに「ちゃんと顔作れてる?」みたいに聞いててそれに幸村さんが「笑顔笑顔!」って感じで答えてたのがなんか可愛くて笑ってしまった。銀之丞さん、もっと胸張っていいと思いますよ!私はすごくよかったと思ってますので。っていうか、ファンになったかも(笑)。今後の活躍も注目していきたいと思います。


関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

Musical観劇作品 comments(4) -


コメント

こちらこそありがとうございました

ユキノさん、初めまして!コメントありがとうございました。
そして、舞台お疲れ様でした♪

「あまかけ」は再演で初めて生で見て大感動した作品だったので
今回のリニューアルした新しい「あまかけ」が上演されたことは
すごく嬉しかったんです。
ええじゃないか隊の迫力がさらに舞台を盛り上げてましたよね。
皆さんお若くて・・・ついつい年齢下に見えてしまう方も(爆)。
大変失礼いたしました。

これからも頑張ってくださいね。
またよかったら遊びに来てください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ひかりさん、こんにちは!

「あまかけ」は初演をテレビ、再演を舞台で観てから本当に大好きで
日程的にもタイトだったんですが、なんとか予定をねじ込みましたw。
キャストが変わって不安もあったんですが、私は再々演の
「あまかけ」も大好きでした♪
銀之丞さんは今後、注目していきたい役者さんにレベルアップしましたよ~(^-^)

No title

えりこさん、連投失礼しますm(_)m

レポを読まさせて頂きました。
私は都合で泣く泣くパスする事になりましたが、こちらで観劇した気分を
味あわせて頂きました。いつも有難うございます!
また再演する事があれば、今度は必ず行こうと心に決めました(笑)


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。