<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -


2009
08/24

『宇宙へ。』

NASA設立50年を記念して公開されたドキュメンタリー映画『宇宙へ。』を見に行って来ました。この映画、なぜか公開初日と次の日が500円でして・・・宇宙ドキュメンタリー大好きな私は映画館のハシゴして2回も見てしまいました(笑)。
少し前に『THE MOON』というアポロの月面着陸に焦点を絞った映画をやっていたんですが、近くの映画館で上映していなかったし時間も合わず見に行けなかったので・・・今回はホントに待ちに待った大スクリーンでの視聴。近くで上映しててよかった~。

この映画、すべてNASAの記録映像で構成されているんですが・・・よくもまぁ、これだけ丁寧に記録したなと。ソ連とアメリカの冷戦時代に始まった宇宙プロジェクト、ソ連に追いつこうと打ち上げたアメリカの人工衛星ロケットが失敗して炎上する映像はすごい迫力でビックリ!
その後、アメリカはソ連を追いかける形で宇宙を目指していくんですが・・・その過程の映像もかなりきれいな状態で残っています。

「もしかしたら、これが最後の握手かもしれない」
初めて地球の起動周回に成功したジョン・グレンが宇宙船に乗り込む直前にスタッフと握手をする映像はグッと来ました。この当時宇宙に挑んでいた人たちって、生きて帰れる保障がどこにもなかったんですよね。コンピューターだって今よりずっと劣るものだし・・・まさに死と隣り合わせの危険なミッション。それでも彼らは宇宙を目指すんです。ジョン・グレンが大気圏を抜けて初めて見た地球の美しい青さに感動して言葉を失う映像がありましたが・・・見ているこちらも感無量になりました。

エドワード・ホワイトがアメリカ初の宇宙遊泳に成功した映像は本当に美しく・・・「もう戻れ」という指令に「楽しいのにもう帰るの?」みたいな無邪気な交信をしているシーンは見ていて胸が詰まる思いがしました。というのは、そのあとの彼の運命を知っているから・・・。
アポロ1号事件、この記録映画にはあの事故の直前の彼らの元気な姿もちゃんと映ってるんですよね・・・。それだけになおさら切なくてたまらなかった(涙)。

それからアメリカはソ連に追いつき、追い越し、アポロ11号でついに月面着陸に成功。このあたりは「THE MOON」のほうが詳しく描かれてると思うので今度見てみようと思いますが・・・ちなみに、アポロ13号事件のことは今回出てきませんでした。パンフレットによると、意図的に入れることを断念したんだとか。たしかに、人が宇宙を目指していく過程のダイジェスト記録映像になっていたので仕方ないかな・・・とは思いますがちょっと残念。
そしてアポロ計画は17号を以って終了。最後に月面を歩いたシュミットとサーナンが楽しそうに歌を歌いながら月から離れることを惜しんでいる映像がとても印象的でした。

そして時代はスペースシャトルへ移るのですが・・・ここで一番身につまされるのはあの2つの事故。私はチャレンジャーもコロンビアもすごく鮮明に覚えているんで・・・あの記録映像はホントに涙が出ました。
チャレンジャー乗組員に民間から選ばれたマコーリフさんが記者会見で「落選してしまった仲間の魂も一緒に宇宙へ持っていきたい」と涙ながらに語ってる映像・・・まさかこのとき、自分が星になってしまうなんて思ってなかったはず。そう思うとあの会見映像は切なくてたまらんです(涙)。
そしてコロンビア・・・これは本当に記憶に新しいんですが(←ちょうどNHK朝ドラで宇宙をテーマにした「まんてん」を放送中だったんですよね)・・・地球に帰還する直前までの彼らの元気そうな姿が映ってるわけですよ(涙)。あの途絶えた交信に言葉を失う地上スタッフの表情・・・ほんっとに胸が痛むしショッキングです(涙)。

それでも、人は、宇宙を目指す

「人はもう宇宙のことを知らなくてもいいと思う日が来るかもしれない。でもまだそれは先の話」

っていうナレーションがとても印象深かったです。

そのナレーションを担当しているのが雨上がり決死隊の宮迫博之さん。ものすごくハマってます!こういった重厚なドキュメンタリー映画のナレーションって難しいと思うんですが、宮迫さんはすごく言葉を丁寧に使ってて、ドラマチックなドキュメントをさらにドラマチックに思わせてくれました。低音で落ち着いた声が非常に合っていたと思います。

地球から宇宙へ飛び立った飛行士たちは皆一様に口をそろえて「素晴らしい」とその美しさに感嘆の声を上げています。その美しい地球の中で、争いがあったり、環境破壊が進んだりしている現実がある。なんだかすごく矛盾した世界。あの美しい碧い地球が、私たちに何かを語りかけてくるような・・・そんな気がしました。あの碧さは絶対に失わせてはいけないと思います。

B002B5WUP0宇宙へ~Reach for the sky~
安岡優 ゴスペラーズ
KRE 2009-08-19

by G-Tools

映画の最後にゴスペラーズの音楽が流れますが、日本語なのに字幕つきでした(笑)。ちょっと今回の映画の雰囲気と違うような気はしましたが(汗)、素敵な歌だと思います。


関連記事

テーマ : ドキュメンタリー映画 - ジャンル : 映画

映画鑑賞作品 comments(2) -


コメント

Re: 遅ればせながら

藍夏さん、こんにちは!
「宇宙へ。」ご覧になったんですね~。
あの映画はアポロ計画が中心になったドキュメントで、初心者にも分かりやすく
作ってあったのでなかなか見ごたえがあったと思います。
NASAのリマスターしたという映像、美しかったですねぇ。
特に宇宙遊泳してるエド・ホワイトのシーンは涙が出そうになりました。
彼はその後のアポロ1号で死んでしまいましたから…(涙)。

ゴスペラーズの主題歌は単体で聞くとかなりいい曲ですが、
この映画と合わせるとちょっと色が違う気が確かにしますね(汗)。
宮迫さんのナレーションは非常によかったと思います!
DVDになったら買っちゃうかも♪

遅ればせながら

えりこさん、こんにちは。
私もえりこさんと同じ時期に「宇宙へ。」を観に行きました。
正直言ってゴスさんの主題歌目当てで行きましたが(実はファンです)
ゴスさんの日本語版主題歌が合わなかったなぁと。
曲単体としてはホントにいい曲なんですが、
あのエンディングには正直合わないなぁと思ってました。
本編の音楽もとても良くて、あの余韻に浸りたいと思ったのに、
歌詞の字幕が付いた事でちょっとイライラしました(汗)

でも肝心の映画はホント圧倒されて、
初めて見るNASAの映像も勉強になりました。
思わず昔見た「人類、月に立つ」とか「アポロ13」を見返したくなりました。
宮迫さんのナレーションも割りと合ってたし、
もう一回見たいなぁと思いましたよ。
・・・なんかいつも長くなってすいません。


フォーム

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。