<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
いやはや、なんとも政治の世界というのは恐ろしいところですねぇ~。『官僚たちの夏』第7回の放送はハラハラしっぱなしでした(汗)。国民の幸せのためにっていう大義名分はあるんだけど、その一方では権力をめぐる激しい政治闘争が繰り広げられてて・・・まさに政治はきれいごとじゃ勤まらないってことなんだろうなと思いました(苦笑)。

最大のライバルだった玉木が事実上脱落し、風越主導でついに「国内産業保護法案」が完成。ただ、この法案は自動車産業の再編成という極秘政策を含んでいて・・・これが後々彼らの首を絞めることの一因に(苦笑)。とにかく第二の黒船と呼ばれた貿易自由化からなんとか日本産業を生き残らせようと必死だったわけで、自動車三社構想は避けて通れない政策。美味しい話には毒があるってことですかね。
さらに不安材料となったのが風越寄りだった須藤大臣が池内総理との政争に破れた形になり体勢を立て直すために大臣を辞めてしてしまったこと。後任には法案に理解のあるという古畑を任命した・・・ということですが、この人がまたまたトラブルメーカーっぽい人物(笑)。古畑っていうと某刑事さんを思い浮かべてしまうんですが(爆)、このドラマに出てくる古畑大臣は嫉妬深く軽率でお調子者なイメージ。佐藤B作さんが上手いこと演じてましたが(笑)・・・この人ってモデルがいるんですよね・・・大丈夫だったんだろうか・・・なんて余計な心配も(汗)。

紆余曲折を経て「国内産業保護法安」が国会に政府案として提出され、風越たちは答弁に備えてさらに猛勉強を重ね張り切っていますが、その影では牧の心に隙間風が…。法案作成の第一功労者であるにもかかわらず次官の座は約束できないという風越と丸尾の話を立ち聞きしてしまい心が揺れちゃうんですよね。国民のためと言いながらもやっぱり出世はしたい。このあたりはすごく人間的。
それをなだめてくれたのが同期の鮎川。彼は次期次官候補とされていましたが自分は器じゃないからと牧に花を持たせようとします。風越をなだめたり、牧を励ましたり・・・ほんと、鮎川も心労が絶えないよなぁ(苦笑)。今、あんないい人官僚っているんだろうか!?

そしてついに事件勃発。不安材料だった古畑大臣がついにやっちまいました(苦笑)。法案成立までの極秘事項だったはずの自動車三社構想を記者にペラペラ喋っちゃったよ。風越に主役の座を奪われたような嫉妬感でいっぱいだった古畑は、自分発信をして存在感アピールしたかったんでしょうが…極秘事項喋っちゃいかんでしょ。
当然、それを聞いて自動車製造会社は大挙して抗議に押しかけるわけで風越たちは大あらわ。その中でひと際熱~く抗議してたのが、あの初回に登場したアケボノ自動車専務の日向。虎ノ介くん再登場です。最初は後ろのほうにいたのに風越を見つけるや恐ろしい勢いで最前列に(笑)。「国産車構想はなんだったんですか!自由にやらせてくださいよ!!」とそれはもう必死の形相。生活かかってますしね。切迫感が出ててすごくいい芝居だったと思いますが、まだちょっとテレビ向けじゃないかなぁと若干の違和感も(汗)。必死さとかすごく伝わってきていいんだけど、なんとなく周囲の芝居と協調してるように見えないと感じることが正直あるんですよね…。え!?そんな風に見てるの私だけか(爆)。

この自動車業界の反発をきっかけに当初成立間違いなしと思われていた「国内産業保護法案」はそのほかの企業や銀行などの猛反発を受け暗礁に乗り上げる危機に見舞われてしまいます。
さらに不器用で一直線な性格が災いして古畑大臣をさらに怒らせてしまったり、ついには出馬して古畑大臣を出し抜こうとしているという妙な噂まで流されますます立場を悪くしてしまう風越。この人は頭が切れるんだろうけど、政治家との付き合いが上手くできなかったんですねぇ。さらに思ったことをすぐ口に出して感情的になってしまうたびに協力者になるはずだった人々の機嫌を損ねていっちゃってまさに悪循環(苦笑)。
風越の立場がどんどん悪くなる一方で風が吹いてきた形になったのが玉木が去ったあとも再起を狙って暗躍(←ムカつくからそう見える 笑)していた片山たち国際派。風越派だった御影くんも今じゃすっかり片山派だし。片山は池内総理にベッタリ取り入ってて法案成立阻止を虎視眈々と狙ってた。池内総理も自分の命の期限を悟ったからか、ますます強硬手段に出てきます。
庭野の総理説得策も無駄足に終わってしまった…。このシーンはちょっと切なかった。一時期はスパイ目的とはいえ池内の秘書をやってた庭野は最後まで池内総理を信じようとしてた。その想いは池内総理にも確実に伝わっているんだけど(彼も庭野を買ってる部分があったし)もう後戻りはできない。交渉決裂して絶望の中去っていく庭野の背中を見送る池内総理の視線がちょっと哀しかったです…。

そしてとうとう「国内産業保護法案」は国会審議にかけられることなく廃案に。風越たちの努力は水の泡になってしまいました。一番無念の表情を浮かべてたのは牧。風越がもっと上手く交渉してくれてたら法案が成立したかもしれないのに・・・という想いを抱えていた彼の心の隙に、ついに、片山が漬け込んできた!「あなたは我々と一緒に新しい時代を先導していくべき人間です」という片山の言葉は牧を寝返らせるのに十分すぎるものでした。というわけで、牧さん、片山派に仲間入り。また風越派から人が離れちゃったよ(苦笑)。
さらに悪いことに、内閣改造で再び古畑が通産大臣を続投することが決定してしまう。古畑は上機嫌で、まず天敵だった風越を特許庁に追いやり代わりに特許庁に追いやられていた玉木を次官に据えるという人事を後押し。つまりは政治家が官僚の人事介入したってことですな。この決定に机の上のものを足で蹴飛ばして悔しがる丸尾・・・ですが、あのアクションはすごいぞ、西村さん(笑)

くしくもラストは通産省を去る風越と通産省次官に異例の出世をした玉木がすれ違うという前回と真逆の構図に。
次回は世界陸上や選挙特番のため9月放送。第二部ってあったけど・・・今までのは第一部だったのか!気がつかなかった(笑)。次は炭鉱事故の問題とか色々ありそうですが、池内総理はどうなっちゃうのかな。モデルになった池田勇人はライバルだった佐藤栄作に総理を譲ってその後病死してしまうんですよね。ということは近い将来、須藤大臣が!?風越がどうやってこの窮地を乗り越えていくのカなど、今後も見逃せない展開が続きそうで楽しみです。


関連記事

テーマ : 官僚たちの夏 - ジャンル : テレビ・ラジオ

官僚たちの夏 comments(4) -


コメント

Re: こんにちは

りうさん、初めまして♪コメントありがとうございました!
いつもご贔屓してくださってるとの事、感謝でございます。
『官僚たちの夏』ちょっと難しいテーマではありますが、人間ドラマが濃厚で
見ごたえがありますよね!
虎ちゃんのお芝居に関しては私の意見は少数派だと思っていただければ幸いです(笑)。
最近ちょっと辛口になり気味だったりするんですが、応援してるゆえですので(^-^;。
第2部からのストーリーも気になりますね!
また遊びに来てくださいね♪

こんにちは

いつもブログを読み逃げしてた者です(汗)
初コメントです。

本当に政治ってこわいですねぇ(^_^;)
話が進むにつれ、キャラクターに血が通ってきているようで、どんどん楽しみになってきてます。

虎ノ介さんの演技は役柄に合ってるんじゃないかなあ、と私は思ってます。熱すぎるけど悪くないなあと。

2部構成は、前同局の「ルーキーズ」がバレーで中断した時も「2週間後に第2部スタート」と予告されてたんですよねー。その時と同じ匂いがします(笑)。

でも話は大きく転換しそうですよね、楽しみです!

Re: No title

マアシャさん、こんにちは♪
そうそう、大河ドラマを見たあとに「官僚~」だと空気変わりますよねww。
家もほぼ同じコースですよ~(←大河はhiで見ちゃうんですが)。
玉木が次官になって通産省はどうなってしまうのか気になりますね。
鮎川や庭野たちがどんな仕事するのかとか・・・楽しみです。
アケボノ自動車は、もう1回くらい登場しそうな予感がします。

No title

こんにちは。
この番組の前にちょっとソフトな大河をみていたので、おもいきりハードな展開に「んー・・・ハードだ。」と入り込んでしまいました。
これからの展開が楽しみですが、二部構成になっていたんですね。ビックリ!
玉木の下であの面々がどう動いていくんでしょうね。
日向くんは再々登場はあるんでしょうか、九月まで楽しみにしています。


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。