<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
新春に小泉首相が観劇して話題になった新橋演舞場で上演中の『信長』を観に行ってきました。何故私がこの芝居を観に行ったかと言えば…

田辺誠一さんが出てるから

これだけでございます(爆)。最近は大人計画や新感線の舞台に出演していたようですが、チケットが取れないのと大人計画に苦手意識があるので観に行かなかったので、舞台生田辺さんは本当にお久しぶりでした。以前、蜷川演出の『新近松物語』を観に行った時、田辺さんの顕著な成長ぶりが見られたので今回も楽しみにしておりました。

新橋演舞場は本当に久しぶりに訪れたのですが…やはり歌舞伎界プリンスの海老蔵が主演しているということもあってか、年齢層はかなり高め。チラッと見かける同年代の人を見てはホッとしたりしてました(苦笑)。発売日に購入したので座席は前より中央の非常に見やすい場所で視界もよく楽しめました

演舞場ということもあって花道の演出も多く、印象としてはストレート演劇要素と歌舞伎要素がミックスされているといった感じ。位牌から火が噴出したり(笑)、大雨でカミナリが鳴るシーンでは客席の明かりをチカチカさせたりとなかなか面白い迫力ある仕掛けも多くてけっこう楽しめました。一番感嘆したのはセットの大きさ。舞台がかなり大きいのでセットもかなり壮大、しかもよく出来ています。ラストシーンでは本能寺が燃えながら回転したりして見応えありましたよ
ストーリーに関してですが、私個人としましては…

単純に面白かった

です。信長の歴史ダイジェストを見る感じで、今の大河よりも『面白い』と感じました。そりゃ、思い返せばダメだしもいくつかあるにはあるんですけど(苦笑)、あまり考えて見るというようなシーンがないので全体的に分かりやすく楽しめました。
ちなみに、ダメ出し的な部分は・・・『歴史』として見ると違和感を感じてしまうような脚本、かなぁ(爆)。そこを突き詰めるとダメな人には本当にダメだと思うし、海老蔵ファンとか私のような田辺ファンといった個人的ファンではない人はちょっと受け付けられないっていうのもでてきちゃうかも。なのでこれは『フィクション痛快時代劇』といった感覚で気楽に観るのが一番楽しめる演劇なのではないかと思いました。

以下、キャスト感想(ネタバレもあり)です

市川海老蔵・・・信長
この舞台、全体的には座長の海老蔵のために作られたものだったわけで、海老蔵ファンの人にはかなり楽しめるような演出になっています。最初に登場したとき、一番最初に思ったのが・・・『武蔵だ!』でしたよ(笑)。あの衣装といいカツラといい、新之助時代に出演した大河ドラマ『武蔵』の武蔵そのものって感じでした。あのドラマでの新之助はあまり好きではなかったのですが、『信長』な海老蔵はなかなかイメージにはまっててでしたね。立ち姿や殺陣の型の美しさはさすがだったし、「人間50年~」の『敦盛』も迫力があってドキドキしました。衣装換えも多かったので、ファンの方には十分に楽しめるのではないでしょうか。本能寺の殺陣も迫力があって見応えあるのですが、斬られているのに血が出る演出がなかったのは何故なんだろう…。
あと、・・・セリフの言い回しや発声がどうも気になりました。特に1幕のセリフは後ろのほうまで声が届いているのかと心配になるくらい前に出てないんですよ。あとあの独特の台詞回し、正直何を話したのか分からないシーンもいくつかありました。まぁ、これが海老蔵、なんだろうけどね。

純名りさ・・・濃姫
凛とした強さと可愛さを持ち合わせた、ハキハキと気持ちのいい濃姫でした。ストレートプレイの純名さんは初めて見たのですが、とても大きな演技をなさる方で本当に感動しましたよ!歩き方や着物捌きもきれいだし、今まで観てきた濃姫のなかで一番魅力的でした。
ただ、脚本の最後のほうに疑問…。なぜ、濃は光秀を誘惑するようなことをしたんだろう…。しかもそのあと光秀を裏切るような行動をとってるし…。せっかく魅力的な純名さんなのにラストシーンがどうにも共感できず残念でした。あ、これは、私が田辺ファンだからか(爆)。

小田茜・・・市
舞台は久しぶりだという茜ちゃん、なかなかどうして綺麗で可愛いお市でした~。信長の妹というだけあって気の強さも持ち合わせており、そのあたりのスパッとした演技にも好感が持てます。ただ、秀吉の前ではひたすらヒステリックを貫いていて、このあたりがちょっと市の魅力を落としていたかなぁ・・・。まぁ、脚本が原因なんですけどね。茜ちゃん自身はとても検討していたと思います。

甲本雅裕・・・羽柴秀吉
パンフレット見て気付いたのですが、甲本さんって三谷さん主催の「東京サンシャインボーイズ」出身だったんですね!パンフには三谷さんからのコメントもあり、今さらながらビックリしてしまいました(爆)。甲本さんの秀吉はじつに自然でどこか憎めない感じ。周りがけっこう堅い雰囲気で演技をしていることが多いので、甲本秀吉が出てくるとなんだかホッとした一服の清涼剤のようでした。ただ、ちょっと浮いて見えてしまったような勘も・・・

田辺誠一・・・明智光秀
何を隠そう、この人のためだけに観に行きましたから(笑)、たとえ観客の目が海老蔵に向いていても私の視線は常に田辺光秀さまでしたよ。いんや~、美しくも凛々しい明智光秀でした。田辺さんの時代劇総髪ってものすごく似合いますねっ。海老蔵の舞台って感じではあったのですが、田辺光秀の単独見せ場も意外と多く作られており、ファンの私としては色々な意味でドキドキしながら見つめておりました。とにかくカッコよく美しい光秀にとなる反面、「田辺さん、頑張って~という親のような心境で(笑)。田辺さんの舞台の声って本当に高くてテレビとはだいぶイメージが違うんですよね。新橋演舞場のような大きな劇場で、田辺さん、本当に頑張っていたと思います。ただ、ちょっと「必死にやってる」といった印象が強かったのでこちらとしてはけっこうドキドキしながら見守ってたんですけど(苦笑)。ただ、こういったチャレンジをしている田辺さんは応援していきたいです。

去年の大河『義経』に出ていた宮内さん演じる柴田勝家も印象的でした。宮内さん、なかなか素敵な方ですよね~。それからミュージカルで良く見かける治田さんがロレンソ役で出てきてちょっとビックリ(笑)。宣教師役もなかなか良かったですよ。

東京公演のあとは大阪公演だとか。苦言も書きましたが、基本的には何も考えずに見ればけっこう楽しめる時代劇だと思うので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。私的には今の大河ドラマよりもけっこう楽しんで見ちゃったので(笑)。
関連記事

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ストレート演劇 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。