<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
皆既日食のあった7月22日のスタジオパークゲストは、現在『天地人』で素晴らしい上杉景勝を演じている北村一輝さんでした。
待ってました~~、このときを!いつかはスタパゲストに来てくれると思っていたので、すごく嬉しかったです。殿の携帯待ち受けとかも出してくれればよかったのにぃぃ~。

それにしてもスタジオパーク観覧者の数・・・オープニングからすごかったですねぇ。あ、私は家でおとなしく見てましたよ(笑)。登場したときの北村さんは上下グレーっぽいスーツになぜかスニーカー姿。でも、そんなところも許せるほど可愛い北村さん。この方はドギツイ役柄が多いので色々と誤解されやすいと思うんですが(汗)、こうして素のままだとなんだかホワッとした雰囲気で・・・あの笑顔を見るだけでも癒されます。
ちなみに、オープニングで大量にきたというファックスやメールの束が紹介されたんですが・・・実は私も放送前にファックス送った一人です(爆)。北村一輝さんがスタジオパークゲストに出演すると知ったときからずっと"放送日にはメッセージ送ろう"と思ってて・・・勇気を奮って出してみました。あの中の一枚に私が送ったのも入っていたのかな・・・。何はともあれ、今回は読まれなくてよかった(←虎ちゃんのときのこともあるので内心ビクビクはしてましたけど 笑)

スタジオに入るときにファンロードみたいなところをいつもゲストが通っていくんですが、この日はものすごい騒ぎでしたねぇ。皆北村さんに握手してもらいたくて押し寄せてたような(汗)。そんなファンにニコニコと癒し系の笑顔で手を出して応えている北村さん、いい人だ~。この方はファンに対してもいつも真摯に接してくれるんじゃないかな。
スタジオ入りまでテレビ画面では色んな過去の写真とかが紹介されるんですけど、一番最初に出てきた若々しい笑顔のやつがすごくよかった!なんかアイドルみたいな写真でしたね(笑)。


以下、ちょっと長くなりそうなので追記に書きます。興味のある方はどうぞ・・・。




スタジオに入るなり武内アナから「すごい人気ですね!」と驚かれるとハニカミ笑顔で「参ったなぁ」と照れ笑いしてる北村さん・・・のっけから可愛いじゃないか(笑)。トーク番組はあまり出ないのでは?と振られると「出ないというか・・・出ていいのかなって・・・」とちょっと戸惑い気味。いや、それでも以前、はなまるカフェとか出てたじゃないですか~(笑)。そんな北村さんに17日が誕生日で40歳になったことを振ってくれた武内アナ、ありがとう。あの日は「つばさ」に出てる宅間さんも誕生日で、なんかダブルで嬉しかった私です。それにしても・・・40歳に見えないあの若さ!しかも中学くらいの息子さんもいらっしゃるんですよね・・・。信じられん(笑)。

デビュー以来ずっと濃い~~キャラが続いているということで代表的な3作品が紹介されました。『夜王』の聖也と、舞台『恋の骨折り損』の国王と、映画『鈍獣』の江田っちですね。この中で一番強烈なのはやっぱり江田っちでしょう(笑)。国王は私観に行きましたけど、すごいかっこよくて素敵でしたよ(観劇記はコチラ)。
この紹介の後にいよいよNHK作品の話になりまして、武内アナから「NHK初出演は大河ドラマ『時宗』だったんですってね」と振られると・・・ちょっと考えた後に「そうですね」と爽やかに回答してる北村さん・・・でしたが・・・実はNHK初出演ではなく大河ドラマが初ということがすぐ後に判明(爆)。いや、そこまで細かく覚えてないかもね、北村さん(笑)。調べてみたら『時宗』の前の年に1本出てたのが初めてだったようです。00年というと、ちょうど私が北村さんに注目し始めた年だったんですが・・・このNHK初出演番組のことは知らなかったなぁ(←本人も忘れてるっぽい? 笑)
で、懐かしの『時宗』でのワンシーンが紹介されたんですが・・・それが、奥田瑛二さん演じる日蓮をものすごい据わった目つきで殴り続ける北村一輝@平頼綱の場面だった(笑)。いやぁ、今見てもこれ強烈な映像ですよ(笑)。完全に主役の時宗を食ってましたからね。この大河ドラマでの強烈なキャラで北村さんの知名度か一気に上がったのは今でも覚えています。映像を見終わった後に照れながら「悪ですね」と笑ってる姿が頼綱からは考えられないほど可愛いです(笑)。あの芝居のときはいっぱいいっぱいで、ただ演出の言われるとおりに演じたらああなったということで。
この時に競演してた奥田さんからは"浮遊する爬虫類"と評されたエピソードも紹介されてましたが、この言葉を言われたのって99年に出演した映画『皆月』の時ですよね、たしか。そのことについては
「あぁ、そんな感じに見えるんだろうな」ということで(笑)。それに関連して武内アナから「お顔が濃くていらっしゃいますよね」とツッコまれると、「知ってます」と笑っててこれまた可愛い。顔が濃いっていうのは色んなトークでツッコミ入れられてる北村さんだからもう慣れっ子?確か以前は「沖縄の母親の血が入ってるから」みたいなこと言ってましたよね。
大河の現場で色々提案するということについては、役者・北村一輝として熱く語ってたのが印象的。大河は特にリハーサルの時間があるのでそれまでに色々と自分なりに役を研究しているようです。よりいい作品を作るために努力を欠かさないといった面がかいま見れてよかったです。

ここで稲塚アナによる『天地人』紹介コーナー。今回は1分間にまとまってなかったような気がします(笑)。次回の予告もここで流れたんですが・・・殿の見せ場というよりも、奥方の菊姫の見せ場のほうがメインだったような気がするのは私だけ!?いや、次回はまさにそういう展開というのは分かってるんですが、ゲストは北村さんなんだからもう少し殿メインの映像使ってもいいんじゃないかなぁ・・・なんて。っていうか、今回の大河・・・なぜ北村@景勝の出番をもっと入れてくれないんだろうか(涙)。

ここで北村さんの景勝役作りについての熱いトークが。
ドラマの景勝は「ウム」とかそんな感じのものばかりで台本にもやっぱりほとんどセリフがないそうな。でも、実は台詞のないところこそ芝居は必要なんじゃないかと。聞き役に回っているときのほうが人間は感情が表に出てきやすいと思うからその部分を大切に演じようと思っていると語っていたのが印象的でした。聞き上手なふうな芝居はしないでほしいと言われているらしく、その点ではかなり苦労されている様子。普通はこんな表情するだろうというところをあえて逆に演じてみたり・・・大変そうですねぇ。いやぁ、役柄に対する想いは本当に深いです、北村さん。だからすごく惹かれるんだろうなぁ、彼の演じる景勝に。
景勝はほとんど無口なのに対して実際の北村さんは正反対ということで、スタパが家臣の兼続@妻夫木くんと泉沢@東さんにインタビューした映像が紹介されました。この映像が流れる前に「そのチョイスはどうかなぁ~」と苦笑いしてた北村@殿がやたら可愛かったよ!!
登場した妻夫木くんと東さんはもう、満面の笑顔(笑)。北村さんを語れるのがやたら嬉しそうなのが一目でわかった(笑)。

景勝との共通点は?
妻「今回の天地人の中で一番役と似てないのは北村一輝だと思うんですよ。全然寡黙じゃねぇし(笑)」
東「ちょっとねぇ・・・見出せない・・・出てこないですねぇ、やっぱり(笑)」
北村さんってどんな人?
妻「急にボーリングやろうかとか言ってガーッと行っちゃうような積極性のある人ですね」
東「温泉行きたいとか言ったら"じゃあ、明日行くか!"とか皆に言って(笑)。明日取れないでしょう~」
妻「無理だろう~」
東「思い立ったらすぐ行動みたいな」
妻「意外性で言うと、料理が上手い。家に行くとパパッと作ってすぐ出してくれるんですよ」
東「バターコーンとかねぇ、美味しいんですよ」
妻「誰でも作れそうだけど作れないような一品を作るのが上手い」
北村さんへメッセージ
東「腰が痛いとか、40代になると色々ガタがきますがお互い検査のほうも忘れず。今度人間ドックぜひ夏に行きましょう」
妻「今では本当に仲良くさせてもらっていますが、天地人が終わっても上田衆含め今後も仲良くしていきたいと思います。残り3ヶ月ちょっとの撮影ですが、皆で突っ走っていきましょう。よろしくお願いします」

いやはや、ホントにリラックスして楽しそうに北村さんについて語ってましたねぇ、二人。撮影現場でとてもいい関係を築けていることがよく分かりましたよ。北村さんも最後の妻夫木君のメッセージにはグッとくるものがあったようです。ちなみに東さんのバターコーン話はかなりウケてまして(笑)、それについてはちゃんとニンニクと玉ねぎを炒めるところからやっているんだと熱弁してる北村さんなのでした。それに対して武内アナが「恐れ入りました、殿」と言うと「いいんだよ」と悪戯っぽく返してる北村一輝、可愛いぞ!!思わず笑ってしまった。

続いては北村さんの俳優人生について。
俳優になりたいと思ったのはいつごろのことですか?と聞かれ・・・私は真っ先にあの"海賊になりたかったから"話が出てくるものかと思ってしまったんですが(笑)、意外にも中学高校あたりから映画『蒲田行進曲』を見たのがきっかけとまともな回答が出てきてちょっと拍子抜け(笑)。最近ではもう、海賊のエピソードは話していないんでしょうかね。
私が今まで北村さんのトーク番組で聞いてきた"役者の入り口"話は中学のときに見た映画に出てくる海賊になりたかったからというエピソードでした。北村さん、愛媛の商船高等専門学校出てるんですよね。で、あるとき、この学校では海賊になれないと悟って・・・自分は海賊役の人になりたかったんだと開眼して中退しちゃってるらしいんですよ(笑)。この話ははなまるとか徹子の部屋でも話してて、特に徹子さんなんかはかなりビックリしてた思い出があります(笑)。

で、NHKでは映画に出ていた人になりたかったと語ってる北村さん(笑)。その想いから東京に出てきたとのことですが、その行動を起こしたときには不安はなく飛び込んだ後に色々と想いが巡ってくるタイプなんだとか。これって、妻夫木君たちの証言と合致してますね。
ここで北村さんの出世作として三池監督との出会いの映画『大阪最強伝説・喧嘩の花道』が紹介されます。三池監督が「天地人にも出てくれたんですよね」とさりげなくアピールした北村さんでしたか、武内アナはそこのところノーチェックだったらしくビックリしてました。コラコラコラ!いただろうが、あの、隻眼でしぶとく生き残った割にはあっけない最期で片付けられてしまった武将が(笑)。
いやぁ、「喧嘩の花道」・・・あのバイオレンス的な演出が三池監督っぽいわ~(笑)。私は絶対に見ない分野の一つなんですけど、北村さんってこういう役がけっこう多いんですよね(汗)。あのラストの「われもドツカれんど~」っていう決め台詞でスタジオにカメラが行くと、北村さんがもう恥ずかしそうに苦笑いしてて「いや・・・なぜこれを選んだのか」と本音がチラリ(笑)。でも、この作品が三池監督との出会いということで。画面が三池監督の写真になるとなんだか嬉しそうに指差して笑ってる北村さん、少年みたいだったよ(笑)。好きなんですねぇ、三池監督のこと。

三池監督話として出てきたのが改名話。であった当時はまだ本名の"北村康"のままで活動していたそうですが、その後事務所に入って改名するという話が出たときに名付け親としてお願いしたのが三池監督だったんですよね。確か北村さん、事務所に入る前まではものすごく苦労されてて・・・スタパでもチラッと語ってましたけど、全部自分で交渉とかやってたんだそうです。エキストラみたいなこともやったし、その他はいわゆるピ●ク映画系の役も地道にこなしてった・・・みたいなことをどこかで聞いたことあるんですよね。あと、一度世界に放浪の旅に出たこともあったような・・・。
そうしていく中で徐々に使ってもらえるようになってきて・・・三池監督との出会いに繋がったんだと思います。だから三池さんはもしかしたら北村さんにとって父親みたいな存在でもあるのかもしれないなぁと・・・。

その三池監督のインタビューも紹介されました。
まずはじめに北村さんへのメッセージを語ってたんですが・・・
「お昼の番組出てていいのかなぁって思うんですよね。でもまぁ、自由の国日本ですからねぇ、いい国だと思いますけど・・・出てる北村も"自分はどこへ向かおうとしてるのか"と思ってるかもしれないですよ」
と笑いながら語ってたのが面白かった!いや、私から見たら・・・三池さんがお昼の番組に出てくることもかなり"いいのかなぁ"って感じなんですけど(笑)。
で、"一輝"の名前の由来ですが・・・
「一輝という音読みは”イッキ”。一瞬誰よりも強く輝いて、そこまでイッキに行っちゃうという・・・役者になって成功して幸せな人生というのを感じさせない男だなということで。だから役者って光ってるんだと」
なるほど、けっこう深い意味がありますね。でも最後に「けっこう上手くやっちゃってんですけどね」と付け加えてるのかなんとも面白かった。

このVTR明けで武内アナが「パッと輝いてガッと駆け上る」という意味だったと言うと・・・「この理由は初めて聞きましたが、この前聞いたときは"独りぼっちになっても輝く"って言ってました」とのことで、どうやら三池さん、北村一輝の芸名の由来は聞くたびに変わっていくようです(←北村さん曰く、三池さんは"そういう人"とのことで 笑)
でも、三池監督との出会いはとても大きいということで・・・三池さんがどんどん有名になっていくのに乗っかって自分もといった風になれたと感謝しているそう。三池監督の作品に多数出演してますからねぇ、北村さん。今の事務所には入れたのも三池作品に乗っかっていったおかげだそうです。

ここで北村一輝の役柄一覧というのが紹介されたんですが・・・いやぁ・・・これ一部だと思うんですが・・・改めて見てみるとかなり振り幅大きいです。いかに北村さんが多種多様な人物を演じてきたのか・・・並べてみるとビックリしますね。
役柄を受ける基準を聞かれると、サラッと「順番に」と答える北村さん。どうやら来る仕事はほとんど断らずに引き受けているようです!あぁ、だからこんなにたくさんの役柄が出てくるわけだ。北村さん曰く、
「選んでしまうと自分の得意な分野・・・楽なほうに行きがちになるのでそうするとだんだん狭くなっていくような気がするんですよね」
とのこと。すると武内アナが「楽な道と言いますと・・・さっきの喧嘩の花道みたいな?」とツッコミ。それに対して苦笑いしながら「いやいや、全然違います・・・・もう一回・・・違います」と念を押してる北村さんがやったら可愛かった(笑)。そういうイメージで見られちゃうからね。北村さんはあんな凶暴な人じゃないですよ~(笑)。
「楽な役柄を選んでいくのではなく、自分が難しい役柄とかをどう克服していくかというのも楽しみでもあるので、あまり偏りたくないですよね」
と語る姿に北村さんの役者魂を見た気がします。映画「ゴジラ」でのX星人も「日本語を話してるんで」と言うことで(笑)「職業とかどうこうというよりも、人間の感情の起伏にドラマ性があると思うので・・・職業や見た目はあまり気にしてないですね」とのこと。ん~、素晴らしい役者魂!
役作りに関しては、作っていくまでの時間があまりないので・・・短い時間の中で台本を読んでできるだけ想像力を膨らませているんだとか。あとは色んな角度から全体を見ようとすると。
「自分の考えだけでなく監督の撮りたい方向性や、視聴者かどういう風にやったら楽しむかとか・・・小さい子から見ても分かりやすいように演じたいなと思っています」
という言葉もとても印象的でした。北村さんの演技に対する真摯な想い・・・素晴らしい!自分が子供のときに俳優と言う仕事に憧れたので、今の子供にもそういう風に見てもらいたいという気持ちがあるんですね~。
「ずっと役者をやってるとどうしても玄人目線で"回りに評価されたい"と思ってしまうんですが、そこはやはり初心を失いたくない。自分が今は見ている人に夢を与える立場になっているのでそういう意識は忘れないようにしています」
という北村さんの熱い役者への想い・・・なんだか感動してしまった。私が北村さんのお芝居に心打たれることが多いのは(作品によっては見るのを避けてるのもありますが 爆)、北村さんのこんな役への真摯な想いが込められていたからなんだなぁと思いました。

ここで、またまた三池監督登場ということで北村さん照れ笑い(笑)。
北村一輝の魅力は?
三「できないことが悔しいんですよね。誰かときちんと勝負してますよ。監督のイメージに負けたくないとか、共演者にちょっとでも負けてると思うとガンっと力か出てくる。力かある人間とやればやるほど強くなるんですよね」
最後に「大河ドラマで光っているあなたを見ることは、自分にとっても幸せです」と照れくさそうに締めていた三池監督。でもたまには暴れる三池作品にも一緒にと誘ってます(笑)。
三「私生活のほうではきちんと国民の手本になるような生き方をしてください。それがあなたの務めですから」
と言い添えてたのが面白かった(笑)。この最後の言葉を聞いた北村さんは「だめだなぁ」とひたすら苦笑いしてて・・・やたら可愛かったぞ!

今後はどんな役をやりたいかと聞かれると・・・「実は僕、恋愛ドラマとかやったことがないんですよね」と北村さん。三角関係とかよくありがちな爽やかな恋愛ドラマの話が来たことがないらしいです(笑)。あぁ・・・そういえば・・・そんな役柄をやってる北村一輝・・・見たことないかも。「僕、いつだって砂浜とか走る用意はあるのに」と言うところが可愛いぞ!囁いたり、犬と一緒に走ったり・・・色々と妄想を繰り広げているということで・・・見てみたいぞ、そんな新しい北村一輝も!ぜひとも、そんな役柄を北村さんに用意して~~。
でも自分で色んな妄想を上げときながら「そろそろ恥ずかしくなってきました」と苦笑いするところがまたまた可愛い北村さん。

続いては私の宝物とうことで・・・北村さんの宝物は"睡眠"。
仕事をしているときは平均睡眠時間4-5時間らしいのですが、本来は毎日10時間くらい寝ていないとダメなんだとか。ということで、休みの日には確実に12時間眠っているらしいです(笑)。最近は15時間眠っているとのことで・・・気がつくと夕方なんてこともあるんだとか。
大河撮影中はカツラをつけているにもかかわらず、わずかな隙間の壁を見つけてその中に入り立ったままカツラが動かないようにしながら寝てるらしいですよ(笑)。そんな北村さんの姿を見てみたい!
家に帰ったときは回りの音が聞こえないようにヘッドホン・アイマスクしながら熟睡するという徹底ぶり。携帯とかもそのときは一切電源切っているというからスゴイ。それだけしっかり眠っているから、あの芝居のときの集中力がすごいのかも。

そしてニュースが明けて質問コーナーです。

Q1. オススメのお酒のおつまみは?
お酒によって料理を合わせますね。日本酒のときは和食とか。日本酒のときは「お刺身」買ってきてあぶったり色々と遊びながら楽しみますね。
ちなみに酔っ払うとずっと笑ってるらしいです(笑)

Q2. 好きな女性のタイプは?
(かなり悩んでから)・・・けっこう、何でも(笑)。素敵な人は素敵だなと・・・素敵になりたいと思ってる人は素敵だと思います。

Q3. 夏のお楽しみは?
本当は海とか行きたいところがあるんですが、今は時代劇やってて焼くことができないので家でおとなしくしてますね。夜とかだったら花火とかお祭りとか行けたらいいなと。あ、でも、あまり人ごみ好きじゃないんで静かに(笑)。

最後に色々なメッセージが読まれたのですが、その中に「80歳のおばあちゃんがテレビに釘付け。おばあちゃんの名前、トシコと呼びかけてもらえれば喜ぶと思います」というものが。それに答えるようにテレビカメラに向かって「トシコ」と笑顔で呼びかけてる北村さんですが、その後すぐに「偉そうですよね」と照れ笑いして「トシコさ~ん、元気に」と優しい笑顔で呼びかけ直してました。優しくて素敵な人だよ、北村一輝!!なんか心が温かくなった・・・。

最後に武内アナから「長生きして北村さんの変化を見たい!」と言わしめた北村一輝さん。本当にそう思います。役に対する真面目で熱い想いをたくさん聞けて本当によかった。改めて、素敵な俳優さんだなと思いました。注目してから約9年・・・すべての作品を見たわけではないんですが(三池作品をはじめとしたバイオレンスものは苦手なので 苦笑)この人のファンでホントによかったと思いました。
今後も大注目していきたい役者さんです、北村一輝さん!「天地人」での北村@景勝を見る目がさらに熱くなりそうな私です(笑)。でも、またこんな可愛い素の北村さんも見てみたいな。



関連記事
その他気になる人々 comments(2) -


コメント

いらっしゃいませ

haruさん、コメントありがとうございます♪
北村一輝さんのスタジオパーク出演は念願だったので
気合入れてレポートしてみました(笑)。
喜んでいただけて嬉しいです。

またお暇がありましたら遊びに来てくださいね。

No title

うわあ!!(*≧▽≦)bb ありがとうございました!!見逃したので悔しい思いをしてましたが 細かく書いてくださって・・・(*´∀`*)
ますます 素敵な俳優さんなんだな~~って確信しました^^
ありがとうございました!


フォーム

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。