<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
今週の「つばさ」は本当に波乱万丈でございました。96回の詳しい感想を書く時間が無さそうなので(汗)、とりあえず土スタレポの前に少しだけ簡略に上げようと思います。個人的にかなりテンション高く応援してますので(笑)、この作品に興味のない方、スミマセンがスルーしてくださいませ。

嵐の中、翔太のいる目の前でつばさを救出した真瀬でしたが・・・つばさの実家で家族に感謝されるとどこか翔太の目が気になって自分の気持ちを押し殺してしまったようですねぇ。これは仕方ないよな。つばさの気持ちは翔太にあることを知ってるわけだし、少なからず翔太への罪悪感もあったと思う。なんか最近の真瀬さん見てると切なくて仕方ないよ(苦笑)。
そしてもう一人見てるだけで切なくなってくるのが翔太。気がついたつばさに無理に笑顔を作ってる姿とか胸が痛むよ~…。さらに、足の怪我を悪化させてしまったかもしれないことをまたつばさに言えずにいる。翔太、なんでもう少しつばさの前で素直になれないんだろう。彼、つばさの前では本当に自分の弱いところを見せないようにしてますよね。たぶん、つばさが翔太に「弱さ」を見せる隙を無意識に与えていないからかもしれないなぁ。お互いに好きだという気持ちはあるのに、本当の自分を見せていないような気がする。これが本当に見ていて危なっかしいんですよね…。

もうひとつグッときたシーンは加乃子と千代さんの親子の会話「私は母さんに許せないと思われても全然構わない。でも、つばさを産んだことは絶対失敗だなんて思ってない」・・・この言葉はなんだかとても胸に響いてきました。親子の絆って・・・ほんとに色んな形がある。この二人も徐々に母と娘に戻りつつあるのかなぁなんて思いました。
それから優花。最近の彼女はつばさにベッタリなんですけど・・・母親になってほしいという気持ちは本物だと思うんですが、それ以上に何か策略があるような気も・・・(笑)。父親がつばさを好きだということは敏感な優花は察していると思われるだけに・・・ひょっとして真瀬のための行動でもあったりして・・・なんて、ちょこっと考えたりする私です。この親子もなんだかんだで距離を縮めているように見えるし。

で・・・あのラストシーン。私は真瀬さんがどんな風に愛の告白をするんだろうかと思ってたんですが・・・非常に自然な台詞まわしで・・・自分の中にものすごくスッと入ってきた。真瀬さんが「愛してる」っていう言葉を口にすること事態想像できなかったので(笑)、いったい宅間さんはどんな風に言うんだろうかと気になってたんですよ。なんかものすごく自然で・・・あの短い言葉の中に真瀬の気持ちが凝縮されてたと思う。宅間さんの台詞まわしはホントに好きです。
それにしても・・・みちるさん・・・あの行動は・・・。ん~~・・・つばさが来ている事を確認した上でやってましたからねぇ。正直、コワイ女!!と思ってしまった(苦笑)。彼女の想いも切ないけど、あの行動はちょっと・・・ねぇ(苦笑)。


・・・あれま、結局長い文章になっちゃった(爆)。すみません。

というわけで、真瀬と翔太が恋のライバルとなってしまったことを受けて(笑)・・・土曜スタジオパークゲストに真瀬役の宅間孝行さん翔太役の小柳友くんが登場。この日をものすごーく楽しみに待ってました♪
以下、激しく長い文章になってしまったので(爆)追記に感想など書きます。興味のある方はどうぞ。






登場するときから小芝居でガン飛ばしあってる二人の姿が(笑)。これはホントに笑いました~~。あの顔が、超漫画ちっくだったよ(笑)。たぶんあれ提案したの、宅間さんじゃないかねぇ。そんな気がする(笑)。
この様子を見た青井アナが「普段から恋敵っぽくなってないですよね?」と質問すると・・・小柳君がチラッと宅間さんを見た瞬間、即答で宅間さんが「なってます!」と答え、それに倣って小柳君も「取り合ってます!」と答えてたのが可愛かった~。それを言い終わると二人でいたずらっぽく笑ってましたけどね(笑)。この様子を見てやっぱり宅間さんはアニキ(しかもかなりいたずら好き)だっ!と思ってしまった。

そんなこんなで、まずは宅間さんからプロフィール紹介。前日が誕生日だったことに触れられてましたね。

劇団設立のところまで進んだところで・・・小野アナから「どうして俳優になろうと思ったんですか?」と質問が。それに対して「ホントは歌手になりたくてスターになったらなれるかなと思って」と回答してましたけど、スタパの時よりもずいぶんと簡略化して答えてましたね。それに対してビビるさんが「じゃあ、今後は歌手に?」と聞くと「もうその夢は置き忘れてきたんで」とサラッと回答。スタパでたしか、歌手にならなくてよかった・・・みたいなエピソード語って笑わせてくれましたよね(笑)。
劇団立ち上げの理由についてはスタパの時よりもちょっと詳しく話してくれたかな。「売れない役者が使ってもらうためにはどうしたらいいかと考えたときに、劇団の看板役者になったほうがいいと思った。でも、トップに立てないと意味がないと考えて・・・だったらということで自分で劇団を作ってトップになった」みたいなことを語ってました。これ、けっこうサラリと語ってましたけど・・・現実的にものすごい勇気いることだと思いますよ!?それ相当の覚悟はあったと思うし、自分を高めるための努力もものすごくやったと思います。宅間さんはそういうことをあまり表で語るような方じゃないと思いますけどね(笑)。とにかく、誰かの下で・・・というのではなくて、自分が引っ張ってくってタイプですね、ほんとに。そういうところは私には全くないのでなんだかとても羨ましく思えたりもします。

さらに進んでセレソンの舞台「歌姫」が紹介されまた。これ、ドラマにもなっていましたが・・・舞台も伝説と呼ばれるくらい素晴らしい作品だったそうなんですよね。相手役には「風のハルカ」の村川絵梨ちゃんが出てたので興味はあったんですが観に行かなかった私・・・もんのすごく後悔してます(涙)。DVDが出てるのでもう少し金銭的に余裕が出てきたら購入しようと思ってます。
セレソン話として小野アナから「どんな演劇を目指していますか」と質問されると、「演劇アレルギーのような人でも面白かったといってもらえるような芝居を目指してるので・・・ベタで簡単なんです、うち」とこれまたサラリと紹介(笑)。イヤ、ほんとに、その言葉のまんまだと思います。おそらく私と同じく『流れ星』を見たであろう小柳君も「舞台で泣いたことなかった自分が恥ずかしいくらいに泣いちゃって・・・あんな感動した作品を見たのは初めてだった」と大絶賛。わかる、わかるよ、小柳君!!まぁ、絶賛してた小柳君も絶賛された宅間さんも言い終わったあとに照れ笑いして可愛かったですけどね。
「俳優、脚本、演出だったらどれが一番やりたいですか?」と質問されると今回も即答で「役者」と答える宅間さん。やっぱり脚本は孤独で辛い作業なのであまり勧んではやりたくなさそうです(笑)。現場で人と接しているのが好きなんですね。宅間さんって一見するとちょっと掴みどころないような感じですけど、本当はすごく人間が好きでフランクな楽しい人なんじゃないかなと思います。

続いて小柳君のプロフィール紹介。小柳君はバブルガムブラザーズのブラザー・トムさんの息子さんなんですが、意外にもそのことには触れられませんでしたね。あまり触れられたくないのかも?トムさんの親友でもある谷原章介さんがものすごく小柳君のことを可愛がっていた、みたいな話を前にどこかで聞いたことがあります。

芸能活動は3歳からっていうのはちょっとビックリ!宅間さんもそれに反応して「三歳からやってたの!?」とかなりビビってて笑えました(←それに対してサラリと「ハイ」と答える小柳くんも笑えた)。4歳のときのモデル写真があったんですが・・・4歳とは思えないような堂々とした佇まい!このときから肝が据わってたのかも!?ちなみに本人は当時のことはほとんど覚えていないそうです。

で、映画「ヒートアイランド」に出演した話が出てきたんですが・・・この作品は実は宅間さん(サタケミキオ)脚本だったんですよね。主演は城田優くん。小柳君はロングヘアーで今時っぽい若者を熱演してまたが、今と全然雰囲気違いますねぇ。ちなみに宅間さんと顔を合わせたのは打ち上げのときだったそうで・・・どうやらこの当時は二人は"知り合い"という感じにもならずに終わったっぽいです(笑)。この話をしてるときの二人の雰囲気を見て小野アナが「二人の位置関係が見えたような気がします。大変ですね、怖い先輩で」みたいに振ると小柳君が戸惑ったように「こ、怖くないです」と回答(笑)。それに対して宅間さんが「怖くないだろぅ~」とちょっと苦笑いしてツッコミ入れてて・・・スタジオが笑いに包まれておりました(笑)。
そしてさらにカンヌで賞をとった「トウキョウソナタ」も紹介。これに小柳君が出演してたの、初めて知りました(爆)。父親に食って掛かるシーンがあったんですが、このときにすごい鳥肌がたって芝居の面白さを知ったそうで・・・忘れられない作品になったそうです。このシーン、「つばさ」で翔太が父親に感情をぶつけるシーンと似てるなぁと思ったんですが、小柳君も「つばさ」でのシーンは「トウキョウソナタ」と同じような感覚で演じたと話してましたね。

次のコーナーでは「つばさ」について。これまでのダイジェストを見終わると小柳君も宅間さんもニヤニヤしてましたね(笑)。
まず出たのがやっぱり嵐のシーン。「寒くなかったんですか?」と聞かれると小柳君が「すごくテンションが高かったので温かかったんです」と回答。それに対して即座に「え!?温かかったの!?」とビビってたのが笑えます(笑)。あの撮影って4月頭くらいに行われてて・・・たしか、土手には桜が咲いてたらしいんですよね。「めちゃくちゃ寒かったですよ~」と強調して何度も小柳君に「温かかったの!?」と衝撃を受けてる宅間さんがなんだか可愛い(笑)。でも、「あのシーンは真瀬社長にとっても大切なシーンじゃないですか!?」と振られると何やらテンションが落ち気味で「あ・・・あぁ、オレから離れるな、みたいな・・・ね」となっちゃってます。自分のカッコいいシーンとか言われると照れる傾向がありそうです、この方(笑)。
今後は朝ドラらしからぬ略奪愛もあるのでは!?とツッコミを入れられると「あ、そうなんですか?」とトボケつつも(笑)、「新しい朝ドラを目指してますんで。ね?」と小柳君に同意を求めてる宅間さんなのでした。

そんな宅間さんに真瀬と通じるようなところは?と質問が。これもスタパでちょこっと答えてた通り今回も「コミュニティFMラジオを立ち上げて一所懸命大きくしようとするところが、自分が小劇場で劇団旗揚げしてやってきたのと重なる」と語ってましたね。時に強引に劇団を引っ張っていくところとかは真瀬とかぶるそうですね。それに対して小野アナが「社長と座長」とコメントすると「何上手いこと言っちゃってるんですか!」とやけに嬉しそうにツッコミ入れてる宅間さんが笑えます(笑)。
それにしても宅間さん・・・よく目の前のお茶(?)飲んでましたねぇ~。かなり継ぎ足されたのでは!?ひょっとして、前日に誕生日祝いとかしてもらって二日酔い気味だったりして(爆)。

対する小柳君は翔太とはまったく逆だそうです。「いままで一つのことを突き詰めたことが自分はないけれども、翔太はサッカーをずっとやってプロになっていくのですごくカッコいい男」とのこと。自分はダラダラ生きてたらこうなっちゃって・・・と小柳君が語るとすかさず宅間さんが「ある意味、幸せなヤツだよな」とツッこんできました(笑)。「ダラダラ生きてたら、こんな朝ドラヒロインの相手役とかやってんの?」と悪戯っぽくさらにツッコんでる宅間さん(笑)に「そういわれればそうですねぇ~!」と妙に納得してる小柳くんが天然っぽくて可愛かったです(笑)。
そんな宅間さんから見た小柳くんと翔太が重なる部分は・・・「優しいところ」だそうです。そのときに「友くんもすごく優しいし」とコメントすると小柳くんがものすごく衝撃受けた顔してて、どうしたのかと思ったら「はじめて宅間さんに"友くん"って呼ばれた!!」とのこと(笑)。
「つばさ」のドラマの魅力を聞かれると、宅間さんは「物語も登場人物もこのドラマはすごく優しいので大好き」とのこと。インパクトの強い登場人物が多いけれども、ちゃんと一人一人背景のドラマがあるところとか・・・全体的に人間を優しく見守っているようなところにとても魅力を感じるそうです。そういう優しさを感じるところが好きだと言える宅間さんってやっぱりとても心が温かい人なんだろうなと思います。セレソンの舞台見てもそれは強烈に思ったし・・・。

と、ここで共演者からメッセージ。登場したのはラジオぽてとの脇@二郎くん、松本@伸子さん、ROLLY@浪岡さんだったんですが・・・扮装がファンミのときと全く同じだったので、おそらく、宅間さんのいないときにこれを収録したんじゃないかと思われます(笑)。
まず宅間さんはどんな人?という質問で・・・回答するのはもちろん(笑)ROLLYさん。ファンミのときにも言ってましたけど、ここでも「学校に一人はいるガキ大将のいじめっ子」と発言。本人に悪気はなく仲がいいつもりでやってるんで・・・といいたい放題。ジャイアンみたいな人ですってまた出てきましたな(笑)。もうこのコメント見てるときの宅間さんが苦笑いというか楽しそうというかでこれまたオモロイ(笑)。
小柳くんについては脇くんが答えてるんですか・・・オ○ラとかするとちゃんとツッコミ入れてくれる優しい人と、なんとも独特なエピソードで褒め称えられてて、これには小柳くんも爆笑しておりまた(笑)。
二人の関係については、松本さんが「小柳くんは礼儀正しくて優しい好青年で宅間さんには舎弟のようについていってる」とコメント(笑)。小柳くんが二十歳になったのでお酒好きな宅間さんが連れ回しているんじゃないかと・・・と心配してるぽてと3人衆でした(笑)。
これに対して当然ビビるさんから「連れまわしてるんですか?」とツッコミが入ると「ちょくちょく行きますけど、二人きりじゃなくてスタッフさんとか色んな人を交えて仲良く行ってます」と宅間さん。すると小柳くんがすかさず・・・「でも、宅間さん、すぐ寝ちゃうんです」と暴露(笑)。行こうと積極的に誘ってるくせに店では誰よりも早く落ちてるらしいです、宅間さん(笑)。するとそれに対し「飲み始めるのが撮影終わってからの夜中1時過ぎとかなので眠気に勝てなくなる」とのことでした(笑)。そうなんだ。意外~(笑)。でも、アニキ分的に色々気を遣ったりしてるっぽいから疲れもあるのかもねぇ。
ROLLYさんに「ジャイアン」発言されたことについては「最近ROLLYさんがネタにしてるんですよ~」と苦笑い。ファンミーティングのときもその発言で会場がかなり沸いたので、宅間さん曰く「自分の中でイタダキにしてる感じ」なんじゃないかということです(笑)。そのほかにもROLLYさんの発言には異論があるようで・・・このあとROLLYさん、また宅間さんにイジられるんじゃないでしょうか(笑)。

ここで先週の土スタで視聴者に募集した「つばさとくっついてほしいのは誰」というアンケート結果発表。選択肢は、1.翔太 2.真瀬 3.浪岡 4.誰とも結ばれてほしくない とのことだったんですか・・・それを見た宅間さん、「鈴本スーパーの息子の俊兄ぃが入っていないのはなぜ!?」とツッコミ(笑)。それに対して「忘れてました」と小野アナ(←コラコラ 爆)。宅間さん曰く、「俊兄ぃは一番最初からつばさのことを好きだと言ってたのに選択肢にないのはおかしい」と。これには小柳くんも爆笑しながら納得。いやぁ、宅間さん、鋭い!俊兄ぃも確かに選択肢に入れてあげるべきだよなぁ。けっこう好きなキャラだし。すっかり忘れられていたそうで・・・哀れ(苦笑)。それに対して「CPも忘れてる感じがあるよね」と悪戯っ子っぽい顔でツッコミ入れる宅間さんに小柳くんもまた爆笑(笑)。ほんとにこの人は愛すべきいじめっ子だよ(笑)。
で、結果は1位真瀬 186票、2位翔太 118票、3位誰とも結ばれてほしくない 60票、4位浪岡 10票でした。1位に選ばれた真瀬こと宅間さんは何やら意味深な表情。この方、あまりこういうことで大っぴらには喜びを感情に出しませんよね(笑)。ちなみに私は投票しませんでしたが・・・するとしたら、やっぱり真瀬ですね。今まで見てきて一番波長が合うように思えるんで。翔太には別にもっと相応しい人が現れるような気がするんですが・・・。
ちなみに2位になってしまった翔太については・・・小柳くんちょっとガックリ気味。1位になる確信があったらしく、この結果はなんだかとても残念そうな感じでした。その横でほくそ笑んでる宅間さんがまた笑えますが(笑)。でも、小柳くん自身は真瀬のほうがつばさに合うと思ってるようです。

ここで、つばさ本人はどう思ってるのかということで多部ちゃんのインタビュー
真瀬さんについては大人で頼もしい上司、翔太については恋人でありつばさにとっての憧れで尊敬できる存在・・・ということで、現時点では翔太しか考えられないとのこと。これって、今放送されているドラマの段階での「つばさ」の意見ですよね?
ちなみに多部ちゃん本人としては・・・なんと浪岡さんがいいとのこと。一見謎めいていながらも回りのことを考えてくれるようなところが好きなんだとか。
このVの後、「真のライバルは浪岡さんでしたねぇ」と語る小柳くんが笑えました(笑)。多部ちゃんについてのコメントを求められると、ファンミでも言ってたように宅間さんは「芯がしっかりしてる、ライオンハートの持ち主」と語ってましたね。もしかしてライオンハートって言葉・・・宅間さんの中でマイブーム?(笑)。小柳くんは「いつも"翔ちゃん"と呼ばれているんですが・・・そう呼びながら翔太のことについてあれこれ意見を聞いてくるので、それが小柳友に対する意見のように聞こえてしまうことがある」という悩みを告白。控えめですが・・・"翔ちゃん"と呼ぶのはやめていただきたいと懇願してました(「友くん」て呼んでほしいみたいです 笑)

そして17週の予告が流れたんですが・・・これまたすごい展開になってます(笑)。ターニングポイントみたいな感じですね。
来週の展開について宅間さんは「出来上がったものを見たときにいっぱい泣きました」とのこと。17週はここでは語れない泣けるツボがかなりあるらしく、それでも語りたいギリギリのところで(笑)興奮気味に話してたのが印象的。なんでも宅間さん、3箇所"ガン泣き"したらしいですよ(笑)。これには小柳くんも同調してたんで、こりゃ、かなり期待できるかも。

続いてのコーナーでは二人の男の美学について掘り下げるということで。

まずは宅間さん、"寅さんがカッコイイ"とのこと。あぁ、もしかして、「つばさ」のなかで寅さんチックな真瀬が出てきたのは・・・あれ、宅間さんのアイディアも入ってたんですかねぇ。劇団で作品を書くときには基本的に主人公像が寅さんになるんだそうです。まっすぐ進んでいくようなおバカなんだけれども、実は純粋で一本木なところがとても好きなんだそうです。寅さん映画が好きだったというわけではなく、劇団で作品を書いていく過程で寅さんに興味を持ったという感じのようですね。私はまだセレソン作は1本しか見ていないけど・・・なんとなく分かるような気がしました。これあと数本みたらもっと納得できるかもしれない。昭和な空気の作品が好きと言ってるのはこういうところから来てるんですかね。

小柳くんの憧れの人物は先日惜しまれながら亡くなったマイケル・ジャクソンだそうです。もうマイケルの音楽を聴いてるだけで体かノリノリになってる小柳くん、本当に好きなのね~。誕生日が一緒というのもすごく嬉しそう。マイケルの作品はすべて見たそうで、指ひとつの動きひとつにしてもマイケルですごい衝撃を受けたんだとか。まだ小柳くん若いのに・・・、マイケルの魅力というのは本当に幅広い層に支持されていたんですね~。マイケルの死が本当に悔やまれます。
続いての小柳くんの男の美学は・・・洋服のリメイクとのことで・・・いやぁ、自分で空想の中で会社設立させてマークを作ってるくらいオシャレ好きなんですねぇ(笑)。ジーパンの右側には小柳くんが自分でデザインしたという"ミギアシ"というロゴが入ってました。「ジーパン履くとき迷いませんか?」という天然な言葉が出てくるのがなんだか可愛い(笑)。

対して宅間さんのファッションはというと・・トレパンでお出かけ・・・という、なんとも微妙なイラストが出てきて宅間さんも小柳くんもかなりウケてました(笑)。宅間さんはトレパンやジャージで外出することが多いとのことですが・・・それに対して「トレパンって言わないですよね」と苦笑い(笑)。たしかに最近聞かなくなったな。劇団の稽古着のままでといった感覚なんだとか。舞台役者さんってそういう人多いんじゃないでしょうかね。今もその延長でジャージでNHKに来ているということで証拠のVTRが出てきたんですが・・・ほんとにジャージ姿で出勤してるようです(笑)。それを見た小柳くんが一所懸命に「でもカッコよくねぇ、着てるんじゃ」とフォローしようとしてて、その様子を見た宅間さんが"もういいよ"ってな感じで小柳くんの膝をビシっと叩いてツッコミ入れて面白かったです(笑)。まるで兄弟みたいだな、この二人。いやでもねぇ、ジャージでもこの方違和感ないですよ。
ジャージに関してはリハーサルの日だけその格好でNHKに来てるらしいです。朝ドラってたしか、丸1日リハーサルに費やして次の日からバンバン本撮影してくんですよね。リハーサルはジャージじゃないと落ち着かないっていうのがいかにも舞台人っぽいなぁと思いました。
このファッションの比較については宅間さん異論がありそうで・・・「なんか、友のほうがカッコよくない!?オレがトレパンって・・・」と苦笑い。これには小柳くんも大爆笑でした(笑)。

まるNを挟んで視聴者からの質問コーナー。
まずは宅間さんのファンの方から「特に声が好き。イモと呼んでください」というリクエストが(笑)。カメラに向かって勇ましく「イモっっ!」と言ってくれました(笑)。いやでも、この視聴者の方と同じで・・・私も宅間さんの声がものすごく好きです。声というか・・・そこに込められてる役の気持ち・・・っていうのかな。宅間さんの台詞回しっていつもなんだかすごく心打たれるんですよね。
小柳くんにはドラマと同じく幼馴染に恋している悩める10代の男の子からどうすればいいかの質問が。小柳くん自身は羨ましいとのことですが、相談者のファンの子には「グイグイいった方がいい」と噛みながらも(←すかさずツッコミ入れてる宅間さん 笑)アドバイスしてました。
客席からも質問。

1.好きなスポーツはなんですか?
宅間さん 「サッカー」(←劇団名にセレソンが入ってるのもその影響らしいです 笑)
小柳くん 「アメフト」(←サッカーじゃないんだというツッコミが 笑)

2.川越のオススメ観光スポットは?
宅間さん・小柳くん 「蔵造り通り」 その街並みは行くとけっこうビックリするそうです。

最後に宅間さんと小柳くんが土スタに出演した記念として特製待ち受けができたということで、そのことを小柳くんが紹介してたんですが・・・もうその横で宅間さんがニヤニヤしっぱなしなんですよ(笑)。どうしたのかと思ったら、小柳くん、番組始まる前にこの告知を頼まれていたらしく、上手く言えるかどうかそのことばかり気になって仕方なかったんだとか。宅間さんはそれを知っていたために小柳くんの横で「絶対噛むぞ~」と呪文のように繰り返してたらしいです(笑)。もぅ~、ほんっとにガキ大将みたいな人なんだから(←ものすごく楽しそうだった 笑)。無事に言えたときの小柳くんは本当に安堵した感じでした。宅間さんの妨害を受けながらもよく頑張ったよ(笑)。

生放送の感想は・・・小柳くんは「最後の言葉が言えてよかったです」と一言(笑)。宅間さんは「あっという間だったけど、二人で出れてホント楽しかったです」とのこと(←いろんな意味で楽しそうだった 笑)
最後に駆け足で質問回答。

1.好きな女性のタイプは?
宅間さん 「明るく元気な男勝りな男っぽい人」
小柳くん 「三船美佳さん」(←すかさず「それはタイプじゃないでしょう?とツッコミ入れる宅間さん 笑)

2.質問ではなく翔太への励ましのメッセージ。それに対して小野アナが「翔太はこれから盛り返していくんでしょ?」とツッコミ入れると小柳くんと宅間さんが"言いたいけど言えない~"みたいな意味深な笑みを交し合っていました(笑)。

3.どうやって台詞覚えるの?
二人とも「反復あるのみ」と答えてました。宅間さんは劇団員に相手してもらうことがけっこう多いらしいです(笑)。

というわけで、ここでタイムオーバー。終了です。もう、宅間さんがことあるごとにツッコミ入れたりちょっかい出したりしてて、それがやけに楽しそうですごく面白かったです(笑)。小柳くんは今の若者っぽいけどもとてもしっかりしている好青年。宅間さんのこともホントにお兄さんみたいな感じで慕ってるのが伝わってきました。
そんな二人はドラマの中ではかなり深刻なことになっていくようです。今後の「つばさ」ますます楽しみになりました。

ありゃ、またまたこんな長文だよ(爆)。お付き合いくださった方、ありがとうございました。


関連記事

テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」 - ジャンル : テレビ・ラジオ

朝ドラ つばさ comments(4) -


コメント

Re: No title

ちりとてフリークさん、こんにちは!

土スタレポ、雰囲気ちゃんと伝わりましたか~。楽しんでいただけてよかったです♪
ドラマと違って、小柳くんも宅間さんもすごくフランクで仲良しでしたよ~。
っていうか、宅間さんがやたら楽しそうにツッコミ入れてる姿が印象的でした(笑)。
そのくせ自分に分が悪そうな質問とかツッコミとかくると照れ隠しみたいな感じになってたり(笑)。
「歌姫」は舞台が最初で、その後ドラマだったんですよね。
今度舞台のDVDを見てみようと思うので、そのときは感想書くかもしれません。
今後の「つばさ」も楽しみですね!

No title

えりこさん 詳細なレポありがとうございました♪

二人の会話のやりとりが面白くて 本当に心からうち解けあってるんだなーと、仲の良さと 人柄がよく分かりました。
つばさは 何の前勉強もなく見始めたので 宅間さんと小柳くんの経歴や 仕事に対する思いなど とても興味深く読ませていただきました。
歌姫のドラマは ど☆はまりして見ていたのですが それが 宅間さんが作られた舞台ということを 初めて知りました!
小柳くんも芸歴長いんですね!どうりで 上手い訳だ~。
ミギアシとかって思いつくあたりは お父様の笑いのセンスを受け継がれているなーと思いました。
宅間さん 楽しくてシャイで ますますファンになりました♪

本題のつばさの展開も 目が離せなくなりますね!!

Re: 次週が楽しみ

Diverさん、こんにちは!

宅間さんと小柳くんの土スタ、楽しかったですよね♪
アンケートの発表ですが・・・私はやっぱり真瀬さんとつばさ派なので
1位でよかったと思った一人です(笑)。宅間さんの演じる真瀬が大好き
というのもありますが・・・やっぱり見ていて波長が合いそうなのがこの
二人なんですよ~。
翔太には別のいい人が現れてほしいと思うんですけどねぇ。
来週からの展開は相当泣けるということで期待しています!
Diverさんにとってはちょっと辛い週になるかも?

次週が楽しみ

 えりこさん、こんばんは。
 いやあ、土スタパ、よかったですね。私が気に入ったコーナーはつばさの相手アンケート発表でした。予想は翔太だったのですが、そうですか真瀬さんですか。えりこさんと同様の思いの人ってけっこういらっしゃったのですね。意外でした。浪岡さんの10という点の低さも意外と言えば意外でしたが・・・
 第17週はひょっとしてイタいストーリーになるのではと懸念していたのですが、期待できるようで楽しみです。ではまた。 


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。