<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
※当ブログは基本的に朝ドラ「つばさ」を応援しています。

マセガキじゃなくて・・・"まなせゆうか"と呼ばれた少女が気になり探偵まがいに後をつけたつばさは川原鉄工所にたどり着くのですが、そこでみちると鉢合わせに。つばさが保育園に行ったことを知り気が気じゃない真瀬は電話で必死に真相究明しようとしますが、みちるに電話を奪われ毒舌を浴びせられてプツリ(笑)。あぁ、真瀬さん、お気の毒~。
さらにつばさは自分の番組時間が近づいていたにもかかわらず職場放棄してみちるに話を聞いてる始末。ヲイヲイつばさちゃん、自分の仕事の責任はちゃんとしようよ~。とツッコミ入れてたら今度は真瀬さんまでもが職場放棄の危機に(爆)。そんなときにタイミングよく(?)現れちゃうのが加乃子さんなんだよなぁ(笑)。そんな彼女をみて「ラッキー!」とばかりの分かりやすい表情をする真瀬社長(爆)。
「アンコール!次の番組に出演して下さい」
と調子のいいこと言ってとうとう職場放棄してしまった~。こうなると加乃子はノリノリになっちゃいますよ~。「無理無理無理・・・」と連呼しながらも顔がめちゃくちゃ嬉しそうなんですけど(笑)。やはり祭りで燃える人だねぇ。

その頃つばさはみちるから真瀬について話を聞いています。ユウカを追いかけてきたつばさに真瀬との関係を尋ね、「ただの社員」というつばさの回答を聞いて「あなたみたいな子、真瀬が選ぶ訳ないわね」と言ったみちるの一言がちょっと気になります。これ、今後、生きてきますかねぇ(笑)。
おせっかいなつばさに呆れたみちるはついに真瀬の過去を暴露。5月23日はみちるの幼馴染で真瀬の妻だった千波の命日だったんです。みちるは千波が死んだのは真瀬の責任で工場に預けられている娘の優花も捨てたんだと詰ります。ちょうどそこにやってきた真瀬に「千波の夢を奪ったあなたにラジオをやる資格なんかない」と捨て台詞を吐いて去っていくみちる・・・。みちると千波って姉妹みたいに仲良かったんだろうなぁ…。

みちるが立ち去ったあとつばさに「何をかぎまわってるのか」と探る真瀬でしたが、今までのやり取りを聞いていて正直に「保育園で真瀬の娘・優花に会った」とは言えずみちると偶然出会ったことしか話せなかったつばさ。こういう機転が利くところがなんか優しい。でも職場放棄はいかんよ(苦笑)。
で、ラジオぽてとに戻ってみるとつばさの変わりに加乃子がハイテンションでラジオ番組を盛り上げてます(笑)。その話術とテンションに伸子も二郎も感激している有様(笑)。いつものつばさのコーナーを加乃子に任せてはどうかという話まで飛び出す始末で、つばさとしては当然面白くない。でもねぇ、職場放棄しちゃったからねぇ・・・今回のは仕方ないかも。それにしても「私はトコロテンじゃありませんっ」って例えが相変わらず意味不明でオモロイよ、つばさ!ちなみに小説では「トコロテン」発言の次の行に"ところかわって"と書いてありました(笑)。

で、テレビのほうでは麻子さんがトコロテンを作っている最中だったりする(笑)。相変わらず魔女発言を信じてやってきたオヤジが押しかけて店が大変なことになってますが、その間をかいくぐっていつもの常連・鈴本さん、宇津木さん、そして竹雄さんがやってきてます。さらに今回は宇津木さんのおしゃべりな奥さんまで(爆)。
で・・・その場で宇津木奥さん、「真瀬と横矢みちるの間に隠し子がいる」といった、とんでもない勘違い話を本当の話のように触れ回ってるよ(爆)。「この話は誰にもしちゃだめよ」ってお前が言うな(笑)。あんたが一番危険人物だって。どこの世界にもいるけどねぇ、こういう噂好きな奥さんが(苦笑)。

「こえど」でお口チャックをしたはずの竹雄さんでしたが、家に帰っても言いたくてクネクネしてるよ(笑)。よりによって加乃子さんにその様子を知られてしまい、せっかく閉めたお口チャックをジリジリジリっと開けられてしまいあっさりと勘違い噂話を喋っちゃったよ(爆)。竹雄さん、そのお口チャックはかなりユルイね!?梅雀さんのあの口のユルユルっぷりがなんか憎めなくて笑えますが(笑)。
それを知ったつばさは即座に誤解を解きますが、事情を知った加乃子は真瀬と優花をなんとかしようと大乗り気になってしまう。これ以上母に出しゃばられると自分の居場所が危うくなると感じたつばさは思わず怒鳴りつけてしまいます。
それにしてもこの親子・・・本当に立場がだよねぇ(笑)。つばさはオカンで加乃子は手のつけられないじゃじゃ馬娘ってとこでしょうか。

町中で自分の妙な噂話が話題になっているとは露知らぬ真瀬は暗くした自分の部屋である出来事を思い出していました。それは妻とのある夜の会話…。
千波はコミュニティFMラジオのDJオーディションを受けて見事に合格していましたが、当時は優花が生まれたばかりということもあり真瀬は千波の気持ちを尊重することなく「そんなことしてる場合じゃないだろう」とそっけなく斬り捨ててしまいます。その言葉を聞いた千波はちょっと寂しそうに「受けてみただけ」と笑顔を見せそれっきりに・・・。
その時の苦い思い出が真瀬を今苦しめているようです。後悔しても、もう、千波はこの世にいないわけですからね。あの時もっと思いやりがあったら・・・とこの数年間自分を責め続けてきたんだろうか。切ないですねぇ。

一方のつばさは母親の加乃子との関係に悩み、さらに真瀬と優花との関係にも悩み・・・まさに二重苦状態。そんな心のうちをラジオの男はしっかりと見抜いているようで。さすがつばさの心の声を形にした人だけあるわ(笑)。イッセー尾形さんの味のある芝居が素敵です。リハしてないって言ってましたけどそれであの芝居ができるんだからすごいよなぁ。
そんな落ち込んでるつばさの前に顔に「ツバサ」とニッポンマークをペイントした万里ちゃんが登場!
「タマーキツバサッッ!!」
とサッカーのサポーター級のエールを送る万里ちゃん、単純明快でスパッとしてて良い子だわ~。翔太との恋もちゃんと応援してあげてるしね。ま、最後にはお約束っぽく苦情殺到になりましたが(笑)。

ちなみにこの「タマーキツバサッ」って応援スタイルはもう一度応用編として登場するはず。それがどんな風に放送されるのか今から期待です(笑)。




関連記事
朝ドラ つばさ comments(2) -


コメント

マンガ

Diverさん、どうも、毎度です♪
『つばさ』はドラマというよりもマンガ(しかももギャグw)だと思って
見るとけっこう楽しめますよね。やることなすことが漫画的で
「あぁ、こんな場面どっかで見たことある」
みたいなシーンがそこかしこにあるのが笑えます(笑)。
そのあたり批判覚悟で徹底して作ってるんじゃないでしょうか。
真瀬さんのエピソードは2週に渡りますのでまだもう少し出てきますよ。
実は5/23にはもうひとつの意味もあったりして…。
お楽しみに。

まちがいなくコミック

 えりこさん、こんばんは。
 名作『ちりとてちん』が落語の世界をモチーフにしていたのと同様、『つばさ』がコミックテイストというのはもう疑う余地はありませんね。人物の登場のタイミングの良い悪し、様々な効果音(鐘のゴーン、ゴングのカーン、納得のガッテンガッテン、お口チャックのジッパー音)コロコロ変わる遺影、景気づけに乱入させるサンバダンサーズ、紙芝居のような回想シーン、決闘シーンに風が吹いて土埃が舞い上がる他いろいろ、すべてコミックでは類似の手法です。
 コミックネタとなると、もしかしたらとても目が悪いとおぼしきみちるさん、今日も歩きながらつまづいてましたが、そのうちメガネを落として探す時に、四つんばいになって「メガネ、メガネ」とやるはずです。コミックでは古典的ですが外せないギャグです。
 それにしても、今回の真瀬さんの隠し子騒動はずいぶんあっさりと誤解が解けましたね。脚本家によってはこれで話を伸ばしたりするのですが、他にもっといいストーリーがあるのでしょう。期待します。
 ラストの万里ちゃん、男前です。彼女をゲットするなら知秋君よ、男を磨くのだぞ。
 あ、つばさと翔太と万里、三人揃って万里を翔ぶつばさ・・・関係なさそうですね。失礼しました。


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。