<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
mal

2月のACTシアターに引き続き、3月の日生劇場で上演されたミュージカル『マルグリット』を再び観てきました。同じ作品ではありますが、劇場が違うとやはり雰囲気も変わりますね。ACTシアターは華やかさ、日生は重厚さみたいな・・・。
パンフレットはやはり今回の購入にして正解です。舞台写真がちゃんと入ってました(笑)。

先月観た時には"2-3回見ると味が出てくる作品では?"と感想を書いたわけですが・・・2回目の今回はといいますと・・・なんか、妙に眠くなってしまった(爆)。なんだろうなぁ・・・、やっぱり好みなんだろうか?音楽は個人的にはけっこう好きなんです。流れるように美しくて胸の奥がジーンとなる感じ。半音ずつ上がっていく難しそうな旋律ですが、うっとりするような美しさがある。ということは・・・音楽が心地よすぎたんだろうか(笑)。
でもこの舞台、主役のマルグリットとアルマンに感情移入できないとちょっとキツイかもなぁっていうのもあると思うんですよね。私は最後までそれができなかった。おそらくそれが敗因。特にマルグリットに感情移入することができなかったのが残念だったかも…。

アンサンブルさんのレベルは今回は特に高かったように思いました。皆さん芝居巧者だし歌も抜群に巧い!よくあの難しそうな曲をきれいに歌いこなしているなぁと感動することしきりです。アンサンブルで特に目を惹いたのが・・・やっぱり元四季の佐川さん・・・じゃなかった、守谷譲さん。なんか目が行ってしまうんだよなぁ(笑)。マルグリットと戯れているシーンは異様に可愛かった(笑)。

作品はもう千秋楽を迎えたのでいまさらネタバレ・・・って感じでもないんですが、一応、キャスト中心感想は追記に書こうと思います。



しっかし悔しくなるほど中盤眠気が襲ってしまったなぁ(苦笑)。心地よくなるような旋律の歌が多いので満腹時に観劇したのも悪かったのかも…(汗)。
主役の二人に感情移入できなかったというのも原因だと書きましたが、それともうひとつ、皆さん綺麗に歌いすぎているんじゃないかなというのも感じたんですよね。特に春野さん田代くん。もう一歩踏み込んで感情を表に出す歌い方をしてもよかったのではないかなと・・・。
寺脇さんは我流の歌い方ということなので一人ちょっと異質な感じではあるんですが(笑)、その分お芝居がけっこうしっかりしていたので比較的感情移入しやすかったのかもしれません。飯野さんtekkanさんはミュージカルっぽい歌い方だったので歌も芝居もしっかりしていて安定感がありました。山崎くんは歌というよりもやっぱりお芝居が魅力的でしたね。横内さんはさすがの存在感でした。

あ、先にキャスト感想を書いてしまったんですが…内容についても少しだけ。

マルグリットは前半パーティーでかなり贅沢三昧な生活をして奔放に振舞っているんですが、それはパトロンのドイツ将校・オットーのおかげでもあった。マルグリット本人はオットーのことを生活の現状維持のために必要な人という意識でしか見ていないのに対してオットーはマルグリットのことを一人の女性としてみているんですね。このズレがなんだかあまりにも切ないわけですよ。で、マルグリットはある日若くて情熱的なアルマンに本気で恋をしてしまうわけで・・・オットーとしては一度も自分を男性として見てくれなかったのに何故!?といったどうしようもない憤りが沸き起こってくる。この展開を見ながら、何度『マルグリット・・・一度でいいからオットーのことをちゃんと正面から見てあげてよ~』と思ったことか…(苦笑) 。
マルグリットがさらにアルマンを誘惑しては突き放し、突き放しては誘惑し・・・みたいにその場その場の感情で突き動く女性になっていくので(←なんか最近これと似たようなキャラを見たような… 爆)、なおさら感情移入しにくくなっていく。ついにマルグリットの本心を知ることとなったオットーが彼女にアルマンへの別れの手紙を無理やり書かせることになるんですが・・・そのくらいの仕置きで済ませるなら全然問題ないじゃんと思っちゃうんだよなぁ、私は(笑)。アネットの拷問も取りやめてくれてるし、オットーはあの時代のドイツ将校としてはすごくいい人のように思える。

でも結局はマルグリットはオットーを裏切って、その段取りのせいで彼は銃殺されてしまう。最初見たときにはこれかなりショックでしたよ。せめて死の間際にマルグリットへの本当の愛の気持ちを打ち明けるような場面作ってやってほしい・・・と私なんかは思っちゃうんですよねぇ。
そして最終的にはオットーを抹殺したことがマルグリットとアルマンの絆を深めていくことになって…。なんか納得いかないよなぁ、こういう展開。なのでマルグリットの末路は全く共感できなかったよ(爆)。

なんか、オットー弁護論みたいになっちゃいましたが(笑)・・・結果的には作品としてはあまり好みじゃなかったのかもしれない。上質な作品だとは思うけど・・・主人公に共感できないと好きになれない作品かも。
ただ、音楽はとても素敵だと思ったので余裕ができたらCD購入も考えようかなと思いました。

Marguerite
MargueriteOriginal London Cast

Warner Music TV 2008-08-05
売り上げランキング : 12442


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

Musical観劇作品 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。