<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
下荒井
TEAM-NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)の第13回公演『下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム』を観にサンシャイン劇場まで行ってきました。
『HONOR』を観るため当日券のために10時間並んだ挙句に舞台の3分の1が見切れて結局大坂までもう一度観に行ったあの頃からもう2年が経過してしまったのか(苦笑)。それに懲りてCUEのファンクラブに入ったので、今回は前売りチケットを確保できました(前売り争奪戦もけっこう熾烈だったけど 苦笑)。今回も瞬時にチケットが売切れてしまったようで、毎日のように当日券を求める長蛇の列が劇場前にできているとか…。改めてNACSの人気のすごさを実感しております。

それにしてもサンシャイン劇場・・・ずいぶん綺麗になりましたねぇ。池袋は苦手な町なので(特にサンシャイン方面)、ずいぶん久しぶりだったわけですが、入り口が広くなってたし狭かったロビーも余裕ができてすっきりしていました。いつのまに改装したんだ?
なので、グッズ売り場もあまり混乱せずスムーズに列が進んでいたように思います。今回も色々売り出されていましたが、私はパンフレットのみ購入。他にはトートバックとか飴玉とかポスターとか売ってたかな。全部セットなんてのもありました(いつもあるのかな)。
あ、そういえば・・・今回の芝居のチラシ、ゲットし損ねた(涙)。どこにも見当たらないま公演日を迎えてしまい私が観劇しに行ったときには受付にも"品切れ"の文字が~。演劇チラシマニアとしてはちょっとショックでございます(苦笑)。

NACSの舞台はネタバレを知らないで観に行ったほうがいいということなので、この日を迎えるまで『情熱大陸』(←相当ネタバレ流したらしい 爆)もWOWOWのプルミエールも、そして会報も封印しておりました。やっとこれで、たまってた録画を見ることができる~。
本編の前にカーテンコールのコメントで印象に残ったことをちょっと。熱い拍手のなかNACSの5人が登場して一言ずつ挨拶してくれるのですが、まず面白かったのがシゲくん(戸次重幸)。なんか挨拶する前から言いづらそうな微妙な雰囲気だったのでどうしたのかと思ったら・・・舞台の前に『33分探偵』のロケをしてたそうなのですが(うわっ!大変だ)、そのときに堂本剛くんから
"芝居の中で『堂本剛はいい人だ』と言ってくれ"
と頼まれていたことを激白(笑)。さすがに芝居中はそれはできないと断ったらしいのですが(←そりゃそうだろう 笑)、言えなかった分ここで言わしてくださいということで、カーテンコールで『堂本剛くんはいい人です』とちゃんと約束果たしてました。シゲくんこそイイ人だよ~。
するとそれを受けた大泉洋くんが『人の芝居で自分のことを言えなんてとんでもない人ですね』とボヤいて笑いを誘ってましたが(笑)そのあとすぐに『この前堂本兄弟に出させてもらいましたけど・・・まぁ、可愛い子達ですよね』とフォロー入れてました。洋くんもなんだかんだで優しいよね~。そのあとは天気の話題を言ってたかな。このところずっと雨でようやく今回晴れたんだけど、また旅公演出たら嵐を起こしそう・・・みたいな感じのコメントしてて笑えました(笑)。


さて、以下、感想になります。ネタバレがけっこう含まれてると思うので(なるべくボヤかして書いてますが)、これからご覧になる予定の方は読まないほうがいいかもしれません。
あと、見終わったあとでも、NACSさんの今回の舞台を大絶賛!という方はここから下は読まないほうがいいと思います。読んでしまった後の苦情などは受け付けかねます・・・(苦笑)。あくまでも個人的意見なのであしからず。









えっと・・・もう一度言っておきますが・・・私はNACSさんたちのことは好きです。彼らのことを悪く言うつもりはありませんのであしからず。あくまでも、今回の芝居に対する個人的見解です。










今回の公演は森崎リーダーではなく、大泉洋くんが脚本と演出を担当していました。イベントなどで洋くんが作品を作ったことがあるというのは知っていたのですが、NACS暦約3年でしかも関東在住の私は彼の作品を見るのは今回が初めて。きっと、胸がじんわり温かくなるような泣けるお芝居書くんじゃないのかなぁと(イベントのときの前評判がけっこうよかったらしいので)かなり期待しておりました。膝にはしっかり涙用のタオルハンカチも用意して(←2年前のHONORではありえないくらい号泣してしまったので 笑)
ところが・・・・・・・全く泣けなかった・・・・・・・。しかも途中退屈に思えてしまうことも何度か・・・・・。『HONOR』はもう一度観たい衝動に駆られましたが『下荒井兄弟~』は観たいとは思えなかった…。これ、個人的にかなりショック・・・。ストーリーの後半からクライマックスにかけて周囲はほとんど目にタオルを当てて泣いている人ばかりだったのですが、私一人だけなんか置いてきぼりを食らったような感覚に陥ってしまった(爆)。

ここからはちょっとネタバレ絡んでます

観終わってからまず感じたのが、"大泉洋くん色の舞台だったな"ということ。この物語は5人兄弟の絆がテーマになっているんですが、そこかしこに洋くんのNACSへの愛が散りばめられているように思えましたね。洋くんは本当にNACSのこと家族みたいに思ってるんだなぁと。その場所がいかに大切な場所なのか・・・彼の想いが凝縮されているように感じられました。

前半はドタバタコメディでそこそこテンポもあって面白かったです。特に傍観者の4番目の弟が他の兄弟たちを混乱させるようなことをしでかす展開はコントを見ているようで笑わせてもらいました。セットにもちょっとした工夫があってビックリするような仕掛けもあったし、奇跡の共演(笑)ってなシーンも楽しかった。
ところが、お見合い騒動が終ったあとに2番目の兄が帰ってきたあたりからなんだかテンポが悪くなってきたように感じられて仕方なかったんですよね。一番核になる部分がこのあたりからだったと思うのですが・・・どうもストーリーに締りがない。兄弟のそれぞれの葛藤をドラマとして見せたいのか、コメディとして見せたいのか・・・雰囲気がものすごく曖昧。差し当たって特別な出来事が起こるわけでも、兄弟の絆に繋がるような秘密が出てくるでもない。バタバタバタバタしているうちに、気がついたら山場に差し掛かってたって感じだったかなぁ(苦笑)。
起承転結の「承」と「転」の部分に深みがないので「結」の部分の説得力が私には軽く見えてしまいました。言いたいこと、やりたいことを中盤に色々詰めすぎたんじゃないのかなぁ。

正直、今回の作品はNACSのイベントでNACSファンに向けて上演する舞台だったんじゃないのかなぁと私は思いました。演劇ファンに向けた芝居ではなかったような気がします。
私はNACSさんのファンになって日が浅いんですが、彼らのことはとても好きだし応援しています。
けれども、今回みたいなちょっと内輪的ネタが多いような芝居はあまり好きではありません。ヤスケンさんの冒頭衝撃シーンも・・・笑えるけど、あんなに長くあの状態で見せ続けているのもどうかと思ったし・・・音尾くんの顔つきが魚みたいだと連呼しまくるのもファンじゃない人にとってはイマイチ分からないと思うし・・・洋くんのモノマネテープの使い方も中途半端だし・・・"下荒井"ネタも引っ張りすぎ。そういうNACSの自己紹介的なシーンがけっこう多く出てきたことで、肝心のストーリーの部分の作り込みが緩くなってしまったんじゃないかなと。
まぁたぶん、それが今回の洋くんの狙いでもあったのかもしれないけど・・・・私個人的には、もっと"物語"を魅せてほしかった気がする。

うーーーーん・・・・今回はなんかすごく消化不良のような微妙な心境になってしまったなぁ。

ただですねぇ、個々のメンバーたちのお芝居はとてもよかったです!シゲくんや音尾くんは最近民放ドラマにも多数出演しているし、ヤスケンさんに至っては朝ドラにまで出ちゃいましたからね。森崎リーダーはこちらではあまりお見かけしないんですけど(笑)、でも本当に皆それぞれ役者としてすごく深みを増したなぁと思いました。
特に印象深かったのが音尾くんです。彼は今回も女性と男性の二役を演じてるんですが、HONORのときよりもさらに進化した演じ分けをしててビックリしました!それにラストの一人で・・・のシーンは本当に素晴らしい熱演であそこだけはグッときましたね。
洋くんは本書きが大変だったのかあまり目立つポジションにはいなかったような。あの役、もう少し膨らませたらもっと違う内容になったと思うんだけどなぁ。あまりドラマ性のない役柄だったのでちょっと残念でした・・・。

次回はやっぱり、森崎リーダーに脚本演出お願いしたい気がする・・・。私はやっぱりドラマ性のある作品のほうが好きなので・・・。


以上、けっこう辛口意見になってしまいましたが・・・本当に個人的な意見(しかもたぶん少数派 爆)ですのであしからず。人には好みってものがありますんで。結局のところ、今回の舞台は私の好みに合わなかったと・・・(苦笑)。
ただ、NACSの皆さんの活動はこれからも応援していきたいなと思ってます。色んな場所でたくさん経験を積んで、また大きくなってNACSの舞台として帰ってきてほしいです。


関連記事

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : TEAM-NACS 

NACS & 大泉洋くん comments(6) trackbacks(0)


コメント

いらっしゃいませ♪

明太子さん、初めまして!コメントありがとうございます♪
同じ消化不良組として同調してくださり嬉しいです(笑)。
たぶん、NACSさんファン暦が長く愛していらっしゃる方にとっては
絶賛するような舞台内容だったのではないかなと思ってます。
イベント向きっぽかったかなぁ・・・やはり。
全国公演の舞台とするにはあまりにもストーリーの組み立てが
アヤフヤになってしまったような気がしました。

NACSの舞台は2年前の『HONOR』がお勧めです。
私はこれを見てファンクラブ入会を決めたんで。
機会がありましたらぜひご覧になってみてくださいね。

また遊びに来てください(^O^)

お邪魔します

えりこさん、こんにちは。そして、初めまして。
消化不良組の一人として、是非ともコメントさせて下さい。
どのブログを見ても絶賛されてる方がほとんどでして・・・。

先週の土曜日に、大阪公演のマチネを観劇して参りました。
いやはや、何ともスッキリしない、もやもや感の残る舞台でした。
私は先月、ファンになったばかりでして、NACSの皆さんのことをよく知らないまま、観に行ったのです。それが間違いだったのでしょうか・・・。

感想は、えりこさんの意見に全くと言っていいほど同感です。
内輪ネタでわからない部分がありつつも、前半はそれなりに楽しめました。
しかし、物語が進むにつれ、ぐだぐだの展開に眠たくなってきたのです。
とてもじゃないけど、泣けませんでした。あの家族には感情移入できません。
ただ、私も、音尾さんの男泣きシーンには目頭が熱くなりましたけど。

というわけで、思いきり楽しめることもなく、ましてや涙を流すほどの感動もなく、
皆さんの熱演が心に響かない舞台でありました。やはり脚本のせいでしょうか。
とっても楽しみにしていただけに、残念でなりません。悲しいです~。

いらっしゃいませ!

わたしさん、初めまして!コメントありがとうございます♪

大阪公演ご覧になられたんですね。
正直NACS作品であまり辛口な意見を書いても大丈夫なんだろうかと不安を感じながらのアップだったのですが(苦笑)、同調してくださってホッとしております。泣けなかったというのはなんだか消化不良な感じでちょっと残念でしたよね…。
次回はやっぱり森崎リーダーでお願いしたいかも(汗)。

またお時間ありましたら遊びに来てくださいね。


わたしもです

大阪公演見てきました。
わたくも泣けませんでした。周りが先に泣いていたからかもわかりませんが、涙もろい方なのに、だめでした。

洋ちゃんはとても好きなのですが、正直の感想はそうですね。

カーテンコールも「あまりしゃべりません」とか言って、HONORの時と比べて本当にしゃべりが少なかったので、それも残念でした。もう一回見に行きたい感もありませんでした。


次回に期待ですね。

NO TITLE

きみさん、こんにちは!
お返事遅くなってごめんなさいね。

ネタバレはホント、見たあとに読んだほうがいいと思います(笑)。
洋くんが遅筆だっていうのは聞いてたんですが、今回は
そうとう苦労してたみたいですよね(苦笑)。
ただ、もう少し余裕持てなかったかなぁ…というのが正直な
感想かもしれません。
でも、とりあえずファンクラブの更新はしちゃいました(笑)。

きみさんの感想も楽しみにしてますね♪

楽しみです

私は福岡で舞台を観ますが、「情熱大陸」は先に見ました。ネタばれはきっとないだろうと、根拠のない確信を持って。…相変わらず洋ちゃんは遅筆だったようで。無事に幕が上がったことだけで、ホッとしてます(苦笑)。
この記事も、ここからネタばれというところから先は読まずに、コメント書いてます。
福岡公演を見たら、blogに感想を書こうと思ってます。楽しみです。


フォーム



トラバ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。