<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
え~…ついこの前まで週刊感想みたいな感じで「だんだん」の感想書いてましたが、どうもここ最近書きたくなるような展開ではなく放置状態にしてました(苦笑)。なんていうか、第2週あたりからずーっと登場人物が悩みまくってばかりで雰囲気的にもドヨ~ンって感じなんですよね…。笑いどころもほとんどないので見ていて疲労してしまいます。
で、以前このドラマの小説を購入してしまったと書きましたが…病院の順番待ちがあまりにも長すぎたため読破してしまいまして(←本当はもっと貯めて読むつもりだったのに 苦笑)・・・第11週までの展開が分かってしまいました。もちろんネタバレは書きませんが・・・読み終わって感じたのはやはり疲労感(苦笑)。ただでさえ現在も微妙な状況らしいのに、この先視聴者はどのくらいついてくるんだろうかと心配になっちゃいましたよ。

そして、山口翔悟くんが演じてる石橋友也ですが・・・今後ますます嫌われ路線を行きそうな気がしてます(爆)。なんか以前「わかば」で姜暢雄くん演じる雅也が嫌われ傾向にあって辛い想いをしたのを思い出すよ・・・(苦笑)。
そんな嫌われキャラになりつつある(っていうかすでに嫌われ者状態の)石橋くんですが、とりあえず私的にはツッコミ入れまくって応援しようかなと(笑)。ちなみに私、石橋くんキャラ、嫌いじゃないんです。演じてる山口君にはけっこう好意的だったりするし。いつも首かしげてるのが気になりますが(笑)。

さて第7週「恋する夏の日」

舞妓姿ののぞみと健太郎から歌ってほしいと言われためぐみは即席でライブハウスで「赤いスイトピー」を歌いすがすがしい表情に。でもねぇ、二人の歌声は確かにきれいだと思うけど「赤いスイトピー」であそこまでライブ会場盛り上がるかねぇ、普通(苦笑)。
そこに真喜子と忠が居合わせて気まずい雰囲気。お互いに親から「そんなとこで歌うなんてどういう了見だ」みたいなオーラで威嚇されている時に(笑)石橋くん登場。忠さんは初対面だったために名刺でごあいさつしてますが・・・片手で渡していいのかね、あの場合は?で、快く受け入れられるほど甘くはなく突き返されてしまうわけですが・・・忠さん、本心では石橋くんをガツーンとド突きたかったたかも(←死んでまうわ 笑)
さらに石橋くんの受難は続く。忠さんの次は真喜子さんから「歌はあきまへん。歌は余興どす」と冷たい眼差しで威嚇されてます(笑)。いくら石橋くんが口を挟もうがここは真喜子さんの威嚇勝ち。でもねぇ、「二人の歌は一流です」っていう彼の言葉がどうも実感わかないんだよなぁ。そこまで圧倒的な歌だと思わないんだけど…。選曲が悪いんだろうか?

そんなこんなで二人はそれぞれの親に連れられて強制退去状態になるのですが、石橋くんに薄ら恋心を抱いている夢花はつい彼のほうに振り向いてしまう。すると、それを狙っていたかのように
「のぞみちゃん 今が旬だよ」
とニヤリ。そういうことするとますます視聴者は君のことが嫌いになっていくんだよ…と言いたいところですが、私的には「石橋、お主も悪よのぅ」とツッコミ入れつつ笑いながら見てます(笑)。この「旬」効果が見事に夢花に炸裂。完全に心乱されてしまう哀れな夢花。

花むらに戻るとめぐみは忠と健太郎の間に入ってオタオタ。めぐみ自身もプロの歌手はやめろと改めて釘を刺され、介護福祉士になると改めて決意するわけですが・・・そもそもこの状態が長く続きすぎるからイラッとくるんだよなぁ。介護福祉士への本気度もいまいち分からないし。「いい子」をそろそろ脱してほしいんだけどねぇ・・・。まだ道は長そうだよなぁ(苦笑)。
夢花は真喜子と一緒に女将の久乃さんに謝ってます。が、この時は真喜子さんのほうが本気で謝ってて夢花は「なんで歌ったらいけないんだよっ」みたいな気持ちになってます。石橋くんの言葉が効いてますなぁ。ところが、久乃さんから「めぐみさんには出てってもらったほうが」という提案が出されると状況が一変。怖いお人や、久乃さん。いや、実際のところ、めぐみには花むらから出てってもらったほうが丸く収まるような気がするんですけどね(苦笑)。花鶴さん姉さんも謝罪に参加しそれだけは阻止した一同。
このことで、夢花は祇園にますます縛られてしまうわけかぁ。可哀そうだけど結果的には自分で選んだ道だしなぁ。複雑。

そのころ1階では美香ちゃんの悲鳴が。健太郎くんと鉢合わせしてビックリしたようですが・・・美香ちゃん、その「いかにも」的なお芝居はかなり浮いてると思うんだが(爆)。っていうか、ここで終わりかい!たいしたエピソードでもないこんなところで切られるとは予想外だ。

ってな具合に、ツッコミ入れたくて仕方なくなった時にレポ書く予定です(←ちりとての時とは状況が違います 笑)

関連記事

テーマ : NHK 朝ドラ『だんだん』 - ジャンル : テレビ・ラジオ

朝ドラ だんだん comments(2) trackbacks(0)


コメント

展開が・・・

Diverさん、こんにちは!
今期の朝ドラは「瞳」ほどではないものの、ちょっと微妙ですよね。
ストーリーが停滞していて皆がウジウジしているのもイラつきます。
のぞみは最近私も感情移入できるようになりました。
なんか無理やり祇園に押し込められてる気がして気の毒ですよねぇ。
そのツケが後半に回ってくるんですが…。
ちなみに私はこのドラマ、石橋くんの暗躍とツッコミにだけ今のところ
楽しみを見出しています(笑)。イケイケ石橋と孤軍奮闘状態で
応援してます(笑)。

ちょっと強引?

 えりこさん、こんばんは。
 たしかにここんとこ、どうにもうまくストーリーが転がらないというか、一部のキャラクターがスムーズに動いておらず、強引に話を進めてるという感がありますね。
 出雲大社の境内で姉妹が出会うというのは、現実的に考えたら強引なのですが、、ドラマの中ではそんなに不自然ではないと思ってるんで、それはOKなんですが、石橋君のセリフは聞き飽きたし、健太郎君はスネて、グレ(たマネし)て心配してくれモードに入ったみたいで、イラッとさせてくれてます。ホントに彼は何をどうしたいのでしょうね。
 一方、のぞみの心中はよくわかるのですよ。たとえるなら、公園などで飼われている飛べない白鳥が、たまたまやって来た渡りの白鳥を見て、「自分も飛べたんだ」と思って、なんとか飛ぼうともがいているような感じです。めぐみになりすまして、芝生の上で寝ころぶ姿を見て切なくなってしまいました。大の字にならず、脚を揃えてるところも含めて・・・
 以前、花雪さんが夢花の踊りを「腑に落ちれば上達する」と評してましたが、ここまできたらのぞみにはいろいろやってもらって、そのうえで納得して迷いを振り切って、あらためて芸妓への道を目指してもらった方が良いのではと思ってしまいます。今の状態の夢花にはリミッターがかかっているように思えてなりません。ではまた。


フォーム



トラバ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。