<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
現在NHK朝の連ドラ『瞳』で勇蔵を熱演中のTEAM-NACSのヤスケンこと安田顕さんがスタジオパークゲストとして登場しました。
ヤスケンさんが朝ドラにキャスティングされたと知った当時は私かなりテンション上げ上げだったんですけど・・・このドラマがあまりにも私の好みと合わず、勇蔵のキャラも朝から濃すぎると感じてしまい(爆)今では完全に流し見状態・・・。あんなに楽しみにしてたのに、こんな未来が来るとは思わなかったよ(苦笑)。でも、ヤスケンさんは基本的に私、好きなんです。『瞳』の勇蔵は苦手だけどヤスケンさんの演技は好きなんですよ。『HONOR』の五作も好きだったし、『歌の翼に~』の日本兵も好きだった(この時のヤスケンの表情を見てファンになったくらい)

まだ世間的には名前が広く知れ渡ってないということで、のっけから「全国的にはどこの馬の骨ですから」と謙遜(?)してたのが笑えました。ちなみに私が初めて安田さんを認知したのは「ハケンの品格」の一ツ木さんです。当時ヤスケンを知らなかった私はあまりにもリアルな営業さん演技にびっくりさせられっぱなしだった(笑)。
それにしてもスゴイ人気だったなぁ~。スタジオの外からは黄色い歓声が飛びまくってましたよ。ヤスケン曰く「ボクちゃんもビックリ」(←いくつだよ 笑)

まず出てきたのはやっぱりTEAM-NACSの話題。彼らを紹介するのにはいつもあの写真が使われてるよなぁ。音尾君を指差して「彼映しちゃっていいんですか!?」とツッコン出るのが笑えます(笑)。たしかにもう少しいい写真があるだろうに。あれって学生時代の写真ですよね?
仲間からの貴重な証言があるということで使われたのは去年のトップランナー。リーダーの森崎さんが語ったパンツ事件をここでも使われてしまいました(笑)。
で、ヤスケンはNACSの中でも“二枚目”担当ということで、その証拠映像(?)として『COMPOSER』のモーツァルト大河ドラマ『功名が辻』の宇喜多秀家が出てきました。モーツァルトは・・・あのヨ○レが~ってシーンじゃないの使ってあげればいいのに~(笑)。ちなみに私はこの作品かなり好きで、大泉洋くんのベートーベンに惚れました。宇喜多はたしかにカッコイイです。なんでこれをビデオ撮り損ねちゃったんだろうねぇ、ヤスケン(←詰めが甘い 笑)
ちなみにNACSを一言で表すと「幼稚」なんだそうで・・・ついこの前北海道で5人揃った仕事をしたときは洋くんと影踏み遊びをしてたらしいです(笑)。目に浮かぶよ・・・(笑)。

そして『瞳』の話題へ。NHK研究所コーナーは今は稲塚アナに引き継がれてるんですね。ここでは勇蔵がいかにモテない男かを徹底検証。朝ドラ史上最も「モテない男」として勇蔵は認定されました(笑)。このコーナーを楽しそうに見てたヤスケン、そのあと武内アナから質問が出そうになったときにすかさず「絡みにくいですか?」とマジで気にしてたのが“らしくて”思わず笑ってしまった。
瞳役の榮倉奈々ちゃんからもメッセージがきてまして・・・それによると、ヤスケンは
1.誰に対しても腰が低い
(NACSからは暴力的とも言われてるらしい 笑)
2.分かっていると口では言っても表情が納得していない
(つまり顔に出ちゃうのね 笑)
3.フンドシは実は恥ずかしいのでは?
(思いっきり同意してました 笑)
というように映ってるみたいです。よく見てますね~。ヤスケンも奈々ちゃんのことは尊敬しているとの琴でした。

続いてのコーナーではヤスケンの過去の武勇伝がいくつか。証言したのはご両親でしたね。
盆踊り大会でデストロイヤーの格好して登場したもののバレてすぐに退散してしまったエピソードや、ソロバンの試験になかなか合格しなくて中三までかかってしまったエピソードなど・・・面白い話がたくさん。
大学受験のために撮ったという高校時代の写真が登場した時は、なぜか武内アナのボルテージが最高潮に(笑)。この写真がかな~りタイプだったようで、同じ高校にいたら付き合いたかったとまで言ってたよ!切り抜いて持って帰りたい、とそりゃもう、ヤスケンがビビるくらいのアゲアゲっぷりでした(笑)。でも、この頃のエピソードはちょっとジーンと来るもので・・・。8ヶ月で会社を辞めてしまったことで父親と音信普通状態になったヤスケンでしたが、役者として成功してようやく和解できたんだとか。そんなお父さんからのメッセージにちょっと目がウルウルっときてたような。「両親のためにも瞳が何年も続いてほしい」と言ってたヤスケンでしたが・・・それだけは勘弁(苦笑)。

最後のコーナーでは「室蘭ふるさと大使」として室蘭の特産品を紹介。この中にカレーラーメンなるものがあったんですが・・・これを稲塚アナがマジ食い(笑)。仕事を忘れて食べてたな、ありゃ。武内アナからツッコミが入るほど彼にとっては美味しかったんでしょう(笑)。ウニも美味しそうだったなぁ。個人的に気になったのはボルタくん。入荷待ち必至の人気商品らしいです。あのサミットバージョンが可愛かった。

そして視聴者からの質問。

1.勇蔵とヤスケンとの共通点は?
おバカ、抜けてる、詰めが甘い (笑)

2.甘く色っぽく歌う秘訣は?
持って生まれたものかも!?KANの「愛は勝つ」ヤスケンバージョンはたしかにいい声だった!

3.どんなパパですか?
北海道に奥さんと娘さんがいるヤスケンですが、あまり相手をしてあげられずいいパパではないそうな。娘さんとは赤ちゃん言葉で接してるらしいです(笑)。

4.一番かっこいいと思う瞬間は?
お客さんが喜んでくれた時。特に舞台のカーテンコールでの拍手はとてもありがたいんだとか。

と、こんな感じでヤスケンさんのスタパは終了です。最近のスタパはちょっと放送時間短くなっちゃったんですね・・・。でも、かなり好印象なトークだったのではないでしょうか。髪型もカッコよくなってたし(笑)。『瞳』の勇蔵は・・・(ドラマ自体も)たぶん今後もあまり好きになることは無いと思うんですが(爆)、ヤスケンのことは応援していきたいなと思いました。

関連記事

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : スタジオパーク  安田顕 

NACS & 大泉洋くん comments(6) trackbacks(0)


コメント

NACSいじめ?

楽水さん、こんにちは!
なんというか・・・「瞳」は演出も脚本も本当にダメダメなんですよね。安田さんや戸次さんは大泉洋さんも所属しているTEAM-NACSの一員でかなり人気の高い俳優さんなんですよ。それなのにあの使われ方・・・。なんか見ていて痛々しさすら感じます(苦笑)。
特に純子の兄役のシゲくんに充てられた台詞があまりにも酷い。古臭すぎるというか、押しつけがましいというか・・・。このドラマはなんというかNACSいじめしているんじゃないかと思ってしまいます(爆)

純子の兄役

「…お仕事とは言え、お気の毒に」としか言えません(笑)。

今日(26日・土曜)の放送を見てたんですが、
その“純子の兄”の××キャラ振りに途中で厭になりました。
俳優さんに罪は無いのに(笑)。

初登場時、初対面の妹の友人(瞳)に向って
「君も(ダンスなんて)金にならないことやってるね」
と言い放った瞬間思ったこと。
【あぁ、またこんなキャラクターの登場か…、いい加減にしてくれ】
本来なら「初対面の人間にそんな失礼なコト言うヤツいないよ」
とツッコむはずですが、『瞳』に関してはそうならない。
とにかく、【主役(瞳)と対立する人物は、とことん嫌な輩に描く】
とゆーのがモットーの作品みたいですから(爆)。
…周りを貶めないと輝かない程度の主人公、ということですね(笑)。

唯一良かったのは、
純子に「お父さんは、お兄ちゃんのコトどう言ってるの?」と聞かれ、
あからさまに取り繕うところ(嘘を言っているのがバレバレ)でした。
…あくまでも、俳優さんの“演技力”ですけどね。
そういう所を見つけないと見続けるのがツラい作品だと思っています。

勇蔵

楽水さん、コメントありがとうございます♪
スタパでの安田さんはそれはもう、ひたすら面白かったですよ(笑)。『瞳』とは違った一面が出て、これでちょっとは好感度が上がってくれればいいなと…(汗)。
本当に『瞳』での勇蔵の描かれ方は疑問なんですよね。ヤスケンの演技が悪いんじゃなくて脚本と演出の問題だと思うんですよ。さらに現在はヤスケンのお仲間シゲくんが純子の兄で出演してますが、こちらもあまり芳しくない描かれ方で・・・(苦笑)。毎日この朝ドラ見るのが苦痛なんですが、それでも見てしまう悲しい性です(笑)。

ご無沙汰

またこのタイトル(↑)ですが…(汗)。

この土スタ、録画しておいたのですが、
どのテープのどの部分に入れてあるか分からなくなってしまいました。
お陰様で、内容はよく分かりました。でも、見てぇ~!

『瞳』の勇蔵、描かれ方がちょっと可哀想な気がしてます。
(毎日は見てません。
 本当に所々しか見ていませんが、お話はつながるしね)

せっかくの“アホ”キャラを、“ただの”アホにしか描けていないような?(←今のところ)
まぁ、アホの描き方に関しては、『ちりとて』が良過ぎたから、
比べるのは残酷ですけどね(笑)。
…アホの一人もいなかった「ど●晴」よりは、まだマシですが。

ヤスケン

きみさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
そうなんですよ、ヤスケンさんスタパに出てたんですよ~。でも多分総集編でいつか放送されると思うのでその時はぜひ見てみてください(^-^)。かなりウケがよかったので(笑)。
私はNACSを知ったのが「ハケン~」からの新参者状態なのですが(汗)、ヤスケンさんの演技力はたしかにピカイチなものがありますよね。『瞳』ではそれが空回りしてしまっているようで痛々しさすら感じますが(^-^;;;。

安田さ~ん

安ケン、出てたんですね…そういや、先週、知り合いに知らせてもらったような…思いっきり忘れてました。

「救命病棟」&「どうでしょう」の洋ちゃんに同時期にハマった私は、安田さんのことは、NACS&ドラバラ経由で好きになったので、安ケンと言えば、「平成の怪物」「変態」「根暗」「昭和の二枚目」です。←変なのばっかり(苦笑)。
でも、演技力は舞台を観るかぎりでは、NACSで一番だと思うし、優しい気遣いのできる人だとも思ってます。

洋ちゃんの呼ぶ「けんちゃん」も、安けんをそう呼んでるところを初めに聞いてるので、「ハケン」で一ツ木さんの顕ちゃん(安田さん)を前にして、小泉孝太郎くんを「けんちゃん」と呼ぶのが面白くてしかたなかったです。
当時、
「東海林さんが、「けんちゃん」て言うたびに、いつ、一ツ木さんが返事するかってハラハラしてる」
なんてことを、友達と言ってました(笑)。


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。