<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
2度目のミュージカル『ルドルフ』を観に帝国劇場へ行ってきました。この日は10年来の友人が大阪から遠征してきたので観劇前、後と色々トークに花咲かせることができました。どうもありがとう!

『ルドルフ』もあと少しで千秋楽。先週からは限定5000部という別冊の舞台写真パンフレットも発売されていたのですが・・・劇場の売り場を見てみたらまだけっこう売ってました(苦笑)。先週帝劇に電話した時は「残り部数が少なくなっているので来週まで残っているか分かりません」みたいなこと言われて慌てて買いに行ってしまったんですけど・・・この日でも全然間に合ってたみたい(汗)。なんかちょっと騙された気分になってしまった。ホントに限定生産なのか!?

もうすぐ千秋楽なので今回はあらすじ程度のレポは上に書きます。何も知りたくない方はご注意を。




さて観劇ですが・・・なぜか冒頭から恐ろしい睡魔が襲ってしまった!個人的にそんなにダメな作品ではないんですけど・・・ストーリーの始まりが比較的ゆったりめなのでググッとつかまれるようなものがないんですよね。そこからババーンと派手なセットが出てきたりしてナンバーも盛り上っていくのですがなんとなく出鼻をくじかれたようになってしまう。前観劇したときはけっこう食い入るように見てたんですが、この日の1幕は本当に睡魔との闘いでした(劇場内の温度もやけに生温かかったような・・・苦笑)。で・・・マリーとルドルフの仲が親密度を増すシーンあたりから記憶を失った(←戦いに負けた 爆)。気がついたらマリーが「愛してる、それだけ」を熱唱し終わってました・・・。まぁでも、二人の恋愛シーンは個人的にあまり好きではなかったので(政治に対して苦悩しているルドルフと恋愛にのめりこんでいくルドルフの関連性が見えてこないんで)特に悔しくもないかも(苦笑)。
ちなみに1幕で好きなナンバーはマリーとラリッシュとその他女性アンサンブルが歌う「美しき戦争」。この底抜けに明るいメロディーと活気がたまらなく好きでした。それから貴族たちが踊る「踊れワルツを」のナンバーも好きでした。ここはルドルフとマリーの出会いにもなりますからね。ツェップスたちの力強い「道はひとつ」もすごい迫力です。こうしてみると、ワイルドホーンはこの作品の中で非常に魅力的な曲をいくつも書いてますな。かなり好みかも。

2幕は友人から某眠気覚ましガムをもらいまして(笑)なんとか最後まで乗り切りました。2幕で一番危なかったのがターフェとマリーが対決するシーン。ここかなり緊迫してるんですけど何故か見ていて眠気が・・・(爆)。こういうギリギリの場面って疲れちゃうんですよね。それからものすごく気になったのがステファニーだったんですけど・・・これは追記に書きます。
それ以外は2幕個人的にはすごくよかったと思います。特に印象的なのがルドルフが民衆の前で演説するシーン。ルドルフのソロ「私という人間」から演台に立つ「明日への階段」までの流れは本当にすごく好きでした。特に「明日への~」のナンバーはかなりゾクゾクしました。ここのルドルフは本当に輝いて見えた。その輝きを感じるからその直後から起こる彼の転落への悲劇が哀しいんですよね・・・。ここのワイルドホーンの音楽も最高だった。
そして盛り上るだけ盛り上げてラストシーンはとても静かに終焉を迎えます。ここはとても哀しくて美しい。宮本亜門の演出が好きだと感じたのはここが初めてだったかも(笑)。


以下、キャストごとの感想を追記にて。


井上芳雄くん
高貴な役柄が本当によく似合う井上君。それだけでなく演技面においてもかなり成長したなぁと思いました。特に帝国への裏切りがフランツ皇帝の知るところになって初めて騙されたと知り絶望するシーンの感情表現がとてもよかったです。MAやサイゴンの時の苦悩の表現はあまり好きではなかったんですが、ルドルフでの苦悩の演技は個人的にとても感動的で素晴らしかったと思います。

笹本玲奈ちゃん
ただの貴族のお嬢様かと思いきや本当の恋を知りたいという繊細な一面もあるマリー。ルドルフと出会う前のマリーは前回観たときあまり好きではなかったのですが、今回はマリーの純粋な面も感じられてよかったです。ルドルフとの恋愛も気の強いお嬢様って感じから少し柔らかくなったような・・・。でも一番印象的だったのは最期。白いドレスを着てルドルフと並んで経っているときのあの無機質な表情がとてもよかった!

知念理奈さん
ビジュアルは悪くないんですが・・・いったいどうしちゃったの?ってくらい演技が粗くてビックリしました。前回見たときはそんなに悪いと思わなかったんですが・・・特にダメだったのがソロの「それは私」。ステファニーの激しい嫉妬を表現したいのは分かるんだけど、なんだかただ闇雲に叫んでいるだけといった感じで何も伝わってくるものがなかった。うーーん、すごく残念。もうすこし内面の見える演技をしてほしい。

香寿たつきさん
マリーの優しいお姉さんって感じですね。玲奈ちゃんとは年齢も離れているだろうにそれを感じさせなかったのはさすが。まぁ、別段あまり目立った行動がないので・・・そのくらいかな(苦笑)。

浦井健治くん
彼は本当に最近色々な役にチャレンジしてますよね。2度目だから最初から「浦井くん」という目で見れたけど初めての友人はやっぱり最初誰か分からなかったらしいですよ(笑)。ちょっと動きがチグハグというか重いかも・・・と思う部分もありましたが、それでも怪しい雰囲気でてるし声も繊細できれいだし私は嫌いじゃなかったですよ。

畠中洋さん
出番はそんなに多くないんですけど、やっぱり畠中さんの歌と芝居は大舞台に映えます!あのツェップスの熱さが大きな芝居でビリビリと伝わってきます。本当に上手いよなぁ。声も本当に澄んでいて美しい。激しい歌を歌っているのに聞き入ってしまうのは畠中さんの繊細な歌声と演技があるからだと思います。今後も大舞台での畠中さんを見てみたいかも。

岸祐二さん、新納慎也くん
この二人の作品内でのポジションはあまりにも勿体ない!特に新納くん!正味1幕の5分前後の出番のみなんですよね(苦笑)。カーテンコールで出てくるまで何してるんだろう(笑)。岸さんみたいに二役もらえればよかったのになぁ。

三谷六九さん
数年前のオリジナルミュージカル「銀河鉄道999」では車掌役で歌っていたのに今回はほとんどナンバーナシなんですよね。それが勿体なかった。あの時代にこんな気のいい御者さんがいたんだろうか?ってほどいい味出てました。

岡幸二郎さん
岡さんはこういう悪役っぽいものがよく似合いますね。迫力ある歌声でルドルフやマリーを追い詰めていくシーンは本領発揮といった感じですごかったです。悪魔に見えましたから(笑)。立ち姿も美しいしやっぱりこの方は魅せ方というものをよく心得ているなぁと思いました。

壌晴彦さん
息子のルドルフと心通わせることができないもどかしさが切なかったです。「エリザベート」に出てくるフランツよりも壌さんのフランツのほうがリアリティあるのかもしれません。歌も安定していたし重厚な演技はさすがだなぁと思いました。

それから乾あきおさん、大好きなアンサンブル役者さんなのですがルドルフを尾行する役などで出番が多くてとても楽しませていただきました。

カーテンコールは3度目あたりでスタンディングになるくらいの盛り上がり。最後はまたまた井上君と玲奈ちゃんがペアで出てきたのですが、井上君のテンションの高さは以前にも増してすごかったです。音が出ないのに無理やり指笛して最後はヤケクソで投げキスして去っていきました(笑)。マリーと心中した時のあの静かで美しい演技してたとは思えんな(笑)。


関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : ルドルフ  井上芳雄 

Musical観劇作品 comments(2) trackbacks(1)


コメント

なぜか(笑)

秋生さん、こんにちは!コメントありがとうございます。
3回ルドルフご覧になったんですね。私は2回でしたが・・・そんなに嫌いな作品ではないにも関わらず眠気に負けてしまいました(苦笑)。なぜだか未だによく分かりません(^-^;。井上君の皇太子役は本当にドンピシャですね!実在のルドルフよりも倍はいい男だと思いますが(笑)。

睡魔との闘い?

えりこさん、ご無沙汰です!
3度目にして、やっと一睡もせずv-356に『ルドルフ』を楽しんできました!!
井上くんはやっぱり皇太子服が似合う!というのが実は、一番の感想だったりします(笑)

TBさせてくださいね♪


フォーム



トラバ

『ルドルフ』 5/31(土) ソワレ 前楽

予算の都合&“絶対2階席で”という希望から、ここしかない!と選んだのは、帝劇B席2階L列センター。運良くその条件ぴったりのチケットが空から・・・{/kuri_1/} 後ろは壁という、舞台から一番遠い席です。 ・・・なのに、私の中では、3度目にして『ルドルフ』という舞...
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。