<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
地域限定ドラマ『東京ゴーストトリップ』第7話加藤虎ノ介君がゲスト出演しました。やたらイケメンの兄ちゃんたちが出てくるドラマでして・・・虎ちゃんが出ると知るまでは一度も見たことない作品でした(爆)。どうやらアニメに出てきそうな美男子の“若者諸君”を売り出してる枠みたいですね。ちなみに東京GTの後番組は『ここはグリーンウッド』なんだとか!えぇ!?あれをドラマ化しちゃうの(汗)。けっこう好きでマンガも読んでたしイメージCDもよく聴いてたんだけど・・・あの頃の声優さんたちが巧かったからなぁ・・・ドラマ・・・大丈夫か?みたいな。

脇に話逸れました・・・すみません(汗)。さて『東京GT』ですが・・・虎ちゃんが出る前の第6話から見てみたんですけど設定とかストーリーに関してはチープだなと思いはしたものの嫌いではありませんでした。霊を扱う作品というと昔読んだ「ぴーひょろ一家」とか好きだったのですが(←知ってる人いるんだろうか 爆)、『東京GT』もマンガは未読ながらドラマを見た限りではけっこう面白いかもと思います。
ただですねぇ・・・如何せん・・・主演陣のイケメンくんたちの演技がかな~り微妙なのです(ファンの皆さまゴメンなさい)。一生懸命やってるのは分かるんだけど、感情乗せたセリフが上手く言えていないというか・・・妙に棒読みだったりとか・・・どうしても気になってしまう(この枠でそれを気にしちゃいけないんだろうけど 苦笑)。そんなドラマに虎ちゃんが出てたもんだから・・・ドラマ全体として見ると浮いちゃっているように感じてしまったんですよね。それがなんとも勿体ないというか・・・。あの雰囲気にうまく溶け込みきれなかったかなというのが正直な印象でした。

が!!ドラマとしてではなく虎ノ介くんを中心に今回のストーリーを見てみると・・・それはそれは見所満載でございました。私は結局テレビ神奈川とMXテレビの2回分見てしまった(笑)。30分弱のストーリーで約8割強の出番があります。その中で今まで見たことないような虎ちゃんによる喜怒哀楽の演技がじっくり堪能できる展開になってました。予告を見た時点では小野真弓ちゃんのほうがメインゲストなのかなと思っていただけに、今回の虎ちゃんの扱いの重さは本当に嬉しい驚きでもありましたね。

以下、ネタバレ満載な虎ノ介君視点での感想になると思うので追記に書きます。かなりムダに長いです(爆)。まだ見ていない方でネタバレ知りたくない方は読まないほうがいいかもしれません。それから乾家キャラファンの方たちも見ないほうがいいかも・・・・。
ちなみに、今回放送されない地域の方たちもネットによる無料配信があるそうですのでドラマの公式ページでチェックしてみてください。また、ネットも難しいという方も秋口頃にDVDが発売されるようなのでそちらを待つ方法もあるようですよ。

東京ゴーストトリップ Vol.3
東京ゴーストトリップ Vol.3進藤学 寿里 小谷嘉一

東宝 2008-10-24
売り上げランキング : 3014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
虎ちゃんがゲスト出演した回があるのはvol3だそうです。

それにしても“東京”ゴーストトリップなのにロケ地がほとんど横浜なんですね、このドラマ。長いこと住んでいたので知っている土地がやたら出てきます(笑)。








とりあえずストーリーを上から追って行きながら感想。久々にムダに長いのでご注意を(苦笑)。





まず小野真弓ちゃん演じる舞が乾家に父親の霊を呼び出してほしいとやってきます。ところが、話しているうちに「やっぱりあんな父親に会いたくない」と言って飛び出してしまう。乾家の皆は何がなんだかよく分からなくてポカーン状態(笑)。それにしても小野真弓ちゃん、けっこう大人っぽくなりましたね。元気な女の子の役とか以前見ていたからちょっとイメージ変わったかも。
その頃、節はあるカフェでギャンブルやってて周りの女の子がキャーキャー騒いでる。この騒いでる女の子たちの演技が・・・・・・なんか見ていて恥ずかしくなるような芝居だったよ(爆)。そこへ「分かってねぇなぁ、お譲ちゃんたちはよぉ」と突然やってきて節のギャンブルの手口をスラスラ~っと言い当ててしまう男性が。これが虎ノ介くん演じる東哲司さん・・・といっても、最初から最後まで名前を呼ばれることなく“オッサン”呼ばわり(笑)。そりゃイケメンくんたちからすれば“オッサン”なんだろうけど・・・実年齢が私よりもひとつ若い虎ちゃんが“オッサン”と連呼されるのはなんだか軽くショックでした・・・(苦笑)。
で、ギャンブルやってる節のところに借金取りが現れるんですけど・・・この借金取りの人の演技もなんと言いますか・・・・「演技で叫んでます」みたいな感じで・・・・。なんかなぁと思っていると次の瞬間に節と一緒に物陰に隠れてていたオッサン虎ちゃんの可愛い仕草が出てきてそっちに萌えてしまった(笑)。

その後、節は乾家に依頼者としてオッサンを連れてきますがここで初めてこのオッサンが人間ではなくてであることが明かされます。なんかわざとらしくボヤ~ンと画像処理されて笑ってしまった。テラテラの銀色っぽいシャツ無精ひげといった風貌もウケたなぁ(笑)。
それにしてもオッサン虎ちゃんが乾家に入ってからの第一声「よお!若者諸君!」って台詞回しが思いっきり舞台っぽかった。いい声出してましたね、あれは。それ聞いた瞬間「ああ、虎ちゃんはやっぱり舞台俳優なんだなぁ」と思ってしまった。テレビ的演技としてはちょっと枠越えたかなとは思いましたけどね(笑)。でも「ご機嫌いかがかな?」と言いながら足組んで座る姿も堂々としているし、立ち居振る舞い方がやっぱり上手い。それにちょっとヤサぐれててくたびれたヤクザっぽい雰囲気もいい。べらんめぇ調のセリフを言う時の力の抜き加減が面白くてよかったです。(「おっちぬ」=死ぬ・・・なんて言葉久々に聞いたよ 笑)

というわけでオッサンのやりたいこと3つを金銭と引き換えに引き受ける乾家の人々。とりあえず宗和の身体を借りて生前預けていた貸し金庫に金をとりに行くオッサン。これがですねぇ、虎ちゃんの演技を宗和やってる八神くんが引き継ぐ形になるんですが・・・うーーん、微妙(苦笑)。精一杯頑張っているのは伝わったけど・・・虎ちゃんの演じたオッサンにはなれなかったよなぁ。ただ、「入ったぜぇ」って表情はなかなかよかったけど。
お金を払ったということでまず1つ目の願い・・・キャバクラで酒池肉林三昧を楽しむオッサン(笑)。これ見かけ上は宗和なんですけど・・・彼のファンの子たちにはちょっとキツかったようで(汗)。私としては逆に虎ちゃんの演技で酒池肉林を楽しんでいる姿を見たかったかも(笑)。でも結局宗和の身体にお酒と女はご法度という事で中途半端なまま返されてしまったオッサンは不満顔。その時のガックリしながら「蛇の生殺しだぜ」って“けだる~く”言ってる虎ちゃんの演技が憎めなくて可愛かったです。
2つ目の願いはラスベガスへ行ってギャンブル三昧ってものでしたが、ボティの宗和は疲労困憊状態ということで霊の姿のまま節とギャンブル勝負をすることに。私はブラックジャックとか全然分からないので何をやっているのかサッパリ状態だったんですけど(苦笑)、ギャンブルやってる時のオッサンの顔が・・・なんか水を得た魚のようにギラギラしてましたよ。「生きるか死ぬか、そのギリギリのスリルを楽しむってことんだよ」って言ってるときの虎ちゃんの表情がすごく刺激的でございました(このセリフ、ちりとてで四草が勇助に「バレるかバレないかギリギリのところで楽しんでる」って言ってたのを思い出してしまった)。ワルいやつだなぁって顔だった(笑)。こういうところでかつてのヤクザだった顔を出してくるあたり上手いなぁと。この場面見たテレビ関係者は虎ちゃんを殺人鬼とかに抜擢したくなるかも(笑)。そのくらい迫力ありましたね。
そのギャンブルに勝利したオッサンは勝負疲れからか転寝。って霊も寝るんかい!?な~んかヘラヘラした顔して寝てたから酒池肉林の続きでも夢見てたんじゃなかろうかい(爆)。で、3つ目の願いになったわけですが何故かオッサンは「そいつはいいや」と言って立去ってしまう。「イケメンの兄ちゃん、15年ぶりにドキドキさせてもらったぜ」ってセリフになんだか哀愁も・・・。こういう切なさの演技が魅力的なんだよなぁ・・・虎ノ介くん。にしても・・・イケメンの兄ちゃんって・・・私からすれば虎ちゃんも充分イケメンな兄ちゃんだと思うよ。

その頃宗和は最初に尋ねてきた舞に偶然再会。猫のアンティークショップに通っている彼女から父親との想い出話を聞いてピンときます。オッサンが宗和の身体に乗り移った時にこのアンティークショップで買ったらしき指輪を手にしてたわけで・・・彼が舞の父親だと察するわけですな。まぁでも・・・この時のセリフも・・・宗和くん、もう少し頑張りましょうや(汗)。
で、いなくなったオッサンを捜し始める乾家の人々なのですが・・・光明が霊感で見つけた場所が・・・アニメイト・・・ってなんでアニメイトでフラフラしてるん(爆)!?しかも店の兄ちゃんが・・・アニメイトの店員ぽくないぞよ(笑)。いや、かつて私、まだ地下にあった頃の横浜アニメイトに行ってた時期がありまして(ガンダムZZとキャプテン翼のグッズを買ってた 爆)あの店知ってるんですよね。少なくともあんなアニメキャラっぽいお兄ちゃんはいなかったんですが・・・と思ってちょこっとリサーチしてみたところ・・・彼らはアニメイトコンシェルジュというお兄ちゃんなんだそうでアニメイトのアニメキャラ実写版みたいな活動してるらしいっす。いやぁ・・・アニメ業界も色々変わったねぇ。あの世界から遠ざかってもう20年にもなるんですっかり浦島太郎状態ですわ(汗)。にしてもオッサン・・・アニメイトでいったい何を・・・(←どうでもいいことなのに気になる 笑)。まさか虎ちゃんをアニメイトで見ようとはねぇ。恐るべし、「東京GT」!

まぁそれは置いといて、あえなくそこで捕まったオッサンは3つ目のやりたいことを見抜かれてしまいます。宗和は霊が見えないという設定らしいので少々ズレた感じでオッサンが持っていた猫の指輪を見せるんですが、それを見つめている虎ノ介くんの表情がものすごく良かった!!今までの威勢はどこへやらな凍りついたような動揺した表情・・・あれすごい好きだなぁ。
そして観念したように宗和に乗り移って過去を振り返るオッサン。ヤクザだった哲司さんですが娘が初めてパパと呼んでくれたことに感動して足を洗うことを決意。幼い娘と一緒に行った猫のアンティークショップで指輪を買う約束をし、それを購入して母親と娘の待つ家に向ったところ事故って死んでしまったなんとも哀しい過去・・・。しかも15年間誰にも気づいてもらってないとは・・・そりゃ、成仏できないだろうなぁ。過去話の中に出てきた娘とのひと時のシーンがとてもホノボノしていて良かったです。子役の女の子も可愛かったし、指輪を買う約束をしてやる虎ノ介くんの優しい表情もよかった。
で、場面は突然教会へ。本当は結婚が決まった娘の前に出て指輪を渡してやりたいオッサンですが恨まれていると思うと怖くてその勇気が出ない。そんなオッサンを挑発する節と睨み合うシーンがあったんですけど・・・セリフの上では節のほうが優位に立っているのにあの睨みっぷりの迫力は完全に虎ちゃんのほうが勝ってた(笑)。「なんだ小僧がぁ!」とギラギラした目で真っ直ぐ見据えている横顔がとても印象的で節がそれに飲まれちゃったように見えてしまった。まぁ・・・仕方ないか。でも説得されて目をウルウルさせながらビクビクした表情になるオッサンにも胸が痛んでしまった。なんつうか…母性本能をくすぐられるような表情しますな、虎ちゃんは。

そしていつの間にか舞の結婚式に・・・ってなぜ神父(牧師?)が海なんだ!?周りの人たちは何も不思議に思っていないのか?っていうか、時間軸が全く分からん(苦笑)。・・・と、このドラマにそんなツッコミをしちゃいけないか。素直にまんま見ろってね・・・(汗)。
節に促され意を決して舞の前に出る宗和の身体を借りたオッサン。指輪を見て舞が父親だと気付いた瞬間、世界は哲司と舞の二人だけに・・・。この精神世界的な演出はけっこうきれいで良かった。「おっきくなったなぁ、舞」と言ったときのオッサンはやさぐれヤクザじゃなくて父親の優しい表情でした。戻る約束果たせなかったと声を詰まらせるシーンはなんだか見ていてこちらもウルウルっときてしまったよ(涙)。約束を覚えていてくれた父との再会に涙する舞もきれいで可愛かったし、そんな娘を抱きしめてやる父親・哲司の表情も泣けた。特にベールに顔をうずめて最初戸惑い気味になりながら最後に目を閉じて感極まるといった虎ちゃんの演技が秀逸できれいでした。でもなんと言いますか…小野真弓ちゃんと虎ノ介くんの抱擁シーンは…親子ではなくて恋人同士にも見えてしまった(汗)。15年前の姿だから自然といえば自然なんですけど、今ひとつ父親っぽさが大人の舞の前では出しきれていなかったかも。それでも十分感動させてもらいましたけどね。
無事に指輪を渡せたオッサンは「幸せにな」と言い残して無事に成仏していきました。で、最後に怪しげな死神の映像が入って第7話終了です。

まさかこんなに虎ノ介くんの出番が多いとは思っていなかったのでファンとして今回のドラマは単純にすごく嬉しかったです。多少ツッコミを入れるとすれば・・・セリフ回しかな。四草は出番はあってもほとんど喋らない役だったので気にならなかったんですが、今回みたいにセリフが多いと喋り方になんとなくが見えてしまう。自然に言える部分と力入れすぎてる部分みたいな。舞台出身の俳優さんだとテレビ向けのセリフ回しってけっこう苦労すると聞いているのですが、色々経験していけばテレビも舞台も通用するような喋りができるようになるんじゃないかなと思います。
あと時折関西弁が出そうになったりもしてたのかな(笑)。「キミノミカタ」もそこそこセリフが多かったんですけどあまり違和感はなかったので、やっぱりちりとてで標準語を忘れてしまったという虎ちゃんが出てしまったのかなと。でも私的にはほとんど気になりませんでしたけどね。ちなみに今回共演した小野真弓ちゃんも「キミノミカタ」に出演してます。

ただ、今回のドラマは核になる役者くんたちの力量との差がちょっと見えてしまって多少浮いたような形になったのではと感じてしまったので…虎ノ介くんにはもうワンレベル上のドラマで今後は勝負してほしいなと思いました。出番は今回みたいに多くなくてもいいから(多いほうがそりゃ嬉しいけど)しっかりと演技できる役者さんと共演してキャリアを積んでほしい。新しい事務所に移ったことだし、心機一転また虎ちゃんに合った仕事がくればいいなぁと願ってます。来年当たりには舞台も観たいかも。今回のオッサン虎ちゃんの素晴らしい発声を聞いてますますその想いが強くなってしまった。
色々ワクワクさせてくれる役者さんですな、虎ノ介くん。これからも地道に一歩ずつ頑張っていく姿を応援していきたいと思います。



関連記事

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : 東京ゴーストトリップ  加藤虎ノ介 

加藤虎ノ介くん comments(9) trackbacks(0)


コメント

お返事です 2

>あすかあつこさん
サンテレビは阪神戦最後まで放送するそうですね(汗)。でもまだ最初から見れるチャンスもありますしぜひその時には前半部分も楽しんでみてください。
虎ちゃんがオッサン連呼されているのを見たとき、なんだか自分もババア連呼されているようで(同世代なので)けっこうショックだったんですよね(爆)。イケメンくんたちからするとそんな立場になったのかなぁなんて(^-^;;。でもここ最近の活動が挨拶代わりだっていうのは私も同感です。ちりとてスピンオフ後からが本当の勝負でしょうね。いいお仕事がくることを期待しましょう♪
愛之助展、なかなかよかったですよ!現6代目さんはファンなんですけど、個人的には4代目さんが印象深かったです。BK見学も含めて楽しんで来てくださいね。

>えびこさん
楽しんでいただき感謝感謝ですよ~。なんとか雰囲気伝わりましたかね(^-^;;。とにかくビックリしたのは出番が多かったことです。しかもセリフもけっこうあります。ぜひとも見る機会が来ましたらそのあたり注目して楽しんでくださいね♪

>こじこじさん
このドラマ、嫌いじゃなかったんですがなんとなく違和感もあってモヤっとしたものがあったんですけど・・・なるほど!セリフの言い回しの古さ!これだったのかと腑に落ちました(笑)。マンガやアニメに近い雰囲気で製作されているドラマ枠なので仕方ないんですけどね(^-^;。ただ虎ノ介くんは演技の基礎などしっかりしている役者さんだと思うので今後はもうワンレベル上のところで勝負できるような作品に巡り会ってほしいなと思います。
亀治郎くんは今新橋演舞場なんですね。私は彼の女形が好きなんですよ~。風林火山の信玄と思えないくらい可愛いものもありますしね。楽しんできてください。

>コメさん
長野レポ保存していただけるなんて恐縮です。こちらこそありがとうございました。『東京GT』は見れないとのことですが・・・こちらのレポで少しは虎ノ介君の雰囲気を感じていただけましたでしょうか~。喜怒哀楽の表情が楽しめるお得なドラマでしたのでぜひ見ていただきたいです。DVD発売はまだ秋口ですし・・・レンタルもあると思うのでご検討を~。

お返事です 1

>愛さん
レポと呼べるものでもなかったんですが(笑)、楽しんでいただけて嬉しいです。ストーリー自体は悪くはないと思ったんですが作りや脇の役者さんとか考えると・・・やっぱりもうワンランク上をって思っちゃいますね(汗)。まだまだこれからだし、頑張ってほしいです。
で、ZZとC翼に反応してくださりありがとうございます(笑)。うちの学校はかなり厳しいカトリック系だったのでさすがに制服でフラフラっていうわけには行きませんでした(汗)が、中学高校頭くらいまではけっこうアニメイト友達と行ってましたね(^-^;。

>くるこさん
無事に見られたようでよかったですね。今後は無料配信もありますしDVD発売も決まっているのでそちらでもう一度堪能されてはいかがでしょう(^-^)。オッサン連呼されてましたが、結婚式場に来ていた母親らしき人との釣り合いを考えても・・・15年前の姿は20代後半から30代頭くらいかも?しかしあの結婚式シーンはツッコミどころが多かったんですけどね(^-^;。
寝顔はすごく面白かったです。ピンク色の夢見てたんじゃないかなぁと思っちゃいました(爆)。

>えんしゅうりんさん
札幌の放送は今週末ですね~。虎ちゃんはビックリするくらい出演時間が長かったんですよ。そこを中心に見ていけば楽しめるドラマかと(笑)。今度感想聞かせてくださいね♪

ありがとうです~♪

えりさん、お久しぶりです!

お礼を言うのが遅くなりましたが、長野の虎ノ介さんトークショーのレポート本当にありがとうございました。
しっかり保存しました♪

さて、東京GTは我が県では見ることが出来ないので、えりさんのレポ&感想は本当に有り難いし嬉しかったです。
レポ&感想を見てますます見たくなってしまいました。
かわいい“オッサン”見てみたいです!
無料配信が(環境的に)ダメでも、DVDの発売予定もあるということなので、虎さんの回が収録されてるのだけ購入も考えてますが、「ちろとて」のDVDもあるので、懐具合が・・・う~ん、悩みは深いです。

これからもいろんな“顔”の虎さんに期待しています♪

こんばんは。えりこさん!

いつもながら詳しいレポをありがとうございますm(__)m
私も思いましたぁ!って所が多々あり、頷きながら読ませて頂きました(笑)本当虎ノ介さん的には素晴らしかったですよね(>_<)オッサンと呼ばれてしまったのはショックでしたが、男臭さがとても新鮮でした。・・・けどドラマとしては、セリフの言い回しが古い感じと他の方々の演技などが私はどうもダメでした。(偉そうにすみません)
なにはともあれ、また違う顔を見せてくれるのを楽しみに待つばかりですね♪

余談ですが、今日新橋演舞場にて歌舞伎デビューをして参ります。生・亀治郎にワクワクです(もちろん他の役者の方々も)

ありがとうございました

えりこさん、こんばんは。
本当に素敵なレポありがとうございましたm(__)m

で、レポを読み終えた率直な感想ですが・・・・

見たい、見たい、見たい、早く見たいよ~(≧▼≦)

です。

失礼いたしましたm(__)m

そんなもん(じゃない)だろう

野球中継により開始時間が繰り下がり、寝ぼけていたせか後半しか見ていませんでした。
そんな中、哲司さんの表情がくるくる変化するのが楽しい一方、切なかったですとも。彼がオッサンやったら、君らはお子ちゃま!ってつっこみたくなりましたもん。
2ヶ月連続の単発と夏の外伝が挨拶代わり、それ以降が本当の第1歩でしょうね。映像関係者(特に民放)が虎ちゃんをどう生かすのか、興味は尽きません。
追伸、木曜日に有休を使って「愛之助の代々」展とBKに行ってまいります。

今度の土曜日、放送。

こんばんわ。

このあいだの土曜日深夜にその放送を録画して
早送りで見ていたら予告まで行ってしまい(笑)
予告で虎くんがでてました。

と、いうわけで今度の土曜日深夜見る予定です。

ネタバレ部分は放送後に見ます。w

ではでは。

渋い虎さんも素敵ですね。

えりこさん、こんにちは。

うちの地域はMXの映りが悪くて画面がブレまくり(泣)でしたが、30分という枠の中でめいっぱい虎ノ介さんの演技を堪能できてよかったです。
獲物を狙うようなギラギラした目から優しい父親の笑顔まで、虎ノ介さんはどの表情も魅力的ですね。
役名がありながら終始「オッサン」呼ばわりなのは気になりましたが(笑)生きてれば40代半ばくらいの設定でしょうか、じゃあ若者諸君(彼らは「青少年」のようだし)からみればおっさんかもな…と無理やり納得してみました…
キャバクラのシーンは虎ノ介さんの演技だったら面白かったなとわたしも思いました、個人的に後半のにやけた寝顔がツボにはまったので(笑)。

キャラクターによって全く違う面を見事に演じ分けてくれる虎ノ介さん、これからも楽しみですね。

もう他に申す事ございません。

と、いう程素晴らしいレビューを有り難うございます。
違うとこと言えば私の歳からすると「虎さんも」でなく「虎さんはイケメンな兄ちゃん」で他はみんなただの子供だねっ!ってとこぐらいでしょうか(爆)。
本当に楽しい30分でしたが、ワンレベル上、私も願ってます。とにかく映像で勝負するには絶対的な馴れと多少の洗練がまだ足りないね、虎さん。頑張れっ!って感じです。

で、虎さんとは関係無い突っ込みですみませんが、後番組…グリーンウッドって…今更っ!?とゆーのとZZとキャプ翼で20年前!?もちろんその頃ってえりこさんは制服組だったんでしょうが、その人が虎さんの歳を追い越してるって…。何だかクラクラする頭で、意味もなくアニメイトで買い物する制服姿のえりこさんを想像してしまう今日の午後です(勝手にすみません)。


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。