<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ついにお見合いの日を迎えた清海。相手の写真を見てため息をついていますが・・・その写真の中身が気になったのは私だけでしょうか(笑)。いったいどんな人が清海との見合いを望んでいるのか興味津々だったんですが(爆)全く見えませんでしたねぇ。中身はいってなかったりして!?
その頃秀臣さんは静さんの病室を訪ねて清海がこれから見合いをすることを報告しています。製作所の為に見合いをさせられる清海のことを心配して無理に起きようとする静さんでしたが、夢破れた清海に親がレールを敷いてやらなければと語る秀臣さんの言葉に複雑な心境を覗かせています。結果的に見合いを無理強いすることになっているけれども、秀臣さんからすれば会社のことというよりも娘の心配をしてという気持ちのほうが強いみたいですね…。友春くんのときもそうだったけど、秀臣さんの子供に対する愛情ってものすごく深いものがあると思います。だからなんだか切ないなぁ…。

病室で両親がそんな会話をしているとは知らない清海。迎えを待っていると喜代美が会いに来てしまいました…。見合いすると聞いてやってきたという喜代美は「それで何しにきたん?」と言われると何も言葉が出てこない。結局何をすることもできずそのまま帰ろうとしますが、「自分で結婚を決めた」と投げやりな態度の清海の言葉を聞いて思わず「うそやな!ホンマは気進まんのやろ!?」と言ってしまいます。それに対して「お父さんが望んでいるから」と答える清海に「A子が望んでいるわけじゃない」と言い返す喜代美・・・。この「A子」という言葉に清海は激しく反発します・・・この名前を呼ばれるたびにゾッとしていたと。
優等生で友達も多くいつでも輝いて見えた“A子”。でも、清海はこの名前がずっと心の重荷になっていたんですね・・・。喜代美は“B子”と呼ばれるたびに劣等感を抱いていたけれども、清海は“A子”と呼ばれるたびに「いい子」でありつづけなければいけないという想いに苛まれてきた。自分らしくありたいのにその名前を呼ばれることで「優等生」を演じ続けていたんだ・・・。これって現代社会にもすごくありがちな光景ですよね。優等生であり続けることに疲れてキレてしまう人、いると思うし・・・本当に辛いと思う。そんな自分に限界を感じて人生で初めて親に逆らって東京で新しく生まれ変わろうとした清海でしたが、結局は挫折してしまった。だからなおさら大阪に出て成功して幸せを掴んだ喜代美を見るのが辛いんじゃないのかな・・・。「やっぱり私はA子でおるしかないんだわ」という言葉があまりにも哀しすぎる・・・。そしてそんな娘の本心を影で聞いていた秀臣さんも辛いですよね・・・。いかに娘に自分が負担を強いてきたのか思い知らされたような顔してたし。愛している子供だからなおさら清海の告白は堪えたんじゃないでしょうか。

一通り自分の想いを告白した清海。喜代美は一言も言葉を挟むことができません。今自分は幸せを掴んでようやく本当の清海が見えるようになって・・・その見えた現実というのがあまりにもショックなことだったから。さらに追い討ちを掛けるように、清海はあの小浜の浜で拾った石のペンダントを喜代美に手渡します。

清海 「これ、返すわ。捨てたんやね・・・海に」
喜代美 「なんで・・・」
清海 「なんでか、私のとこに戻ってきたわ。…ぼろぼろに錆び付いて」

このシーンはめちゃくちゃショックでした。清海はあのとき友情の証として喜代美にあの石を渡してた。でも、喜代美にはその気持ちが全く見えずコンプレックスの塊にしか思えなくてそれを海に捨ててしまった。その石を清海が海で見つけてしまった・・・。錆び付いた石はまるで今の清海の心の中を表しているようで哀しくて痛くて仕方なかったです。そして渡された喜代美もあまりのショックに言葉が出ません。結果的に清海を激しく傷つけてしまった喜代美・・・。辛すぎますねぇ、この展開は。

その頃大阪では小草若が草原兄さんから『はてなの茶碗』の稽古をつけてもらっています。「無理」とは言われてましたが結局面倒見のいい兄さん、小草若に教えてあげてますね。しかし、そこには何故か四草も付き添い(というか審判員 爆)のように座ってて小草若ちゃんの落語に眉をひそめながら「風格のない茶金さんですね」とツッコンでます(笑)。当然そこでキレちゃう小草若ちゃんですが、草々のときのように取っ組み合いにならないのは四草くんがクールキャラだからですかね。そんな様子にあきれ返る草原兄さんでしたが・・・今まで初級編の落語しかやってこなかった小草若が突然上級編の『はてなの茶碗』をやるのには無理があると言い出します。たしかに今の小草若ちゃんにはハードルが高すぎるかも・・・。『愛宕山』だったらやれるんじゃないのかと言われますが、「愛宕山は…あきません…」 と黙り込んでしまう小草若。父親の十八番だった『愛宕山』には触れたくても触れられないなんらかの想いがあるのかもしれません。

そこへ草々の怒鳴り声と共に勇助が助けを求めて駆け込んできます。例の草々くんのスーツのクリーニングの件だな(苦笑)。「どないかしてくださいよ!」と責め立てる勇助からスーッと目をそらす四草。その目の動きが本当に上手いんだから・・・虎ちゃんは(笑)。
そこへやってきた草々・・・おかみさんにもらった思い出のスーツが見る影もなくボロボロになってしまっています。宝物のように大切にしていたスーツをこんな姿にされては草々の怒りもごもっともだなぁ。勇助はいったい何を四草から吹き込まれたのかといえば・・・クリーニング代せしめるために洗濯機で洗え・・・ひぇ~!!そんなことけしかけたんかい、キミは(苦笑)。「なんちゅう悪いこと教えんのや!…」 とは草原兄さんのお言葉。それを教えるのにどうやら寝床で「ざるうどん」奢らせてたらしいことも発覚。相変わらずおねだりするものが地味ですな(笑)。ひたすら四草師匠を責める勇助に

「ちょっと師匠に問い詰められたぐらいで、ほんまのこと言うて…。どこが鉄砲勇助や」

と言い放つ四草。「鉄砲勇助も平兵衛の算段には負けるか」と草原兄さん逆に感心しちゃってます(笑)。ところがそんなやりとりなどもはや耳に入らない草々くん。おかみさんの思い出のスーツをボロボロにされて半泣き状態になってしまいます。・・・っていうか、草々、四草を怒らないのか!?
しかし、この算段にはなにやら四草くんなりの考えがありそうです。草原兄さんはそんな四草の表情が気になっている様子…。

その頃小浜ではすっかり凹んでしまった喜代美と順子が並んで座っています。行かないように説得されたにもかかわらず清海の元へ行って結果、順ちゃんの言うとおり傷ついてしまった喜代美。さらに恐竜の化石のことについても本当に辛かったのは清海のほうだったと思うと告げられてますます凹んでしまいます。今まで自分の不幸を嘆くことばかりだった喜代美はその影で傷ついている人がいるということにまったく気付くことはありませんでした。今ようやく見えてきた相手の真実に自分がどれだけ傷つけてきたか思い知らされるばかりの喜代美。
そんな凹んでる喜代美に順ちゃんは「そんなことはお互い様や。生きとったら、人傷つけることかってある」と言います。人と関わって生きている以上、どんな生活をしていようがどこかで傷ついたり傷つけたりするものだと・・・。いや~・・・相変わらず名言を言ってくれますなぁ、順ちゃん!感動してしまったじゃないか。人間関係ってだから難しかったり、逆に愛しかったりするんですよね。

夕方近くになって清海のもとへ秀臣さんがやってきて見合いが延期(たぶんキャンセルしたんだと思います)になったことを告げます。製作所を継いでもらうことよりも、娘の幸せのことを想っての秀臣さんの決断・・・。でも清海はまだそんな父の心に気がつかないようです。
その足で魚屋食堂を訪れる秀臣さん。友春くん・・・なんかここんとこ毎日Tシャツが変わってませんか(笑)。いったい何種類の魚屋食堂Tシャツ作ったんだ、ちりとて衣装班は(笑)。めずらしくやってきた秀臣さんに春平くんと順平くんも嬉しそうです。彼らからすると秀臣さんは“おじいさん”になるんだ…。こんなに早く慈英さんが“おじいさん”と呼ばれる日がくるなんて思いもしなかったよ(笑)。箸を使えるようになつた孫たちに目を細めますが、その笑顔はどこか寂しげです。そこへ不機嫌そうな小次郎おじさんがやってきます。どうやら『はてなの茶碗』を地で行くようなことをしたらしく(爆)正平くんの作った箸がいい値段で売れなかったのは秀臣さんがややこしいことを言ったせいだと逆恨みしているようです。全く困ったおじさんだ(苦笑)。しかし、正平の箸を見た秀臣さんは「製作所を畳もうと思っている」と爆弾宣言をしてしまいます。そこまで追い詰められてしまってたんだ・・・。この言葉に息を呑む一同。

和田家では清海から渡された錆びた石のネックレスを見つめながら喜代美が自己嫌悪に陥っています。その石を見るたびに傷つけてしまった清海への想いに苦しめられている様子…。いったいどうなるんでしょうか!?


それにしても今週は「ちりとてちん」関連が濃いですなぁ。虎ちゃんのスタパのあとHPで感謝祭のレポがあがったり壁紙3種類配布が始まったり(さっそくデスクトップ壁紙にしてます♪)、来月には関東でも福井のトークショー放送が決まったり・・・。そういえばちりとてSPの話も本格的に出始めていたり。小説の下巻も発売になりましたし(さっそく購入しましたがラスト前の週のサブタイトルが底抜けにオモロイです)
でも大阪限定っていうのもあるんだよなぁ。30日のスペシャル番組、なぜ全国放送にしてくれないの~!?『瞳』も見るから放送しておくれ~(笑)。あと、虎ノ介君がラジオ大阪の「めっちゃ元気」って番組にゲスト出演するらしいですね。これも聞けないよ・・・。はぁ~・・・大阪行きたい。


関連記事

テーマ : ちりとてちん - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ちりとてちん  喜代美  清海  四草 

朝ドラ ちりとてちん comments(5) trackbacks(0)


コメント

>さよさん
草々もあんなボロボロになってしまったスーツをわざわざ着なくてもいいのに何て思っちゃいました(笑)。四草の算段にいち早く気づいたのは草原兄さんでしたね。明日に注目です。

>楽水さん
私も喜代美は稽古できているのか気になっていました。今の状態ではとてもそれどころじゃなさそうですねぇ…。落語会までにはなんとかA子と関係修復できるといいのですが…。清海の傷ついた心も早く回復してほしいですね。
四草くんの算段…ただの算段じゃないなと気づかせる演技をする虎ちゃんが底抜けに好きです!表情の作り方が本当に絶妙ですね。

>ふじりんごしゃん
下巻は売ってたかな?私は本屋3件回ってやっと購入できたよ(笑)。それにしても慈英さんがおじいさんになるとはねぇ(^-^;;。

>Diverさん
私も不思議に思っていたんですが、草々のあの丈の短いスーツって一種類じゃないですよね。おかみさんからもらったのは一着だけのはずだと思うんですが…うーん、どうなんでしょうか(苦笑)。しかし洗濯で縮んでも袖や足が入るっていう草々のスタイル維持ってすごいですよね(笑)。
秀臣さんのスーツまでは気づきませんでした!さすが細かく見ていらっしゃる(^-^)

衣装のこだわり

 えりこさん、こんばんは。
 いやあ、木曽山、やってくれましたね。見事に縮んでしまって、まぁ・・・でも、よく腕や太股が通ったもんですね。
 草々にとって、あのスーツはおかみさんの思い出の品ではありますが、それはそれとして、彼の一張羅なんでしょうか?むしろ普段着に近いような・・・そんな使い方で20年ほども経ってたなんて・・・生地も糸も弱ってきているはずだから、今まで何度、お尻ビリッをやった事やら。
 丈が短くなった時、おかみさんは何も言わなかったのかな?草々の事だから、仕立て直すのを嫌って「このままでええんです!」と押し切ったとも考えられますね。
 今日、気がつきましたが、秀臣さんのシャツの襟、ワイドスプレッド(角度が広いタイプ)ですね。これに合わせたネクタイの結び方はだいぶ前に流行ったウェンザーノット(太巻き)なのですが、画面を見るかぎりそうではないようです。タンスの奥にあった昔のシャツを引っ張り出してみたら、たまたまワイドスプレッドだったという設定かな?これは私の妄想的深読みなのです。真実は衣装さんの胸の内にあり。

うんうん

私も、川平さんがおじいちゃんって!って、きょう、気が付いたよ(笑)
で、ブログにも書いた(笑)

下巻・・・明日、探しに行く・・・ステラもまだ、買ってないし。。。

落語会も近いとゆーのに、

喜代美は稽古をしているのだろうか(笑)?
今日の状態だと、全くやっていないだろうな~。

ということで、こんばんは。
A子の台詞「…ぼろぼろに錆び付いて」、本当に切ないですね。。。
あれは石のことだけじゃないのが明白だけに。

その直後に今日の見所、四草の算段。
あの口振りと表情から、草々と勇助をまとめて面倒みて(?)やってるのだと思いました。
…後姿と草原兄さんの表情で我々に伝わるんだから、虎ちゃん凄いよな。
その算段、四草は言葉にしないだろうから予想したいけど、やめときます。
あと、草々は。。。スーツ着る前に気付けよ(笑)。

ライナスの毛布

えりこさん、こんにちは。お邪魔します。

草々さんのスーツをパッと見た時は、フリルが付いているのかと、ちょっとビックリしてしまいました(^_^;)
洗濯機で洗うと、あんなに酷くなるんでしょうね?
でも四草さんは、えりこさんの書かれているように只の算段じゃなさそうですよね。
そして、それに気付いている草原兄さんも。
A子とB子の関係も気になります。
週末に向けて、盛り上がってきましたねぇ~(^^)

えりこさんも書かれていましたが、今週はいろんな事が盛り沢山ありましたね。
お腹いっぱいな気分です(^O^)


フォーム



トラバ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。