<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
とうとう草若師匠最後の日々の週が始まってしまいました…。サブタイトルの“立つ鳥あとを笑わす”というのもちょっと気になります。鳥と例えているのはもしかして…?(涙)

渾身の落語「地獄八景亡者戯」を終えた師匠。この落語のオチって「大王」と「大黄」を掛けてたんですね。なるほど・・・なんてのんきなこと考えてしまった(爆)。
縁側で聞いていた磯七さんたちも草若さんの落語が終了したのと同時に静かに立去ります。あとは師匠と弟子の時間を・・・と気を遣ったんでしょうか。こういう優しさもなんだかジンときますね。最後の高座を終えた草若は力を使い果たしたように本棚にもたれてしまいます…。そんな師匠を心配して弟子たちが慌てて駆け寄ろうとしますが、この時何故か四草くんがクローズアップされてました。しかもものすごく動揺してる…。思うんですが、5人の弟子の中で小草若と四草は自分の家族を持っていない分草若師匠の存在が特に心の中で大きいんじゃないでしょうか・・・。それぞれその状況は違えども、師匠への愛は他の3人に比べて比重が大きいような気がするんです。そう思うと、なんだか切なくてねぇ・・・

心配する弟子たちに大丈夫といいながらも辛そうです…。天狗座でやるはずだった「地獄八景」だったけれどもシンドイからやめとくわ、と口調はいつもの師匠。そして、草原・草々・小草若・四草の名前を呼び4人で「地獄八景」を自分の代わりにやってほしいと語ります。弟子たちの名前を呼ぶとき、「小草若」前に間があったのがとても印象的でした。あの「間」には弟子としての前に息子としての愛情も感じられました…。師匠の想いを汲み取った草原は「一生懸命つとめさしていただきます」と頭を下げます。それに続き草々、四草も頭を下げますが小草若はすぐに頭を下げることができません。「草若」の名前の重さに苦しんでいる小草若ちゃんはこの噺を自分がやり遂げることができるのかとても不安だったと思うんですよね…。そんな迷いの見られる小草若ちゃんを目で頭を下げることを無言で促している四草くん。その空気に押されて頭を下げます。なんだか四草くんが小草若ちゃんのお兄さんみたいに感じられてしまった…。まぁ、年齢的には上ですけどね。たぶん今一番小草若の苦しみを知っているのは四草くんだと思うし・・・今後も支えてあげてほしいなぁ。
そんななか、若狭は創作落語をと言われてちょっと寂しい気持ちがしてしまう喜代美。「地獄八景」を演じる兄弟子と師匠の間には固い絆が感じられるだけに自分だけが師匠とのつながりが薄いような気がしちゃったんだろうなぁ…。そう思ってしまうのは分かる気がする。たぶん私が喜代美の立場だったら同じ気持ちになったと思うから。

それから病室でのお稽古な日々が始まりました。最初に登場したのは四草くん。喜代美の創作落語の後を引き継いで「地獄八景」の最初の部分を担当するようです。脇にある椅子に正座をしながら演じている四草くんですがすぐに師匠からダメ出しが入ります。

草若 「ほんま、ええかっこしぃの落語やなお前のは…。もっとアホらしぃにできへんか」

師匠からの指摘にドキリとしながら俯き加減になってしまう四草。師匠の前では本当に純情だよねぇ…。凹みながらも懸命に師匠の教えを受け止めて考えようとしている姿が印象的でした。四草と師匠の貴重な貴重なひととき・・・。この時間が永遠に続いてほしいって思っているんじゃないでしょうか。

続いて登場したのは四草くんの次を担当するらしい小草若ちゃん。後ろで何故か真似してる喜代美ちゃんが可愛いんですが…(笑)、服装が長袖になってましたね。季節が夏から秋に差し掛かっているのでしょうか。小草若ちゃん的にはかなり上達してるように思えたんですが、ここでも師匠のダメ出しが入ります。

草若 「うまいことやろうとしてへんか。自分の中に無いもんやろうとしたらあかんで」

この言葉は師匠から弟子へ・・・というよりも父親から息子への教えのようにも聞こえました。落語の迷路に入っている息子になんとか光を差してやりたい、そんな想いがあったんじゃないかな。草若の息子という重荷に耐えかねている小草若に自分らしい落語を見つけてほしい…そんな意味を含んだアドバイスだったのではないかと。草若の愛情を感じました。小草若ちゃんにはまだその気持ちを受け止める心の余裕は無かったかもしれないけど・・・。

その次に登場したのは草々。相変わらず後ろで真似っ子してる喜代美(笑)。擬似稽古体験することで少しでも師匠と繋がっていたいんだろうなぁ。草々の担当部分はけっこう面白そうだった。團十郎が初代から十一代までっていうくだりですが、素直に「そりゃすごい」なんて思っちゃったし(笑)。で、師匠は草々にはダメ出しなし。それに対して慌てて椅子から飛び降りて「俺にもちゃんと稽古つけてください」と迫っているのが面白かったです。少しでも多く師匠からダメ出しもらいたい、稽古してほしい、そんな風に思ったんでしょうね。一分一秒が師匠と共にいられる貴重で大切な時間だから・・・。

最後に登場したのが草原兄さん。兄さんは最後のオチの部分まで担当ですね。落語に関してはもう、言うことないでしょう(笑)。納得したように「ほな、頭からもう一回」と稽古を繰り返そうとしますが後ろで真似してる喜代美が気になったのか枕元に呼びつけます。師匠からお呼びがかかったことが嬉しくてニコニコしながら近寄っていくのですが「何か飲むもん欲しいな」と雑用を言いつけられただけでしたガックリしてしまう喜代美・・・。その気持ちはなんだかすごくよく分かるよ(苦笑)。

青木家では後ろで草々が「地獄八景」の稽古に励む中、自分だけ師匠から稽古をつけてもらえない愚痴を言いまくってる喜代美(笑)。っていうか、この環境では創作落語のネタも浮かんでこないんじゃ・・・。喜代美の愚痴にイラついた草々におののく喜代美。このふたりのバランスは相変わらずこんな感じで保ってるのね(笑)。創作落語が思い浮かばず師匠との付き合いも自分が一番短いと嘆く喜代美に「お前かて、小さい頃に出会うてるやないか。師匠に」と言う草々。あぁ、そうか、そういえばあの落語のテープ・・・草若師匠の『愛宕山』でしたよね。なかなか鋭いところ突いてきたなぁ、草々
小学3年のときにこの落語テープと出会っていたということで自分と師匠の繋がりの深さを認識した喜代美ちゃんですが、草々のほうがさらにその3年前に師匠の落語と出会っていることを知ってガックリ(笑)。自分のほうが長い付き合いだってことで優越感を得たかった彼女の目論みは一気に崩れました(笑)。そんな喜代美に「何でも悪いように考えるなぁ」と呆れる草々でしたが、それは自分がB子になったときから続いていることだということで・・・鯖江から小浜に越してきてA子と同じクラスになった悲劇を思い出す喜代美。その話を聞いてビックリしている草々ですが・・・今まで喜代美がなぜB子と呼ばれるようになったのか知らなかったのかい!結婚して三年経っているわけですが・・・その間B子と呼ばれるような出来事はなかったのかな(苦笑)。

さらに喜代美の回想は続きます。自分がB子になった日、順ちゃんから「これまでのことは天から降ってきた天災だと思って諦めろ」と言われさらに落ち込んだ喜代美(←草々がツッコんだ「順子ちゃんは、紅羅坊名丸先生みたいやなぁ」っていうのが気になります 笑)。そんな落ち込んだときに聞きたくなったのが、あの、正太郎じいちゃんが聞いていた落語のテープでした。優しくて大好きだったおじいちゃんが教えてくれた『落語』と言う言葉・・・。
その話を聞いた草々は大きな手で喜代美の頭をなでて「良かったなぁ」と言います。こういうときの草々くんってすごい魅力的ですよね。ああいうスキンシップをすることで喜代美のことを大切に思っているというのが伝わってきます。そして、落ち込んでいるときだったからこそ落語がすーっと入ってきたのではないかと言います。

草々 「何でもクヨクヨ悩んで笑われへん自分がお前嫌やったかもしれへんけど、そやからこそ落語に出会えたんや。師匠に出会えたんや」

このセリフはなんだかすごく感慨深かったですねぇ…。喜代美が落語に出会った運命は喜代美自身が引き寄せたものだったんですよね。カセットテープを見つめながら草若師匠の声に導かれた運命を改めて思い返す喜代美の姿がとても印象的でした。
そんな喜代美に「落語になんのと違うか?お前の歩いてきた道」とヒントを与える草々。もう今回の草々くんは本当に素晴らしいよ

そういえば先週と今週ではサントラにないBGMがけっこう流れてますよね。今回の最後に流れた音楽がとても美しくてジーンとしちゃいました。師匠との別れを予感させる切ない音楽ではありますが、このところBGMの使い方がすごくいいなぁと思います。ぜひともサントラ第2弾出してほしいなぁ

関連記事

テーマ : ちりとてちん - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ちりとてちん  喜代美  草々 

朝ドラ ちりとてちん comments(4) trackbacks(0)


コメント

師匠の想い

楽水さん、こんにちは!
病室でのそれぞれのお稽古シーンはとても印象的でしたよね。
四草くんにはたぶん、もうひとつ殻を破ってほしいと思っているんじゃないでしょうか。
落語に関しても人間的なところに関しても、師匠としてはもっと何とかしてやりたいと
四草くんに対する想いがあると思います。
小草若ちゃんにはたぶん自分の力で何とか気づいてほしい想いが強いのかも
しれませんね。自分の息子だからなおさら不器用になってしまうんでしょうが…。
草々は師匠から認められてますよね。一番マジメに正面から落語と向き合ってきましたし。
草々自身はもっともっと師匠と向き合っていたい想いが強いんでしょうけど…。

回想シーン見て思いますが、やっぱり完全版は出してほしいですね。
私は一応第一回目から録画しているのですが保存用にやっぱりほしいです(笑)。
そのときにはぜひとも特典を・・・(^-^;

名場面

えりこさん、こんばんは。
先日の“悲しみをこらえる弟子たち”に続いて、今週は名場面が続出ですね~。
この日の“病室での稽古”もまた印象的でした。

四草は、つい2週間前に「端正な落語をする」と褒めていたのに(笑)。
それが四草のキャラに合っているような気がします。
それでも「アホらしゅうに」は、四草の別の魅力を引き出すためなのか、
話によってはそういう演出があるからのか、それとも今回は“リレー方式”だからか?
いずれにしても、細かく説明しないのが師匠のいい所だと思います。
「一を語って、十を悟らせる」感じで。
小草若については、、、↑にあるとおりですね。。。
何とか力を引き出してやりたいんだな、と思いました。
草々は、、、「師匠に認められている」ってコトに気付いて欲しかった(笑)。
あと、若狭の“真似っこ”を許してるのも、良かったです。
今までなら、他の弟子の稽古の時は正座して聞いているのが当然でしたし。
でも、草原の時に飲み物を買いに行かせたのは何故ですかね~?
邪魔なのかな?それとも、草原と差し向かいで稽古をつけたかったのかな?

こういうシーンは、総集編方式だとカットされてしまうんですよね~。
やはりDVDは“完全版”にしてもらわないと。。。

ただ、回想シーンがやたらと多過ぎるような。。。?
私は第1週をほとんど見ていないので、有難い気持ちも少しあるんですが。。。

子役

Diverさん、こんにちは!
たしかに最近の子役は大人になってからの役者さんと雰囲気が似ていますよね。
喜代美ちゃんも雰囲気がすごく似てるし、順ちゃんのシッカリさも(笑)。
あと子供・・・ではないけれども一番似てるなぁと思ったのが草々ですかね。
ナイス人選!って思いましたから(笑)。
さて師匠と向き合う時間も残り少なくなってきてしまいました…。
「愛宕山」のテープを今この時期に再び聴いてしまうと切なくて涙が出てしまいます(涙)。
喜代美が今までたどってきた道は確かに運命というよりも因縁だったのかもしれません。

運命の子

 えりこさん、こんばんは。
 今日は多めに小学生時代の話が出ましたね。ちりとてちんに限らず、最近の傾向として、各キャラクターの子供時代を演じる子役って、大人キャラの顔に似てるのも条件なのかなぁ?と思いましたね。喜代美、清海、順子、ついでに草々、小草若、みんな、ただ並べてみただけでもどの子がどの役かわかる気がします。
 さて、若狭は草若師匠とのつながりの長い短いを気にしてましたが、じつは昭和43年(1968年)10月からのかかわりなんですよね。それを視聴者に知らせるためにカセットテープが登場したのでしょう。喜代美マイナス5歳!運命というより、因縁めいたものを感じます。あの環境で育った事も、ここまでくると偶然ではないと思いたいくらいです。草々とは違った意味で落語の申し子ですね。
 


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。