<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
小梅さんが病床の草若に「躍起にならんでも師匠を大事に想ってるもんが立派に受け継ぎますがな」と語っていると、和田家面々が一度に病室に尋ねてきます。諌める小梅さんでしたが、ただ寝てても退屈という師匠の言葉に「ほうですか!」と糸子さん(笑)。ぞろぞろと一家が入ってきました(小次郎おじさん勝手に電気つけてるし 笑)
入ってくるなり「広い個室やのぉ」と能天気な小次郎さんにツッコミ入れる正典さん・・・さっそく小競り合いしていて喜代美は気が気じゃない。ここまでの道中、小次郎さんと正典さんの宝くじ騒動があって大変だったと面白おかしく語る喜代美の話を楽しそうに聞いている草若師匠。いい年して病室の中でも口げんかが始まってしまう和田家兄弟(笑)。久しぶりに「他愛ないのぉ」っていう正平くんの言葉も聞けたなぁ。この口癖だけはずっと変わってないんだなとちょっと安堵してしまった
こんなドタバタ家族を謝る喜代美ですが、草若は本当に楽しそうに笑いながら「お前ホンマにオモロイなぁ」と言います。この言葉に、幼い頃正太郎じいちゃんから「お前はホンマにオモロイ子や」と言われた時のことを思い出します。

草若 「「お前は落語の世界から抜け出してきたような子や。オモロイ家族に囲まれてバタバタ生きてる子や。そんな子のおしゃべりはおもろい」

大好きだったおじいちゃんと同じことを、今、草若師匠からも告げられている。自分自身では気がついていないことだったけれども、今まで喜代美が生きてきた世界は面白いんだと。彼女の生きてきた世界そのものが落語なんだと・・・。本当に喜代美とその周りの人々は面白いですよね。不器用だけど一生懸命生きていて面白い。そんな環境で育った喜代美はこの時初めて自分がいかに恵まれた環境の中にいたかを思い知ったのかもしれません。
意を決して病院のベッドに正座をして小次郎おじさんの宝くじ騒動にヒントを得た創作落語を話し始める喜代美。彼女の噺に家族、そして草若は楽しそうに笑っている。冷たい殺風景な病室が温かい笑いの空気に包まれます。それはかつて危篤状態のおじいちゃんのベッドでかけた草若師匠の『愛宕山』で和田家一同が笑いに包まれていた空気と同じ・・・。こういうシーンであの第一週がかぶってくると本当に泣ける
一同が笑顔に包まれる中、草若は喜代美に「それがお前の創作落語やな」と語ります。そして、手招きして喜代美を自分のそばに置き・・・

「お前の宝物や。大事にしぃや」

と言って優しく頭をなでてやる草若師匠…。もう、このシーンは号泣。5人の弟子の中で一番自分が教える時間が少なかった喜代美。可愛い五番弟子にこの先もやっていけるヒントを与えたかった師匠。それが『創作落語』・・・。それは喜代美にとって草若から贈られる最後の教えであり何物にも変えがたい宝物になりました。喜代美の頭を優しくなでる草若はまるで孫に接しているおじいちゃんのようだった・・・。それを見守る和田家の人たちの温かい笑顔もとても印象的で泣けます。病室全体が優しい雰囲気に包まれていました…。喜代美、本当に、いい家族・・・そして素敵な師匠に巡り会えてよかったよね・・・。

ある日の昼、弟子が見守る中草若は医者の診察を受けています。その診察が終わった後、一日だけでいいから家に帰らせて欲しいと懇願。始めは反対した小草若もただならぬ父の想いを察してか何も言えなくなってしまいます。他の弟子たちも同様、頭を下げる師匠の姿に言葉はありません。残り少ない時間のなかで、草若師匠にはどうしても弟子たちに伝えたいことがある。その強い想いが痛いほど伝わっていたんだと思います…。

退院のための検査を受けた後、ようやく一日外泊許可がおりました。草若の部屋では喜代美が着替えを手伝います。以前のような生気は感じられない師匠・・・。喜代美ももしかしたらこれが最後の師匠の着物姿になるんじゃないかと感じていたのかもしれません。着替え終わり先に稽古場へ行くよう告げる師匠。喜代美がその場から去った後、志保さんの遺影の前で薬を飲み一息つき最後の力を振り絞ろうとする草若師匠・・・。
稽古場には草若の五人の愛弟子が息を詰めて師匠を待っています。その時、黒の紋付袴姿で稽古場に現れる師匠・・・。そこには先ほどまでの弱々しさはなく凛とした落語家・徒然亭草若の姿がありました。挨拶を終えてから程なくして、草若、最後の稽古が始まりました。かけた演目は『地獄八景亡者戯』。一時間以上の大作・・・。とても今の体力では厳しい演目を弟子たちの前で生き生きとかけている草若。一度だけでいい、師匠としてあと一度だけ、自分の愛する愛弟子たちに稽古をつけたい・・・ただその一心でかけている『地獄八景』。この渾身の力を振り絞って演じられている師匠の噺を必死に受け止めようと食い入るように見つめている五人の弟子たち…。「親」の心は痛いほど「子」に伝わっている。恐らくは最後になるであろう師匠の稽古…。あぁ・・・こんな日がきてほしくないと何度思ったことか。師匠を見つめている弟子たちの表情見てたら涙が止まりませんでしたよ

徒然亭草若の最後になるであろう落語を聞きに、今までのご贔屓だった菊江さんや磯七さん、熊五郎さんに咲さんも糸子さんに伴われてやってきました。縁側に座って静かに草若の落語を聞き入っている一同…。これが本当に最後の高座になるだろうことをみんな知っているだけに辛いよなぁ
稽古場での熱い草若の『地獄八景』は続きます。少しでも多くを吸収しよう、師匠の想いを何としても受け取ろう・・・でも、これが最後の稽古・最後の高座になるであろうことも彼らは感じている。師匠の高座を食い入るように見つめる弟子たちの中で一人、どうしても感情が抑え切れなかったのか涙を流した四草の姿に胸打たれました。いつもクールで人前では滅多に感情を出さない四草が涙を流すなんて…。彼の中で本当に色々な想いが溢れてたまらなかったんだろうなぁ、と思う反面、あれはもしかしたら虎ノ介くん本人が感極まってしまったのかなぁとも思いました。そのくらい、渡瀬さん演じる草若師匠の渾身の落語は涙なくしては見れなかった

『その道中の陽気なこと・・・』

このフレーズのあと白くフェードアウトして「続く」の文字が出てくるのも切なすぎる!そして予告・・・。感謝祭の時に宗彦くんが号泣してしまったあの予告が・・・。来週私の目は大丈夫なんだろうか(苦笑)。こんなにも草若師匠のことを好きになってしまっていたなんて・・・


※追記
土スタで少しの間でしたが先週の感謝祭の模様が流れました。最初と最後に5人の挨拶もあったし(あれって終わった後撮影したのかな?始まる前だったら虎ちゃんのチャッ・・・・爆)、会場の楽しい雰囲気も懐かしく思い出されました。あれからもう一週間か・・・・。公式HPでは遠藤Pが感謝祭についての記事を書いているのですが、写真も掲載してくれています。それからステラでは底抜け写真の拡大も見ることができます(私も映ってしまっていた←自分じゃなきゃ分からない大きさですが 爆)。興味がありましたら見てみてはいかがでしょうか。
公式HPにはあと渡瀬さんの記事もありますね。虎ちゃんがちょっと涙ぐんでるように見えたな…。


関連記事

テーマ : ちりとてちん - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ちりとてちん  喜代美  草若 

朝ドラ ちりとてちん comments(4) trackbacks(0)


コメント

渾身の演技

さよさん、こんにちは!お褒め頂き恐縮です(^-^;。
先週は本当に役者さんたちの渾身の演技が胸を打ちましたよね…。
弟子たちの悲しみの表現や、師匠の命を掛けた落語…。本当に素晴らしかった!
いよいよ最後の日々が始まってしまいましたが、心してみたいと思います。
ちなみに、感謝祭でモッピーがが着ていたのはスタッフTシャツだそうで
非売品らしいんですよ。感謝祭の抽選で2人の方が特別にもらってました(笑)。
あれ、ぜひ一般発売してほしいですよねぇ。
私がいたのはちょっと後ろのほうですが、「底抜けに」の写真には顔の判別ができない
くらいの大きさで写ってしまいました(爆)。

その道中の陽気なこと…

えりこさん、お邪魔します。
いつもながら、えりこさんの詳細な記事に、感服いたします。ドラマを見なくても、そのシーンが目に浮かぶようです。

昨日の土スタでファン感の様子をちょこっとだけ放送してましたね。
最初と最後に出てらした時にもっぴーが着ていた蜩の紋入りTシャツ、良いですねぇ。売っているなら、欲しいものです。
会場は、とても楽しそうでしたね(^^)えりこさんはどの辺りにいらしたんでしょうか?
24日の放送が、底抜けに楽しみにです(^O^)
でもやっぱり30分は短いなぁ(>ε<)

昨日までの1週間は、役者さん達の渾身の演技に泣かされました。
台詞はなくとも、目で語るとでも言いましょうか。とにかく全身から師匠に対する思いが感じられました。
また明日から、悲しいけれど目の離せない1週間が始まりますね。

島田洋匕さんのがばいばあちゃんシリーズで読んだのですが、西の方のお葬式は明るいそうです。
みんなが哀しむと逝かれん、と。
きっと師匠も落語の世界の様に、笑って逝きたいのかもしれませんね。

毎回長文ですみませんm(__)m

創作落語の才能

Diverさん、こんにちは!
若狭ちゃんの創作落語の才能って以前からその片鱗をみせるようなとこありましたよね。
初高座のとき失敗した後とっさにストーリー作ったのはホントすごいなと思いましたし。
家族も面白い人がたくさんいるし、彼女の周りを取り巻く人々は落語的な雰囲気を
持った人ばかり・・・創作落語をするには絶好の環境の中にいたのかもしれませんね。
草若師匠・・・渾身の力を振り絞っての高座は病を感じさせず本当に凛としていて
美しかったです。涙が出るほど感動的でした・・・。四草くんが泣いたの分かるなぁ…。
来週はついに・・・泣きっぱなしの1週間になりそうです(苦笑)

若狭の才能

 えりこさん、こんばんは。
 若狭の初高座と二回目の高座は、ひょっとして彼女の創作落語の才能を示す伏線だったのでしょうか?今回も短時間でひとつの話を作りましたが、マジで面白かったです。女流落語家が古典をかけた時の違和感もありませんでした。いや、これ発見です。古典にも女性キャラが主人公なのがあればよかったんですけどね。『船弁慶』をいじって、お松さんを主人公にするのも面白いかな?
 病室でのほのぼのとした雰囲気もよかったですが、稽古場でのピンと張りつめた雰囲気もよかったですね。甲斐甲斐しく師匠の身支度を手伝う若狭はまるで別人みたいにカッコよかったですし、兄弟子たちもいままで見た事がない雰囲気を漂わせていましたね。そしてなにより草若師匠からは荘厳ささえ感じました。泣きながらも、思わず背筋がシャンと伸びましたよ。それではまた来週を楽しみにしています。


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。