FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ささやき色のあの日たち』 8/22ソワレ

チケット発売日にギリギリセーフで確保した地球ゴージャス公演『ささやき色のあの日たち』を観に行ってきました。長いこと観劇生活送ってますが(笑)地球ゴージャスは初めて。チケット確保に動いた大きな要因は北村一輝さんでした。
ギリギリで確保したので、今回の座席はA席2階の最後列。この日ばかりはオペラグラス忘れずに持参いたしました(笑)が、真ん中ゾーンだったので思ってたほど遠く感じませんでした。オペラグラスを外して見ても役者さんの表情が分かったし、シアターコクーンって意外と舞台に近い設計になっているんですね。“2階最後列”ってことでちょっと落ち込んでたんですけど全体像も分かったし結果的には良い観劇となりました。

今回の地球ゴージャスは岸谷さんが中心となって創り上げたようで、相方(?)の寺脇さんは参加されていませんでした。いわゆるソロ活動って感じなのかな。寺脇さんが出演していないのはなんとなく残念だったけど、でも、なんだか心に染みる素敵なお芝居でした。最初はなんだか「?」って感じでストーリーが進んでいたんですが、徐々にその背景が明かされていくあたり巧いです。笑いあり、ジーンとくることあり、歌あり、ダンスありとパワフルでエンターテイメント性が非常に高いですね。これが地球ゴージャスなんだろうなぁって思いました。


出演者
岸谷五朗、北村一輝、山口紗弥加、須藤理彩、岡千絵、日永沙絵子、叶千佳、能見達也、熱海将人、SHUN、KYOHEI  


以下、多少ネタバレ含んだキャスト別感想です。







岸谷五朗さん
舞台で拝見するのは初めてだったのですが、ほんと上手いです!自分を目立たせすぎずに他のキャストをうまく引き立たせていたのはさすがです。それからダンスのキレ具合がこれまた素晴らしい!岸谷さんってあんなに良い動きする役者なんだ(←失礼 爆)と感動してしまったくらいです。
北村さんとは旧知の仲ということで(たぶん最初の共演は『神様のいたずら』じゃないかな。このドラマ再放送してほしい)、掛け合いがすごく面白かったです。最初の
「お前目つき悪いな」「お前に言われたくない!」
っていうやり取りなんか思わず笑っちゃいましたよ。それ以外にもアドリブか?と思わせるような動きで北村さんを翻弄しちゃったり(笑)とにかく楽しませていただきました。役柄的にも岸谷さんは終始明るいキャラを通していた感じなので舞台全体にも活気があったように思います。テレビとは違う顔の岸谷さんはとても素敵な役者さんでした

北村一輝さん
前観に行った『恋の骨折り損』もそうでしたが、今回も北村さんお目当てでした。それにしても以前は舞台をやるたびに「僕は舞台好きじゃないんですよ」的発言をしていたのが、今年に入って続いてますよね(笑)。前回の『恋の~』で舞台の楽しさが分かったみたいな発言がパンフにあったのでこれからも舞台挑戦してくれるんじゃないかと思います(次も決まってるし)。もともとドラマより舞台(『サイドマン』)で北村ファンになった私としては嬉しいです、やっぱり。映像ではコワモテで裏表のありそうな役柄が多くなりがちですが、舞台では映像とは違う北村さんの新たな魅力と出会えるわけで・・・そういった意味でも今後舞台にも積極的に参加してほしいなと思います。
そんな北村さんですが、今回も終始キラキラした熱い演技をたくさん魅せてくれました!なんてったって、地球ゴージャスには欠かせないという歌とダンスにもチャレンジしてたんですからこれは貴重ですよ~(笑)。初挑戦というだけあって、歌もダンスも決して上手くはないんですが(爆)それでもなんとなく将来性はちょっと感じました。舞台栄えする姿や声を持っているので、台詞回しも含めてもう少し稽古を重ねれば絶対にもっと素敵な舞台俳優になれるはず!頑張って欲しいです。
岸谷さんとの丁々発止もすごく面白かったんですが、シリアスな芝居もけっこうあって・・・それがすごく印象に残りました。ラストの“ユリ”との対面なんか個人的にジーンときましたねぇ。あの台詞にユリ役の山口紗弥加ちゃんが号泣しちゃって最後のナンバーを半分歌えなかったのも分かる!それくらい胸に響いた一言でした。
でも一番感動したのが父親との再会シーン。ここの北村さんの演技を観て・・・涙出ました、ホント。北村さんの「涙」の熱演はいつ見ても泣けます!なんていうか、そこに“真実”が見えるから…。本当に良かったです。

あ…北村さんだけでこんなに長くなっちゃった(爆)。

山口紗弥加ちゃん
最初はこの役、藤原紀香がやるはずだったんですよね。でも結果的には紗弥加ちゃんのほうが合っているような感じがしました。テレビとかの元気印な女の子を演じているイメージが強かったんですけど、舞台上の彼女はとても堂々としていてとにかく大人っぽい!最初登場した時「誰?」と思っちゃったくらいビックリしました(笑)。色っぽいシーン(ちょい18禁?爆)もあったりしたんですが、それも艶っぽく体当たりで演じていましたね。“ユリ”と“リカ”の切ない心情も伝わってきて共感することが多かったです。
それから歌!ロック調のものからバラード調のものまで確か3曲くらい歌ってたんですけど・・・あんなに歌えるんだ!これにもビックリしました。

須藤理彩さん
いわゆる、不思議系なアゲマン女性の役柄だったんですが・・・出番もそんな多くないので(ドラマの関係もあるのかな)ちょっと印象が薄い感じがしたのが残念でした。岸谷さんの相手ってことになってるんですけど、二人が並ぶとどうしてもを感じてしまうんですよね…。台詞回しとかはすごく聞き取りやすくて良かったんですけど。
あと歌・・・。えーーーと・・・かなりヤバって感じでした(苦笑)。

アンサンブル系で一番目に付いたのは元劇団四季の熱海将人さん!四季を退団したのは知っていたんですが、まさか地球ゴージャスで再会するとは思ってなかったんで(『李香蘭』以来でしたし)キャスティングを知ったときにはビックリしました。けっこう前からゴージャスに関わってたんですね。久々に観る熱海さんは四季のときより伸び伸びした感じでカッコよかったです。


今公演、将来的にはWOWOWで放送されるかな?その時映像でもう一度じっくり観てみたいです。
関連記事

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2007/08/24 14:05 ] ストレート演劇 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。