FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

『オーラの泉』に大泉洋くん

ドラマ・舞台と俳優業がひと段落ついた大泉洋くんですが、その後もラジオゲストやトーク番組ゲストで関東でも彼の活躍を楽しめるのが嬉しい。特に私はファン超初心者なので(つい先日ようやく正式ファンクラブ会員になりました 笑)ありがたかったりします。
そんななか、念願だったという『オーラの泉』についに出演した洋くん!携帯サイトで出演前に髪の毛カットしてる写真があったりして(笑)本当にこの番組出たかったんだなぁと微笑ましく思ってました。

『オーラの泉』は深夜枠で放送していたときはよく見ていたんですが、ゴールデンタイムに進出してからはあまり見なくなってしまいまして…今回洋くんがゲストが番組リニューアル後初の鑑賞となりました。基本的には内容的に深夜枠とあまり変化ないみたいですね。

以下、番組を見て思ったことなどちょこっとレポします。




登場したばかりでスピリチュアルチェックされてる洋くんはなんだかとても緊張している様子(笑)。質疑応答は以下の通り。

自分の性格を一言で… 「優柔不断」(即答 笑)
ストレス解消法… 「料理を作ること」
好きな言葉… 「一期一会」(なんだかこの言葉が嬉しい)
リラックスしてる場所は… 「沖縄」(苦笑いしてる洋くん 笑)
不思議な体験… 「四国の寺巡りで異常な出来事があった」
人生の転機… 「東京の大学に落ちて北海道の大学に入った」「30を過ぎてから全国放送のドラマに出始めた」

私が一番最初に大泉洋くんを知ったのはたぶん『救命病棟24時』。ドラマはほとんど見なかったけれども(再放送で見た)たしか「めざましテレビ」かなんかで人物紹介されてたのを見て知ったのかな。「水曜どうでしょう」の存在を知ったのもその頃でした。

チェックの後、国分君に弄られながらも(笑)美輪さんと江原さんの前で緊張している洋くん。それでも最初の頃は緊張隠しからか国分君にガンガンツッコミしながらトークしまくってました(笑)。が、本筋に入ってくると急に蛇に睨まれた蛙状態でビクビクしてる洋くんが可愛かったです。色々と指摘されておりましたが、印象に残ったものをいくつか…。

<繊細な人>
最初にも言ったとおり私は洋くんのファンになってからまだまだ日が浅い超初心者なのですが、彼のファンになったきっかけのひとつにもなったのがこの『繊細さ』を感じたことなんです。
それを最初に感じたのが「ハケン」の数話で演技の中で自然に涙を流している姿を見た時。今までの彼のイメージがガラッと変わりました。それから、HPや携帯サイトでの日記の文章を読んだとき。バラエティ番組で見せるのとはまったく別の顔の大泉洋くんが見えたんですよね。その文章は彼の繊細な部分が散りばめられていたし、要所要所に『愛』が見え隠れしています。
だから、美輪さんたちにこれを指摘されたのはなんだかすごい納得してしまいました。「複雑怪奇」とまで言われて怯えてる洋くんは面白かったですけどね(笑)。

<北海道との深い繋がり>
最近になって北海道への愛がより深まったとよく語っている洋くんですが、全国進出するようになって東京での滞在期間が増えてきたようです。そのことに関して、
『北海道にずっとこだわっていたい反面、東京の仕事も増えて悩んでいるのでは』
と江原さんに指摘されて怯んでましたね~。北海道では絶大な人気を誇っていてそこにも深い愛着を感じていながらも、全国向けの仕事にもとても興味があっていつの間にか東京にいる時間のほうが増えてしまっている。うーん、これは繊細な洋くんにとっては気になっちゃうことなんだろうなぁというのは何となく感じてました。北海道で今まで応援してきてくれたファンを裏切りたくないし、全国進出したことで新たに増えたファンのことも大切にしたい。私はそういう立場に立ったことがないから分からないけれども、気持ち的には分かる気がします。
バラエティなどの弾丸トークを見ただけではあまり感じられませんでしたが(笑)、ファンになって最近分かってきたのは洋くんが人一倍ファン想いであるということ。この頃トークなど聞いていると、他の人がツッコミいれやすくするようにちゃんと話しているし、見ている人が面白いと感じるような展開に持っていってるのをすごく感じるようになりました。「誰も悲しませたくない」っていうのがあるっていう指摘は当ってるんじゃないかな。

<不思議な体験>
水曜どうでしょうロケで四国八十八箇所を回った時に、あるお寺でだけ撮影が巧くいかなかったそうです。しかも、そのあと半年くらい体調不良に悩まされて人前にも出れなくなっちゃったとか…。それはなんと「霊」がたくさんついてきちゃったからということで(苦笑)。どうやら憑きやすい体質みたいですね、洋くん。「バカ」がつくくらい人が良いと指摘されてましたが(笑)そういう人は霊を連れてきやすいんだそうです。

<優柔不断?>
洋くんは自分の性格のことを「優柔不断」と言ってましたが、実は「神経質」で「インスピレーションで動く」人なんだとか。なるほどねぇ。優柔不断で流れに従って動いているようですが、その実彼はとても良い波に乗れていると思うしそういう風になるように無意識に動いているんじゃないかなぁなんて思ってしまいました。神経質で臆病っていうのも当ってるみたいですね(笑)。臆病な人ほどよく喋るってことも聞きますからそういうことも彼の中にあるのかな?

<前世>
ここでついに来ました、前世が!洋くんはアイヌ民族の長だったんだとか。つまり、前世も北海道と深く関わっていたんですね。だから彼は北海道から離れられないんだと…。この話については本当か嘘か真偽のほどは分かりませんが、たしかに洋くんの北海道への拘り話を聞いていると本当だったのかなぁなんて思えてしまいます。
滅び行くアイヌ族の長だったので、みんなを歌い踊りながら励ましていた性格が今に出ているとも言われてましたね。何となく納得。周りから慕われやすいっていうのはこういうところからきているのかも。

<TEAM NACSとの関係>
前世がなにかの長っていう人は劇団などを率いている場合が多いという美輪さんの指摘で出てきたのが洋くんのホームグラウンドであるTEAM NACSの存在。江原さんから
「今は仲間たちの足並みが今一つ」
と指摘されてそれに対してなんとなく流していた洋くんでしたが、あながち外れていたわけじゃないみたいですね。NHKの「トップランナー」ではものすごい仲が良くて強い絆で結ばれているように感じたんですが、奥のほうではやはり色々とあるんだろうなと…。でも、それはあると思いますよ、やっぱり。長い間グループ組んでやっているところは何かしら必ず分岐点みたいな山は来るんじゃないでしょうか。万年仲良しってことはほとんどありえない。TEAM NACSも例に漏れずということなのでは。
でもそれは、別れるためのゴタゴタではなく、これから発展していく為に必要な出来事なんじゃないかな。まだファンになったばかりなので偉そうなことは書けませんが、彼らはちょっとやそっとで壊れるような関係じゃないと思うしこれからもそういう出来事があっても乗り越えられる仲間たちだと思います。
ただ、人一倍の人想いである洋くんは納得いかない出来事があるとついつい口出してしまいがちなんでしょうね。そのことでまた傷ついてしまったり悩んだり・・・多分今までも表には出せないそういうことがあったんだろうなと思いました。江原さんが言うには今もちょうどその時期なのかな?今回ゲストに来た理由のひとつとして、そのことに対するメッセージがあるからだということで・・・
『気にしないこと、逆にほじくらないこと。問題に触れずに受け流すことも大切』
と言われていたのがとても印象に残りました。このメッセージで少しでも洋くんの気持ちが軽くなればいいなぁと思いましたね。

<守護霊>
洋くんの守護霊は大泉家縁の「サムライ」なんだとか。このサムライはアイヌ民族を滅ぼした償いとして大泉家のために北海道を元気にする為に働いているんだとか。もう、ここまで北海道縁のものを背負っている洋くんは『北海道』から離れることのない運命の持ち主なんだなと思っちゃいますね(笑)。

<妄想癖>
学生時代、「卒業式にボタンをほしがった生徒が群がって大変だった」と仲間に言いふらしても「そんな記憶はない」とバッサリ斬り捨てられ、実際は数人しか回りに来なかったのが事実(笑)・・・というくらい妄想癖が激しいという洋くん。そんな彼に美輪さんは
「それを物語にして残したら面白いんじゃないか」
とアドバイス。書くことが面倒という洋くんにはメモ程度に書きなぐってそれをテープに吹き込むことでもいいんじゃないかということ。たしかに面白い話がたくさん出てきそうですね。
そういえば北海道の番組で洋くんが脚本書いたドラマが放送されたとか。彼のおじいさんについてのストーリーだったそうでこれがかなり泣けるんだとか。繊細な洋くんが描くドラマ脚本、今後ちょっと見てみたい気がします。

<オーラの色>
江原さんが笑いながら言った洋くんのオーラは「金色」英知の象徴で霊の世界からとても可愛がられるタイプなんだとか。しかもラメまで入っているということで(笑)とにかく愛されやすい人なんだなぁと思いましたね。ただ、鼻呼吸ができていないせいで気管支や心臓が悪くなりやすいらしい!立派な鼻の穴してるんだから(笑)ということで、美輪さんから「鼻呼吸しなさい」と指摘されてました。身体が弱いことを公言している洋くん、今後は気をつけて~!
ちなみに、今後は歌でもちょっとしたブレイクがあるとか。今度の夕張でのイベントでも新曲歌うらしいですしね。ラジオで聞きましたがなかなか爽やかでいい歌でしたよ。それに歌がかなり上手くてビックリしました。『本日のスープ』は思わず購入してしまったんですけど、かなりの感動ものでした。詩の内容もとてもいいですし、やはり繊細で天性のものがあるんですね。

番組終了後は国分君相手にいつもの洋くんらしいトークで笑わせてくれましたが、何だかんだ毒舌言ったりしても彼は愛されキャラなんだということが分かりました、今回。洋くんを弄る相手も彼が好きだから弄っているんですよね、結局(笑)。

冒頭のほうで東京の大学に落ちて北海道の大学に進んだのはすべて天の神がコントロールしているからという話がありました。山を張っていたとはいえ(笑)けっこう勉強したにもかかわらず2浪もして東京の大学に行かれなかった事は「必然」であるのだと…。
この『必然』という言葉を借りるのであれば、今さらながらも私が洋くんのファンになったのも“必然”ということになるのかな。これからもたくさん応援していきたい人だと改めて思いました。ガンバレ、洋くん!
関連記事
[ 2007/06/18 22:59 ] NACS & 大泉洋くん | TB(0) | CM(2)
オーラの泉
きょろさん、こんにちは!
洋くんの『オーラの泉』なかなか興味深く見入ってしまいました。ファンになってから”けっこう繊細な人なのかな”と思うようになったんですけど、こうして大っぴらに『繊細』と言われると「やっぱりそうなんだなぁ」としみじみしてしまったり…。
どうでしょうの怪奇現象、オンイムで見てたんですね!こちらはたぶんクラシック版でやったような気がするんですが・・・あとで録画DVD見てみようと思います。
[ 2007/06/21 17:44 ] [ 編集 ]
えりこさん、こんばんは。

『オーラの泉』ごらんになったんですね。私もTV 見ながら「えりこさん、みてるかな~?」なんて思っていました。
いつもながらえりこさんのレポ、細かくて読みやすいですね。オンタイムで見ていながらもレポ読んでて忘れているところがたびたびあり(~_~;)お恥ずかしい話です。
江原さんや三輪さんの話を聞いていて
北海道への気持ちが洋くんにもはっきりとわかったことでしょうね。これから生きていく上でのアドバイスとして
聞き入れてこれからも頑張って欲しいです。
ちなみに「四国八十八ヵ所」の怪奇?現象は当時オンタイムで見てましたが・・・本当に写っていなかったり照明が落ちたりしてました。かなり怖かったです(>_<)
[ 2007/06/18 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する