<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ついに今年、浅草歌舞伎デビューしてしまいました。昨年初めの頃はよもや年明けに歌舞伎を観るとは想像もしていなかった私(苦笑)。
今までほとんど浅草には寄ったことがなかったので、今回は完全におのぼりさん状態です。雷門をくぐるとそこは「日本」的雰囲気で満ち溢れていて感動いたしました。それにしてもお正月の浅草はものすごい人手ですねぇ。仲見世通りはまともに歩けませんでした(汗)。

ちなみに浅草寺でひいたおみくじは・・・「凶」(爆)。
悪いことが起こりませんように・・・。

さて、浅草歌舞伎ですが、若い役者さん達が揃っているということもあってか客層も以前歌舞伎の劇場でみたよりかなり若かったのが印象的でした。それが浅草歌舞伎の狙いでもあると思いますけどね。
ロビーは狭かったんですが、土産物売り場の前は熱気に溢れておりました。今回は筋書のほかにもポストカードや役者のプロマイド写真(!!)まで販売。なんだか見たことないような若手の皆さんの写真が各2枚ずつ売られておりました(笑)。これって毎年やってるんですかね?

今回の浅草歌舞伎は昼と夜各2回ずつ観る予定なので、最初の昼夜は安かった3階席からの観劇にしました。3階席までのエレベーターも出ていたのですが、私は階段で上に。ところが、3階席って5階にあるんですよね(苦笑)。最初に昇った時はかなり息が・・・(爆)。エレベーターがある理由も分かりました。

以下、昼と夜の簡単な感想です。



1/5昼の部

一.お年玉 中村獅童

昨年お騒がせだった獅童さんのお年玉挨拶でしたが(笑)、最初のうちは至ってシンプルでした。でも、一通り演目の説明をしたあと・・・客席に向って拍手のデモンストレーションを開始。1階席、2階席が初めに拍手の手ほどきを受けてて、あれ3階席は?と思っていたら
「3階席の方お待たせしました、ではどうぞ~!」
と花道から上を見上げて拍手の手ほどきをしてくれました(笑)。こういった獅童さん見ると、なんだか憎めない人だなぁと思えてしまう。挨拶の最後にはチラッと昨年のお騒がせについて自ら触れていて客席の笑いを誘ってました。ガンバレ、獅童さん。

ニ.義経千本桜 すし屋
いがみの権太:片岡愛之助、弥助実は三位中将維盛:中村七之助、若葉の内侍:中村亀鶴、梶原平三景時:中村獅童、鮓屋弥左衛門:市川男女蔵

今までは江戸風で上演されることが多かった演目のようですが、今回は仁左衛門さんの教えを受けた愛之助さんが演じるということで上方風になったようです。・・・といっても、歌舞伎初心者の私は江戸風がどんなものなのか全く分からないので比較ができないんだよなぁ(爆)。今度歌舞伎座でやることがあったら観に行こうかなと思います。
初めて見る演目なのでイヤホンガイドの助けを借りながらの観劇でしたが、なかなか深い演目だなと思いました。最初のうちはちょっとコメディっぽくて会場からも笑いが。愛之助さん演じる権太も登場からオケ持って引っ込むまではどちらかというとコメディっぽい。
ところが、維盛の正体が表になると物語はどんどん深刻な方向へ。権太が維盛を鎌倉方から守る為に自分の妻子を身代わりにする場面から権太の死まではかなり悲劇的なストーリーでウルっときます
愛之助さん、熱演されててなかなか見応えがありました。歌舞伎の獅童さんはあまり評判がよくなかったので心配だったんですけど(苦笑)、そんなに悪いとは思いませんでした。一番印象的だったのは芝のぶさんかな。10月の松竹座のときも思いましたけど、この方の女形は本当に可憐で可愛い男女蔵さん、嘆き悲しむ時の声がお父様によく似ていらっしゃいますね。3階席から観たのでその姿がなんとなく左團次さんと被ってしまいました(汗)。七之助くんも高貴な感じが出ててよかったですが、ちょっと眠気を誘われたかも…(苦笑)。亀鶴さんは私初めて女形姿を観たのでとても新鮮でビックリしました。いつもは男っぽい役柄が多い亀鶴さんですが、女形もなかなか素敵ですね。

ニ.身代わり座禅
山蔭右京:中村勘太郎、太郎冠者:中村七之助、奥方玉の井:中村獅童

いつかは観てみたいと思っていた身代わり座禅!今回その願いかなってとても嬉しかったです。この演目は狂言色が非常に濃いですよね。なんか野村萬斎さんが奥から出てきそうな雰囲気でした(笑)。
勘太郎くん、いや~、3階席から見たからかもしれませんがお父様の勘三郎さんに似てますねぇ。「うふふふふ」と笑うところとか特に。七之助君との兄弟コンビのやり取りも可愛くて面白かったです。
それから獅童さんの玉の井!この役は立役の役者さんが演じることが多い女形なのでかなり滑稽なのですが、獅童さんの玉の井は・・・一言で言うなら「般若」です(笑)。もう完全に右京を支配しちゃっているような恐妻で、ニカーっと笑った時の顔が遠目ながらもかなり不気味でございました(笑)。


1/11夜の部

一.お年玉 片岡愛之助

この日のお年玉挨拶は愛之助さん。最初の演目の出番が近いからか南座で観た口上のときと同じ扮装で登場されました。一通り演目の説明をしたあと、
「今日は客席とコミュニケーション取りたいと思います」
と言ってマイクを片手にヒョイッと舞台から降りられたのでかなりビックリしました(笑)。こういうとき、3階席だとなんだか悔しい気が…。数人の方との質疑応答があり、なかなか楽しいお年玉時間でございました。5分では収まらなかったですけどね(笑)。

ニ.義経千本桜 渡海屋・大物浦
渡海屋銀平実は新中納言知盛:中村獅童、女房お柳実は典侍の局:中村七之助、源義経:中村勘太郎、相模五郎:中村亀鶴、入江丹蔵:片岡愛之助、武蔵坊弁慶:市川男女蔵

この演目では大物浦での知盛のクライマックスが有名ですが(碇とともに海に落ちるやつ)、こちらも初観劇となりました。どういう流れであのシーンが出てくるのか今まで分からなかったので、今回観れたことはとても貴重な体験でした。
最初の渡海屋ではその身分を隠した知盛がなにやら画策しているということを匂わせるような内容。この場面で面白かったのは五郎と丹蔵のちょっとマヌケなやりとりです。銀平にやりこめられた二人が悔し紛れに「魚」づくしの言葉を並べ立てるんですが、これが実に良くできているんですねぇ。笑うと言うよりも感動してしまった(笑)。昔の人の言葉遊びの知恵ってすごいよなぁ。そういえば、狂言にもこういう場面がいくつかあるんですよね。愛之助さんと亀鶴さんの凸凹コンビがなんだか微笑ましくて可愛かったです。
大物浦では七之助くんの典侍の局がひとつの見所になっていましたが、うーーん、なんとなく単調な感じでちょっと眠気に負けてしまいました(爆)。いや、3階席って眺めがいいからけっこう落ちやすいんですよ・・・って言い訳ですが(爆)。獅童さんのクライマックスの大立ち回りはなかなか迫力があってよかったと思います。こういうダイナミックな歌舞伎の役柄をこれからも獅童さんには頑張って演じてほしいなぁ、なんて思ったり…。
そういえば、男女蔵さんの弁慶って出番少ないんですね。イヤホンガイドのインタビューでも語っていらっしゃいましたが、少ない出番の中でいかに存在感を出すかが難しい役なんだとか。たしかに!でも男女蔵さんの弁慶、なかなか存在感ありましたよ。だって、いつでてくるんだろう?ってずっと気になってましたから(笑)。

三.身代わり座禅
山蔭右京:中村勘太郎、太郎冠者:中村亀鶴、奥方玉の井:片岡愛之助

夜の部は太郎冠者と玉の井のキャストが変わっていて、昼の部と比べるとずいぶん感じが違いました。
勘太郎くんはますます芝居が乗ってきた感じで前回よりも見応えがありました。太郎冠者の亀鶴さん、これがなかなか私の中では大ヒットでして(笑)。昼の部の七之助くんも可愛かったんですが私はどちらかと言うと夜の部の亀鶴さんの太郎冠者のほうが好きかな。ひとつひとつの行動がなんだかすごく面白い。何故か分からないけど惹かれるものがありました。それから楽しみにしていた愛之助さんの玉の井!こちらも個人的にかなりヒットです(笑)。どんなメイクででてくるのかと思いましたが、意外に控えめであまり表情を作っているような感じは受けませんでした。でも、ところどころで見せるふとした表情がなんだかすごく可愛いんですよ(笑)。恐いはずなのに可愛い玉の井・・・うーん、なかなか新鮮で惹かれるものがありました!

次回はいよいよ1階席デビューです。2回目なので今回よりも余裕を持って見られるかも?でも、幕間のイヤホンガイドインタビューが新しくなってるかもしれないのでまた借りようかな(笑)。

関連記事
古典芸能関連 comments(0) trackbacks(0)


コメント


フォーム



トラバ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。