FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディズニー映画 『アナと雪の女王』

ディズニーの超話題作である映画『アナと雪の女王』を見に行ってきました。

この日はレディースデイと春休みが重なっていたからか、映画館が殺人的な混雑っぷりでビックリ仰天!しかも、『アナと~』が目当ての人が多かったらしく、巨大スクリーンの部屋があれよあれよという間に埋まっていき、私が見た回は確保されていた2部屋(アナは人気作だからか2スクリーンでの上映でした)が満員御礼になっていました。
これまでも大混雑の映画館は体験してきましたが、今回の映画はその中でもかなりすごい人気を感じましたねぇ。公開からまだ1週と少しだというのに、パンフレットも売り切れ状態で買えなかったし(涙)。ホントあまりの熱狂っぷりにビックリしました。日本はディズニーファンが多いっていうのもあると思いますが、近年は特にミュージカル映画がよく当たってますよね。けっこうなんだかんだ言っても日本人はミュージカルが好きなんじゃないかと思わずにはいられなかったりして。

さて、映画の内容についてですが、ストーリーはディズニーらしさが満載でしたね。綺麗で可愛いヒロインや王子様、さらに最初はちょっとそりが合わない二人が・・・みたいな展開などw。それから、動物やお茶目なキャラが出てくるのもお約束。
ただ、これまでと少し違うと感じたのが最後まで恋愛をテーマにした物語ではなかったことでしょうか。ネタバレになってしまうので詳しい展開は書けませんが、クライマックスにちょっとした驚きの展開があります。これは私としても予想外だったので「え!?」ってなりましたww。ディズニーとしては新しい試みだったのでは。そういったところが新鮮で面白かったですね。まぁ、個人的にはそうあってほしくなかったなと思いましたが(苦笑)。
アナとエルサの微妙な関係はこの映画の大きな核になっています。「人を愛することとは・・・真実の愛とは」といったテーマがそのなかに込められていたんじゃないかと。涙するまではいきませんでしたが、なかなか感動的なストーリーでよかったと思います。

私がこの映画に魅せられた大きな要因は、美しいアニメーションと素晴らしい楽曲です。
「塔の上のラプンツェル」のときも思ったけど、本当に映像が全て緻密で美しいのです!私はあまり立体的なキャラの映像のアニメは好きではないのですが、今回もラプンツェルに負けず劣らずで本当に感動しました。動きの一つ一つもすごくリアルに再現されているし、たまに実写ではないかと見間違えてしまうことも。あの技術は本当にすごいと思いました。
そして、名曲揃いの楽曲です!良いとは聞いてましたが、ここまで素晴らしいとは予想してなかった。エルサが歌う「Let it go」はもちろんのこと、アナや王子が歌うナンバーやオラフのコミカルなナンバーなど・・・すべてに聞いていて胸が高鳴りました!!ここまで個人的にハマる名曲が揃うディズニー映画も珍しい。

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックV.A.

WALT DISNEY RECORDS 2014-03-11
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ディズニー アナと雪の女王 ビジュアルガイド ピアノ ディズニー ミニアルバム アナと雪の女王 Frozen (Deluxe) 塔の上のラプンツェル オリジナル・サウンドトラック Frozen Little Golden Book (Disney Frozen)

てなわけで、さっそくCDネットで購入してしまった(映画館では売り切れてたので)。日本語版の歌はmp3で販売されているようです。

ちなみに、今回は日本語吹き替えを見てきました。アニメの場合はやはり最初は字幕のストレスなく物語を入れたかったので。
声優にはミュージカルで活躍されている方が多く配役。松たか子さんはエルサを演じてましたが、彼女の心の孤独を見事に表現していたし、「let it go」の歌声は圧巻!神田沙也加ちゃんはアナを演じてましたが、予想外にハマってて声の表現や歌声が見事でした!なんか、アニメなんだけど時々実写の二人がそこに居るかのような錯覚を覚えたほど。
さらには、王子に原慎一郎くん!!いやぁ、これは嬉しい驚きでした。劇団四季にいた時にすごく注目した時期があったのですが、退団後はあまり大きな役につけないことが多くて残念に思ってたんですよね。だから今回の配役を知った時は嬉しかったです。そしてクリストフに津田英佑さん!以前は良くミュージカルの舞台で見ていたんですが最近はなかなか見られる機会がなくて…(一時期変な騒動にも巻き込まれてたし 苦笑)なので、久々に声が聞けて嬉しかったですね。あと、安崎求さん小西のりゆきさんの名前があったのも嬉しかったな。
特筆すべきなのが、雪だるまのオラフを演じたピエール瀧さん。名前が出るまであれがピエールさんだと分からなかったくらいめちゃくちゃハマってた!あんなに吹き替えを上手くこなせるとは…嬉しい驚きでしたね。面白くて温かいオラフを見事に声で表現されていたと思います。

これ、やろうと思えば実写もできそうな作品だなと思いました。日本で実現するときは某劇団が上演権取るだろうけど、個人的にはそこ以外で見てみたいかも。まぁ、キャスティングにもよりますが(笑)。

次は字幕版を見に行きたいと思います。オリジナルのエルサを演じてるのがオリジナル『ウィキッド』でエルファバを演じたイディナ・メンゼルとの事なので、これはぜひとも大画面で聞いてみたい。そしてそのあともう一度、音響の一番いい劇場で吹き替え版を見たいな。
混雑が収まった頃に・・・の話ですがw。その時にはパンフレットありますように…!




関連記事

ジャンル : 映画
テーマ : ディズニー映画

[ 2014/03/27 22:57 ] 映画鑑賞作品 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。