<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ごち
大阪市立住まい情報センターで行われた「ごちそうさんと大大阪」トークショーに行ってまいりました!
ハガキでの抽選で選ばれた人だけが参加できるということで、私も何通か応募したのですが…見事玉砕(苦笑)。運がなかったと諦めていたところ…、当選していた心優しきネッ友様が誘ってくださり(1枚につき2人まで入場可)行くことができたわけです。本当に本当にありがとうございました!!

こちらのセンターでは「ごちそうさん」のパネル展示も始まったということでトーク前に見に行くことに。で、行ってみたら…、ほんのわずかな一角に衣裳と数枚のパネルが…(汗)。
ごち2
あ、うん、でも、写真いっぱいある…って言えるよね、これはw。と、まぁ、多少微妙な気持ちになりつつ、早々に列へ加わりました。

整理券番号順に並ぶということで番号ごとに区切られていましたが…175番までの数字は見たな。もしかしたらその先もあったかもしれないから…200近くまでとして、全部で360人~380人くらいの参加者だったと思います。ハガキは全部で2000通近く届いたと言いますから、倍率としては約10倍~12倍と言ったところでしょうか。恐るべし、東出君人気!これ、もしも今後ファン感謝祭なんてものがあるとしたら、もっとすごいことになるんじゃないかと今から戦々恐々です(笑)。
会場へは整理券番号順に入り、好きな席へという形式で先日のBKイベントのときとだいたい同じ。狭い空間だったので最後列からもかなり良く見えたと思います。ちなみに最後列端っこにはマスコミ席があり、翌日のネットニュースなどでこの日の様子が取り上げられていました。

そしていよいよスタートの14時。けっこう陽気な司会者のおじさんの紹介で一番後ろの扉から東出くんたちが登場!私たちの席のすぐそばの通路を通ったんですが、間近で見る東出君は本当に綺麗な顔立ちで…しかも、ちょっと照れた感じではにかんだ笑顔でやって来ていたのでめちゃめちゃ可愛くて!!いやぁ、なんか、心拍数上がりましたわ(笑)。
しかし、心拍数が上がっていたのは私だけではなかった!もう後ろから東出君が先頭でやってきた瞬間の黄色い歓声がハンパなかったですよ(笑)。ある人はタッチまでしてたしw、ふと見てみるとお手製の団扇を振って猛烈アピールしている方までいてビックリ仰天ww。壇上に上がってからもみんな東出君に必死に手を振ってて、いやぁ、なんか、コンサートにきたような熱気に包まれておりました。
そんな熱気に東出君はちょっと緊張気味なハニカミ笑顔を見せてて可愛かったなぁ。すごく嬉しそうでした。そして改めて思った…、デカいと(笑)。しかも体系がホッソリしているのでもう、本当にスタイル抜群で・・・"モデルだったんだなぁ"と改めて実感しました。

トークのテーマは、大正から昭和初期の…ちょうど「ごちそうさん」の舞台となっている時代の大阪について。主に建築関係を中心として色々な興味深い話が聞けました。「大大阪」と言われるくらいあの頃の大阪は活気があって栄えていたと言われているそうです。

トーク参加者
東出昌大くん(西門悠太郎役)、谷直樹館さん(大阪くらしの今昔館館長・ごちそうさん時代考証担当)、岡本幸江チーフプロデューサー


以下、当日のレポートになります。長くなると思うのでご用心w。
ちなみに、トークでは来年の展開にも触れています。絶対に先を知りたくない方はスルーしてください




トークは岡本CPが質問して東出君と谷館長さんが答えるというような形式で進められました。
当日とったメモを頼りにのレポなので、全くその通りというわけではないのをご了承ください。

まず壇上に上がってから一言ずつご挨拶。
東出君「今日はせっかくのお休みに来てくださり…遠くからも来てくださったということで大変嬉しいです。よろしくお願いします」とハニカミ笑顔で挨拶。ちょっと緊張気味というか、会場の熱気に圧倒されているような感じでしたが、そんな東出君も可愛いなぁと癒されておりましたw。
そのあと、谷館長さんのご挨拶になるのですが…東出君は置いたマイクをすぐに持って谷さんのところにさりげなく渡してあげてましたね。そういう心配りもしっかりしているなぁと感心しました。谷さんは「東出君と並ぶと背の違いがすごくて落ち込んじゃいますがw」と可愛いごあいさつで会場の雰囲気を和ませていました。岡本プロデューサーはなかなかしっかりした感じの方でした。

Q.撮影はだいたい7カ月が過ぎたところですが、手ごたえはどうですか?

東出くん
「撮影入ったばかりの頃は関西弁のことだけでいっぱいいっぱいだったけど、今はだんだん慣れてきた感じ。だけど、年末に入ってきてまた大変になってきたので…年末年始は大変なんだろうと覚悟してます」
岡本さんからは「はい、大変になりますよ」と告げられて東出君はアセアセしてましたw。

谷さん
「あまちゃんの反響があまりにもすごかったのでドキドキしていたけれど、森下さんの脚本がとても面白かったのでこれはイケると確信はあった。だけど、最初のうちは「大正はこんなんと違う」というクレームが来るんじゃないかと内心ヒヤヒヤしてました」
谷さん、「あまちゃん」の言い方が、「あ」にアクセントかかった言い方だったので…最初は何のことを言ってるのか分かりませんでした(笑)。

Q.西門家での撮影の雰囲気はどうですか?
この西門家セットは実際にある築100年くらいの古いお宅を参考に作られたそうです。東出君たちの後ろには大きなスクリーンがあってそこにドラマのワンシーンやセットの写真が色々映し出されていたのですが、東出君はけっこう席から立ち上がってその写真のほうに行って「ここに~があって」みたいに解説してくれることが多かったです。そんなトークへの参加姿勢がなんか嬉しかった。

東出くん
「西門家は一人一人にお膳が出てくる「銘々膳」なんですが、姿勢よく心がけて座って食べると…どうやっても遠い(苦笑)。生活はし辛いですね~」と笑った顔がやたら可愛かったw。床は冷たくて大変。女性陣は正座してて膝がすぐ痛くなってしまうので目立たないような小さな補助椅子を使って撮影しているそうです。
西門家は箱階段になってて、と、この解説の時に後ろのスクリーンのところまで行って場所を示していた東出くん。この階段はかなり急らしく、箱積みされた階段なので中に荷物を入れられると。いやぁ、そうだったのかと目から鱗w。言われてみれば確かに箱階段だと今更ながらに気がつきました(爆)。で、その箱の中には・・・出演者の私物が色々突っ込まれているらしい(笑)。「ギリギリまで台本とかペットボトルとか突っ込んでて、BKの見学窓から見ると皆何かしらその箱に色々入れてるのが見えると思います」と東出君談w。BKの見学窓の話のところで、岡本さんが「たまに杏ちゃんや東出君が手を振ってくれますよ」と話すと会場からは「へぇぇぇ!」という色めきだったどよめきが起こってました(笑)。
谷館長さんによると、当時はこの箱階段のお宅がポピュラーだったそうです。

Q.台所について

谷さん
当時はまだガスの普及がほとんどなくて竈だった。大正12年ころにようやく普及しだしたそうです。
東出くん
「竈の頃は本当に撮影が大変で、豆炭という炭を使っていたのでスタジオが煙くて大変だった。ガスになった時は「やっとガスになった」と皆で大喜びだった」とw。

Q.出てくる料理はどうですか?

東出くん
「メディアのインタビューとかではいつも「ハモのちらし鮨」って答えてるんですが(笑)本当はどれも美味しくて一つに絞れないんですよ」、と生トークでは正直な回答をしてましたww。和枝さんが作った氷玉露もすごく美味しかったそうです。
「1日に6回朝食シーンを撮ることもあり、テストを含めるとかなり食べてお腹いっぱいになるんですが…、芝居中になり「いただきます」って言葉を言うと意外と食べられるもん」だそうな。「カットかかっても皆なかなかセットから出てきませんよね」って岡本プロデューサーが笑ってました。味噌汁なんかも、毎回具が違っていたり…味噌の種類も変わっていたりするそうです。

Q.建物の四季につい

谷さん
当時の大阪の家で夏と冬とで建具を変えて暮らしの工夫をしてるんです、とのこと。西門家も夏のシーンと冬のシーンではセットの形が違うということです。

Q.着物なんかはどうですか?

東出くん
「衣装さんとかけっこう色々とかかってると思うんですよね」と。岡本Pからは「この人が一番かかるんですよー」と言われると会場から笑いがwww。衣裳さんに「さすがにめ以ちゃん(杏さん)も二反使うんですかね?」と聞いたら「あんたと杏さんとで4人前よ!!」とキレられたらしいです(笑)。この時の東出君の再現の言い方がめちゃめちゃ面白くてツボでしたww。

このあと、西門家の参考にしたという旧家の写真とセットの比較写真が出てきたんですが…本当にセットとそっくりでビックリしました。東出君も「そっくりなんですねぇ」と感心することしきり。トーク会場からすぐのところにある実際のお宅で、スタッフが3日間かけて念入りに寸法を測ったり調査したりして完成したのがあの西門家セットということで。あらためてNHKスタッフの本気度を感じました。家主さんも「いつ家で撮影したの?」と言ってしまうくらいだったそうですよw。
現在は昭和篇を撮っているということで、西門家の備品もいろいろ変化しているそうです。ラジオやカーテン、ちゃぶ台も出てくるのでそのあたり注目してほしいそうです(竈は塞いじゃったらしい)
「今撮影しているのが20週なので、すでに今放送している11週とか見ると本当に懐かしいです」と感慨深げな東出くんでした。

Q.市役所について

東出くん
「初めて出勤するシーンを見たら通ってる人も車も全部CGだったからビックリしました」と、また立ち上がって写真を差しながらコメントしてました。
製図を引くシーンは鉛筆によって線の種類が違ってきたりするので先生に教えてもらったりして大変だったと。で、その流れで…
「僕、取材のインタビューとかで"ネットの声を気にする東出"とか"東出、某サイトで勉強中"とか書かれたんですけど」
と切り出してきたもんで皆大笑いwwww。あぁ、あの記事のことけっこう気にしてたのね、東出くん(笑)。「あのサイトそんなにしょっちゅう見てるわけじゃないんで」と弁解www。色んなサイト見てるそうです。で、ツイッターも見ているらしい。ということは、ツイッターのアカウント密かに持ってるのね!?と反応したのは私だけではあるまい(笑)。で、そのツイッターのコメントの中に建築関係の人が「悠太郎が製図を引くときに鉛筆を回していたのを見て勉強したんだと思った」みたいなのがあったそう。これを見て東出君は指導の先生と「よかったー!」と歓喜していたんだとか。めちゃめちゃ嬉しかったようでけっこう興奮気味に語ってて可愛かったです。

谷さん
「指導の先生の息子さんが建築関係で、最初は手の部分だけはその息子さんに担当してもらおうかという話があったんですが・・・、手の大きさが東出君と全然違うのでこりゃバレるということで実際にやってもらいました(笑)。建築学科を本当に出ているかと思うくらい上手です」と谷先生から褒められると、東出君は盛んに照れ笑いしながらも嬉しそうにしてました。
ちなみに、製図シーンに出てくる図面は実際の昔の手書きしたものをコピーして使用していたそうです。昔は和紙だったので製図をするのも大変だったらしいです。あと、市役所のシーンでたまに映る模型はこのトークショーの会館にあるものらしいです。「なんでも使えるものは使わせてもらいたいと」と岡本Pが言って笑いを誘ってましたw。

Q.天神祭のシーンについて

東出くん
「天神祭には独特のステップがあって、大村役の徳井さんがずっと「右・左・右・左」と言ってて。それが癖になっちゃったらしく、本番は声出しちゃいけないのに思わずそれが出てしまってNGになっちゃったんですよね(笑)」。徳井さん、可愛らしいわ~。
お獅子は持ってみるとかなり重かったそうで。「休憩中とかに共演者さんとガオーっとかやって遊んでたんですが、これ1つ200万くらいするって聞いてそーっと…」と言うエピソードに皆大笑い。岡本Pは横でハラハラしながら見てたらしいです(笑)。天神祭のシーンに出てきた人のほとんどは実際に現役でやられている方たちだったそうです。

ここから先は来年からの展開ということになります。ネタバレも含んでますのでご注意を…。




年明けは、昭和7年になった時からスタートするそうで…、悠太郎の職場環境もガラッと変わるようです。建築課から「高速鉄道課」に異動しているとのこと。つまりは、地下鉄事業に関わっていくということですね。日本の市営地下鉄第一号になるのが御堂筋線ということですから、悠太郎は御堂筋線開通事業に奮闘していくようです。

東出くん
「視聴者の方たちも思っている事だと思うんですが…悠太郎って嫁さんのことがあったり天神祭のことがあったりで職場を抜けることが多くてww、大正時代の男なのにゆとり世代なのかなって(笑)」と、誰もが感じてたツッコミ所を自ら解説ww。でも、高速鉄道課は怒号飛び交うような職場なので働いてる姿が多く見られると思うとのことでした。キャスト陣もガラッと変わるらしいですよ。職場の写真も出てきましたが、イマイチ役者さんが誰か分からなかった(汗)。

谷さん
「当時の地下鉄は駅ごとに色づけされていました」と当時の駅の様子の図面がいろいろ紹介されました。町のイメージによって赤やら青やらすごいカラフルにデザインされていたようですね。照明もモダンだしエスカレーターも設置される当時としては最先端な駅だったそう。御堂筋線の駅で今でも名残があるものがあるということなので、見に行ってみたくなりました。
この鉄道の駅デザインに関わった事で有名なのが武田吾一という人らしいのですが、この人がモデルになっているのが…ムロツヨシさん演じる竹元教授だそうです。が、「実際の武田さんはあんな感じの人じゃなかったんですけどね」と谷さんw。脚本家の森下さんのアイディアが強い人物になってるという話題で会場はけっこう笑いに包まれてましたww。

Q.竹元先生の印象はどうですか?

東出くん
「可笑しい…」と一言いうと会場からドッと笑いがw。「昨日も机バンバン叩くシーンが出てきて、ムロさんは真剣なお芝居されてるんですが、傍から見ると危ない人って感じだったんですよね」と言って再び笑いが起こってましたw。撮影的にはこれからデザインを始めるシーンに入るそうで「これからがまた大変そうなんですよね…」と苦笑いしてました。竹元先生と悠太郎はこれからかなり濃く関わっていくようで、悠太郎も色々大変な想いをしそうな予感です(笑)。
「ムロさん自身もすごく面白い方で。メイクルームで挨拶しに来たときに「あれっ?東出くん、ごちそうさん出るの?俺も出るんだよね!?アレッ?」みたいなテンションで毎回そんな小芝居があったりでww、明るい現場です」と笑いながら解説してくれる東出くんww。ムロさん、朝一からテンション高いようです(笑)。もう、この時の東出君のムロさんの言い真似がやたら面白くてねぇ。なんか、落語聞いてるみたいでしたよww。さすが落語を愛する男!って思っちゃった。

Q.関東大震災のエピソードを演じるにあたって

東出くん
ネット購入できる某サイトwで、「当時のアサヒグラフだったり新聞記事をまとめた本や、当時発行された本などを買って。難しいセリフが多いので、当時のデータを理解しないとちゃんとセリフが言えないのでかなり勉強しました」とのこと。役作りも真摯に取り組んでるんだなぁと感動。一つ一つのセリフを言うのも背景を理解しないとダメだったりと役者さんは本当に色々大変なんだなぁと思いました。
谷さん
「悠太郎はこれまで木造建築に関わってきましたが、関東大震災の現場を見ることで鉄筋コンクリート建築の道へどんどん変わっていくことになります」とのことです。ベースになっているのは悠太郎が幼い時に大火で母親を亡くしているということも、今後の悠太郎にとって重要になるようです。
東出くん
「関東大震災の時には復興節というのが流行っていてそれが陽気で今とは感覚が違うのかなと思った」と。当時の資料とか読んで、今の東関東大震災の時の感覚と違うなと感じたそうです。ちなみに、関東大震災の週は室井さん(山中さん)の名演にぜひ注目してほしいとの事でした。楽しみです。


ここまで話が来たときに、最初に出ていた陽気な司会者のおじさんが登場して「話も尽きないのですが、ここからはクイズで楽しんでいただこうと思います」ということになり、会場全員がスタンダップ状態に。もう少し東出君の裏話とか聞きたかったなぁとは思いましたが、企画していたということのようなのでクイズに参加。
ごちそうさんの時代の大阪についての問題が6問出題されたんですけど…これがけっこう難しい!3択で合っていると思うものに挙手をして間違えたら座るといった形式。第1問が終わった時点で3分の1が座っているくらいでした。私は1問目はクリアできましたが2問目で脱落(爆)。3問目は合っていただけに惜しいことした…と思ったのですが、そのあとに出てきた問題がまた難しくできなかったのでどっちにしてもアウトだったなとw。

出題された問題は…、
「大阪の語源は?」→ 「小坂」
「梅田の語源は?」→ 「泥を埋めた土地」
「当時一番栄えていた町は?」→ 「大阪市」
「初代通天閣のモデルはエッフェル塔ともう一つ何?」→ 「凱旋門」
「現在の大阪市内にある橋の数は?」→ 「800」
「大阪が食い倒れと言われたのはいつから?」→ 「江戸時代」


私の正解率は6問中3問でした(汗)。全問正解者は3人いて、壇上でジャンケンで決着。静岡から来た方が見事勝ち抜かれていて、優勝賞品として冊子と東出君の直筆サイン入り手ぬぐいが手渡されてました。羨ましい~~!
ちなみにこのクイズには壇上の東出君も参加していたのですが、分かる問題とかだとけっこう勝ち誇ったような表情で自信満々に手を挙げてて(笑)。でも、いくつか分からないものもあったようで迷った感じのときもあったのですが…、手を挙げる時にはなぜかドヤ顔だったり(笑)。で、すごいのは、それが全部ことごとく当たっちゃってて…たしか、全問正解してたと思います。当たるたびに後ろの岡本Pと「どうしようーーー!」みたいな感じで笑ってはしゃいでた東出君がすごく可愛かったw。すると、クイズが終わった後に
「僕、2-3問分からなくて当てずっぽうだったんですけど、全部当たっちゃって怖かったです」
とマジでビビってて笑えました(笑)。

その後、来週の予告が流れてトークショーもエンディングへ。最後の一言挨拶。

東出くん
「今日はありがとうございました。最初はすごく緊張していたんですが、だんだんリラックスできて…今は普通に喋れます(笑)。天満は僕がバイトしてた繁盛亭や日本一長い商店街などもありますので帰りに寄ってみてください。これからもよろしくお願いします」

谷さん
「このトークショーで話してて、(東出君と)ずいぶん距離が近くなったような気がします」と、けっこう嬉しそうにしてて可愛らしかったですw。

岡本P
「このあと彼には撮影現場に戻って撮影してもらうんですが、終盤に入り苦しい撮影が続いていますが、多くの皆さんに支持していただいていてるという事実が支えです。最後まで楽しんでいただけると嬉しいです。よろしくお願いします」


と、ここで拍手でお見送りということになりお開きになる…はずだったのですが、拍手されているときに東出君がどうしても言いたいことがあるといった様子でマイク持って必死に喋り出しました(笑)。

「20日にあさイチに出ることになるんですが、メイキングの方が現場の撮影風景を撮るということになったんです。週5日撮影の最終日最後の23時くらいの時間帯にスタジオ入りするところを撮りたいと言われて…。その時もう疲れてテンションおかしくなっていて。そしたら杏さんが「レッツゴー!」と言いだしたので僕もそれに合わせて「オー、イェーー!」と答えたら・・・それを撮られちゃいまして(苦笑)」

もう、会場大爆笑ですよww。

「普段そんなテンションじゃないんですよ!!放送見ても"あれ違ぇなあ"と思ってもらえれば」

と、もう、決死の弁解(笑)。「ちげぇなぁと」って普段言葉が飛び出していたところを見ると、本当によっぽど分かってほしくて必死だったんだなと思いwww、そんな東出君に大笑いしながら萌えてしまいました(笑)。これだけは何としても言わなければ!みたいな感じだったので、「オー、イェーっ!」って応えてしまったことをずっと気にしてたのかなって思いましたw。
というわけで、20日放送のあさイチプレミアムトークショーで東出君のその場面が映されても、"あ、あれは、疲れててあのテンションなんだな"って皆さん、思うようにしてください(笑)。それにしても、あの「オー、イェー!」の言い方がめちゃめちゃテンション高めで面白かったなぁ~。早く見たいw。

この弁解だけを必死に語った後、腰を低くしながら退場していく東出くん。扉を出る時には最後に一礼してて、やっぱり最後まで礼儀正しい青年だなって思いました。時折マイクを持った手を口元に持って行く仕草もあったりして、姿恰好がスーツ姿の悠太郎だったこともあり…リアル悠太郎が生で見られてまさに眼福でございました。
こんな感じでトークショー終了。色んな顔の東出君が見れて…短い時間だったけどとても楽しかったしますますファンになりました。

ごち3
トークショーの後、BKへ行ってみました。9階から撮影現場が見られるのですが、すでに多くの人が窓に張り付いていてなかなか見ることができなかったのですが、一瞬見えたときにちょうど杏さんが見学窓に向かって大きく手を振ってくれてる時で!なんか嬉しくなって思わず手を振りかえしてしまいました(笑)。
奥の方で撮影していたのでなかなか生では見えず、ほとんどモニター観覧。多くのカット割りの撮影をしてましたね。糠床のアップとか、銀次さんが持ってきたある魚とか。大変だなぁと思いました。20週ということで、新しい登場人物の姿も!ちょうど深刻そうなシーンを撮っていましたが、カットが終わると杏さんはすごく明るくて。切り替えが早い人だなぁと思いました。撮影前は台本か独自ノートかを懸命に読み込んで役作りしている姿も印象的でしたね。
途中からはトークショーから帰還した東出君も合流。今放送しているのとは違った服装で、時代の流れを感じさせられましたね。ある動物が登場してたんですが、撮影前まで杏さんと二人でそれについて笑いながら談笑してる姿が可愛かったですw。シーン的にはかなり深刻そうでしたけどね。20週は特に注目して見ようっと。


以上、ごちそうさんトークショーレポでした。本当に楽しかったです。長々と失礼しました。



関連記事

テーマ : NHK:朝の連ドラ - ジャンル : テレビ・ラジオ

朝ドラ ごちそうさん - -
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。