<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
スタジオジブリの最新作映画『風立ちぬ』を見に行ってきました。宮崎駿作品は「ポニョ」以来5年ぶりとのことですが、私は「ポニョ」を見に行かなかったので…ずーっとさかのぼると…なんと、「千と千尋の神隠し」以来ということになります(汗)。ジブリ作品は吾郎さん監督の「コクリコ坂~」以来です。


風立ちぬ サウンドトラック[共通特典CD付き]
風立ちぬ サウンドトラック[共通特典CD付き]読売日本交響楽団 久石譲

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2013-07-16
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
風立ちぬビジュアルガイド (アニメ関係単行本) ジ・アート・オブ 風立ちぬ (ジブリTHE ARTシリーズ) 風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19 風立ちぬ (ジス・イズ・アニメーション) ユーミン×スタジオジブリ ひこうき雲 40周年記念盤 (CD+DVD)(完全生産限定盤)(LPサイズ絵本仕様)


今回の『風立ちぬ』はこれまでの宮崎駿さんのテイストとはかなり違う印象です。試写会の時に来ていた子供が途中で飽きてしまって劇場を走り回ったりする光景があった…みたいなことを聞いていましたが、この映画を見てそれがちょっと納得できてしまうというか(苦笑)。
正直、この作品は「子供向け」ではないと思います。事実、今回私が見た回も見に来ていた子供が"全然分かんない"と眠そうな顔をしていたしw、大人ですら"何が言いたいんだか全然わからん"と不満を語ってる人もいたくらいです(苦笑)。

アニメだからといって、安易に子供を連れて行くのはちょっと考えたほうがいいかもしれません。これまでの宮崎作品に出てくるような可愛いキャラクターとか一切出てきませんし、ストーリー全体も正直、子供を惹きつけるようなワクワクドキドキするといったような高揚感というものがあまりなかったからです。意外にも淡々と進んでいく感じ。これに関しては私も予想外だったので(汗)。
たしかに飛行機を作る過程での失敗の積み重ねや、夢の中に出てくる夢のような大きな飛行機のシーンとかはあるんですけど、そこに重点を置いていないように感じられました。あと、時代背景が戦争目前ということではあるんですけど、ストーリーの中にそれを匂わせるようなドラマチックな出来事もありませんでした。自分の作った飛行機が戦争の道具に使われてしまう…といったような苦悩するシーンとかないんですよね。設計に夢中になってる青年・二郎のシーンが客観的に描かれているという印象。なので、某国の反論はこの映画を見れば的外れなものだということが分かると思いました。

イラスト表現は相変わらず素晴らしいジブリ。この映画に数多く出てくる「風」の表現が本当に美しくて見ていて心が洗われる気持にさせられます。また、関東大震災の時の地面のうねりの描き方も実にリアル。石ころ一つにしても転がり方が計算されているようで、まるで実写みたいだった。
ジブリ作品の素晴らしいところはこういった美しい背景と動き、そして妙にリアルすぎないアニメらしさを残したキャラクターたちとの融合だと思います。


以下、ちょっとネタバレ的な感想がちょいちょいあります(汗)。




今回の宮崎駿さんの作品はこれまでのものと色々違うところが多い。一番大きな違いは実在の人物をベースにしているということですね。零戦設計者だった堀越二郎さんと小説「風立ちぬ」の原作者である堀辰夫さんがモデルになっています。お二人は同じ時代を生きたようですが、交流があったというわけではないようです。この映画に出てくる"堀越二郎"という人物には二人の男の人生が入っている。その設定がまず面白いなと思いました。

飛行機が三度の飯よりも好きという青年が、スランプ状態の時に一人の美しい女性と出会い(再会し)恋に落ちる。しかしながら、青年の恋した相手に向き合う姿勢は誠実なように見えて実は不器用です。彼の優先順位は常に飛行機が一番に来る。そのことに寂しさを覚えながらも、彼女は一度も彼の前で弱い自分を見せなかった。その美しさに二郎は甘えていた。でも、菜穂子(二郎が恋する相手)は彼と一緒にいる時間を愛しく想っていたし満ち足りていたのではないか。愛する相手の前ではいつも凛とした美しさを崩さなかった菜穂子。きっとそれが彼女にとって一番幸せな時間だったんじゃないかと思いました。
だからこそ、あのクライマックスがものすごく泣けましたね…。「一番きれいな姿を見せたかったのね」という黒川夫人の一言が胸に刺さったというか…なんか、あの瞬間からもう、涙が止まらなかった。エンドクレジットに流れる荒井由実(ユーミン)の「ひこうき雲」がさらに心に沁みて沁みて…ラストは泣きました(涙)。

上にも書いた通り、この映画の中ではあまり"戦争"色は濃く描かれていません。主人公の堀越二郎は少年だった頃の夢である飛行機をより美しい形で完成させることに情熱を注いでいる。あの時代、それが許されるのが零戦設計という場所しかなかったわけですが、自分の理想とする"美しさ"を追及していく二郎の姿にスポットライトが当てられています。だからそこに悲劇性が感じられない。
しかし、ラストシーンのほんの数分の間に出てくる数少ないセリフの中に虚しさが表現されていました。夢の中の二郎が、夢から覚めた瞬間っていうのかな…。その空虚感を埋めるように憧れの人と愛する人が出てくる。そんな意味でもあのラストはやっぱり泣けました。「生きねば」という宮崎駿さんのキャッチコピーが胸に刺さりましたね。あれはきっと、見る者に対してと同時に宮崎駿さん自身に向けられた言葉なのかもしれません。つまり、この映画に出てきた「堀越二郎」という人物は「宮崎駿」でもあったような気がします。


声優さんについて、まず堀越二郎役の庵野秀明さんですが…最初に声を聞いたときになんかものすごい奇妙な感覚に捕らわれて…正直、物語に入っていけるか心配になりました(爆)。CMの時の庵野さんの姿が目に焼き付いてしまっているせいか、若々しくちょっとイケメン風な映画の二郎とどうもシンクロしなくてwww。"そのうち慣れる…"と暗示しながら見ていた私です(笑)。で、中盤すぎたあたりからなんとなく違和感が消えかけてきて…ラストのセリフのところはなんか感動的だった。物語全体がちょっと淡々とした雰囲気なので、庵野さんのあの声はそれに合っているのかも…と思ったり思わなかったり、みたいな。
でもこの配役って、宮崎監督の想い入れがものすごく強いみたいですよね。庵野さんが「ナウシカ」で巨神兵担当してたとは知らなかった。この映画は宮崎駿の一部でもあると思うので、そういった意味でこういう配役になったんだろうなと今はちょっと納得してます。

良かったのは菜穂子役の瀧本美織さんカプローニ役の野村萬斎さん
瀧本さんは朝ドラ「てっぱん」のヒロインやってた子ですけど、あの当時はどうも彼女の芝居が好きになれずあまり良い印象なかったんですよね。でも、ここ最近の活躍を見てちょっと印象変わってきたかなと。そんな時にこの映画での彼女の声を聞いたわけですが…情感籠ってたし菜穂子の儚い美しさみたいなものがしっかり表現されていてちょっとビックリしました。これは予想外の好キャスティング。
それから萬斎さん。たぶん、この映画の中で一番印象に残ったかもしれません。萬斎さんの声優っぷりはたぶんこれが初めてだったと思うんですけど…こんなに上手いと思わなかった(笑)。二郎の夢の中にだけでてくるカプローニの怪しくもあり、頼もしくもあるキャラクターとして見事に表現していました。素晴らしかったです。

他のキャラクターも主要なところはほぼ役者さんたちで占められてましたが、西島さんや西村さんはクレジットを見るまで気づかなかったくらい自然にキャラクターとして演じられていたと思います。他の役者さんも熱演でとても良かった。
それだけに、庵野さんのあの独特の声や調子が浮き出ていて…(笑)。


この映画作品にはほかにも色々深いものが込められているのかもしれません。ちょっと見る人を選んでしまうような作品で興行収入もこれまでのようにはいかないかもしれませんが、私の心には響いた素敵な映画だと思います。機会があればもう一度見て、今回見つけられなかったものを見に行きたい気がします。






関連記事

テーマ : スタジオジブリ作品 - ジャンル : 映画

映画鑑賞作品 - -
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。