<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
791545028.jpg
7月18日に行われた福井晶一さんのソロライブへ行ってきました!場所は六本木にあるSTB139というオシャレで大きなライブ会場。表の案内看板にはSOLD OUTの札が貼ってあり当日券はなかったそうです。
ライブ会場という場所には今まで数回足を運んだことがありますが、規模はすごく小さい所だしワンドリンク制みたいな雰囲気だったので・・・正直、今回のような規模の大きめな綺麗でおしゃれな場所が未経験で色々ビックリしました(笑)。会場は縦長でレストランのようにイスと机が向い合せに3列に並んでいる感じ。その脇にバーカウンターみたいなところとかあって…これ、舞台がなかったら普通にレストランだなって。2階にも席があったのでかなりの人数が入ったと思います。そこを満席にするとは…福井さん人気、すごいんだなと改めて実感。

入場は整理券番号順に行われ、番号を呼ばれた人から中に案内される仕組み。ファンクラブで取ってもらった人とSTBで取った人が優先的番号になっていた様子。私も一応ファンクラブでお願いして購入した口ですが、申し込んだ時期が締切ギリギリだったこともあり100番越えた番号でした(汗)。自由席になっていたので、これはかなり後ろのほうかなぁ…と思っていたら、入口で席に案内してくれる係員さんがいて「どのあたりご希望ですか?」などこの時点で一番見やすそうな場所をチョイスしてくれて予想以上に見やすいところに座れてよかったです。
ところが、周囲を見回すと…私の目に入ってくる限り圧倒的に2-4人のグループでいらっしゃる方が多い。ロンリー参加だった小心者の私はけっこうビビってしまい冷や汗(爆)。私が座った場所の周りは皆さんグループ参加だったのでこりゃどうしようかなと。ところが、お隣の2人組の方がとてもフレンドリーで「お一人ですか?」と話しかけてきてくださり…舞台のこととか四季のこととか、もちろん福井さんのこととかw、徐々にいろいろ話が弾んでとても楽しかったです!福井さんファンの方って優しい人が多い。その節は本当にありがとうございました。

開場は18時で開演が19時半。だいたい18時半あたりには8割くらいの人が入っていたと思いますが…開演までの約1時間どうしていたかというと、これがお食事タイムになっていました。席に着くとメニューが配られ、好きなものを注文。イタリアンレストランみたいな感じで、お食事内容もけっこうちゃんとしています。アルコールもありましたが、ビール飲めないしカクテル飲んで眠くなるのもまずいので(爆)ソフトドリンク注文w。夜ということもあり、食事として菜の花スパゲティも食べました。
791554682.jpg
すごく美味しかった!!
ちなみに、このお食事タイムの間に色々と歓談したりする時間が取られてて、同席だった方とも仲良くなれました。ロンリー参加で不安が大きかったけど、蓋を開けてみれば楽しい時間ができて本当に良かったです。

前置きが長くなりましたが、以下、ライブについてのレポになります。この日この時間限りのライブだったのでとても貴重で濃密な時間でした。


福井晶一さんがメイン(もちろんですがw)、ゲストに駒田一さん坂元健児さん。バンドメンバーはピアノ、パーカッション&ドラム、ヴァイオリンといった布陣でした。ちなみに駒田さんとサカケンさんは福井さんが退団後に入った事務所アトリエ・ダンカンの先輩。つまりはチーム・ダンカンでのライブとなりました。福井さんと仲がいい(四季に入ったのもほぼ同時期だったそう)サカケンさんの紹介でダンカンに入ったいきさつがあったみたいです。
「僕が紹介したのに晶一はなんか突然ポーンと俺の膝を蹴って上の方に行っちゃってさー」
とサカケンさんが恨めしそうにボヤいていたのが笑えました(←この時福井さん着替え中でいなかったww)


長くなるので追記へ。





スタートはウエストサイド・ストーリーのナンバーを数曲。この中で「アメリカ」はバンドメンバーの紹介に当てられてました。そのあと「マリア」「トゥナイト」と続きまして…いやぁ、やっぱり素晴らしい歌声で感動!
そのあと、改めてバンドを紹介するコーナーがあったのですが、福井さん、マイクをピアノの村井さんに託しちゃって。曰く「今回僕は時間がほとんど取れなくて、その間全部村井君がやってくれて。ドラムの遠藤さんは5日前に会ったばかりだし僕が紹介するのは気が引けるので」との事(笑)。いやはや、本当に正直というか誠実というか、低姿勢なところが好感度高いよ福井さん!ちなみにヴァイオリンの原田さんは大学を首席で卒業し、先日はミスチルの音楽メンバーにも入れたんだとか。すると福井さん、「僕もミスチル大好きです!ただ、キーが僕向きじゃないんで」と恐縮発言してて客席からは大きな笑いが起こってましたww。

そのあと、改めて大怪我をしてしまったことのお詫びをする福井さん。ファンクラブイベント第1弾の前日にアキレス腱切っちゃってたんですね…。それでそのイベントが延期になってしまったこと、そしてレミゼのスタートが遅れてしまったこと、このことを何度も頭を下げて謝ってました。あまりにも低姿勢に頭を下げるので客席からは「もう大丈夫だよ」みたいな空気に包まれたのですが、「いや、これだけは本当に最初にちゃんと謝りたかったので」と。本当に誠実な人なんだなぁとなんか胸打たれてしまった。

気を取り直してレミゼから2曲披露。映画でしか聞けなかった「Suddenly」と、マリウスの「カフェソング」。これはレアだ!!!「Suddenly」は福井さんも大好きな曲で(レミゼは4回見に行ったらしい)舞台にもぜひ入れてほしかったけど叶わなかったのでここで歌ってみたということで。切々とバルジャンのコゼットを想う気持ちが伝わってきて沁みました~。
で、「カフェソング」を歌った理由を語ろうとした瞬間に突然舞台上に山崎育三郎くんが飛び入り参加してきてビックリ仰天!!客席からはあまりの突然の出来事に黄色い歓声やらなんやら大騒ぎになりましたが、それよりも何よりも一番パニック状態に陥っていたのが福井さん(笑)。育っくん、本当に全くの通りすがりだったらしくww髪型も服装も本当に普段着っぽかったww。曰く、
「たまたま今通りがかったんですけど、そういえば今日福井さんがここでライブやるって言ってたなぁと思い出して寄ってみたら、なんか、♪言葉にならない~って聞こえてきたので思わず出てきちゃいましたwww」
これには福井さんも「言葉にならない」状態になりまして(笑)平身低頭。カフェソングといえば、マリウス…つまりは今現在は彼のナンバーですからねw。アワアワしまくってる福井さんを尻目に12月の共演舞台の宣伝を軽くして嵐のように育っくんは帰って行きました(笑)。3分くらいの出来事だった。
もう、本当に福井さんビックリしまくってたらしくて育っくんが帰った後も動揺を隠し切れない様子(笑)。「こんなことならカフェソング歌わなければよかった!」とボヤいてて会場爆笑!「全部持って行かれちゃったよー。もうカフェソングの解説無しで」とスネてたんですがwww、そのあとしっかり説明してくれる律儀な福井さん。
「ファンイベントの時にレミゼで他の役をやるとしたらマリウスとアンジョとどちらがいいか尋ねたところ、圧倒的にアンジョ派が多くて。自分のマリウスはこんなに受け入れられてないんだと思ったので敢えて入れてみた」
というのが理由らしいです(笑)。

四季の時に自分が出なかった作品のナンバーを歌う機会があった「55Steps」。この時に歌った『南十字星』の「祖国」を披露。福井さんの55は結局見れなかったのでとても新鮮でした。
昭和三部作には福井さん本人ものすごく出演意欲があったらしいのですが、なぜかその機会に恵まれず。「こんなに日本人顔してるのになんで出してもらえなかったんだろう」と盛んに首を捻って愚痴ってて思わず吹き出してしまった(笑)。

このあとリクエストコーナーということで。会場入りする前に番号札を引くシステムになっていたので何かあるなと思っていたらここで登場。前のソロライブのアンケートで福井さんに歌ってほしいナンバーを挙げてもらったところ5つの選択肢にまとまったようで。そういえばあったなぁ。
1.愛せぬならば(美女と野獣)
2.時が来た(ジキル&ハイド)
3.ミュージック・オブ・ザ・ナイト(オペラ座の怪人)
4.勝利ほほえむ(アイーダ)
5.コーナー・オブ・ザ・スカイ(ピピン)

福井さんが引いたくじが当たった人がこの中から1曲選曲できるということで。ちなみに福井さんがためしに始まる前に弾いたら「139」が出たらしく喜んでました(←ライブ会場がSTB139なのでwww)
最初に当たった方は後ろのほうだったので福井さんがかなり前のほうまで近づいてきてくださってて…めちゃめちゃ近くに福井さんが来てビックリした!で、その方に「僕の役で好きなのとかありますか?」と聞いたところラダメスと回答。すると「ありますよー、勝利ほほえむ!がっつり歌えますw」と猛アピールwww。でも選曲されたのは「時が来た」だったのでちょっとビックリしながらも気合入れなおしてる福井さんが可愛くて面白かったw。このナンバーは色んな方が歌っているのを聞いていますが、福井さんのジキルも本当に素晴らしいの一言!特に最後の盛り上げ所の迫力は完全に会場を支配してました!!!
次に当てられた方は前のほうの方で。その人と見つめ合いながら会話する福井さん(笑)。「ここにないのでもいいです」とのことで、リクエストされたのがCATSのマンカスのワンフレーズ。これはリストにないということで、アカペラで一節披露してくれることになったんですけど…なんと、猫の四つん這いのポーズから入ってくれてて!そしてスクッと胸を張って「生まれたのか!?」とマンカストラップやってくれました。いやぁ、なんたるサービス精神でしょうか!!四つん這いになった時は皆「足大丈夫?」みたいな空気になりましたけど(汗)そこまでやってくれた福井さんがますます好きになりました。
次に当てられた方も前方でまたまた見つめ合いながら話を聞く福井さんw。選ばれたのは「コーナー・オブ・ザ・スカイ」でした。この曲は確か前のライブのときにも披露してましたね。学生時代にこの曲があまりにも好きすぎて無理やり発表のレパートリーに入れたそう。でも本当に良いナンバーです。清々しいメロディーが福井さんの歌声にぴったりはまってました。実に楽しそうに歌ってた姿が印象的です。

ここで少し趣を変えてポップス披露コーナー。まず最初に歌ったのが松田聖子の「スイートメモリーズ」。前回のライブでは中森明菜の「セカンドラブ」を歌ったので今回は聖子ちゃんナンバーということらしいのですが…「それでも僕は明菜派でした!」と猛烈自己主張ww。ぶっちゃけ発言も思わず飛び出し会場からは「えぇ!?」って反応があってあわててアンケートを取る一幕も(笑)。それでも中森明菜好きを通してた福井さんが面白かったけど、聖子ちゃんナンバーもしっとりとしっかり歌い上げるところはさすがです。
もう1曲はサザンの「真夏の果実」。これ歌う前に「夏といえば?」と客席に問いかけてて『海』と答えが来ると…「海といえば!?」と違う人にその先の答えを求めようとしてる福井さんww。でもお望みのものが出てこず、自分で「サザンです!!夏といえばサザンですっ」と力技で正解を導き出してました(笑)。これは学生時代に見た「稲村ジェーン」の映画主題歌ですごく心に残っているからだそう(正直映画の内容はよく覚えてないらしい 爆)。いやぁ、福井さんで聞くサザンの歌もいいですねぇ~。酔いしれてしまいました。

そしていよいよ後半。ピアノの村井さんと目を合わせて「いよいよ、あの時間がやってきますね」とニンマリww。そして満を持して駒田さんとサカケンさんが登場です!!この二人が現れるともう一気にお祭りムードみたいな状況に(笑)。
まずは福井さんの怪我ネタで。なんと、福井さんが怪我してしまった当日が駒田さんの誕生日だったらしく…「翌日の誕生パーティーはお通夜みたいだったよーー」と叫んでて会場爆笑ww。横では福井さんがペコペコ頭を下げまくってて(笑)。あ、でも、そこに悪意とか全然ないですよ。仲間内だからこその心許せる会話って感じで。そのあと福井さんと駒田さんがレミゼの稽古の話とかし出したんですが、今回公演参加してないサカケンさんが若干蚊帳の外ww。それに二人が気付くと…「僕7年間もレミゼ出てたのになんで今回出れないんだーー」と大いにボヤいてました(笑)。それにしても、若いですよねぇ、サカケンさん。福井さんと並ぶと年下に見えちゃったよw。

福井さんはそのあと着替えるために一時退場。その間にサカケンさんと駒田さんが1曲歌うということで、『ミス・サイゴン』から「ブイ・ドイ」!!! サカケンさんのジョン懐かしい!!!と楽しみにしていたら、駒田さんが
「僕さー、サイゴン出たことないからこのナンバーよく分かんないんだけど」
と言いだして会場爆笑ww。コーラス担当ではありましたが、「後ろでホーチミン像の役で良いですか?」とか言い出しててもう、ナンバー始まる前から面白くって仕方なかったよwwww。でも、いざ曲が始まるとビシッと決める二人、さすがです。っていうか、サカケンさんの喉は相変わらず鋼!!!久しぶりに見たけど、本当にあのパワフルな歌声は全く衰えてない。まさに圧巻でした。その後ろでしっかりコーラスする駒田さんもなんだか新鮮。
でも、歌い終わった後に、「こういう曲だったんだー」って天然発言してた駒田さんに笑いましたwww。

この後もしばらく二人のトークになったのですが、福井さんの怪我について真面目な話を。サカケンさんは福井さんがアキレス腱切った話をかなり始めの時期に聞いていたそう。その時に「何としても初日に出る」と意気込んでいたようですが、「僕も切ったことがあるんですが、それは絶対に無理だと思った」と。結局はその通りになっちゃいましたけどね。でも福井さんの凹みようはサカケンさんからもすごく感じられていたようです。駒田さんは福井さんが必死に怪我を治そうとして焦っている姿を目の当たりにしてて、無理をさせないように色々と励ましていたんだそう。それでも6カ月のケガを3カ月で治した福井さんに「本当に男を見た!!!」と感動したとのことで。なんか良いお話聞けたなぁと思いました。そんな姿が仲間たちの信頼につながったんでしょうね、福井さん。
そのあとも駒田さんとサカケンさんのマシンガントークが続いていると、後ろのほうから福井さんが「そろそろいいですか…」と顔出しててwww。出てきたら真っ赤なジャケットの福井さん。それを見たサカケンさんが「エンジニアみたいだね」っと一言(笑)。たしかに見た目、エンジニアっぽかったぞ!

福井さんが再登場してからはデュエット。まずはサカケンさんと『RENT』から「What You Own」。これ、前のライブのときにも歌ってたけど今回はメガネなしでw。福井さん、RENTナンバー好きなんだなと思うとなんか嬉しかったな。サカケンさんとのデュエットだともう迫力満点で素晴らしかったです!
で、このナンバーにはサカケンさんの苦い思い出があるらしい。以前、ミュージカルコンサートで石井一孝さんと歌うことになってずっと練習していたら、本番前日に「パート変えてくれないかな」と突然連絡が来たらしいww。カズさん、マークのパートを歌うはずがずーっとロジャーのパートで練習してたらしく、ロジャーパートで練習してたサカケンさんは大慌てで徹夜でマークパートを覚えたんだとか(笑)。なので未だに混乱するらしいww。それを聞いた駒田さんは「まったくカズのやつは~」と笑ってて「でも彼もダンカンなんですけど」と加えててみんな爆笑でしたww。

駒田さんとは井上陽水の「夏の終わりのハーモニー」を。二人でポップスのデュエットで何がいいか考えたところこれしか浮かばなかったんだとかw。残りは「あずさ2号になっちゃうし」と言って笑いを誘ってましたがwww逆にそっちも聞いてみたかった気がします(笑)。二人とも気持ちよさそうに名曲を歌ってくれて、なんだかすごく会場が温かい雰囲気に包まれてました。素晴らしかったです!

最後に3人で共通するものを歌いたいということで、何があるか考えたところ『レ・ミゼラブル』しかないなとww。駒田さんは四季じゃないですからね。でも、「これやりたいんだよー」と猫ポーズする駒田さんに皆爆笑ww。「あのナンバーは歌ってみたいけどタイツは履きたくないっっ」と正直な駒田さん(笑)。するとサカケンさんが「見たくないよ」とツッコミいれててホントに笑えたよ~、この二人ww。
で、3人で歌ったのが「ワンデイ・モア」。前のソロコンサートのときにもこのナンバー歌ってましたが、今回は駒田さんも参加してるということでテナルディエパートも出てきました。福井さんはエポナンバーも担当しててなんだか新鮮!サカケンさんのアンジョも久しぶりに聞けて感動!何よりも3人のハーモニーが最高に素晴らしくて胸が震えた!!!歌い終わった後、サカケンさんも目頭抑えてたし駒田さんや福井さんもちょっと涙ぐんでた。それくらいすごいものを見せていただきました!!!

そのあとアンコールが2回あって、福井さんが一人で「Stars」「Bring Him Home」をそれぞれ熱唱!どちらもライフワークにしてほしいほど素晴らしい歌声だった。凱旋公演でまた聞けるのが楽しみだな。
最後にもう1回アンコールがあった時には福井さん、駒田さん、サカケンさんが3人で手を繋いで仲良く登場。「告知はありませんか?」と福井さんが振ると、恐縮したように駒田さんが「8月に博多でレミゼラブルが…」と言いだして皆大笑いw。するとサカケンさんが「僕は8月にレミゼを…観に行きますっ」と宣言してて駒田さんが「じゃあ博多で奢ってやるよ」と招いてましたwww。最後は手拍子が起こる中、「スタンド・バイ・ミー」を楽しく熱唱してお開き。


なんかねぇ、福井さん、愛されてるなぁって感じるライブでした。サカケンさんとは四季のほぼ同期ということもあってかすごく仲のいい雰囲気で「健児」「晶一」と呼び合う仲だったし、駒田さんは福井さんのことを「晶ちゃん」と呼んですごく可愛がっている感じでした。そんな様子が垣間見れて本当に楽しかったし嬉しかったな。
何よりも本当に誠実な姿勢で、たまに面白発言したり、トークに必死になったりと色んな顔を見せてくれる福井晶一さんがますます好きになりました。歌声も本当に素晴らしかったし!また機会があればロンリーでもwライブに足を運びたいです。楽しい時間を本当にありがとうございました!!



関連記事

テーマ : 舞台俳優さん - ジャンル : 学問・文化・芸術

コンサート - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。