<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
松竹座
大阪松竹座で上演された二月花形歌舞伎を観に遠征してきました!
今年は浅草歌舞伎を観に行くことを断念してしまい(汗)またまた歌舞伎から遠のいてしまったなぁと思っていたのですが…、2月の大阪の花形歌舞伎の演目は個人的にものすごく興味惹かれるものがありまして。何としても観に行きたいという想いに駆られてしまい、楽寸前のギリギリではありましたが松竹座まで足を延ばしてきました。

o0800060012435521433.jpg
本当に暫く来ていなかった大阪松竹座…久しぶりだったなぁ。道頓堀の賑やかさは相変わらずだし、いかにも大阪という雰囲気が懐かしかったです。特に松竹座は戎橋のすぐそばにありますしね。
しかしながら、今回は大阪見物はほぼゼロ(苦笑)。ホテルと松竹座の往復だけでw。目的は今回の歌舞伎のみに絞りましたので。観光はまたの機会にしたいと思います。そういえば、はり重の隣にプリン屋さんができてたな…。

今回の松竹座は昼夜ともに片岡愛之助さんが主演。どちらも趣向を凝らした出し物で、歌舞伎を観たことない人のための演目…といった感じだったと思います。私はここ最近本当に歌舞伎から足が遠のき気味になってしまったので、初心者のうちの一人だったわけですが(笑)、いやぁ、ほんとに、昼夜共に観ていてワクワクが止まらない舞台で大満足でした!
もう、本当に、単純に面白かったです。イヤホンガイドも借りましたが、それがなくても十分楽しめたと思う。借りたのは幕間に愛之助さんのインタビューがあるからというのが大きかった(笑)。でも、一番初めはやはりイヤホンガイド必要です。解説が絶妙なタイミングで入ってくるし、物語の背景とかもすごく分かりやすい。幕間のインタビューで愛之助さんも言ってたけど、一番初めに見る時にはやはりイヤホンガイドは必要だと思います。

それにしても、インタビューでの愛之助さんの話は面白かったなぁ。相変わらずこの人はトークが魅力的。演目の役柄についても笑いを交えて解説してたし、歌舞伎の楽しみ方や今後の在り方なんかについても熱く語っていました。初心者はまずお目当ての役者を見つけて追いかけるのが良いっていうのは前々から語ってますよね。この時例えで昼夜共に中村壱太郎くんの名前が出てきたw。愛之助さん、壱太郎くんのこと可愛がってるのかなとか微笑ましく聞いてしまった。
夜の部公演の「GOEMON」に関しては型破りな演出続きで大きなチャレンジだったと言っていましたが、新しいものを取り入れたことに関連して勘三郎さんのお名前を出していたのが印象的でした。お客様に常に楽しんでもらうことを考え色々なことにチャレンジし続けてきた勘三郎さん。その遺志を愛之助さんも受け継いでいこうと思っているんだろうなと…なんだかちょっとジーンときてしまった。

歌舞伎界は昨年末の勘三郎さんの死、そして2月頭の團十郎さんの死という大きな哀しみのニュースが続いています。勘三郎さんと團十郎さん・・・このお二人は私に歌舞伎の入口へと導いてくださいました。学生時代に初めて触れた鑑賞会で観たのが團十郎さんの『毛抜』。この時、あぁ、歌舞伎って面白いんだって思わせてくれた團十郎さん。勘三郎さんは様々なことに常にチャレンジされていて、この人の舞台を観に行きたいと思わせてくれました。本舞台は2回しか行けませんでしたが、どちらも劇場を出る時には満足感でいっぱいだった。
愛之助さんは数年前に南座で急遽、外郎売を演じたことがありましたが…その時には團十郎さんからたくさんアドバイスをもらっていたのではと思います。それだけに今回の訃報は愛之助さんにとってもショックが大きかったのではと胸が痛みます…。

今回の花形歌舞伎は若い役者さんが中心になって頑張っている舞台。偉大なお二人の遺志を皆さんしっかりと感じ取られてかとても魅力的なお芝居を魅せてくれました。なんだか気合みたいなものも感じたな。お二人が消えてしまった穴はあまりにも大きすぎるけど、今後は若い歌舞伎役者さんたちが躍動して盛り上げてくれると思います。


以下、2演目についての感想を少々。歌舞伎初心者の感想ですのであしからず(汗)。





o0800060012435522797.jpg
2月25日 夜の部 『GOEMON~石川五右衛門』
石川五右衛門…片岡愛之助、出雲の阿国…中村壱太郎、カルデロン神父…尾上松也、石田局…中村梅枝、豊臣秀吉…中村翫雀、名古屋山三…上村吉弥 ほか

数年前に徳島県のシスティーナ礼拝堂でこの演目が上演されると知った時、「歌舞伎とフラメンコの融合」ってことが売りになっててビックリした思い出があります(笑)。いったい何が起こったのかこの目で確かめに行きたいと思ったのですが、あまりにも上演場所が遠く諦めてしまったんですよね。それが、ついに、大阪松竹座で観られるということを知り…これは見ておかねば!と思ったのが今回の遠征のきっかけですw。
このGOEMON、タイトルからしてローマ字表記ってところがまず革新的。さらには緞帳もなければ定式幕もないという…愛之助さんも言ってたけど「いったい何が始まるんだ!?」といった衝撃が始まる前からあるわけです(笑)。歌舞伎の舞台が始まる前にバイオリンの音合わせが聞こえてくるっていうのもビックリですよw。ミュージカルでは普通にある光景ですけど、歌舞伎では外国の楽器の音がメインで聞こえてくることはないと思うし。舞台セットもメタリックな感じで十字架が模られている。歌舞伎のセットであんなの見たの初めて。まるでミュージカルの舞台観に来たみたいだった。

冒頭は五右衛門が生誕するまでのきっかけが描かれているのですが、ここまでは歌舞伎的な要素がほとんどありません。グレゴリオ聖歌が流れてるし、歌舞伎の扮装をしてる梅枝くん演じる石田局が異質に感じたほど(汗)。カルデロン神父役の尾上松也くん洋装で語り口調も普通のストレートプレイに近いです。もうこの展開だけでドキドキしてしまった。これは本当に歌舞伎って雰囲気じゃなかったし。逆に、ここまで異空間に踏み込んでもいいんだろうかとちょっとハラハラしてしまったほど(笑)。
その後、五右衛門一家に悲劇が襲うわけですが…これがなんとも切ない!秀吉が憎々しく思えてしまった。この秀吉を演じてたのが頑雀さんでしたが、まぁ、なんとも雰囲気出てるというか上手かった!この芝居の中では秀吉は分かりやすい悪役なんですよね(笑)。
一家離散の悲劇のあたりから歌舞伎テイストに。吉太朗君演じる幼く聡明な五右衛門が可愛かったなぁ。で、カルデロン神父は強制的にイスパニア(スペイン)へ返されてしまうわけですが…その祖国に幼い五右衛門が想いを馳せたところで回り舞台が回転し、一気に情熱の国スペインモードへ!ここでフラメンコが出てくるわけです。この転換の演出は上手いなぁと思いました。それにしても、本物のフラメンコってスゴイですねぇ。圧倒された。佐藤浩希さんというフラメンコダンサーが本場スペインの方のカンテに合わせて激しく踊る…歌舞伎の踊りとは対極にある情熱的で激しい西洋ダンス。素晴らしかったです。

フラメンコの後、満を持して赤毛の愛之助さん演じる五右衛門が颯爽と登場!「松嶋屋!」の大向こうもたくさんかかってファンとしてもなんだかワクワクしたし嬉しかった。また一つどっしりとした存在感が増した感じの愛之助さん、様々な場面で魅せてくれました!秀吉にさらわれた壱太郎君演じる阿国を助けようと奮闘する殺陣シーンも見どころ満載!ハシゴで二階席まで昇り見得を切る演出なんか最高でした!!
そういえば、阿国シーンでもう一つビックリしたのが踊り子たちに女形さんではなく本当の女性が出てきたことです。歌舞伎の舞台に本当の女性が登場するとは!!これまたすごいチャレンジだと思いました(汗)。もちろん女形の踊り子さんたちも出てくるわけですが、阿国の踊り子との差別化というシーンで出てきてて。このあたりの演出も面白いなぁと思いました。
幕間前の最後は五右衛門が阿国の入った葛籠を背負って宙乗りして去っていく演出。五右衛門の笑い声がとにかく豪快で、愛之助さんってあんな笑い方ができるのか…とか思ってしまったくらいw。めちゃめちゃダイナミックで面白かったです。

2幕は一人国に帰されてしまったカルデロン神父が荒んで酒を飲んでいるシーンから。イスパニアなので歌舞伎ではなくストプレの雰囲気です。その酒場にフラメンコな雰囲気が漂い…やがてカルデロン神父もそれに合わせて踊ります。松也くん、頑張ってた!なんだかこの芝居で一人洋装で歌舞伎の雰囲気から離れてしまっていたんだけどw、儚げな雰囲気がすごく良くて感情移入してしまった。まだ少年らしさが残っていた頃を知っているだけに、立派な青年になったなぁとなんか胸熱になりました。
このフラメンコの雰囲気は次の場にも残ってて、踊りのスランプに陥った阿国に五右衛門がアドバイスする場面で出てきます。「俺は踊れねぇよ」と謙遜する五右衛門に「見せてください」とせがむ阿国。すると客席から突然「待ってました!!」と声がかかって舞台上の二人がちょっとビックリしてしまうハプニングが(笑)。壱太郎くんは何かを落としてしまい、愛之助さんがアドリブで「それ落としたよ」みたいにリアクションw。それにちょっと笑ってしまった壱太郎くんが後ろを向いてしまい、「これから見せるから笑うなよ」という愛之助@五右衛門のほうを見てなくて「おい、ちゃんと見ろよ」とツッコミを入れる一コマが(笑)。そのやりとりを見て客席も大笑い!いやぁ、面白いものを魅せてもらいましたww。
そんな流れのまま愛之助さんと壱太郎くんのフラメンコシーンになったわけなので、そりゃもう、客席の雰囲気も盛り上がって熱気に溢れて素晴らしいシーンとなってました。昨年はEXILEのダンス、そして今回はフラメンコ。愛之助さんの異文化ダンスがこうも続けて見ることができるとは(笑)。あぁ、面白かった。壱太郎くんのフラメンコは動きが可憐で本当にきれいだし可愛い!その後の阿国の新作舞踊は圧巻の一言で本当に素晴らしかったです!!

見せ場はさらに続き、五右衛門の有名な「絶景かな、絶景かな!」も登場。以前、本物のw五右衛門の芝居を観たときには下から大きなセットが競り上がってくるのにビックリして圧倒されたのですが、今回はメタリックなものがガーッと昇ってきて異様な輝きを放っていてビックリしました。愛之助さんの「絶景かな」が見られたのも感激!
その後立ち回りとなるのですが、2階席でも派手に展開されまして。観劇前に大阪の方が情報で「1度きりなら2階をお勧め」と教えてくれたので今回2階席にしたのですが本当に正解!すぐ目の前での殺陣にドキドキしまくったし、愛之助さん演じる五右衛門もやってきてくれて・・・ハイタッチまでできてしまった!!大感激!!情報くださった方に感謝です。
そしてラストは鷹に乗って父のいるイスパニアへ旅立つということで再び宙乗り。この鷹は五右衛門の死んでしまった母の化身という設定になっているのでけっこう感動的でした。その鷹が堺から飛び立つというのも良かった。愛之助さんの出身地ですからね。キラキラと舞う紙吹雪もすごかったなぁ。本当に見終った後に「あぁ、面白かった!」と素直に思える舞台でした。

この舞台、本当に歌舞伎としてはチャレンジしまくりだったので正直賛否両論あるだろうなと思いましたが、個人的にはこういった融合舞台もあっていいんじゃないかなと思いました。"歌舞伎"というジャンルからは逸れてしまった部分も多かったですが、時にはこんな脱線も楽しいのではないかと。三味線とギターの競演なんていう珍しい物も見れましたし、見どころが多く面白かったです。


BEAgwSoCEAEZ2By.jpg
2月26日 昼の部 『新八犬伝』
崇徳院/扇谷定正/網干左母次郎/犬飼現八…愛之助、犬塚信乃…松也、伏姫…梅枝、足利成氏/犬田小文吾…萬太郎、犬川荘介…巳之助、犬坂毛野…壱太郎、犬村角太郎…種之助、犬江親兵衛…吉太朗、濱路…梅丸、犬山道節…薪車、仙女…吉弥、亀篠…秀太郎

昨年からストプレで八犬伝を観ていますが、歌舞伎の『八犬伝』は初めてです。今回の演目は平成若衆歌舞伎の第1回目に上演されたものの再演になるそうです。この演目も若手の歌舞伎役者さんたちが躍動するフレッシュな舞台でした。

まず設定が面白いですよね。数百年前にこの世に遺恨を遺して死んでいった崇徳院の怨霊が復活して日本を魔界にしてやろうと目論んでいるっていうのがベースになってます。崇徳院と言えば…昨年の大河ドラマ『平清盛』で井浦新さんが演じたのが記憶に新しい。あの大河でめちゃめちゃ崇徳院に感情移入していたので、どうしても個人的に悪とは思えないんだよなぁ。
この崇徳院を愛之助さんが演じてたわけですが、鬼のような歌舞伎メイクを見て…昨年の新さんが演じた崇徳院とあまり変わりないとか思えてしまった(笑)。いかにあのドラマのメイクがすごかったかってことだなと納得w。歌舞伎ではあのメイクは何の違和感もないんですけどね。

この崇徳院が扇谷定正に乗り移って悪事を重ねていくわけで…その最初の餌食になってしまったのが伏姫ということに。定正に婚礼をせがまれながらも、自分はもうすぐ死ぬ運命にあるからと断っていた伏姫。そのことに腹を立てた定正は崇徳院の顔を出し、そばにいたちょっとバカ殿っぽい足利義成に術をかけて襲わせてしまう。義成と伏姫は姉弟という関係だったからこれが大問題でして…(汗)、二人は自分たちの姿が犬に見えたことに衝撃を受けて自害してしまいます。なんとも残酷な展開!崇徳院の呪い恐るべしw。
この伏姫が自害した時に8つの光る玉が飛び出してそれぞれの犬士のもとへ…となるわけです。つまりこの玉は崇徳院の呪いを阻止するための重要なアイテムになるってことで。このあたりの展開が面白いなと思いました。

ストーリーはこれまで通り信乃と浜路が中心になってますが、どちらかというとその二人を罠に陥れようと画策する崇徳院の怨霊が乗り移ってる網干左母次郎のほうに重点が置かれているという印象です。愛之助さんの演じる悪役・左母次郎がなんともカッコいいんですよ!なんかまた一回り大きな役者さんになられたなぁ、なんて素人ながらに思えるほどだった。イヤホンガイドの聞き手さんも「昔見た八犬伝では左母次郎はしがない浪人にしか見えなかったのに愛之助さんのはすごくカッコよくてよかった」と絶賛してて(笑)。それはたぶん若衆歌舞伎で観たものの感想だと思うのですが、それから時が経ってさらに魅力的なキャラになっていたんじゃないかなと思います。
この左母次郎に騙されて悲劇を迎えてしまう浜路の母親の亀篠。演じるのは愛之助さんのお父さんでもある秀太郎さんだったのですが、艶っぽさとちょっとずるがしこい面との兼ね合いが絶妙でさすがだなぁと思いました。左母次郎はここで八犬伝で重要になってくるアイテムの村雨丸という足利家伝来の妖刀をまんまと手に入れるわけです。

偽物の刀とすり替えられたとは知らずに足利家に献上し士官を希望していた信乃は一転、お尋ね者の身となります。足利家家臣たちに追い詰められる中、彼は自分と同じ光る玉を持つ仲間たちと出会っていく。この展開は私が以前見てきた八犬伝とほぼ同じだったかな。ただ、荘助の出番は他の八犬伝よりもちょっと少なかったように思います。
この八犬士の中でひときわ存在感が大きかったのはやはり愛之助さんの現八。周りの八犬士は若い役者さんがとても多かったのでなおさらそう感じたのかもしれません。これまで悪役続きだったところに突然、八犬士の仲間の一人として出現するわけですから演じ分けも大変だったと思います。でも、貫録があったし「善」の雰囲気もちゃんと出ていてすごいなぁと感動。薪車さんの道節もキリッとしていて素敵でした。やっぱりカッコいい!

信乃が八犬士と出会う中、いつの間にか現八から崇徳院に早替えした愛之助さんが登場!浜路をカラス天狗にさらわせ、悠然と空中散歩して去っていきます。この時の空中での足の動かし方がまたなめらかで、そこに道が本当にあるんじゃないかと思えるほどスムーズでした。いやあ、見惚れたなぁ、愛之助さんの崇徳院!

次の幕ではまたしても悪役の左母次郎がふてぶてしく登場w。遊郭で無理やりお目当ての旦開野を振り向かせようとしますがなかなか思い通りにいかない。この左母次郎、無理やりさらった浜路を強引に妻にしておきながら、彼女の目の前で旦開野を口説いてるわけで、ほんとロクデナシです(汗)。でも、愛之助さんが演じるとなんだかカッコよく思えてしまう不思議。
左母次郎はさらに村雨丸を奪い返そうとする浜路を殺害するという暴挙に出るわけですが、そこで旦開野が女性から男性に変身!犬塚毛野登場!壱太郎くんが演じてたんですが、この変わり身が上手かった!女性から少し低めの男性っぽい声色に変わるところなんかもすごく良かったです。さらにそこへ親の仇と左母次郎が現れます。彼は実は扇谷定正だったということも明らかに。
形勢が悪くなると、崇徳院の顔をのぞかせ術をかけて消えてしまう定正(笑)。この時の愛之助さんの手の動きがすごくきれいでした。

そしてついに八犬士が全員集合。それぞれのキャラのドラマは時間の関係からか紹介されていない人も出てきてしまっていたのが残念でしたが、八犬士が玉を持って勢ぞろいしてる様はまるでヒーロー番組を見ているかのようなワクワク感がありました。殺陣も色んなバージョンがあったし、歌舞伎としての見応え十分!たくさんの大向こうもかかり、あぁ、歌舞伎観てるなぁって気分に(笑)。
この間、愛之助さんは誰になっているかというと…たまに現八、後に崇徳院(笑)。定正は影武者さんが演じてるわけですが、メイクがちょっと…(笑)。愛之助さんの定正がやたら色男風だったのでなおさらちょっと違和感あって笑いそうになってしまった。

ラストは崇徳院が「大入」を刀で描いて大団円。崇徳院が完全に退治されずに終わるってところが良かったw!

千穐楽ということで、鳴り止まぬ拍手の中、歌舞伎では珍しいカーテンコールがありました(ちなみにGOEMONでも愛之助さんの挨拶あり)。崇徳院のメイクのまま「こんな姿で挨拶するのはなんですが」と愛之助さんらしいトークが飛出し思わず吹いた(笑)。でも歌舞伎ではカーテンコールはめったにないものなので、珍しい現場に立ち会えてうれしかったです。

バタバタの大阪遠征ではありましたが、2日間、愛之助さんに十分楽しませていただきました。大阪に住んでいたらリピートしていただろうなぁって思えるほど面白かったです。
また愛之助さんの歌舞伎、観に行きたいと思います。



関連記事

テーマ : 歌舞伎 - ジャンル : 学問・文化・芸術

古典芸能関連 - -
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。