<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
竹内結子さん主演の映画『ストロベリーナイト』を見に行ってきました。

映画ストロベリーナイトオフィシャルブック (光文社ブックス 105)映画ストロベリーナイトオフィシャルブック (光文社ブックス 105)

光文社 2013-01-04
売り上げランキング : 675

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このオフィシャルブック、欲しいっ!

誉田哲也の人気推理小説で、2011年には連続ドラマ化もされたこの作品。しかしながら、私はこの手の作品がちょっと苦手でして…小説も読んでいなければドラマも結局一度も見ませんでした。なので、映画化すると聞いたときににも"へぇ"くらいにしか思ってなくて(爆)。
ところが、この作品のゲストに大沢たかおさんがかなり重要な役で出演するということを知ってから状況が変わりましたw。だけどなぁ、ドラマも見てないし話しについていけないんじゃないかなぁ…などと渋っていた時、友達が
「大沢さんのファンクラブ入るくらい好きならば、これは絶対に見るべき」
ともうプッシュしてきまして(笑)。この言葉に背中を押され、ついに映画館へ行ってきたというわけです。

でも、前知識が何もないので…正直見る前まではストーリーについていけるのかどうか不安のほうが大きかったかなぁ。疲れて寝ちゃったらどうしよう、とか、残忍な描写の連続で嫌悪感持ったらどうしよう、とか・・・。

結果は・・・

面白かったです!最初から最後まで食い入るように見てしまった(笑)。とにかくストーリーに惹きこまれましたね。それから登場人物たちがどのような決着を迎えていくのかとか…見ていて先が気になると思わせる展開が多くてとても面白かった。出てくるシーンの9割以上が雨というのもすごいなぁと思いました。晴れていたら撮影が延期されることもあったらしいというのにはビックリですw。
原作もドラマも知らないので、やはり多少の置いてけぼり感はありましたが(特に警察関係者たちの人間関係とか)1本の独立したミステリードラマとして初心者でも楽しめる内容になっていたのが良かったです。

事件そのものは893の闘争による連続殺人事件かと思いきや、実は9年前の冤罪かもしれない事件が絡んでいて…というもの。キーマンは「柳井健斗」。彼の存在をなかったものとして隠そうと必死になる警察幹部に敢然と立ち向かう主人公の姫川玲子。玲子は自分の班を巻き込みたくないがために単独捜査を進め、構図的には警察組織vs姫川玲子という絶対的不利な情勢に。それでもただただ正義と真実を追い求めようとする彼女は非常に男前です。
その単独捜査のなかで出会ったのが"槙田"という不動産経営者と称する男。何度か会い情報を共有していくうちに彼に興味を抱いていく玲子。しかし、彼の本当の正体は牧田という暴力団組員だった。

この牧田を演じていたのが大沢たかおさん。「終の信託」はついに見に行くことができなかったので、スクリーンで大沢さんの姿を見るのは本当に久しぶり。で、今回見て改めて思ったんですけど…やっぱりこの人の芝居は素晴らしいです!!
冒頭で気の弱そうなサラリーマンを脅してるシーンからして見応えあり。ガンガン脅すのは部下の役目なんですが、大沢さん演じる牧田はソフトに接しながらも目が笑ってない。穏やかな口調と裏腹なあの鋭い目つきにググっと惹きこまれてしまった。ただ怒鳴り散らす暴力的な組員ではなく、どこか他と違うスマートさで異色を放っているあの存在感は本当に目を惹きます。

玲子に対し徐々に自分と同じ過去の暗いものを感じ取っていく牧田。紳士的に振る舞っていたところに893さんたちが現れて正体がバレてしまった時のあの豹変っぷりもすごい!!!玲子が呆然とそれを見てしまうのも分かる。
何かに取り憑かれたかのように攻撃的で激しい牧田の姿は、怖いというよりも切ないんです…。激しさの中に哀しみが見える。同じく心に深い傷を持っていた玲子が理屈抜きでそんな牧田に憤りだけではない何か別の感情が生まれてしまうというのもなんだか納得できてしまった。

これ、ドラマを見て西島さんの菊田に感情移入していたらまた違った感想も出てきたかもしれません。菊田はずっと姫川玲子に片想いしているという設定のようなので、菊田ファンからすれば、今回の玲子の行動はショックだったというのも分かる気がします。
しかしながら、私はこの作品しか見ていないので…思いっきり牧田に感情移入しまくり(←大沢ファンなのでなおさら 笑)。暗く哀しく痛い過去を背負いながら生きてきた牧田。行き場のない自分を救ってくれた人物が893の親分だったとしても、それは彼にとってかけがえのない存在。かいがいしく介護をするその姿は息子のようだった。激しさの裏に人間としての優しさという感情も併せ持っている牧田という人物を大沢さんは実に繊細に演じています。もしもあんな過去がなければ、彼は幸せを手にできていたかもしれないのに…と思うと切なくて切なくて泣けますよ、本当に。
玲子もまた、過去の事件がなければ別の幸せな人生を歩んでいたかもしれないという人物のようなので、あそこで牧田に心を許すのもなんだか納得できてしまった。

柳井健斗が関わった事件の顛末、それもとても哀しかった。その時の牧田の叫びが哀しくて切なくて忘れられない。そして、横断歩道でのあの事件。大沢さんの熱演に思わず涙…。

他にも面白いと思ったシーンが多かったし、見どころもたくさんありましたが…結局私は大沢さん中心で見てしまったのでこんな感想になりました(笑)。静と動、激しさと穏やかさ、怒りと悲しみ・・・相対する感情を繊細に演じ分けた大沢さんはやっぱりすごい役者と改めて実感。
確かにこれは、大沢たかおファンならば一度は見てほしい作品だなぁと思ったのでありました。


関連記事

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

映画鑑賞作品 - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。