<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
709901935.jpg
2012年最後の観劇は劇団四季の『美女と野獣』ということになりました。
先週のクリスマスカテコで私の今年のBBは終わったと思っていたのですが、今週も洋輔くんいるし…チケットないかなと探してみたところ、運よく譲ってくださる方が現れ行かれることになりました。つまるところ、超突発ですw。譲ってくださった方には本当に感謝。

そんなわけで、年内最後の洋輔くんの舞台を幸運にも観に行くことができました。しかも、けっこ良席(感涙)。久しぶりにけっこう近くでの観劇になった。やっぱり近いと臨場感が違いますよねぇ。

今日のBB公演はたぶん、満員御礼に近かったのでは。前日予約のところを見たら全席完売になってたし。今週は前日予約もけっこう競争率が激しかったようで、やはり千穐楽が決まりその日が近づいてくるとチケットも取りづらくなっているみたいですね。
私は洋輔くんが出ている間はなんとか観に行きたいと思っているのですが…タイミングが難しそうです(汗)。

709945411.jpg
大井町でこの旗を見れるのも残りあとわずかか…。寂しいですな。ちなみにこの日はかなりの大雨。劇場出たときにはかなりすごいことになっていてビックリしました(汗)。


主な出演者
ビースト:飯田洋輔、ベル:坂本里咲、モリース:松下武史、ガストン:田島亨祐、ルミエール:百々義則、ルフウ:布施陽由、コッグスワース:青羽剛、ミセス・ポット:織笠里佳子、タンス夫人:倉斗絢子、バベット:長橋礼佳、ムシュー・ダルク:川原信弘、チップ:川良美由紀


以下、ネタバレ含んだ感想になります。



709977936.jpg
今週、キャスト変更の月曜日以降にコグスワースが吉谷さんから青羽さんに変更されててちょっとビビりました(汗)。四季はこういう予想外のキャス変をすることがないのでご贔屓がいる身としてはホントに怖い(苦笑)。それにしても青羽さん、お久しぶりです。一時期通っていた時連続で見ていましたがそれ以来かな。

この日の観劇が決まってからというもの、年末の大掃除はいつもより前倒しで(笑)。この日のために掃除してた気がするww。でも実はまだ少し残ってはいるし、大晦日はダンナの実家へ持って行く料理の準備もあったりするので…感想はいつもより短めにいきたいと思います。

坂本ベルは、やっぱり芝居は一番好きかもしれない。変わり者と言われていることへの孤独とかモリースに対する愛情とか、感情がとても分かりやすい。ビーストに対するときにも坂本ベルが一番温かい愛情を感じます。BOGでのダンスもホントにサラッとやってのけているように見えるし…近くで見て、この人はホントにすごいなぁと実感しました。
松下モリースも安定したベテランの味。ベルが2幕で野獣を友達だと語った時に初めて「ああ、そうなんだ」って納得した感じでしたね。田島ガストンも相変わらず素晴らしいです。この日はプロポーズのナンバーの後にも拍手が起こって嬉しかったな。百々ルミエールもあのまったりした感じがなんか見ていてクセになってくるw。最初は苦手だったのにね(笑)。布施ルフウは相変わらずとても元気がいい。ベルにガストンを訪ねに来るときなんか、まるで体育の飛び込み前転してるかのようだったよwww。
青羽さんはホントにお久しぶり。召使の長…っていうよりかはルミエールたちと対等の仲間っていうイメージかな。セリフ回しもハキハキしていて聞き取りやすいし、コミカルで面白い。一番若々しいコグスワースかな。
織笠ポット夫人、倉斗タンス夫人、長橋バベットも安定していました。

それからアンサンブルさんのアクロバットマットさんですが、先週よりかは動きが重々しくなくなっていたような気がします。ちょっと慣れてきたんでしょうかね。気になるのは松出くんかな。いつも笑顔が可愛いです。
あと、攻撃されてるお城でうなだれてるビーストが上手い(笑)。


以下、飯田洋輔くんについて。今回はちょっと短め(?)感想ですが…w、内容はたぶん濃いです(爆)。興味のある方以外はスルーしてください






まさか2012年最後に洋輔くんの舞台を観に行けることになるなんて思わなかったので本当に嬉しかったです。観劇前はテンションが上がって腹痛起こしてたくらいww。

やっぱりねぇ、何度見ても洋輔くんのビーストはグッとくるものがあります。近くで見ていると表情がとても繊細。苛立ちの中にも孤独の影が差している様子や、怒りの感情を必死に抑えようと努力している姿には彼のベルへの一生懸命さが痛いほど伝わってくる。そんな中に、ちょっとコミカルな一面も出したりして…その兼ね合いもすごく良いんですよね。特にベルに食って掛かってるときの「失礼よっ」の言い方なんかは今日も最高だった(笑)。「よっ」の部分が最後抜けた感じになってたしwww。

2幕はビーストの素直な感情がそのまま出てくるんですが、1幕のあの表現があったからこそのお芝居なんですよね。感情が繋がってる。ベルと別れる時に「ずっと前からそう(捕らわれの身)じゃなかった」って言うセリフがあるんですけど、これがものすごく腑に落ちてくる。1幕から洋輔くんのビーストはずっとベルのためにものすごく一生懸命だった。でもモリースへの対応を過ってしまったためにベルとの距離を縮められずすごく苦悩する、これが「愛せぬならば」。2幕でベルにようやく心を開いていくわけですが、1幕のあの苦悩があったからこそその心を開いていく過程がものすごく泣けるんですよ。
こんな風にものすごく納得できるビーストに・・・この1年でホントにすごく進化したと思う。観に行くたびに繊細な心の表現が磨かれて行って、何度も何度も泣かされました。洋輔くんならでは…洋輔くんだからこそのビーストが確立されているなぁって思うのです。

この日の2幕、すぐ近くでベルを助けようとするときの洋輔くんビーストの「ベルッ」って叫ぶ生声がよく聞こえてきました。あれ聞くと、ほんとに涙溢れますよね…。最後にオオカミに引っ掻かれて倒されるまで気持ちがベルから離れることがない。一生懸命で真っ直ぐです。この時の奮闘がけっこう頑張っていたからか、この日はビーストの前の毛が逆立っちゃってみだれ髪にw。ベルがビーストのけがを治すシーンではさりげなくその毛を直してあげてて可愛らしかったな。
でも、またみだれ髪になってきちゃってww時折逆立ってる毛がなんだか気になっちゃったよ。図書館のシーンあたりでようやく落ち着いたかな。図書館で大喜びしてるベルを見たときのガッツポーズは下のほうで"よぉっし!"みたいになってて可愛かったけどw。あそこで大喜びする洋輔くんビースト見るといつも私は泣いてるんですがね。っていうか、そのあとの一連のシーンは本当にビーストの心情表現がものすごく繊細で涙なくしては見られません。

ダンスの後、ベルに告白しようとするビーストもホントに泣けました。近くで見るとますますドキドキが伝わってくる。ものすごく勇気振り絞って告白しようとしてるなぁって…。体がもうベルのほうに前のめりになっちゃって、そういうところもすごく自然な感情表現だと思ってしまう。「幸せ」という言葉を聞けたときの感無量の表情は決して派手ではないんだけど…なんであんなに泣けるんだろうね(涙)。
ベルを帰すシーンでは、今回はベルの慌てている様子をものすごく心配そうに見守ってて思わず「行ってやりなさい」って言葉が出たって感じになってました。あぁ、ベルをすごく愛してるんだなって伝わってまた涙…。去っていく姿が見えなくなるまで立って見送って…そのあと哀しみのあまりベンチに座り込んでしまうお芝居も涙なくしては見られませんでした。

変身シーンでは今回、ものすごく久しぶりに拍手が起こったんです!!洋輔くんが王子に変身するシーンで拍手が起こることって今までほとんどなかったので・・・それだけでもう、感極まっちゃって号泣してしまった(涙)。王子になってベルと踊る姿も涙なくしては見られません!とっても優しい表情するし、温かいし…。あぁ、この役者さん好きになってよかったなぁってやっぱり実感してしまうんです。この日はそれに加えて、「この一年、ほんとにありがとう」って気持ちがさらに湧き起こってきて涙止まりませんでした。


2012年、飯田洋輔くんの舞台は「壁抜け男」から始まりました。デュティユルに配役が決まったと知った時にはホントに心の底から嬉しくて、短い上演期間の間ではありましたが、けっこうな回数通いました。あんなに温かくて泣けるデュティユル…思い出すだけで涙が出てくるほど。洋輔くんだからこそのデュティユルがそこにいました。そしてドラマチックな歌もさらに磨きがかかって、とにかくあの1か月間は私にとって本当に至福のひと時でありました。
この壁抜け男を経てからの「美女と野獣」。明らかに、洋輔くんビーストのお芝居が一歩先に進んだのが分かった。これまでもすごく萌えてきましたが、それ以上に役柄に深みが加わり歌詞をものすごく大切に歌うようになったなと思いました。ドラマチックな歌声もさらにドラマチックに。その変化がとても嬉しかった。
その間に「CATS」。昨年見たときよりもやっぱり芝居が一歩先に進んでた。私はバストファさんのシーンで泣きましたからねw。ガス=グロタイの芝居もすごく深みが増してて深い歌声がさらに洗練されてた。

飯田洋輔くん、本当にこの一年、飛躍の年だったと思います。こんなにも私を感動させてくれてありがとう!と言いたい。ただただ感謝の気持ちでいっぱいです

来年はBBが北海道、CATSも広島から仙台、静岡と遠い地域での上演が決まっています。洋輔くんに会える機会は今年よりも減る可能性が高いのが寂しいのですが…(涙)、その魅力を多くの人に振りまいてきてほしいなとも思います。できれば、東京地方で何か新役が入ればいいな。ものすごく可能性を秘めてる役者さんだと思うので。
来年も、ずっとずっと応援してるよ、洋輔くん!頑張れ!


私の2012年の観劇はここまでです。相変わらず濃い~のばっかりですみませんでした(爆)。こんなんで良ければまた来年もよろしくお願いします。





関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

美女と野獣(四季) - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。