<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
707842606.jpg
シアタークリエ5周年記念として期間限定で上演されている『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』へ行ってきました。
たしか昨年もクリエで似たようなミュージカルコンサートがあったようなのですが、チケットがあっという間に売り切れてしまって行かれなかったんですよね。で、今回はどうして行けたかですが…後援会さまのおかげでございます。しかも良席を確保していただきまして感謝感謝!この公演もすべて売り切れらしいのでラッキーでした。ちなみにこの日ももちろん満員御礼でした。

満員ということもあり、ちいさな売店コーナーがスゴイことになってました!クリエの売店に係員が整理要員として出なければならないほど大行列を作っている光景をたぶん初めて見たよ(笑)。で、その物販の中に今公演のオリジナルグッズなるものも販売されてるんですが、よく見ると、"2幕で使用"と書かれているデザインタオルとなぜかペンライトが売っていたw。何に使うんだ!?と不思議に思ってしまったではないか。
ちなみに私はパンフレットのみ購入。オリジナルグッズには手を出しませんでした(2幕使用と書いてあるものもなくても平気っていう情報を頂いたのでw)

それにしても…クリエは開館してまだ5年なのか。なんだかもっと年数が経っているような気がしてしまうのだけど…。杮落しで上演されたのはたしか三谷幸喜作品の『恐れを知らぬ川上音二郎一座』だったなぁ。しかも最前列ど真ん中で観たんだっけ。あれには本当に驚いたw。それ以来数多くの作品を観にこの劇場に足を運んでいます。
一番最近ではやっぱり『RENT』。今年のRENTも最高だったなぁ。千穐楽には行けなくなってしまって本当に残念だったけど…また上演されるときには中村くんのロジャーに会いたい。

707843505.jpg
出演者は日替わりで組み合わせもその日によって違うようです。この日の私のお目当ては、石丸幹二さん!

石丸幹二/伊礼彼方/佐々木喜英/古川雄大
大塚千弘/香寿たつき/昆夏美/シルビア・グラブ/涼風真世
マテ・カマラス/チョン・ドンソク

ほか、アンサンブルさんが出演。人数も多く楽しいショーでした。


以下、ネタバレを含んだ感想です。


日替わりの出演者組み合わせ公演なので、毎日どこかしら歌われるナンバーとか違うのかもしれません。出演したことのある作品のものを歌う、といったパターンが多かったので。1幕はこれまでクリエで上演されてきた作品のなかから選りすぐりのナンバーを、2幕はクリエにとどまらず日本で上演したことのない作品や帝劇などで上演された作品の中からといった構成。
かなり多くの作品からナンバーが歌われたのですが…、その日のセットリストみたいなものがなかったのでどの作品のどのナンバーかがアヤフヤ(汗)。なんで出してくれないのかなぁ。日替わりで作るの面倒かもしれないけどやっぱり欲しかったよ…リスト…。

そんなわけで、覚えている範囲でネタバレを。これからの人は終わった後に読んだほうが楽しめるかも!?


オーバーチュアはたしか『ロミオ&ジュリエット』のナンバーだったと思う。ノリがいい音楽でのっけからワクワク感が煽られました。

その直後に、ある映像が登場。なんだかおどろおどろしい…クロロック城のような背景が現れたかと思ったら、青白い顔の山口祐一郎さんが突然ポンッと出てきた(笑)。なんじゃ、このオープニングはっっwww。どうやら「レベッカ」のマキシム役になりきっているようで。相変わらずの独特のトーク口調に、もう、客席からは耐え切れずに出たと思われる笑い声がそこかしこから(←もちろん私もその一人w)
「私もこのコンサートに行きたかったのですが、あいにく、日比谷シャンテでトナカイのバイトが入ってまして」
とCGでトナカイ祐一郎になる一幕も(爆)。ヲイ!クリスマスはもう終わってるのにまだトナカイやってるんかい!っていうか、なんでシャンテでトナカイのバイトなんだよwwwみたいな。もう、のっけからツッコミ所満載ですよ(笑)。その想定外ユルさに思わず椅子からずり落ちそうになったw。

この流れで、「レベッカ」の世界観に入るわけですからねw、いや、すごいよ、ほんとww。
「レベッカ」からは4曲くらい歌われたかな。シルビアさん、涼風さん、千弘ちゃん、マテが担当していた思います。ちなみに私はレベッカはあまり好きな作品じゃなかったんだよな(複数チケットあったけど売りに出しちゃったくらいだし 爆)。マテはとっても楽しそうに歌っていた姿が印象的でした。なんか動きにも余裕あるし、日本語もさらにうまくなったのでは!?

「GOLD」からはたしか2曲だったかな。石丸さんと伊礼くんが担当。
まさかこの作品がエントリーしているとは思わなかったので少し驚きました。クリエの作品の中ではちょっとマイナーな部類に入ると思ったので。石丸さんのロダン、懐かしかった~。ロダンの疲れ果て混乱した様子が出ていてとても良かったです。伊礼くんはそういえば新妻さんの弟役で出ていたんだよな、と歌ってる姿を見て気が付きましたw。伊礼くんはこの後ミニMCも担当していましたが、相変わらず面白い(笑)。「まさかあの祐一郎さんがシャンテでトナカイのバイトをやっているとは思いもしませんでした」と語ってて思わず爆笑してしまったww。

「ブラッド・ブラザーズ」からは1曲、古川君と佐々木君が担当。二人とも改めて見ると本当にきれいな顔立ちしているなぁと惚れ惚れしてしまった。
それに続けて「スーザンを探して」から2曲くらいだったかな。古川君と佐々木君が残る中、香寿さんが担当。美人だし超カッコよかった!この作品は見てないんだよねぇ。迷ったんだけど行かなかった。曲はなんだか楽しそうなものが多そうだったから行けばよかったと思いました。

「この森で天使はバスを降りた」から1曲、千弘ちゃんが担当。この作品、宮川浩さんが出ていて観に行ったんだけど、地味ながらとても素敵な作品だったんだよなぁ。曲がジンワリ胸に沁みる良いものばかりだった。まさかこのコンサートでこの作品のナンバーが聞けるとは!これもかなりマイナーな部類に入ると思うので驚きました。

「ハムレット」からは3曲。夏美ちゃん、伊礼くん、ドンソク、涼風さんが担当。このミュージカル、予想外にホントに大好きになってしまって突発したんだったよなぁ。とにかく音楽が本当にカッコよかった。ただ、この伊礼くんと夏美ちゃんが歌った兄妹のナンバーは実はあまり好きではなかったんだけどw。2曲目ではドンソクがハムレット役になり日本語歌を披露。夏美ちゃんが小さくて可愛かった。涼風さんのナンバーは好きだったので聞けたのは嬉しかったです。
ハムレットのロックなナンバーも聞きたかったなぁ~。

「ニューブレイン」から1曲。この歌の前に石丸さんからのミニMCがあって…"春の歌"が歌われることを知った時あまりにも嬉しすぎて涙が溢れてしまいました。石丸さんがミュージカルに本格的に復帰した時の第1作目だったんですよね、「ニューブレイン」。この日のお客さんの中でこれを見たことがある人は少なかったようですが、私はホントに大好きで1日限りのコンサートにまで行ったくらいだった。
"春の歌"は不思議なくらい石丸さんの当時の心境とものすごくリンクしているんですよ。だから初めてこのナンバー聞いた時、涙が止まりませんでした。まさか、このコンサートで、もう一度生で石丸さんの"春の歌"が聞けるなんて!!!感動のあまり一人ボロ泣きしてしまいました(涙)。

「アイ・ガット・マーマン」から1曲。1幕ラストのナンバーでシルビアさんと出演者全員で歌われました。シルビアさんは相変わらず歌にパンチがあって良いですねぇ。客席からは手拍子が起こるんですけど、なぜか途中で何度か数人ずれてる(笑)。たしかにこの曲、ちょっとリズムが難しいんですよね。
印象的だったのは、ミニ階段の上でマテとドンソクが歌ってたんですけど、マテがホントにノリノリでめっちゃ楽しそうで!隣のドンソクはちょっとクールな感じでマテが何度か煽って「もっと盛り上がろうよー」みたいな動きをしてたのが可愛かったです(笑)。


「We Will Rock You」マテが中心。クイーンの有名な楽曲ですが、たしか海外でミュージカル化されてるんですよね。サビの部分で拳を振り上げるマテ。最初のほうは手拍子だけだった客席に向かって「ミナサン、テヲアゲテクダサイ」って何度もアピールw。
中盤になるとほとんどの人がマテの呼びかけに答えて(私も)サビのたびに大きく腕を振り上げていたのですが、そんな中でも恥ずかしがっている方が前方にいらっしゃったらしく。すると再び「アナタモ、テヲアゲテクダサイ」って再度お願いするマテ。すると挙げてくれたらしく、「ドウモアリガトウ」って律儀にちゃんとお礼してました(笑)。マテ、そのロックな雰囲気とは違ってめちゃくちゃ可愛くていい人じゃないか!!惚れ直しちゃったよ~。もちろん、マテの歌は超カッコよかった!!
ちなみに、伊礼くんが壇上にいたんですけど、ズンズンチャって音楽が鳴るたびに上半身はだけさせててwwよく見るとなんだかペンで筋肉らしき線が描かれてました(笑)

「Priscilla」は石丸さんが担当。この作品はオーストラリアのゲイが主人公になったもので、ブロードウェーミュージカルにもなっているようですね。
で…この時の石丸さんの扮装が…!!!でっかいグラサンとホワイトのモジャモジャヘアーのカツラに赤いブーツパンツ・・・プリシラのキャラクターと思われるような感じでノリノリで登場されてビックリ(笑)。四季にいたら絶対に観れなかったであろう、あんな弾けたぶっ飛んだ石丸さんの姿www!!いやぁ、笑劇的でした(笑)。
このナンバーが終わった後、伊礼くんが出てきて石丸さんとアドリブも交えた爆笑トークを展開。石丸さんはプリシラになりきって会話してるので返し方もノリノリですw。「俺たちこれから西へ行かなきゃいけねぇんだよ!」みたいな。すると伊礼くんが「西に何があるんだよ?」って言うもんだから「山だよ!オーストラリアにはてっぺんが平になってるデッカイ山があるんだよ!」と返答ww。「俺の頭も山みたいだろー」とか言っちゃってもう、爆笑の連続ですぜ、石丸さん!さらには伊礼くんのペンで書いた腹筋もツッコミ入れてて「今度から金って書いたら?」とか変なアドバイスまでしてたww。

「Wiz」から1曲。夏美ちゃんが担当。可愛いナンバーだったな。

「TATOO14」から1曲。シルビアさんが担当。まるでシカゴのようなジャズナンバーでカッコよかった。

「ミー&マイガール」から2曲。佐々木くん、夏美ちゃん、涼風さんが担当。この作品も見たことないんだよなぁ。1回観てみたいと思いました。涼風さんは男役を思わせるかのような風貌でカッコよかったです。ちなみにこのナンバーの時に売店で売っていたタオルが使用されました。サビのところの最後でタオルをみんなで上に投げてて面白かったですw

「モーツァルト」から1曲。ドンソクが担当。韓国語で歌われ、舞台上には日本語訳が流れてました。何度も見ている作品なので韓国語でも日本語に変換できてしまいますけどねw。とても綺麗な歌声で貴公子って感じ。ものすごく品がいいなという印象です。ヴォルフって結構やんちゃするイメージがあるんですけど、本国ではどんな感じで演じてるのか気になりました。ただ、高音はちょっと弱いかもって思ったり…。

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」から2曲。伊礼くんとマテが担当。伊礼くんの"サラへ"が聞けるとは思わなかったので嬉しかった。なかなか良い感じだったな。でも個人的にはやっぱり洋平くんが一番だけど。
それから、まさか、ヘルちゃんナンバーが出てくるとは思わなかったよww。しかも、マテがヘルちゃんですよ!?ちゃんとバスタブも出てきて髪の毛ちょんまげにしてお風呂に入ってるマテヘル(爆)。伊礼くんを押し倒した時なんか「イーワ、イーワ♪」ってもう、超ノリノリ!さらに伊礼くんも浦井君を真似たかと思わせるかのような歌い方するものだからもう、爆笑の連続でしたよwww。いやぁ、マテ、ホントに何でもやってくれるね!!あんな姿が見れるとは思わなかったので超お得感w。

この爆笑ナンバーの後にドンソク「ルドルフ」が再び入ってくる構成ってどうなのww。あまりにも雰囲気が違いすぎだよ(笑)。

香寿さんのソロナンバーもあったんですけど、何の作品だか忘れました(爆)。リスト欲しい…

「エリザベート」から1曲。マテ、ドンソクが担当。
"闇が広がる"が披露されたんですけど、最初はマテがハンガリー語で歌い、それを受けてドンソクが韓国語で答えるという形。二人で合わせるところはドイツ語。途中で日本語も入り…なんとも国際色豊かな闇広でございました!マテのトート、めっちゃカッコいいよなぁ。あのお茶目なヘルちゃんやってたなんて思えないほどw鋭くてカッコいいトートでした。

「ジキル&ハイド」から2曲。石丸さん、香寿さんが担当。
"時が来た"を熱唱されてたんですけど…本舞台で観たときよりも良かったように思えたのは気のせい!?いやぁ、すっごいドラマチックに歌いきってくださいましたよ!特に最後の歌い上げなんか最高です!!とっても感動的なナンバーでした。香寿さんの"あんな人が"もとっても感動的でした!

夏美ちゃんが歌ったナンバーもあったんですが…これも何の作品か忘れた(爆)。やっぱリスト欲しい…

「ZORO」から1曲。シルビアさんと千弘ちゃんが担当。"ジョビジョバ"をフラメンコを入れながら歌ってくれました。この作品も面白かったんだよな。カッコよかったです。

「42nd Street」から1曲。涼風さんが担当。この作品、ミュージカルにハマり始めてかなり初期の頃に観に行ったんだよなぁと懐かしく思い出しました。涼風さんがカッコよく歌い上げてくれました。

ラストは「MITSUKO」から1曲。"愛は故郷を越えて"マテと全員が歌い上げます。
歌う前にマテが「私も日本と日本の文化が大好き」って日本語で語ってくれて・・・思わず胸が熱くなりました(涙)。この公演の時ちょうど震災直後でマテは反対を押し切って日本に来日して演じてくれたんですよね。そのことを思い出してしまった。日本語でお客さんに語りかけてくれるマテ、本当に日本を愛してくれてるんだなって思えて…このナンバー聞いてたら自然に涙が零れました。ありがとう、マテ!!
ちなみに、ペンライトはこのナンバーのときに使用されてました。

カーテンコールではスタンディングしてしまった。皆とてもいい笑顔で。特にマテがとてもいい表情していたのが印象的だったな。もちろん石丸さんも満面の笑みで!カテコの時に「この時の気持ちを持ってこの年末を乗り切ってください」って語ってたw。
ひとつカテコで気になったのが、ドンソクが皆がお辞儀をしている中一人だけ頭を少しもたげただけになっていたこと。韓国ではカテコではああいう形なのかな。個人的には、あそこはみんな深々と礼しているんだから合わせたほうがいいんじゃないか…とか思ってしまった。

欲を言えば、アンコールで「RENT」歌ってほしかったかも…なんて。


全席売り切れの貴重な公演を観に行くことができて良かったです!とても楽しかった!


関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

コンサート - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。