<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
今週と来週は清盛の暗黒面について深く描かれていくようです。主人公を暗黒化するということには当初色々な意見があったそうですが、作者の藤本有紀さんが押通されたのだとか。藤本さん的には人間としての悪の部分も含めての「清盛」を描きたかったんだろうなと思います。人間誰でも人には見せたくないような蔭りの部分も持っていますからね。そういう意味では、今回の大河は本当にとても深いなと感じます。
清盛が黒くなるにしたがって数字も下がっているようですが(苦笑)私はたとえ1パーセント以下になったって見ますよ!それにしても裏に重なるものがどうも運が悪い気がしますけどw。まさか選挙まで食い込んでくるとはねぇ。

この世の頂に立った清盛の次なる野望は孫の言仁を天皇に据えること。人間、権力を握ってしまうと黒い欲というものがむくむくと沸き起こってしまうものなんですね。今の世の中と変わらないなぁと思ってしまったり…。若いころにはそういった政治に牙を向けていたはずの清盛が、頂点に立った今ではこの有様ですから人間の欲というものは本当に愚かで恐ろしい。
その犠牲になってしまった形になった高倉帝がお気の毒…。まだあんなに若いのに清盛の圧力で無理やりその座から降ろされた形になってしまった(涙)。演じる千葉ちゃんが可愛くて儚げなのでなおさらお気の毒に思えてしまう。

さらにもっとお気の毒なのは後白河の息子として生まれながらもちっとも日の目を浴びることなく世捨て人のような生活を余儀なくされている以仁王。以仁王って教科書とかドラマにちらっと出てきたときは源氏復興の先駆けとなるヒーローみたいなイメージがあったのですが、このドラマではそれ以前のところにも触れているので今回はひたすら気の毒な人物としか見えません。以仁王がこんな惨めな境遇にあったこと、これまで知りませんでしたから…。
「私は何のために王家に生まれてきたのでござりましょう…。いや、何のために生まれてきたのでござりましょう」
というお言葉があまりにも哀しすぎます(涙)。なんだかここで、以仁王に崇徳院を重ねてしまったのは私だけでしょうか。崇徳は天皇や上皇になりましたけど実質的には人形みたいな扱いでしたし…悲劇の皇子という意味合いでは共通点も多いような気がします。
柿澤くん、いいねぇ!儚い雰囲気が良く出てる。元四季の役者さんがこうして活躍してる姿を見るのは嬉しい。以前の大河で以仁王を演じてたのは岡幸二郎さんでしたから、この役ってもしかしたらミュージカル役者に向いているのかも!?なんてw。

面白かったのは頼朝と義経の対比シーンですね。
いよいよ源氏再興の足音が聞こえてきたと感じた頼朝は久しぶりに弓を引きますが的から大きく外してしまう。「しばらく武芸から離れていた故…」とバツが悪そうにしている頼朝にガックリと肩を落としてしまう時政さん(笑)。さらにはもう一度引こうという時には政子からアドバイスまでされてしまうというヘタレっぷりww。かつてこんなに可愛く頼朝を描いたドラマがあったであろうか(笑)。
一方の義経は弓の腕も抜群で意気揚々としている。弁慶と武芸の稽古をするも負ける雰囲気すら感じさせない凛々しい若者に成長。ヘタレの頼朝とはえらい違いです。そんな若武者の姿を満足げに見つめていたのが奥州を収めている藤原秀衡なんだ、あの、艶っぽい眼は(笑)。京本さんが演じるとホントにこの人秀衡か!?と思ってしまうよww。色気のオーラが画面を通じてこれでもかってくらいに伝わってくるし。秀衡って優しいおじいちゃんタイプで見ることが多かったけど、京本@秀衡はどこか野心的で色っぽい。まさに新しいタイプの秀衡です。

清盛は何かに取りつかれたように「我が意のままにならぬ者などあってはならぬ」と興奮しています。言仁を帝に据える儀式を福原で行い、その権勢を世に広めたいという野心がある。そしてその次にあるのが福原遷都。果てしない清盛の野望にさすがの盛国も困惑気味ですが、共に地獄まで落ちる覚悟をした身。必要以上にいさめることをせずトコトン清盛に着いていくようです。
苛立つ日が多くなった清盛の心を和ませたのは、祇王祇女という美しい二人の踊り子。二人の踊りに酔いしれていく清盛を複雑な胸中で見つめる盛国が印象的だった。

一方、平家の棟梁になった宗盛もご機嫌で酒盛り中。あまりにも弛んだその態度に母親の時子は諌めようとしますが「これは重盛の兄上のご冥福を祈る宴にござります」と聞く耳を持たない。その破天荒っぷりは見ているこちらも思わずコラっ!と喝を入れてやりたくなるのですがw、何となく宗盛の心の中にある空洞が感じられてしまって切なくもある。出来すぎた兄に対しいつも心のどこかでもどかしい想いをしてきた宗盛。棟梁となった今でも、重盛の存在は彼の中で消したくても消せない存在なのかもしれません。
そんな宗盛にも伏線が蘇ってこようとは!!忠正の作った竹馬のシーンがっっ(涙)。保元の乱の沙汰を待つ間、清三郎の壊してしまった竹馬を「また作ってやる」と約束してくれた忠正。しかし、ほどなく忠正には死罪が言い渡され、その約束が果たされることはなかった…。その時の竹馬が、まさか、今この時期に出てくるとは思わなかった。あれから自分で修理して息子に与えていたのでしょうか…。宗盛の息子が持ってきた竹馬はまさにあの時の物。いやでも蘇る、優しかった叔父・忠正の最期の姿…。宗盛の中でもあの日の出来事はトラウマとして残っていたに違いない。
そんな宗盛の心境の時にタイミング悪く現れたのが頼政の息子の仲綱です。自慢の名馬に乗っていたのが運の尽き…。仲綱の馬は無理やり宗盛に奪われてしまいぞんざいに扱われてしまうことに。この事件がきっかけとなり、仲綱はますます平家への恨みを深くしていきます。そのことが源氏復興への想いがむくむく沸き起こりつつある頼政の心にも火をつけていくことに。

宗盛の竹馬、あれは、平家滅亡への序章としての大変重要なアイテムだったんですね。なんかもう、ビックリです。ここまで見通していたとは…藤本脚本、おそるべし。

そしてついに、以仁王が動きます。親代わりになっている八条院の根回しで現れたのは新宮十郎行家。ついにここで行家出てきたか!以前ドラマ『武蔵坊弁慶』に出てきたときはえらいトラブルメーカー的な描かれ方をしてたのであまり良いイメージがない(苦笑)。今は源氏にとっての重要人物になっていますが、後々、義仲や義経をかき回してきますからね。
頼政は仲綱の一件もありついに以仁王側に着くことを決意。行家も現れ、時が来たと判断した八条院は以仁王に令旨を書くよう勧めます。ここまでずっと苦い想いばかりしてきた以仁王はその原因にもなっている平家の存在に深く怨みを抱いている。文面には以仁王のそんな気持ちも強く込められているようでした。このシーンと重ねて清盛が遊んでるシーンも挟まってきて非常に印象的でしたね。音楽の選曲もなかなかドララマチック。観ていてゾクゾクしました。
そしてついにこの令旨が頼朝の元にも届けられます。届けたのは行家御一行様。で、この御一行様の中に、歴史考証担当の本郷先生の姿が!撮影に参加されたと聞いていたのでどの役かと思ったら、行家の仲間役だったのか~。でもあまりにも瞬間的で、生ツイートで磯Pと本郷先生が呟かなければ知らないままだったと思います(クレジットに名前も出てこなかったので 笑)。

「この命令通りに実行せよ」

以仁王の最後の一文に頼朝は戦慄を走らせています。時政も政子も、いよいよその時が来たと高揚感に溢れている。いよいよ源氏が動き出す時がきました。朝廷では高倉帝が正式に譲位し、まだ幼い安徳帝が即位しました。
そのころ、清盛は何をしていたかというと…新しく現れた仏御前に心奪われ祇王と祇女を捨てていた…。捨てられた彼女たちのあの哀しそうな顔がなんとも切ない。こんなところからも平家転落の足音が聞こえてくるようです。今の清盛はまるで白河法皇全盛期の頃のよう…。そうありたくないと思っていたものに飲み込まれてしまったんですね。
清盛は仏御前に次なる野心は福原に遷都することだと語ります。彼が亡くなる約1年前の出来事なんですね、これ…。

果たして次回、清盛はその闇の中から抜け出すことはできるのでしょうか!?



関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 - -
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。