<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
日曜深夜の再放送も終わり、今週の火曜日から新ドラマが始まったわけですが…この2か月間どっぷり『眠れる森~』にハマってしまっていたので、どうも妙な気持ちです(苦笑)。ハエ女もテンポあるんですけどねw。でもやっぱり王子を週に一度見ないと心が寂しいと言いますか…(←結局はそこかい 笑)
このブログでは第5回目からレビューを書いてましたが、1回目から4回目はなかったので自己満足のためにではありますがwそれも含めてこれまでの王子のツボみたいなのを挙げてみたいと思います。


第1回 数十年遅れの王子様

千波が離婚を切り出されて混乱し凹んでるといった冒頭部分が中心に描かれていたわけですが、そこに祐輔はホテルの総支配人として千波の落とした携帯電話を届けるといった形で初めて関わります。この時は本当にめちゃくちゃ紳士で、夜にバーで潰れてしまった千波の話し相手にまでなってる。でも当の千波さんはこの時のことを全然覚えてない。家で目が覚めたとに手に握られていたのが、ホテルの仕事紹介メモ。それを渡していたのも祐輔。
ここまではすごく「いい人」という印象で。あの清潔感溢れる佇まいとか瀬戸くんらしいなぁ…程度の感覚で最初見てました(笑)。ところが、千波が仕事紹介してくれた誰ともわからない人に手紙を書き、それが杉浦さん経由で祐輔の手元に渡ったシーンでビックリ!
「チッ!面倒くさい女だなぁ」
ひぇ~~っ!瀬戸くんが舌打ちして悪ぶってるよ(笑)みたいな驚きがw。冷たい目をして「周りの目が合ったんだからしょうがないでしょう」ってホテルの仕事を紹介したことも実に面倒くさそうに話すんですよね。あの変わり身にはビックリだったよ。"世界の偉人名言集"を手に取っているときの気だるい表情が良かった。
この初回で、今までにない瀬戸くんに会えそうといった期待値みたいなものが高まったのを思い出します。


第2回 あなたと私が描いていたもの

千波が浩史と離婚に踏み切るために話し合い、浩史の離婚に至るまでの心境などが描かれていた第2回。千波は二人で一緒に歩く老後を思い描いていたのに対し、浩史は普通の生活を送ることに嫌気が差し青春時代のような恋愛にハマっていた。この離婚きりだし理由は見ていてなんか身につまされるというか、ショックでしたね。千波が京子と引っ越し準備するときに「一人は怖い」と涙するシーンにグッときました。
王子は千波から来るホテルでの仕事の報告の手紙にうんざりw。「いやなんですよ、人のゴタゴタに付き合うのは」とホントにものすごーーく面倒くさそうな表情で杉浦さんに愚痴ってるんですが、フロントの女の子が駆け寄ってくるとコロッと表情作りかえてにこやかに対応。この切り替わりがホントにすごいなと思いました(笑)。
ツボだったのは千波についての陰口をたたいていた直後に何も知らない本人がやってくるシーンでしたねw。上手く切りかえてるけど顔が引きつってた王子の顔が可愛かったw。名言を駆使しながら適当に千波を励まして立ち去るんですけど、もう早くその場を離れたいって気持ちが伝わってきちゃって面白かった。でもさらに面白かったのはその一部始終を"家政婦は見た"状態でじーっと監視してた掃除仲間の三島さんだったかな(笑)。

後日偶然千波が周りの人には「家ではラブラブだ」と話していることを知ってしまう祐輔。離婚協議中でありながら外では健気に夫婦円満だと話していることが多少気になってしまうものの、自分の家庭環境が複雑であるために家族に対しての思いやりが持てない。諦めたような冷めた口調で「家族なんて所詮エゴの塊」って話す横顔は切なかったな。
そして婚約者の麻美を交えての食事会シーン。父と継母と麻美と祐輔。でもその食事の現場はなんだかとても冷め切っていて・・・挙句、継母は「和樹を東京に呼びましょうよ」とあからさまに祐輔無視発言してる。さらには婚約者の麻美は「彼氏が迎えに来てくれてるから」と先に帰ってしまう。それも承知の上だと語る祐輔に「そういうところが好き」ってキスをする麻美でしたが、そのキスされた場所を無表情のまま手の甲でグイと拭う姿にものすごいゾクッとするものを感じました。あの芝居もグッと来たなぁ。王子の孤独が痛いほど伝わってきたし。

たまたま廊下で千波とすれ違った祐輔は、手紙の相手が自分だと勘付かれないようになんとかもう止めてもらえる方向に話を進めようとします。それがもう一苦労で、途中からはアセアセしながら「一時でも返事がきましたか?来ないのは迷惑しているからじゃないんですか」とつい自分の私情を込めた言い方になってしまう。この時に千波は手紙の相手が祐輔の知り合いであると思いこんじゃうんですよね。
手紙を書くことが迷惑ではないかと祐輔から問いただされめちゃくちゃ落ち込んでしまった千波。そんな様子になぜかものすごい罪悪感みたいなのを感じてしまう王子。哀しそうな千波の顔が頭から離れなくて仕事も手につかず、ついに彼女へ自らの意思で返事を書きます。届いた手紙に感激して涙を流す千波に対し、
「あ゛~~~、なんで書いたんだ~~~」
と顔を覆って自己嫌悪に陥りまくっている王子。もうこの動揺っぷりが可愛くて可愛くて…!きっと私はこの時の瀬戸くんの芝居見て堕ちてたんだと思う(笑)。


以下、追記にタラタラと。興味がある方はどうぞw。

第3回 王子様は、二重人格

千波と文通を嫌々ながらも始めた王子ですが「めんどくさい、どうでもいい」って呪文のように繰り返しながら文面打ってる姿が何とも(笑)。しかも内容は半分以上が"世界の偉人名言集"からの引用w。そうとは知らない千波は祐輔が総支配人としてお客様サービスに心を配っているという話を聞いて感激している。このあたりの二人のギャップが面白かった。お客様へのサービスが好評だと杉浦さんから言われると「人間なんてちょろいもんですよ」って小憎たらしい顔で言いのけてますしね、王子は(笑)。
父親に呼び出された祐輔は麻美との婚約を早く進めるように急かされてる。さらにはいざとなれば継母の息子の和樹を大阪から呼んで跡取りにすることもできる、みたいなことまで言われてて。割り切ったようでその話を聞いている王子だけど、心の中では「自分なんか必要のない人間なんだ」と追いこんでいるのが伝わってきて切なかったですね。

その帰り道に偶然ばったりと千波と会ってしまう祐輔。気づかれないようにするけど結局見つかっちゃって彼女のお喋りに付き合うことに(笑)。自分の本心を悟られまいと彼女に後姿を見せて適当なことを話してる姿がなんだか可愛かったw。でも、手紙の相手が祐輔の父親では?と聞かれると言葉に詰まってしまう。今しがたその父親からめちゃくちゃ冷たい言葉を浴びせられたことなんて千波は知らないですからね…。作り笑いをすることも忘れ、千波の手紙に対する話を黙って聞き入っている姿になんだか哀愁が…。
「名言でも励まされるんですか?名言なんて所詮人の言葉じゃないですか」
と本音が出かかっている祐輔に対し
「人の言葉でもそれを人に教えようとしてくれている気持ちに励まされます」
と優しく返してくる千波の言葉が胸に刺さる王子。その後立ち去る千波の後ろ姿を見ながら「くだらない」と呟きますが、今までの気持ちとは明らかに違う意味での言葉に聞こえました。このあたりの演じ分けも瀬戸くん上手かったですね。確実に千波の言葉が王子の心にさざ波を立ててるのが伝わりましたから。

でもそんなある日、千波は偶然王子の裏の顔を知ってしまう。お客様サービスを「適当にあしらっとけ」とイライラしながら語る姿を目撃しちゃうんですよね。にこやかに対応してる姿しか知らないから、そりゃもう衝撃でしょうw。開き直った祐輔は千波に
「あなたがおめでたいだけですよ。人の言葉とか気持ちとかそういうのを簡単に信じる方がおかしいと言ってるんです」
と言い放つ。ショックを受けた千波は思わず手紙の相手に愚痴を書くんですけど、それに対して「そういう人は救いようがないから相手にしないほうがいい」と返事を出してる王子w。手紙でまで二重人格(笑)。でも社食で従業員に囲まれて笑顔で対応してる王子の姿は…可愛いんだよねぇ。


第4回 女の人生、やり直せますか?

この回ではついに千波が浩史の不倫相手である春子と遭遇してしまうんですよね。彼女とものすごい気まずい雰囲気になって、その片づけをするシーンでは自分とは違う生活感をかんじてしまったりして…何だか千波さんがとても切なかったです。
王子の本性を知ってしまった千波は社食ですれ違う時に「疲れませんか?」とツンとしながら尋ねるんですが、祐輔は作り笑いを崩さないまま「まったく」と答える。この二人の構図がとても面白かった。さらにはエレベーターで偶然一緒になった時も「本気で笑ったことあるのかなと思って」と言う千波に対して「大きなお世話です」とそっけない王子。二人の会話は交わることがない。だけど、なんかギスギスしてないんですよね。千波の懐が大きいからかもしれません。王子もちょっと気を許してるなって思えたし。
総支配人室で杉浦さんからお説教されてる時もぶつぶつ文句言ってるんだけど(笑)なんだかちょっと楽しそうな王子の姿が可愛いです。「坊ちゃまが心から笑ってるのはいつのことだったか…」という杉浦さんが思い出したシーンが売上上昇してほくそ笑んでる王子の姿だったんですが、それがまた小悪魔みたいな顔で笑ってて思わず吹いたww。

バーで麻美と婚約についてのドライな会話をする王子。麻美と会話するときにはいつも無表情で陰りがあって切ないんですよね…。「笑顔の練習もしておいてよ」と言い残して恋人と称する人のところへ去っていく麻美。今から思えば本当に彼女、なんであんな芝居打ったんだと思っちゃうよ。立ち去られた後の王子の冷たくも孤独な瞳が切なくてたまらなかったよ(涙)。
後日、ホテルの一室で偶然春子と遭遇してしまい泣きながら清掃作業をしている千波の姿を目撃してしまった王子。その打ちひしがれた姿に自分の孤独な心を重ねたんだろうか…。「自分の人生は間違いだったのかもしれない」という千波からの手紙に、初めて自分自身の素直な気持ちを込めて
「やり直せなくても間違っていてもそれはあなたの人生です、それは精一杯あなたが生きてきた証です。また前を向いてください。きっと楽しいことが待っていますよ」
と返信します。祐輔が初めて、千波を本気で励ましたいと思って出したのがこの手紙なんですよね。この文面には千波さんじゃなくてもホントに感動してしまった。励まされた千波はまた前を向いて元気な笑顔を見せている。自分の言葉で書いた手紙で元気を取り戻した千波の姿を見て、思わず嬉しくなって笑顔でその後ろ姿を見送る王子の姿がとても印象的でした。ごく自然に出た笑顔にグッときましたね。


第5回から最終回まではけっこうつらつらと書きまくったのでここでは割愛(笑)。
あ、でも、第5回目の冒頭の社食シーンで千波のお弁当の味見をするシーンは面白かったな。三島さんの手前、千波のお弁当を一口食べざるを得なくなって「美味しいです」と飛び切りの可愛い笑顔で乗り切る王子ですが、三島さんが立ち去った後に千波に味についての酷評をつらつら話すww。この切り替わりが実に面白かった。


こうして最初の方から見てみると、本当に王子変わったよなぁって思います。「面倒くさい女だなぁ」ってものすごい苦い顔して言ってたのが、手紙のことを忘れるって千波に言われて大ショック受けちゃうくらいのめり込んでしまったんだもんねぇ。少しずつ、少しずつ、千波と関わることで心の鎧を脱いでいく過程がとても丁寧に描かれていたし、瀬戸くんもすごく丁寧に演じてくれていたと思います。
ちなみに、私の中のベストオブ王子は・・・

第2回ラストの手紙の返信を初めて書いてしまった時の「どうして書いたんだーー」と自己嫌悪に陥った姿と、
第8回の手紙を忘れると言われた時に目に涙を浮かべながら「適当に書いてたんだろうって言ってるんですか…」とものすごい哀しい顔をした姿ですかね。

この2シーンはホントに私の心にズドンときました。あ、でも、第7回の「あなたはそのままで大丈夫」と言われた時に思わずこみ上げて涙目になっちゃうシーンや、忘れてはいけない第6回の千波さんを思わず抱きしめるシーンも印象深い。
結局、どれも忘れられない良い表情ばかりだったなと言うのが結論かな(笑)。本当に素敵な高岡祐輔を演じてくれて…瀬戸康史くん、ありがとう!役者として確実に成長してる姿を目の当たりにできてとても嬉しかった。

公式HPでの掲示板の反響もかなりすごいので、DVD化はものすごく期待してますw。でもやっぱり続編見たいなぁ。瀬戸くんの祐輔王子に会いたいです!
このドラマで瀬戸くんに対する想いがグンと振り切れたので(笑)今後の役者活動や歌手活動もひっそりとw、でもかなり全力で応援していこうと思います(イベントとかはやっぱり自分の年齢考えると無理かもって思っちゃうけど 爆)。TOKYOエアポートもグレーテルのかまども欠かさず見てるしw。もっといろんな役をこなしてる瀬戸くんが見たいな。頑張れっ!!


関連記事

テーマ : NHKドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

眠れる森の熟女 - -
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。