<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
今回はもう、ひたすら重盛が気の毒すぎて…泣きました(涙)。馬鹿が付くほど真面目でピュアな重盛だけに、あの父親の長男として生まれたことは本当に悲劇でしかなかったなと…。窪田正孝くんのお芝居が鬼気迫ると言いますか…もう本当に圧倒的で素晴らしかったです。

鹿ケ谷の陰謀で西光は散々清盛をなじり倒した末に斬首となりましたが、成親は捕らわれの身になったまま。これまでどっちつかずで世間を嘲笑いながら生きてきた成親は嫌な奴だなぁと思ってきましたが、心配で尋ねてきた重盛に「似合わぬことをしてこのザマです」と力なく崩れ落ちる姿を見て初めて感情移入してしまいました。平家の犬に成り下がりたくないと謀反の首謀者となってしまったがためにこんな末路…。自業自得と言えばそれまでだけど、なんだかとても憐れだった。
あんな姿を見たら重盛だって助けたくなるよな。義兄だし…そういう関係はものすごく大事にしてるから。清盛始め兄弟や叔父たちも口をそろえて死罪にすべきと言う中、「古の人も "死罪を行えば国じゅうに謀反を起こす者が絶えぬ"と言うております」と必死の説得。重盛はもともと信西の政治方針には反対でしたよね。死刑を復活させた信西のやり方は間違っていた、とここでも真っ向から否定している。重盛的には父・清盛に信西寄りの政治をしてほしくない気持ちがずっと根付いていたのではないかと思いました。信西の末路も目の当たりにしてるからなおさらだよね…。

重盛の根気強い説得に折れた清盛は成親を備前に流罪とします。ところが、成親には死罪よりもつらく過酷な運命が待っていた…。粗末な牢にぶち込まれただけではなく、一切の食物を与えられないまま餓死してしまった(涙)。おそらく重盛や経子が気遣って送っていた成親の衣類とかも現地で焼き捨てられていたんだろうな…。あんな劣悪な環境の中で餓死してしまう運命が待っているんだったら、死罪になったほうがどれだけ楽だったかと思ってしまうよ。重盛の気遣いが返って仇となってしまった悲劇…。
いやぁ、成親を演じた吉沢君もすごい熱演でしたね!ボロボロになって朽ち果てていく姿はあまりにもリアルで思わず目を背けたくなるくらいだった。以前から演技派の役者だと思っていたけど休養から復帰してさらに磨きがかかったように思います。

重盛は成親への清盛の対応に異を唱えようとしますが「約束通り流罪にしたんだから後のことまでは知らない」とあまりにもそっけない回答…。想い通りの国造りをして色々なものを手に入れてきたはずなのに、その上いったい何が欠けているのかと詰め寄る重盛に「平家の棟梁なら黙ってわしを支えよ」と答えるのみ。
そして徳子に皇子が授かるように祈ると語った父に深い絶望感を覚えてしまう重盛。民のための政治ではなく、平家安泰のための政治へと舵を切ってしまった清盛のやり口は真面目な重盛には到底理解できないよね…。重盛が修羅の道を行きながらも支えたいと思った父の姿はもうそこにはないわけで、さらに追い込まれてしまうのが哀しい(涙)。
側近を失った後白河への義理立てもしなければならない重盛。「どうか御心落としなきよう」と慰めの言葉をかけてたけど、私はその言葉をそっくりそのまま重盛にかけてやりたくなったよ(涙)。ゴッシーはあの二人を失っても打倒清盛の執念はメラメラしてるし心落としてる場合じゃない様子だし(苦笑)。ケケケケと物の怪笑いをしているこの人にも仕えなければいけない重盛がひたすら哀れで仕方なかったわ…。

そのころ、伊豆では時政にも衝撃の事件が起こっていました。なんと嫁に出したはずの娘が、よりにもよって一番近づいてほしくなかった男と一緒になりたいと戻ってきてしまったからです(汗)。時政とすればこれほどショックなことはないですよね。源氏の嫡流である頼朝と一緒になるということがどれだけ重い事か、どれだけ辛い出来事が待ち構えていることか、彼には見えてしまっているから。
それでも二人の意思は何よりも固い。あの生気のなかった頼朝にも今までにはない凛とした輝きがある。政子は真っ直ぐ迷いのない眼で父親を見つめている。そんな二人に真っ向から反対することができずにオドオドしてしまう切ない親心・・・。そんな様子を見かねた藤九郎は「ぜひ我が殿の舅となり立派な源氏の棟梁にお育てくださりませ」と懇願します。ここまで頼み込まれてはもうNOと言えなくなっちゃうよね…。目にいっぱいの涙を溜めながら、これから娘が辿るであろう茨の道を想いながら…二人の結婚を了承する時政の姿がとても切なかったです(涙)。エンケンさんの温かい芝居がとても良かったな
実際に頼朝と政子は結婚に至るまで駆け落ちしかけたりと色々な障害が立ちふさがったらしいですが、この作品は清盛を中心に描いているのでそこまでは時間がなかったのかなと思いましたw。


以下、追記へ



一方、遮那王は弁慶と共に常盤を訪れ僧にはならないと宣言しています。常盤役の武井ちゃんと遮那王役の神木くんは93年生まれの同い年だそうで!!二人ともまだ19歳ですよ…。何とも若い親子役だなぁとビックリです(汗)。でも子役から見てきた神木君ももう19なのかぁ…という驚きもあったりしてw。あと、弁慶役の青木君の豪胆さが良いですね!弁慶のイメージにピッタリです。
自分の出生の秘密を知ってしまった遮那王は父の義朝の仇を討つべく平家を倒すと力強く語ります。清盛を父だと慕ってきたのに、自分の運命を知ってからはその想いを捨てる決心をしてしまったんだね…。その決意に対して母の常盤は「父代わりに育ててきた清盛に刃を向けるようなことは許さない」と反対します。それでも遮那王の決意は固い。去っていく息子の後ろ姿を見送る常盤に弁慶は「わしと牛若が出会ったのは縁ではなく定めじゃ」と語ります。定め…という言葉に突き動かされた常盤も決意を固めた様子。
奥州・藤原氏の元へ旅立った遮那王は途中、父の義朝が命を絶たれた終わりの地で元服します。新たに語る名前は『義経』。常盤が息子のために授けた名前でした。このシーンを見たとき、なんか確実に平家滅亡へのカウントダウンが始まったなと思ってしまった…。

そのころ、清盛の元には吉報が舞い降りていました。中宮・徳子が懐妊したらしいとの知らせ!待ちに待ち続けたことがようやく実現に至りそうだと知り、小躍りするように喜ぶ清盛w。あの初めの知らせを聞いたときの無邪気で子供っぽい顔がめちゃくちゃツボだったよ、松ケンくんww。廊下を走る姿はおもちゃを買ってもらえると知った時の子供みたい・・・というか、普通におじいちゃんだった(笑)。
京に戻った清盛は「時子は100日祈ってもいい知らせが来なかったけど自分は厳島で60日祈ったらこの知らせが来たぞ」と得意顔w。100日も60日もあまり変わりはないような気がしないでもないけど…(笑)。テンション上がった清盛の次なる切実な願いは「男」が産まれること。女子ではいかん!ということで、本当に当時の人って妊娠にも超プレッシャーかかってるから大変だよなぁ(苦笑)。徳子さんのストレスはいかばかりだったことか…。
そんななか、ついに徳子が男子を出産。ものすごいプレッシャーの中でよく男子出産したよ、徳子!一心不乱に祈り続けていた清盛はあまりの嬉しさに感極まって泣いちゃったよ。でもこの平家にとっての希望の男子が・・・数年後に悲劇の皇子となってしまうんですよね…。そう、高倉帝と徳子が愛しそうに抱きしめている言仁親王はあの安徳天皇なのです・・・。なんかそう思って見るとあの夫婦の姿すら切なくて泣けます(涙)。にしても、高倉帝役の千葉ちゃんは可愛いよなぁ。癒されるよ。

言仁親王が無事に誕生し、次なる清盛の新たなる企てが始動。鹿ケ谷の陰謀事件に懲りたのか、これ以上自分の計画を邪魔されたくないということで後白河を自分の館に幽閉しようという恐ろしい計画を発表。これには一門も驚きを隠せない。重盛はこの集まりへ出向く途中に心労から倒れてしまうし…清盛が暴走すればするほど平家に暗雲が立ち込めているように思えて仕方ない。
幽閉話が進んでいるとは露知らぬゴッシーは乙前の元へ。ようやく乙前が病の床に就いたのか…と思いきや、髪の毛だけ無駄に白いけど顔の色艶はめちゃくちゃ健康そうじゃないか(爆)。やっぱりこやつは物の怪だよ!!だからゴッシーはこの人に吸い寄せられているのかw。「まだわしには手駒がある」と不気味に語るゴッシー。その手駒というのはきっと…(涙)

少し休んで正気を取り戻した重盛は周囲が武装する中、一人白装束で一門の列に加わります。重盛の席に座っていた宗盛が苦い顔をして席をどいた姿が印象的でした…。二人の間には溝ができてしまっているんだね…。
顔には死相が漂う痛々しい重盛ですが、あの席には相当の覚悟で座っているのがよく分かる。武装してこなかった重盛を諫める清盛に対し、真っ向からこれから行おうとしている法皇幽閉を非難します。それでもそれくらいでは引き下がらないのが今の清盛。それはきっと重盛にも読めていたはず。その上で、衝撃的な一言を発します。
「では、法皇様の御所は私が警固致します」
さすがの清盛も、そして一門も、この重盛の言葉には相当強い衝撃を受けたはず。官位を授かって以降、後白河の恩を受けなかったことは一度もないときっぱり宣言。後白河の近臣として受けてきたその恩に反することは、重盛自身の道徳心を裏切ることになる。そういった自分の信念を強固な意志で貫き通す覚悟を決めたんですね…。でもね、その忠誠を誓っている後白河法皇は…重盛に対してそんなに手厚く扱ってきたという意思はないんだよね…。あんなに熱く語るほどゴッシーは重盛を徴用していたわけではないんだよ…。それを考えるとあの言葉は本当になんか虚しく感じてしまって痛々しくてたまりません(涙)。

御所へ向かおうとゆらりと立ち去った重盛の背中を清盛は烈火の怒りで追いかけ、そして突き倒す。息子に反旗を翻すと言われたことが清盛の中でも怒りと悲しみになって相当堪えている。そんな父の姿を見て、自分の中にあるすべての感情が一気にあふれ出てくる重盛…。

「悲しきかな…!法皇様に忠義を尽くそうとすれば、山の頂よりもなお高き父上の恩をたちまち忘れる事になります。痛ましきかな…!父上の不孝から逃れんとすれば、海よりも深き慈悲を下された法皇様への不忠となります」

号泣しながら二人の偉大な男に挟まれ苦悩してきたこれまでの想いを吐き出す重盛の姿に、みているこちらも涙が止まらなかったよ(涙)。しかも挟んでる男は偉大なうえに、野心ギラギラで物の怪みたいな存在ですから・・・重盛の心痛いかばかりかと。ピュアすぎる重盛にはあまりにも過酷な環境としか言いようがないです(涙)。

「忠ならんと欲すれば孝ならず。孝ならんと欲すれば忠ならず。進退、これ極まれり…」

まさに八方塞がり…。げっそりとやせ細り鬱状態に陥ってしまった重盛が泣きながら訴えたこの言葉の重み…。もう憐れという一言では言い表せないです…。こんな時代に生まれてこなかったら…こんな家に生まれてこなかったら…真っ直ぐでピュアな重盛が生きるにはあまりにも無慈悲な環境。運命に立ち向かおうと必死に父に食らいついてきたけれど、その許容範囲をもう越えてしまったんだよね(涙)。

「かくなる上は、この重盛が首を…召され候え。さすれば、御所を攻め奉る父上のお供もできず、法皇様をお守りする事もできますまい」

清盛の手をしっかりと握りしめながら懇願し、「父上」と呟いてから慟哭する重盛…。あんな姿を見て心が動かない人は人間じゃないとすら思ったよ(号泣)。今の重盛を救えるのは、もはや「死」しかないなんて…。哀しい、悲しすぎるよ、重盛!!!今にも消えてなくなりそうな、脆く、儚く、哀しい姿に涙が止まらなかった。
本当は御所を守るなんてこともしたくない。偉大な父の支えでありたいとずっと思っていた重盛。どんなに自分の声に耳を傾けてくれなくても、父を慕う気持ちに変わりはないんですよね。慟哭する前に清盛の手を握りしめて「父上」と小さく呟いた姿に重盛の真実を見た気がして、切なくて切なくてたまりませんでした…。
窪田くんはそんな追い詰められ極限状態に陥った重盛を本当にものすごく繊細に表現してくれていると思う。あの慟哭の芝居を見たらこちらも心引き裂かれるような哀しみで一杯になってしまったよ…。重盛役に窪田くんをキャスティングしたことがものすごい意味を持ってきてるなと思いました。

この重盛の決死の懇願により、清盛の計画はいったん白紙になったようです。でも、あんなに恩義を感じていた後白河がそんな重盛を手駒の一つにしようとしているとは…(涙)。そのことを知ってしまったら重盛はどうなってしまうの!?
そして来週はついに…。もう絶対あれは涙なくしては見れない…。号泣必至だわ(涙)。



関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 - -
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。