<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
いよいよ千波と祐輔の心の交流が本格的になってきたわけですが…気が付けばこれを含めてあと1回で終わってしまうなんて(汗)。毎週本当に楽しみにしていただけに残念で仕方ありません。
今回の見どころはズバリ、"王子の心の涙"ですね。・・・って毎週私の見どころは瀬戸くん演じる祐輔になってるわけですけどw、それだけ魅力的なんですよ、彼の芝居は。

祐輔のやり取りしている手紙の相手が千波だと察知した婚約者の麻美は職場まで乗り込んできましたw。彼女としてはここで千波に釘を刺しておこうという腹だったようですが、千波は手紙の相手が祐輔だとは露知らず状態ですから二人の会話は噛み合いません(笑)。麻美との会話で初めて自分の想い人にもなっていた手紙の人の正体を知ってしまった千波の衝撃は計り知れないものに。
真相を確かめようと杉浦さんの元へ行くわけですが…あそこまで突っ込まれて聞かれては杉浦さんももう隠し通せないよねぇw。千波さんに追及されて追い詰められてる杉浦じいやはなんだか可愛かった(笑)。

手紙の相手が祐輔だと知って大ショックの千波さん。ものすごーーく赤裸々なことを手紙に書きまくっていただけに、自分よりもずっと若い子にそんなことを告白していたのかと思うと穴に入りたい心境になるのも分かる気がする。手紙の向こうの人は全く違う感じの人イメージしてただけになおさらですよね(汗)。
衝撃の真実を知ってしまってから職場でも働きづらくなる千波さん。祐輔とすれ違う時にも思わず目をそらしてしまう。杉浦さんの前では「知られてしまったものは仕方ないでしょう」ってものすごい冷静を装っていた祐輔でしたが、実はものすごく動揺してるんですよね…。それだけに無視されてしまった時に見せた表情はとても切なかったよ(涙)。

悶々としながら仕事をする千波の元に意を決して訪れた祐輔。手紙の件について話に来たのにどうしても自分から言葉を発することができない…。彼女の前では本当に憶病になってしまった王子…。そんな様子を見て自ら「手紙の事ですよね」って切り出す千波。照れ隠しのように「言えませんよね、あんな相談をされちゃ」とまくしたてるわけですが、その言葉を遮るように「そうじゃなくて…」と自分の気持ちを話そうとする祐輔。
ところが、最初に「始めのうちは面倒なことになったと思いました」と正直に話しちゃうものだから、千波はそれが本心だろうと思い込んで「もう忘れてください、私も忘れます」と言ってしまう。あ゛ーー、王子、完全に勘違いされてしまったじゃないかーーー!!千波としてはもうこれ以上祐輔の心の負担になりたくないって気持ちから「忘れて」って言ってるんだけど、祐輔はそれが自分を拒絶したものだと受け取ってしまうのが哀しい…。

見る見るうちに顔から血の気が引いていく王子…。「どうして忘れるんですか…。僕が相手だとわかったら、なんで忘れるんですか?」って…ものすごく哀しげな瞳で千波に問いかけるんですよ。うわっ…これは激しく切ないわっっ(涙)。心を許せることができるかもしれないって思った相手だっただけに、「忘れる」って言われたことはそのことを拒否されてしまったって受け取っちゃうんだよね。
しかも…「もっと年上の人に書いてると思ったから」なんて言われてしまって、年齢のことを持ち出されてしまってはねぇ…。千波の発する言葉の一つ一つが祐輔には拒絶の言葉のように聞こえて刃のように心に突き刺さっていくのが分かる(涙)。だからつい千波に食って掛かるような言い方をしてしまうんだけど…その言葉は哀しみで震えてるんですよ…(涙)。千波を真っ直ぐ見据える瞳には涙が滲んでて、ホンっとに切ない…。

そしてトドメになったのが「私が喜ぶような言葉を書いてくださっていたのかもしれないなぁって」という千波の言葉。彼女からすれば祐輔に負担を掛けまいとした気遣いの言葉のはずだったけれど、祐輔は「適当に書いてたんだろうって言ってるんですか…」と悪い方に受け取ってしまう。この時の、あの、何とも言えない…信じていた者に裏切られたような絶望と哀しさに満ちた瀬戸くんの表情が…!!思わず落涙しちゃったよ(涙)。
「分かりました…僕も忘れます…」
このセリフ、本当に哀しかった。心の中で泣いてる王子の顔が見えるようで…見ているこちらの心も痛いよ(涙)。噛み合わない二人の言葉のやり取りがとても切なかったです。瀬戸くん、あんな繊細な芝居ができる子だとは…!

どんよりした気持ちでいるところに浩史が離婚届を手渡しにやって来ます。その時につい手紙の相手が祐輔であったことを話してしまう千波。冷静になってみると手紙は全部自分のことを想って書いてくれたものばかりだったと、無神経な発言をしてしまったことを反省していますが、浩史としてはその部分は耳に入らなくてw。すっかり千波が若い総支配人に手紙で弄ばれたと勘違い。抗議するために祐輔の元へ乗り込んでいってしまいます。別れる女房ではあるけど、気にはなるんだよねぇ。
最初は穏やかな雰囲気で会話が進んでいた祐輔と浩史。しかしながら浩史が「手紙で惑わせるようなことはしないでほしい」みたいなことを言い出したことから雲行きが怪しくなります。手紙の件について講義しに来たんだなと察した祐輔は平静を装いつつも離婚を切り出したのは浩史だと言うようなことをチクリww。これには浩史も夫婦の歴史について論じ始めるなど、次第に二人の間は険悪ムードに(笑)。千波さんも自分を巡って男二人がこんなに熱くなってるなんて思わないだろうなw。羽場さんも本当に上手い役者ですよねぇ。駄目男の浩史が祐輔にやり込められないように悪あがきしてる様を見事に表現しています。
若いやつに何が分かる、みたいなことを言われてキレてしまった祐輔でしたが、浩史に「あなたどういうつもりで彼女と手紙をやりとりをしていたんですか!?」と切り返されると言葉を失ってしまう。"どういうつもりで"という部分に自分でも気づきたくなかった本当の気持ちが隠されていることをあの時初めて自覚したんじゃないのかな。相沢千波という女性を恋愛対象として意識してしまっていたことを…。あの言葉を言われた瞬間の瀬戸くんの表情もとても良かった!!夜景を見つめながら自分の気持ちと向き合おうとしてる王子が切ない(涙)。

浩史は再び春子と今後についての話し合い。離婚届も渡したし、これで晴れてフリーになって春子と…という未来図を描いていたはずですが、千波と出会ってしまってから春子の気持ちは浩史から離れてしまっていたという…。いいとこ取りの恋愛ではなく、退屈な日常の毎日を共に歩きたかった・・・という春子の言葉も切ないですよね。浩史は自分に漫画に出てくるような恋愛を求めていたのかもって思ってしまったわけで。
でも「私、あなたより自分の人生が大事なの」って言うセリフはグサッときますねぇ。あれは浩史さんにはかなり効いたんじゃないでしょうか(汗)。ちょっと気の毒かもって思ってしまったw。

一方、浩史が祐輔の元へ突撃したことを知った千波は急いでそのことを謝りに総支配人室を訪れます。でも祐輔は事務的な返事をするだけで千波の方を見ようとしない…。自分はもう彼女にとって必要のない人になったと思い込んでしまっているから見れないんだよね…(涙)。あの魂の抜け殻みたいになってる王子の姿見ただけでも泣けたよ…!
そんな彼に千波は「忘れるのやめました。手紙、全部大事に覚えておきます」と微笑みかける。その瞬間、祐輔の中に血が通うのが分かった。失われていた生気のない眼に輝きが戻るんですよね。あの芝居もスゴイと思った。本当は恥ずかしくて見栄を張るようなことを言ってしまったと笑う千波の顔を食い入るように見つめる祐輔…。
「ありがとうございました。ずっと励まされてました。直接お礼が言えてよかったです」
真っ直ぐ誠実に語りかけてくる千波の一言一言が祐輔の心の中に温かい血となって通っていく。自分は拒絶されてたわけじゃないんだって思って胸いっぱいになってたんじゃないのかな…。感極まって瞳がまたウルウルしてる瀬戸くんの表情見てたらまた泣けてきちゃって落涙だよ(涙)。

お礼を言ってそのまま立ち去る千波の背中を見つめていた祐輔は弾かれたように「本気でしたよ!」と声を掛けます。震える言葉で…勇気を振り絞って自分の本当の気持ちを伝える王子の姿がまた泣けるよ(涙)。「途中からは本気で…初めて誰かを励ましたいと、本気で思いました」って…これ少し告白入ってる気がしたな。精いっぱい自分の手紙に託した想いを千波に語っている祐輔の姿に胸が熱くなったよ。でも、そのあとすぐに、
「僕ですみませんでした。ガッカリしましたよね、相手が僕で」
と自嘲しながら千波に言ってしまう…。千波は自分に対してもうこれっきりだと思ってるんじゃないかって感じて自己防衛してしまったんだよね。千波が自分から離れていくことが怖くてわざと心にもないことを言ってしまう王子…。本当はガッカリなんてしてほしくないのに…。表では笑顔を見せながら心で涙を流してるあの切ない表情見てたらまたまた涙ですよ(泣)。不器用すぎるよ、王子ぃぃ…!!!その言葉を聞いた千波さんも辛いよね。彼女もちょっと祐輔に対して想いが動いてきてるだけになおさらもどかしい…。
さらに千波には悲劇が!愛息子のカケルくんが自分の元を離れて父親の浩史と暮らすって言い出した。カケルくんには彼なりの考えがあるんだけど…千波にしては大ショックですよね。

と、第8回は切なさの連続でドラマ見ながら泣いてしまった(汗)。いやぁ、瀬戸くん、いいわぁ…本当に。あの何かを語れる深い瞳が特にすばらしいです。FCに入って本格的に応援しようかと真剣に考えてしまうww。それくらい彼の芝居はとても魅力的です。
で、次回はとうとう最終回。小説読んだ限りではちょっと腑に落ちない点もあったんだけど、それをドラマでどう魅せてくれるのか期待したいと思います。あーー、来週で瀬戸王子ともお別れかぁ…。寂しい…(フジのドラマは始まったばかりで楽しみなんだけど、祐輔はもう最後だからね)



関連記事

テーマ : ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

眠れる森の熟女 - -
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。