<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
滋子がパッとこの世からいなくなってしまったことで平家と後白河との関係の均衡が崩れ始めてきました…という今回のストーリー。でもなんだろうなぁ、ここ2回はちょっと見ていても以前ほどのテンションが上がらない(汗)。人間模様というよりも、歴史的出来事を淡々と追っているような気がして…勢いがないというか…。
あ、そういえば、20日に誕生日を迎えた虎ちゃん演じる西光が今週からOPクレジットでピンに昇格しました。これはめでたい(笑)。

もはや物の怪としか思えない松田聖子の乙前(爆)。まだ生きていたのか!!しかも相当な高齢のはずなのにあの声の張り!髪の毛だけ無駄に白くなっていてもメイクはお若いままというww。もう出てきただけで本筋以外のところで注目してしまう存在に。

千葉ちゃんの高倉帝は可愛いです!もともと千葉君が女の子みたいに可愛いですからね。ちょっとひ弱な感じの天皇っていうのも雰囲気に合っている。高貴な感じもとても出ているし、個人的には高倉帝にもっと活躍してほしいと思ってしまう。セリフが少ないのが残念~…。この先もう少ししかない出番なんだけど、どうなのかなぁ。
高倉帝に嫁いだ清盛の娘の徳子でしたが、いまだに皇子誕生の気配なし。それを見越してか後白河は寺に預けていた自分の息子を京に呼び出して高倉帝の養子にしたらしい。このいずれかが天皇になれば平家との繋がりもプッツリになってしまうのは明らかなので清盛は相当焦っています。松ケン清盛、またさらに老けメイクが進んでブラック化に向けて貫禄を増してきましたね!

伊豆では清盛と後白河の駆け引き余波で税の取り立てが厳しくなったようで、時政たちの不満も高まっている様子。清盛たちは上ばかり見て下を見る余裕を失ってるからね(苦笑)。こういう燻りが平家滅亡への序章になっているんだろうと思いました。
政子は前回頼朝から煙たがられたにもかかわらず付きまとっている様子w。野生児からは脱却して少しは女の子らしくはなったものの、中身は変わっていないわけですからちょっとやそっとではへこたれません(笑)。髭切の太刀を「爪切り?」と言ってしまったりw、全くかしこまるところがない。そんな政子に少しだけ頼朝も心を開き始めてきたのかな?あんなギラギラした政子から「立ち上がれ!!明日を変えるのは今この時!」と喝を入れられたらちょっとはその気にもなってくるかもしれないね。

後白河は滋子との思い出の残る福原へはもう来ないと宣言。清盛はそれを聞いて勝負の賽の目を振ろうとしています。その事件の発端は西光の息子の不始末。加賀の寺で風呂を使わせてもらえず追い払われたことに逆ギレし、小競り合いの果てに寺を焼き討ちしてしまったらしい。まぁまぁ、なんとも恐ろしい息子さんで(苦笑)。西光の教育はいったいどうなってるんだよw。
この焼き討ち事件で比叡山もプッツン切れて「強訴じゃあ!!」と勢いづく。焼打ちに加担した西光の息子を島流しにしろ!とこれまたすごい憤りよう。ロナウ二郎…じゃなかった、脇君演じる銀覚も出番が来たとばかりにテンション上がってます(笑)。
この強訴を追い払えと後白河からの命令を受けたのが重盛。いつも上から目線だった当事者の西光は重盛に「何としても息子を守って」とひれ伏してお願いしてます(苦笑)。もとはと言えばアンタの息子が悪いんだろうがっ。流罪にされても仕方ないことしてしまったんだぞ!?まぁ、重盛は超真面目人間だから「宋銭を世間に広めてくれた西光には感謝してるから守ってみせる」って力強く励ましてしまうんですけどね。あぁ、こうしてまた重盛は巻き込まれ、追い詰められていくのか…(涙)。
ちなみに重盛役の窪田くんと西光役の虎ちゃんは「浪花の華」以来の絡みですかね。あの時は敵対した関係でしたが、今回は何とも微妙な関係になりましたねw。

意気揚々と強訴の排除に向かった重盛でしたが、その指示は家臣の隅々まで行き渡っていなかったらしく…脅しだけという目論みは外れ、神輿に矢を放つというこの時代ではご法度な出来事を招いてしまった。結局強訴も抑えきれず、散々な結果に落ち込む重盛…哀れ(涙)。自分の不始末を福原で平身低頭謝る重盛でしたが、それに対する清盛の答えは「ようやった」だった。
神輿に矢を放った郎党は捕らえられたものの、比叡山の気持ちはそれだけでは収まらず…結局この争いの元になっていた西光の息子二人とも流罪と相成りましてございます。まぁ、当然の報いだな。しかしこの結果に西光は愕然。これこそが清盛の本当の狙いだったようです。腹筋さん演じる明雲と結託してわざとこうなるように仕組んでいたらしい。最初は本当に水と油みたいに仲悪かったのにねぇ、この二人w。いつの間にこんな連携ができるような関係になったんだろう。
このゴタゴタで後白河の側近の一人である西光は力を失った状態に。そう仕向けるために結局は重盛も巻き込まれてしまったというわけか…。個人的には西光はそんなに賢い側近には見えなかったんだけどね(苦笑)。後白河は清盛が自分を退けて思うままに国を操ろうとしていると激怒、西光はそのための駒消しにされたことへの恨みで鬼の形相に(汗)。宋銭広めてやった恩義忘れやがって!!とばかりに宋銭投げつけたシーンはよかったです。この二人の恨みはかなーーーり根深いぞ、清盛。コワ!!

こういった清盛の手法に重盛はショックを受けてしまう。王家を支え、平家の力を増した上に国造りは成立すると思っていたと…。真っ直ぐで純粋な重盛には大きくなりすぎてブラック化した父親の気持ちは理解できないよね(涙)。信じていたものに裏切られた、といったような哀しい表情をしていた重盛が切ないです…。
そしてそんな重盛を見つめる盛国にもグッとくるものがあった。どこまでも清盛についていくと宣言したものの、心の中ではとても複雑な心境があるはず。もしかしたらこの時彼は重盛が純粋すぎる故に悲劇を迎えてしまうのではないかと危惧していたのかもしれません…。

そのころ遮那王は弁慶から自分が源氏の御曹司であることを聞かされ衝撃を受けていた。お父さんだと慕っていた清盛が、実は敵であったわけですから…それはやはりショックでしょうね。弁慶はこれまでずっと源氏の行く末を見守ってきましたから、その再興を遮那王に託したい気持ちが強い。自分が取り上げた赤ん坊だっていうこともあり父親目線で見てますしねw。
遮那王と頼朝、二人の異母兄弟がいよいよ次回から動き出しそうな予感がします。

で、とうとう次は鹿ケ谷ですか!実際にこのシーンのために頭を坊主にしてしまったという虎ノ介くんの怪演に期待ですw。




関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 - -
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。