<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
623947407.jpg
えぇ・・・前回観劇した時に"よほどのキャスト変更がない限り見納めにする"というようなことを書いたわけですが(汗)、その、キャスト変更が東京楽間近のこの時期になって突然起こりまして・・・『アイーダ』観に行ってしまいました。
なんと、ずっと阿久津さんで楽まで行くかと思われたラダメスがキャスト変更。福井晶一さんがラダメス役に、この時期に入ってこようとは!!これは見に行くしかないでしょう。

先週見に行ったときにはイベントがあったにもかかわらずかなりの空席が目立っていた客席でしたが、この日は1階席に限ってですが…明らかに人が多かった。サイドブロックのほうもこの前見たときよりずっと埋まっていました。やはりみなさん、福井ラダメスが気になったんでしょうね。
こういう風にキャストが変わると客席も活性化することあるんですよ。なぜもう少し早くに福井さんを出さなかったのか…。適度に阿久津さんと入れ替えで公演していれば客入りも違っていたのではないかと思うと何とも複雑な心境です。まぁ、2年前の海公演なんて4月から9月の楽まで全てナベさんに託してしまってましたけどね…。劇団内部のキャスト事情というのも色々あるのだと思いますが…。

思いがけず再び『アイーダ』を見ることになったのでw、前回のバクステで聞いた諸々を思い出しながらの観劇になって楽しめました。もう復習することはないなと思っていたのでなおさらww。特にオープニングでホルスの目から炎が出て、そのあと幕が開くところなんか、あぁ、あの瞬間にスタッフさんが一生懸命機械持って走ってるんだなぁ…とか想いを馳せてしまった。
セットといえば、未だに抜けない数える癖(笑)。2年前の海公演の時のアイーダクイズ大会。あの時景品欲しさに舞台の隅々まで見てライトの数とかホルスの目の数とかカウントしながら見ていたので、今も登場するたびに無意識に数えてしまう自分がいますw。でも、あの時は楽しかったなぁ。

カーテンコールは盛り上がってました。平日だったからか通常カテコで終わってしまいましたが、拍手の勢いは今まで見た中で一番だったかもしれません。その中でひときわ大きな拍手を浴びていたのはやはり福井さんでした。皆本当に待ってたんだなぁって実感。私もその一人でしたが。



主なキャスト
アイーダ:秋夢子、アムネリス:光川愛、ラダメス:福井晶一、メレブ:有賀光一、ゾーザー:飯野おさみ、アモナスロ:高林幸兵、ファラオ:石原義文、ネヘブカ:桜野あら ほか


以下、ネタバレを含んだキャスト感想になります。


主要キャストもけっこう変更されていましたが、アンサンブルさんも少し変わったようです。私はあまり詳しくないのでどの方か認識できませんでしたが(汗)、桧山さんが抜けられたみたいですね。その代りに品川さんが入られてました。品川さんは2年前公演の時にたくさん見ていますので「あ、見覚えある人」って思った。ちなみに、ハンドコさんは今回はよく分かりました。けっこうイケメンかも。
ただ、ダンスのほうはちょっと群舞になったりするとバラバラ感が否めなかったなぁ。一人動き遅れていたり、動きが重い人がいたり…なんというか、統一感に欠けるような印象。なのでゾーザー軍団見てもあまりグッとくるものがなかったのが残念です。

以下、キャストについて少々。

アイーダ@秋夢子さん
夢子さんのアイーダは4月に見て以来なので本当にお久しぶりになります。やはり一番王女の気品を感じるのはこの人ですね。凛としていて美しいです。歌声も前回聞いたときよりもパンチがあって、ローブのダンスのところの歌い上げは少し声が裏返りそうになってはいたものの迫力があって久しぶりにゾクゾクしました。
それから、この日の秋アイーダは何だかとても涙しているときが多かったのが印象的。ラダメスと心が通い合い結ばれる「迷いつつ」から泣いてて…ヌビア王が捕らわれたという知らせを受けたときもかなり涙して次のシーンに移った時にグイッと拭う仕草をしていたのが印象的でした。さらには「星のさだめ」でラダメスと別れるシーンになると、本当にガン泣き状態で…なんだか見ていて思わずもらい泣きしそうになってしまった。本当に別れるのが辛そうだったし、ラダメスへのどうしようもない愛情が痛いほど伝わってきてよかったです。福井さんの熱いラダメスに引っ張られるように演じていたところが大きいのかもしれません。
セリフ回しについてですが、けっこう頑張って日本語に近いリズムで話しているのは分かります。ただ、発音になるとどうしてもお国訛りが出てしまうのが残念なんですよね。特に濁点の部分での苦戦が目立つ。上手く出てこないことが多くて、そのあとのセリフの舌が回らなくなってしまうこともこの日は目立ってしまったかも。
だけど、全体的には今の夢子さんのアイーダは嫌いじゃないです。楽まで行くのかな?

ラダメス@福井晶一さん
本当に念願の福井ラダメス登場ですよ!!2年前の海公演の時から一度は見てみたかったのですが…もう今回の凱旋公演も楽がすぐそこだしまた会えないなと諦めていました。そしたら急に来たものだから…ほんとビックリです(笑)。こりゃ行くしかないだろうということで突発してしまいました。ちなみに福井さんの舞台姿見るの…夏劇場でのBBが始まった直後くらいぶり。めちゃくちゃお久しぶりになってしまった(汗)。
さて、お初の福井ラダメスですが…、ものすごい私好み!!福井さんのラダメスはもっと厳格で怖い感じの将軍なんじゃないかと勝手に想像していたんですよね(汗)。それが、いい意味でその予想を裏切られた。人としての温かさを持っていて誠実でとても優しいラダメスです。ナベさんのとはだいぶタイプは違うものの、根底に流れているラダメス像というのは近いかもしれません。だから私の好みに合ったのかも。メレブに対する接し方を見たときに「これはすごく期待もてる!」とテンション上がりました。阿久津ラダメスはメレブのことを奴隷として観ているような雰囲気がありましたが、福井ラダメスはメレブを弟みたいな目線で見てたんですよね。「またか」っていうセリフを言った後の笑顔がとても優しかったので。
アイーダに対してはとても誠実に接しているなぁというのがものすごく印象的。夕食会の後にアイーダから叱責された後、アムネリスの部屋で「お前が正しいと分かったんだ」というセリフがありますが、これがものすごく腑に落ちたんですよね。ラダメスはちゃんとアイーダの言葉を自分の中で受け止めたんだなって分かる芝居をしてたので。不器用ながらもどんどんアイーダに心を傾けていく様が実に自然。自分の持ち物をヌビアの人々に分け与えているときの嬉々とした表情は、なんだか、ナベラダを想わせるものがあったw。
愛の告白もとにかく真摯で熱い。心の底から湧きあがる感情を一生懸命アイーダに伝えていて見てて思わず胸が熱くなったよ…!そして別れの時のあの哀しそうな顔…。本当にアイーダのことを愛していたんだなぁとみているこちらも実感してしまう。さらには裁判後のシーン。福井さん、泣きながら歌っててもう、みているこちらも思わず涙…。墓石の中での「たとえ100回生まれ変わっても~」ってセリフもものすごい説得力がある。福井ラダメスは絶対アイーダを見つけ出すだろうなって確信できる。いやぁぁ・・・2年ぶりにアイーダ見て涙が出たよ!福井ラダメス、なんでもっと早く出てきてくれなかったんでしょう。ものすごい私好みです。
福井さんがラダメスを演じるのは実に5年ぶりくらいらしいのですが、そんなこともあってかものすごく気合が入って張り切っているのは分かりましたw。なので熱さも格別なものがあったな。福井さん自身は現在劇団を退団しているようなので(外では昌一というお名前で活動しているようですし)今回は作品契約なんだろうけど、こんな楽間際に出てきて…いつまでいるのか全く読めません。もしかしたらピンチヒッターとしてのレアキャストかもしれないし…。だとしたら、もう一度だけなんとしても見たい!というわけで、金曜日の突発決定です(爆)。その時にまたもう少し書きたいと思います。

アムネリス@光川愛さん
セリフ回しも歌も安定している光川さんのアムネリス。何度見てもやっぱり…細い!!上から下まで、どうしたらそんなに細くなれるのかっていうくらいw。印象的なのはテンションが上がった時のラダメスの呼び方。「ラダメぇぇ~ス↑」って感じ(笑)。あれを聞くたびになんだか吹きそうになってしまいます。

メレブ@有賀光一さん
壁抜け男以来の有賀さん!アイーダで見るのは実に海劇場公演以来となります。やっぱりこの人のメレブに叶う人はいないかもしれないなぁと思わせるような細かい動きや感情表現に脱帽です。有賀さんのメレブって他の人のに比べるととても人間らしいんですよね。生身の人間・メレブがそこに存在してるって感じ。なので、セリフの間とかも本当に上手いんですよ。お調子者のように見えて、実は策謀家。そんな一面をリアルに表現してくれるのは有賀さんだけかもしれません。

ゾーザー@飯野おさみさんは相変わらずのカッコよさ!不敵な微笑みやラダメスに拒絶された後のギリギリした表情とか…もう一つ一つが最高です。アモナスロ@高林幸兵さんは前回声がとても素敵だなぁと思った方なんですが、どうもこの日は不調なようで…いつ枯れてでなくなってしまうのではないかとハラハラしながら見てしまった(汗)。何とか回復されるといいのですが…。ファラオ@石原義文さんは相変わらずファラオの貫録十分です。毒で苦しむ芝居とかもオーバーっぽいんだけどリアルw。

こんな感じで、本当に充実した観劇ができて良かった!2年ぶりにこの作品で泣くことができたことに何よりホッとしてますw。大好きだったナベラダの影はやっぱりまだちらついてはいますがww、それでもこの凱旋公演の中で一番物語に集中して観れたかも。福井ラダメスの影響は本当に大きい。
見れるうちに福井ラダメスを見ておこうと思うので、また金曜日に突発してきますw。

そういえばナベさん、昨日『トッカン』見てたらまたしても後ろでエキストラ出演してたw。もしかしたらエキストラレギュラーかも!?でもやっぱりもう少し上のランクの活躍が見たいですけどね(汗)。




関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。