<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
戦もひと段落つき、いよいよ清盛の快進撃が始まろうとしてます。今回はその序章といった感じかな。
コミカルなシーンも出てきたりして面白かった。みんな位が上がって煌びやかになりました(時子の十二単が特にすごかった)し、呼び名も「平氏」から「平家」に変わりました。そんな中でも一人忘れられた存在になってしまう経盛くんw。盛国にまで「気づかなかった」と言われてしまうとはねぇ。私は忘れてないよ、経盛!

しかしながら、長い間このドラマを支えてきた二人が退場してしまうことに…。

清盛の祖父の代から平氏を支えてきた家貞がついに世を去りました…。目立たないながらもいつもしっかりと平氏のために働いてきた家貞。「欲」があってこそ上を目指せる…という名言を残し、大好きな唐果物を口にしつつ、静かに穏やかに眠りにつきましたね。いかにも家貞らしい引き際。梅雀さんのお芝居が本当に随所で光っていて素晴らしかったです。
その息子役として田口浩正さんが登場。家貞の息子…確かに違和感なし!ナイスキャスティング。

そしてもう一人、乱の引き金にもなっていた美福門院得子。崇徳を陥れてほくそ笑んでた時はホントに「なりこぉぉぉーーー」って一緒に恨み言を言いたくもなりましたが(笑)、いざ落日ともなるとやはり寂しいものです。松雪さんも毎回素晴らしい存在感で魅せてくれました。

得子の死後、清盛は彼女が育てた二条天皇に滋子を入内させようと目論んでいる様子。そうなればますます出世街道乗れるしね。しかしながら、「私は好いたお方の元にしか嫁ぎません」と相変わらず現代っ子のような滋子さん。宮中で天然パーマのことを馬鹿にされても言い返すだけの気の強さも持ち合わせてる彼女ですから、一筋縄ではいかない感じ。
そんな時、彼女は宴の席で奔放に振る舞っている後白河に目を留める。無能なように見えて、実は目の奥には孤独が潜んでいた後白河。滋子はそんな彼の心の内を感じたんでしょうね。だからどんなにゴッシーから怒鳴られても平然と言い返していたんじゃないのかな。ゴッシーからすれば、自分に逆らうような人物はここ最近現れていなかっただろうから返って滋子に興味を持つのは自然な流れ。彼女の中に救いのようなものが見えたのかもしれません。
甘えるように滋子に顔をうずめてくる後白河を彼女は黙って受け止めた。二人はどこか共鳴し合っている。滋子が実は清盛の義妹だと知った時、珍しく後白河は「政の道具になるだけだからここには来るな」と諭しましたね。あんな優しい言葉初めて聞いたかも。それに対して毅然と「帰りませぬ」と言い放つ滋子。出会うべくして出会った二人…。

しかしながら、さっそくにゴッシーの子供を身ごもってしまうとはビックリw。滋子、非常に現代的です。そりゃ清盛もびっくり仰天ですわ(笑)。後白河とはつかず離れずの関係が一番だと言っていた矢先に滋子が繋がってしまったわけですから動揺しまくる気持ちはよく分かるw。計算が狂ってアタフタしてる松ケン清盛の顔芸が面白かったぞww。
時子の説得もむなしく最後まで滋子の婚礼を認めようとしない清盛でしたが、ゴッシーはもう婚礼の準備をサクサクと進めてしまっている。しかもめっちゃ嬉しそう(笑)。彼にとってこれが初恋だったんでしょうねぇ。滋子も上西門院に嫁ぐことの報告をするわけですが…「その髪の毛では宮中に入り辛い想いをするだろうから何とかしたほうがいい」とさりげない忠告を受けてしまう。

と、いうことで、滋子の天然パーマをストレートパーマにしよう大作戦が決行(笑)。今の時代では美容院で色んな髪型にできるけど、この時代はその方法すらわからないものだからテンヤワンヤの大騒ぎ。引っ張られるわ、熱湯つけられるわ、滋子さん大変なことになってました(笑)。
そんな様子を見て呆れ顔の清盛は「外見なんか気にしないと思ってたのに見損なったぞ」とツッコミ入れるんですけど、実は彼女は自分の外見のせいでゴッシーが恥をかいてしまうのではないかと気にしていてのことだったんですよね。まさに恋する乙女な滋子さん、可愛い。でも天パはどうにもならず、さすがの彼女も凹んで嫁ぐのは辞めにすると言い出してしまう。

そのことで彼女以上に凹んですねちゃったのが後白河さんww。なんと分かりやすいお方(笑)。なんていうか、本当に精神年齢が子供のままなところあるよねぇ。璋子様の血を引いてると思っちゃうよ。その様子をそっと影から見た清盛は思わず吹き出してしまってましたねw。
そんな二人を見ては、もう、反対ばかりもしていられない清盛は一計を講じます。滋子の天パを逆手にとって宋国風にアレンジ。滋子のパーマが美しく映え、衣装もとても可愛らしくて似合ってます。そういう機転を思いつく清盛、さすがだなぁ。でも時子からお礼を言われても決して滋子のためだと言わないところがなんだか可愛いw。
婚礼の席で後白河と一緒に「遊びをせんとや」を歌うシーンがとても印象的だったな。二人の駆け引きはこれからさらに続いていくわけで…そんな将来を想わせる一コマでした。

そういえば、兎丸にもロマンスが生まれそうな雰囲気でしたね。清盛と出会ってもう30年…彼もすっかり老けました。で、そのロマンスの相手は…海賊船時代に一緒に乗り込んでいた桃李ちゃん!かなりの年の差だぞ!ある意味現代的!?この二人の恋の行方もちょっと注目したいところです。


さて、次回はついに崇徳院が…!!予告がすごいことになっておりました…。オリンピック放送の影響で本盛は21時からの放送だそうなのでお間違えの無いように。
さらにさらに・・・、なんと、第3回清盛生ツイッターが開催されるらしい!そのゲストとして…「さよなら崇徳院」ということで演じられた井浦新さんも参戦するんだとか!!!めっちゃテンション上がるんですけどww。29日は早盛から本盛終了後までいつも以上に濃い時間が過ごせそうです。

あぁ・・・でも・・・新さんの崇徳院がいよいよ本当に最後かと思うと…切ないなぁ・・・・・




関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。