<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
平治の乱の足音がいよいよ迫ってきました。それと同時に新しいツイッターのアカウントも誕生!制作者に直接応援している気持を伝えられるのが嬉しい。ほんと、いいドラマだと思ってますので…最後まで今のレベルを貫き通してほしいです。
そういえば、今月頭に私が弾丸讃岐日帰りツアーした時の井浦新さんの番組がうどん県で放送されたとか。私が胸熱になったあの新さんの讃岐巡りも放送されたんだろうなぁ…。ぜひとも新さん再登場の前に真夜中でもいいので全国放送してほしいです。それにしても高松放送局の清盛サイトは本当に充実してますなぁ。ご当地サイトの鑑ですよw。

今回は平治の乱の直前エピソードなのでスリリングな展開が多いだろうなと思っていましたが…それもあったけど、どちらかというと、泣けた(涙)。過去のエピソードが見事に伏線となって出てきて…ほんと、やられたなぁと思いました。藤本有紀さんはこういった伏線回収のエピソードを紡いでいくのが上手いです。過去エピソードがただの回想シーンじゃなくて、ちゃんと意味のあるものになっているというのが特にすごい。


さて、今回のキーマンは信西。もう齢50になりましたか!そのことにちょっと軽い衝撃が(笑)。宋の言葉を巧みに操ってビックリさせたエピソードが出てきましたが、たしかにそのシーンはちょっと若々しく見えた…かも。ちなみにあの場面で映ってた鳥羽院はダミーですよねww。誰が担当したんだろう?
信西は次々に改革を進めていきますが、そのやり方がちょっと問題アリですね。やろうとしていることは本当にとても立派だし意味がある。大学寮を作るっていうのだって、腐った貴族を一掃して使える人材を育てたいっていう彼の熱意からのものですし。しかしながら、あの容赦なく切り捨てるやり方は確実に敵を作ってしまう…。信西としてはそれも覚悟の上なんだろうけど、あの時代、恨みを抱かれてしまったら命を落としかねないわけで…見ていて本当に危なっかしい。
源氏への対応も露骨すぎたしね。情を捨てなければ改革はできないっていうのは分かるけど、もう少し違う方法がなかったのだろうかとか思ってしまう。傍に仕えてる師光よ、君はなんか意見できなかったのか!?どうもこのキャラあまり好きになれない。

面白かったのは塚地さん演じる信頼さんですな。どうやら後白河上皇様の過剰なるご寵愛を受けているらしく(笑)。後白河さんは、ああいう殿方がお好みだったのねwww。で、もう調子に乗ってさらに上の官位も欲しがってしまうという。たいして能力もないのに位ばかり望んでしまうというのがこの時代の貴族の象徴か。
信西はこれに対して真っ向からNOを突き付けるわけですけど、信頼は信西に恨みを抱いてしまう。さらに信西は後白河に「遊びに現抜かしてると後でひどい目に遭うぞ」っていう遠回しの諫めの巻物を渡すんだけど、彼にはまったく理解できなかったようで(汗)。ありゃお遣いに行った師光も苦笑いだよな。頼朝のナレーションも面白くてちょっと吹いた(笑)。

一方の義朝には悲劇が続く。
清盛に後れを取ってしまった義朝は卑屈になってしまい、清盛が由良さんが倒れたのを心配して薬を…と言ってきたのも拒絶。二人の間にどんどん広がっていく…。清盛は朝廷からの力を得るために信西を利用して出世をしてきているけれど義朝はその方法をとして受け入れようとはしない。武士は正々堂々と戦いで上にのし上がるべき、というのが義朝のモットーだからね…。それが通用しない世の中だっていうのは分かってるんだけど、八方塞がりでどうすることもできない義朝が切なくて泣けます(涙)。
「すべてにおいて恵まれた貴様とは違うのだ」
清盛にこう吐き捨てるのが精いっぱいだった義朝。涙を流しながら馬具を磨く姿がさらに切なくて胸が痛みました…。

そんなある日、頼朝が初めて清盛と対面する日がやって来た。貴族たちのあざ笑う声を背に受けながら清盛に酌をした頼朝でしたが、緊張から粗相してしまう。震えながら頭を下げて謝る頼朝を見た清盛は

「やはりもっとも強き武士は平氏じゃ!そなたのような弱き者を抱えた源氏とは違う!」

と言い放ちます。清盛、ちょっと天狗になってんじゃないのか!?ってこのシーンだけ見ればそう思ってしまうけれど、実はこれ、深い意味があるんですよね…。涙目になりながら怒りに震えた視線を頼朝が向けたとき、清盛は余裕の表情で笑って見せた。そこに嘲りの表情はない…頼朝もそう感じたから憎しみから戸惑いの表情に変わったんだと思う。頼朝役の中川くんがなかなかの熱演です。

その日の午後、由良さんの容体が急変。医者も手の施しようがなくて…動揺した義朝は清盛に宋の薬をもらいに行こうとしますが、苦しい息の中で由良さんがそれを止める。平氏に決して頭を下げてはいけないと…。あぁ、由良さん、なんて誇り高き源氏の妻なんだ(涙)。死の床にありながらもなお強く源氏のことを考えてる。まさに武士の妻の鑑ですよ…。この人がもしも男で源氏の棟梁になっていたら、状況は少し違っていたのかもしれないって思いました。
弱りゆく妻を見て義朝は初めて優しい言葉をかける。遅いよ…遅いよ、義朝!!もっと早くに由良さんの気持ちを思いやっていればこんなことにならなかったかもしれないのに(涙)。どれだけ彼女が心の奥底で辛い想いをしてきたか…。本当に心底好きだったんだよね、義朝のこと…。
「そなたの命に代えられるか」
でも、最期にこの言葉が聞けただけで、由良さんは幸せだったのかもしれない…。とても綺麗だったよ、由良さん。強くてそして儚くて美しい由良御前。愛する人に看取られて…帰らぬ人になりました(涙)。このシーン、本当に泣けました…。田中麗奈さんが素晴らしかった!凛として最後まで美しい由良御前だった。
由良さん亡き後、さらに落ち込んでしまった義朝は常盤の元を訪ねますが拒絶されてしまう。常盤の気持ちも分かるけど、そんな時のための側室でもあるんじゃないの?とか思ってしまった…。どうもこのドラマの中における常盤御前は私苦手なんですよね(汗)。

不幸続きですっかり心に隙ができてしまった義朝。そこに付け込んできたのが官位の取得を阻んだ信西への私怨を抱える信頼です。塚地さんが軽薄で嫌らしい~雰囲気を実にうまく出してますな(笑)。信頼は義朝が信西から冷遇されてきたのを知ってますから、これはチャンスと近づいてきたわけで…「ここで起死回生を狙ってはみぬか」と食いつきそうな言葉で惹きつける。そして…
「信西の首を取れ」
こやつ、ほんとにムカつくキャラだな(笑)。あまりの突然の恐ろしい申し出に義朝は怖気づいて必死に断ります。信頼、これ以上義朝を負の道に引きずり込むなーー!とどれだけの人が思ったことでしょうw。なんか心の隙に付け込まれるパターンが続きますね。崇徳上皇も頼長に誘い込まれてたし(上皇様はフラフラとそっちへ流れてしまったけど 汗)。こういった駆け引きが実際にもきっと行われていたんだろうなと思います。

館に戻ってボンヤリ外を眺める義朝。なんか寂しい後姿が父親の為義に本当に似てきたよ…。そこへ頼朝がやって来て清盛との関係を尋ねます。義朝の脳裏に走馬灯のように駆け巡る清盛と競い合った日々…。出生のことで悩み深かった清盛がヤケを起こして競べ馬を義朝に挑んだあのシーンが出てきたんですが、あぁ、ここで繋がるのか!と目から鱗。勝負に負けた清盛はウジウジと泣き言を言っていましたが、あの時義朝は

「最も強き武士は源氏じゃ!貴様のような情けないものを抱えた平氏とは違う!」

と怒鳴りつけた。
このセリフ…、今回清盛が頼朝に対して放った言葉と同じじゃないか…!そう、清盛はあの時、頼朝に若き日の自分を重ねて見たんでしょうね。あの日、義朝から挑発的な言葉を投げかけられた清盛は対抗心から再び立ち上がり立ち去る義朝に食らいつくように追いかけてた。清盛は頼朝が涙目になりながらも挑むような視線を向けてきたことが嬉しかったんでしょう…。かつて義朝が追いかけてきた清盛を嬉しく思ったのと同じように…。

清盛と義朝が競べ馬をした回でナレーションの頼朝は「あの時父は決して振り返らなかったそうだ」と語っていましたが、そのエピソードの回収がここで来るとは!あの時は何となくこの言葉を聞いていたけど、今になって聞いてみると実に胸に沁みます(涙)。頼朝はライバルでありながらも心の深いところで認め合っている清盛と義朝の絆を感じたんじゃないだろうか。
"平清盛なくして源義朝はなく、源義朝なくして平清盛はなかった"
成人となった頼朝が初期にそう語っていたことが、ここにきてとても重く響いてくる。そう感じたとき、なんだかものすごくこみ上げてきてしまって…落涙です(涙)。彼が清盛に対して憎しみの気持ちを抱ききれない理由も納得できるような気がしました。

若き日の清盛とのライバル関係を思い出した義朝はついに決起することを決断。それは信頼の言葉に乗ったからではなく、もう一度ライバル清盛と同じ場所に立つために。それには信西の存在はやはり消さなければならないんですね…。
信西は宋へ行くメドが立って気分が高揚している。清盛にその大願成就のための熊野詣へ行くように命じる信西。清盛は信西が通憲の時代からずっと宋の国に憧れを抱いていたことを知っている。それだけに友がその夢をかなえられる現実が近づいていることは嬉しかったと思います。でも、この熊野詣が悲劇を呼んでしまうんだよ…(涙)。

対等の立場に立つために決起するライバル・義朝、憧れの国へ夢を膨らませる友・信西。清盛が今最も心を寄せている二人の運命がどう動いていくのか…次回からも目が離せません。

以下、ちょい辛口な師光意見です。虎ノ介くんファンで師光大好きっていう方は読まないほうがいいかも(汗)。






それにしても、私は虎ノ介くんファンではありますが…どうも師光が分からないんですよね(苦笑)。

信西に忠誠を誓っているのは分かるんだけど、その反面、清盛にはあまり良い感情を抱いていないという複雑なキャラのはずなんですが…そういった微妙なラインのところが感じられない。信西が清盛を信頼している故におとなしくしているのか、いずれ陥れてやろうと思っているのか…そういう不敵キャラだと思ってたんだけど…。
そもそも、なんで師光が信西にあそこまで付き従ってるのかがよく分からん。保元の乱の戦後処理に惚れこんで…ってことになってるけど、それは信西の冷徹なやり口に惚れこんだからってはず。だけど今の信西は清盛との仲を深めて自分の夢にまっしぐら。そんな信西が手を合わせてしまうほど好きなのか?なんか納得できん。ただベタベタ信西の信者としてくっついてるだけって見えちゃう。師光の意思が見えてこないしキャラが薄っぺらいしもどかしい。心の深いところで信西と信頼関係築いてるっていうように見えないんだよな…私には。色としての信西との関係にしか見え…(爆)。

このままだと、次回の悲しい展開にも納得できない悪寒が…(苦笑)。それだけが心配な今日この頃。あ、虎ファンを敵に回しましたかね、私(爆)。うーん、虎ちゃんはもっと良い芝居ができるはずなんだけど…今回の大河は私個人としてはちょっと期待外れかも…なんで…。
とりあえず、超個人的な見解なのであしからず。これでも応援してるんです、虎ノ介くん…(汗)


関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 - -
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。