<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
597240432.jpg
先週は行くのを断念していましたがw、今週はやっぱり会いたくて来てしまいました。このところキャス変が発表が不安定なのでチケットを取るのもなんだか恐ろしくて(苦笑)。行ってキャスト表見るまではホントにドキドキでございます。

この日を観劇日に選んだのはリハーサル見学会が行われるということで。どうせ行くならやっぱりイベント絡みがいいかなぁと。ちょいちょいネタバレ含んだレポートになると思うのですが(汗)そのあたりはご容赦を。

597200891.jpg
四季のリハーサル見学するのってものすごく久しぶり。一番最後に見たのは…もしかしたら5年前の海劇場のオペラ座以来かもしれない。あの時は小林さんが司会担当してくれたんだっけ…(涙)。
参加人数は100人ちょっとくらいかな。中央ブロックとサイド中央寄りを使ってだいたい3列くらいでしたね。質問票もあったんですけど、ああいう場に行くとなかなか聞きたいことが思い浮かばないもので(汗)今回は応募箱に入れずに参加となりました。

まず最初に目に入ってきた光景がBBの冒頭の「変わり者のベル」タウンのシーンです。いつもはメイクばっちりの役者さんしか見たことなかったもので…稽古着で素顔のままの若い役者さんたちがあれと同じ動きをしている光景は何とも新鮮でした。老人役も若い役者さんが担当しているので、本屋のおじいさんとかけっこう見ていて違和感あって思わず吹き出しそうになってしまった(笑)。
タウンのシーンはお稽古が本当に大変そうだなぁと思ったなぁ。なにせ登場人物が多いし注意しないと役者同士が舞台上でぶつかりかねない。綿密に動きをチェックして進めているんだなぁと感動。浮気亭主役の若手さんのシーンでは「もっとアピールをしっかりしないと何したいか分からないよ」といったようなダメ出しがあったり。それでやり直してみるとガラリと印象が変わって漫画チックになってて面白かった。シリーガールズには「前傾で!」って指示が飛んでいたり。パン屋役の役者さんはひときわ声が大きくていいなぁと思いました。

アンサンブルさんたちはほとんど名前と顔が一致しないんですが(爆)、川原さんだけはすぐに分かった。…っていうか注目してしまったw。ヘアドレッサーの動きがけっこう面白い。ナルシストっぷりがよく出てました。それに踵を返して去っていくときの姿勢がやっぱりきれいです。
で、ここにはベル役の高木さんも参加。華奢な方で意外と地味!?稽古着でアンサンブルさんたちと混ざると同化しているように見えてしまった。だけど顔は小さいしやっぱり美人さんです。ちょっとおとなしめな印象だったかな。アンサンブルの動き確認のたびにアカペラで何度もその場面を歌ったりしててお得な感じ(笑)。リハではどちらかというと力を抜いているような印象でしたが、本番になるとガラっとオーラが変わっていたのでやっぱりすごいなと思いました。

一通りタウンの通し稽古を行った後はガストン酒場のシーンのリハへ。あれよあれよという間に光景が変わっていくのに感動。その準備の間に指示を送っていた役者さんが軽く自己紹介。主に中心になって動きの確認作業を行っていたのはシリーガールズの倖田未稀さん(緑のドレスですぐ倒れちゃう子役)でした。だからシリーガールズが舞台上に3人しかいなかったのかと納得。倖田さんは現在ダンスキャプテンをされているそうで…大石さんから変わったんだ!
挨拶はなかったんですが、歌唱指導をしていたのは「真理さん」って呼ばれてたのでタンス夫人の原田真理さんだったんじゃないかと思います。あと、全体的な動きのチェックと芝居の指導をしていたのがルミエール役で公演委員長の百々さん。非常に的確な指示をしていたのが印象的でした。

そしていよいよマグカップ合わせのところからリハーサル開始。これは念入りに確認していないと「凶器になりますので(汗)」とは倖田さん談。以前バクステ参加した時にマグカップ持たせてもらったけど、たしかにけっこうガッシリしてましたからね。
ということで、中心にガストン役の野中さんとルフウ役の遊佐さんを入れて稽古開始。最初はゆっくり目にして動きの確認。特に気を遣っていたのが隣の人との距離感でした。「マッシュさんのところ狭くない?」とか色々声が飛んでましたが…野中さんが劇団内で「マッシュさん」と呼ばれてるの初めて聞きました(笑)。
皆さん一つ一つ確認して真剣な面持ちではあるのですが、笑顔も見せなきゃいけなくて本当に大変そう。呼吸を合わせたりラインをそろえたり色々なチェックがあったんですが…その時に一番積極的に意見を出して周りを引っ張っていたのが遊佐さん。とても周りの動きがよく見えているようで色々な部分を指摘していたのが印象的です。なんだかルフウがものすごく賢く見えたよ(←いや、遊佐さんはもうベテランさんですからw)

一通りマグカップのリハーサルをやったあと皆さん解散。そのあと軽くトークショーがありました。司会担当はコグスワース役の青木朗さん。リハ中にやって来て何度か席の移動したりマイクを百々さんに渡そうとしたり(←遠慮されて結局原田さんのところに持っていってたけど 笑)ちょこちょこ動いてて目立ってましたww。トークメンバーはアンサンブルの磯辺愛奈さん、シリーガールズの一人(オレンジのドレス)役の加藤あゆ美さん、ガストン役の野中万寿夫さん

リハ時間が長引いてしまったということでそれぞれのトークはなしで事前に募集した質問から答えていく形式に。

Q.テンションが上がらない日はどうしてますか?

野中さん
個人的に暗い気持ちになるのが嫌なので頭の中はハワイだっていつも思っているらしいww
加藤さん
天気によって気分が左右されやすいけど、なるべく多く笑おうと心がけているとのこと
磯辺さん
友達とご飯食べたりおしゃべりしたりしているとのこと

Q.リハーサルはどのくらいしていますか?

青木さん
週の一番初めの公演をする時にはキャストが入れ替わろうが替わるまいが、必ずタウンとマグのシーンは確認のためのリハーサルをやっているんだそうです。で、「今週は珍しくキャストが一人も変わらなかったのですが…」って言葉に私ひそかに反応ww。あの時ホッと胸をなでおろしていたのは私だけだったと思います(爆)。

磯辺さん
呼吸法の指導をしているようです。ダンス・バレエを30分、呼吸法を30分やっているとのこと。

Q.衣装のサイズはどうしてる?

加藤さん
衣装は基本的に全部1着。キャストが変わるたびに衣装担当さんがホックの位置を変えたりして使っているそうです。

Q.野中さんはモノになるとしたら何になりたい?
これよく聞こえなかったんですよね。っていうか、野中さん、終始落ち着きなかったもんで(笑)

Q.これだけは負けないっていう演技上のポイント

野中さん、磯辺さん、加藤さん、そろって「笑顔」とのこと。野中さんが若手二人に「もっと違うこと答えなさい」とツッコミいれてましたwww。いや、野中さんもしっかり答えてよ(笑)

このあと質問応募した人の中から抽選でプレゼントが配られてました。やっぱり私も応募すればよかったかなぁ~。
最後に青木さんから挨拶があったんですけど、ちらりと夏劇場版のBBの楽をほのめかすようなコメントがありました。「まだ発表されていませんが」って言ってたので、もしかしたらその日程はもう決まっているのかもしれません。そろそろ心の準備しなきゃなぁ…とちょっと寂しい気持ちになりました(涙)。
なんか駆け足でユルいミニトークでしたが、それはそれで面白かったですw。最後まで無邪気に手を振り続けてた司会の青木さんがとっても可愛かったです。


以下、本番公演についてのネタバレあり感想です。


主な出演者
ビースト:飯田洋輔、ベル:高木美果、モリース:石波義人、ガストン:野中万寿夫、ルミエール:百々義則、ルフウ:遊佐真一、コッグスワース:青木朗、ミセス・ポット:遠藤珠生、タンス夫人:原田真理、バベット:長橋礼佳、ムシュー・ダルク:川原信弘、チップ:牧野友紀


597241734.jpg
リハ見から約1時間後に再び劇場へ。前回と違うメインさんはガストン役の野中さんですね。先週から入られてますので。

開演前に会員限定のBB2周年企画のリボンくじ引きに参加。すると…
597243969.jpg
ビーストの札が出た!!!よもやこんなに早くビーストのリボンが手に入るとは…!そこに洋輔くんの姿はなくともww札見たときに思わず嬉しくなっちゃって笑いをこらえるのに必死になってた私(爆)。あーー、嬉しいなぁ。そんなわけで、観劇前からさらにテンション上がっておりましたw。

ちなみにこの日も珍しく団体客が入っていなかったんですけど、イベントがあったからか、前回より客席はちょっと埋まっていたように思います。1階席後方部分まで中央ブロックではありましたが人が入ってました。
で、初見のお客さんもけっこう多かったようでシーンごとの反応がとても良かったです。一番うれしかったのはビーアワゲストで手拍子が起こったこと!あのシーンで手拍子聞こえてきたの久しぶりだよ~。しかもこの普通のソワレ日に!ちょうどドアマットのアクロバットがあってナプキンたちとベルのラインダンスに入るところだったかなぁ。会場中が温かい手拍子に沸いていて…なんだかその光景見ただけで私思わず落涙です。いやぁ、よかった!

さらに、カーテンコールが通常よりも2回多かったんですよ!この光景は先月洋輔くんの誕生日翌週公演で見て以来。通常カテコ後の拍手があの日よりも若干量が多かったかも。それくらいこの日の公演は素晴らしかったですね。相変わらずニコニコ嬉しそうに舞台袖に下がって見えなくなるまで万遍なく手を振り続けてくれる洋輔くん、可愛かった!だけどちょっと笑顔に陰りのようなものが感じられた気もするんだけど…気のせいかな。

今回はリハ見でタウンのシーンとマグカップシーンをみているので本番もそこを中心に見入ってしまいました。
タウンではそれぞれの動きがリハーサルの時よりもシャキシャキしているように見えてとても良かったな。あの素顔の役者さんがこんなメイクになるのか!みたいな発見もあって楽しかった(笑)。ちなみにタウンの最後のほうでみんなが固まって歩くベルを見つめるシーン、あそこ見てる人たちが上下に跳ねるような動きをしてるんですが…あれって心臓の鼓動を表現してたんですね。リハ見でその部分の動きについてのダメだしとかあったときにそんなことを言ってたのでちょっとビックリしました。「あまり跳ねすぎないで」って指摘されてて。本舞台では適度な動きをみなさんやってましたw。
マグカップのシーンはリハで見たよりもみなさんキビキビ動いていてダンスのタイミングも合っていたように思います。リハの時には確認のためかけっこう音がバラバラだったんですが(汗)そのあたりもよく修正されていました。本舞台でのこういう発見があるのがリハ見の楽しみでもありますね。

以下、キャストについて少し。

高木ベル
リハ見ではあんなに地味に見えたのにベルの扮装になると本当にキラキラ輝いてました。歌は相変わらずビブが効いてるんだけどw安定感はありますよね。日本語のセリフもあまり違和感ないのがいいです。ただ気になるのはセリフの間なんですよね。セリフとセリフの間がなんだか早いんですよ。余韻がないと言いますか…。貯めてほしいところもスラスラ出てきちゃう。ここはちょっと改善してほしいなと思うところです。
表情は相変わらず時折陰りのある感じなんですが(クリスティーヌに見える瞬間が何度かw)、美人さんなのでそれはこの世界観に合ってるかな。でもやっぱりもう少し明るい笑顔を見せてほしいって思う時が何度かありますが(汗)。

久々に見た野中ガストン
この方は本当に初演の頃からガストンやってるだけあって、もう、動きもセリフ回しもすごく自然というか、余裕でポンポン出てくるって感じでしたw。田島ガストンがアニメから抜けてきたような、ちょっと愛嬌のあるガストンなのに対して野中ガストンは超自己中の悪ガストンって雰囲気(笑)。それを特に感じるのが酒場のシーンですかね。あのキレっぷりはけっこうすごいものがありますw。なんか悪の道にまっしぐら…みたいな感じ。城から落下するときも同情しなかったよ(爆)。

遊佐ルフウ
野中ガストンの時でもちゃんと空気とタイミングを合わせててすごいなぁと思いました。いいコンビだと思えるのは田島ガストンだけど、野中ガストンにもちゃんと対応してた。っていうか、リハ見したせいで、遊佐ルフウがなんだかとても頼もしく見える瞬間が何度か(笑)。特に酒場での動きとかマジマジと動きを見てしまいました。

遠藤ポット夫人
相変わらず素晴らしいですね。お城みんなのお母さんって感じで温かみがある。特にチップへの母心がいい感じです。クライマックスで息子と再会したときにはなんだかジーンときちゃったな。「ネバーギブアップ」の気合の入れっぷりもすごくてw客席からは笑いが起こっていました。

百々ルミエール青木コグスワース
とてもいい感じです。二人のコンビはなんだかとても落ち着いているというか、見ていてしっくりきます。青木さんは表情や動きがとにかく面白い!お茶目でとっても可愛いんですよ。それでいて召使の長って雰囲気も出てるのですごいなぁと思います。

長橋バベット原田タンス夫人
前回見たときよりもかなり馴染んできた感じですね。原田さん、タンスから衣類を出すときの芝居がめちゃくちゃオバチャンで笑っちゃったよwww。


以下、飯田ビーストに関する個人的盛り上がり感想になる…はずですが…ちょっと今、あまりノッて書けないような心境なのでいつもより軽め…の予定(爆)。それでも無駄に熱いことは確実なので苦手な方はスルー願います。





2週間ぶりということもあって、洋輔くんのビーストに会えることだけで嬉しくてたまらなかった今回。冒頭で王子から野獣に変わった時からテンションが上がったのは言うまでもありませんw。

今回ちょっと「おっ!?」と思ったのがイライラを募らせていくシーンですね。モリースに対して脅してしまうところ、声の張りが前回よりもさらにしっかりしていた!ちゃんと"野獣"としての怒りをものすごく強く表現していて…思わずすごいって思ってしまった。また一つ表現力上げたなぁってすごく嬉しかったですね。

ベルと初対面して身代わりを「約束します」って言った後の「よぉぉしっっ!!」の言い方が最高に可愛かったです!もう、めっちゃテンション上がってるの分かったし(笑)。ああいったところが本当に洋輔くんのビーストいいんですよねぇ。そのあと、ベルが怖がって泣いてしまった時手を差し出すシーンは切なかった…。拒絶された直後の表情が、本当にとっても哀しそうで思わずグッときちゃったよ(涙)。
ベルを部屋に案内するときのイライラっぷりも本当にすごくて…洋輔くん、本当に怒ったことないの!?って思ってしまったくらいです(笑)。

召使たちから振る舞いを注意されるシーンも可愛い!!「癇癪を起さないこと!」って注意された後、ハッとして自分の行動を顧みる…みたいな間がここ最近本当に上手い。コグスワースに「それで?」って穏やかに尋ねようと頑張るところも、もう、ギリギリのところで我慢して感情抑えているのが痛いほど伝わってくるんですよね。だからこちらもすごく感情移入してしまう。
ベルを夕食に誘おうと必死になるイライラっぷりも本当にリアルで。ビーストの心の焦りみたいなものがすごく伝わってきます。「失礼よっっ」の言い方は高木ベルに合わせてちょっと柔らかな感じで真似するというニューバージョンでww思わず吹き出してしまった(笑)。そういう芸の細かさも好きだーーー!!あと、「夕食に来てほしいからだっっっ!」って地団太踏むときも、いつも以上にガンガン足踏み鳴らしてて可愛いのなんの(笑)。最高だったなぁ。

そして鏡でベルが「父にチャンスをくれた?」と語っているのを見てしまった時の芝居。ここに至るまでも「どうすればいいんだっ」てものすごく動揺しててちょっとセリフが浮いてたくらいだったんですよね。あぁ、ものすごく動揺してるって思ったし。だからベルのあのセリフはさらにショック受けてて…その時の凹みっぷりがあまりにも気の毒で、もう、思わず涙が溢れちゃったよ!心の底から後悔してるっていうのが伝わってくるんだよね。
それだけに、ベルに自分で作った食事を持っていくシーンでは思わず「頑張れっ」て応援したくなってしまう。私の周りのお客さんたちもみんなビーストにそう思っているような空気ありましたよ。そういう空気にさせるってほんとうにすごいよ、洋輔くん。ベルに「彼さえいなければ」って言われる前と後の喜び→ガックリのリアクションは何度見ても可愛くてたまりません。

西の塔に入ったベルに「何をしようとしたのか分かっているのか!?」と怒鳴りつけてしまうわけですが、その時の言い方がなんだか怒ってるんだけどとても哀しげで…ウルウルっときてしまった(涙)。そしてベルの袖を破ってしまった後の「あっ…」って我に返った後の表現も秀逸です。背中が泣いてるんだもん、洋輔くんのビースト(涙)。もうそれ見たときから私、号泣モードにw。
♪愛せぬならば♪のナンバーも歌詞の一つ一つに感情が乗ってて、まるでセリフを聞いているようなそんな感じ。芝居の部分を大切に演じたいっていう洋輔くんらしい歌い方で…もう、なんか、感無量で幕が閉じた後も涙が止まりませんでした(涙)。

オオカミに襲われたベルを助けた後倒れ込んだときの苦しげな、寂しげな表情も泣けます。それだけに彼女が戻ってきてくれたと分かった時の驚きの表情がとてもリアルでした。
傷の手当てをしてくれたベルから「ありがとう」と言われた後の「どういたしまして」までのが今回ちょっと長めになってたな。なのでいつも以上にビーストの繊細な心の動きが感じられて思わず胸熱になってしまった。じんわりベルに心惹かれていく様子が手に取るようにわかる。

図書館に大喜びしているベルを見てガッツポーズしながら無邪気に喜んでいる姿は何度見ても泣けます!!なんだろう、本当に洋輔くんのビーストって喜びの表現してる時ものすごくこみ上げてきてしまうんですよ。思い入れが強すぎるせいですかね(爆)。
アーサー王の物語の途中で乗り出した後「あっ…」って思わずひいて笑っているシーンもすごく好き。とても自然体でベルに心を許しているのがよく分かる。「人と違うって言われる気持ちが分かる」とベルに言われた後、恐る恐るながらもそっと、気持ちを込めて自分の手を置くシーンもすごく感動的!それ見て私また号泣、みたいなww。
さらに食事に誘われた時の喜びっぷりが…最高だよ!!「夕食!?僕と君と…!?」っていう時の、抑えきれない喜びが沸き起こる感じ!そしてそのあとの「もちろんイエスです!」のガッツポーズ。もうホンっとに嬉しそうで…あの無邪気な喜びっぷりが可愛くて可愛くて…見ていて私また号泣、みたいな(笑)。

夕食前に怖気づいちゃう芝居は何度見ても可愛くて仕方ない!青木コグスワースがそんなビーストの尻尾を持って遊んだりしてるのも可愛いww。「僕にできるとは思えないんだ」って凹んじゃう姿はなんだか迷子の子犬みたい。そのあと「王子様」って呼ばれてハッと顔を上げるあの時の表情も印象的です。鏡見たときのリアクションは客席かなりウケてて嬉しかったな(笑)。
で…そのあとドレスアップしたベルのところへ行くわけですが…もうここから私の涙スイッチが入りっぱなしに(汗)。ここからダンスシーンまでゴーゴー一人で泣いてましたw。洋輔くんのビーストが幸せそうだとホントに涙が溢れて仕方なくなるんだよなぁ(←そうとうヤヴァイ 爆)

そしてベルと二人になるシーン。意を決して告白しようと「ベルッ」って呼びかけるんだけどそのあと恥ずかしがって「ここで楽しいかい?」って曖昧な表現になっちゃうw。もうビーストの胸の鼓動がここまで聞こえてくるようなんですよ。めっちゃ緊張してる。で、なかなか自分の名前が出てこないことに不安を感じてしまってついにびくびくしながらも「僕と一緒で幸せ…かい…?」ってセリフが出てくる。ここまでがものすごく自然なんですよ。きめ細かいお芝居が本当に魅力的。
ベルから「とっても」って言葉を聞いたときの、あの、心の内側にジワーーーッと喜びが広がっていくかのような表情も最高です!!!あの表情見たら、こっちも告白成功したような気になって嬉しくて涙が出てしまうんですよw。壁抜けの後からここの表現力がどんどんアップしてる感じで本当に嬉しい。

ベルと別れる時のシーンも本当に切ない!!「君はもう捕らわれの身じゃなかった」っていう時なんか涙声になりそうな感じなんですよ(涙)。さらに引き留められた後想いが溢れて「僕はっっ」って告白しそうになりそれを必死に飲み込むシーンなんて、涙なくしては見られません(涙)。ビーストが本気でベルのことを愛しているんだって肌で感じるんです。それだけに切ないのです…。
「行って」の時、今回は震えている感じはなかったんですが、なんだか腕を挙げているのも辛いような感じだった。なのでなおさらビーストの哀しみが感じられてまたボロ泣き。ベルの姿が見えなくなった後ヘナヘナと座り込んでしまうのも泣ける…。そしてあのリプライズ…。いやぁ、ホンっとにこの一連の芝居は泣けます。

そして王子への変身。体が上がる前からこみ上げちゃってボロ泣きw。王子に変わってベルをヒシッと抱きしめてる時のあの幸せそうな顔!!さらに召使たちにありったけの愛を込めた抱擁…!今回も涙涙のうちに終演を迎えましたw。


…と、今回はいつもに比べるとちょっと簡潔な感想に…なっている…と思うんですが!?それはなぜかと言いますと…

『壁抜け男』の大阪公演が突然中止だと発表されたからです

597203478.jpg
昨日劇場でこのフライヤー見つけたときめっちゃテンション上がったんですが…、よもやその翌日に中止が発表されるなんて夢にも思いませんでしたよ(涙)。しかも、チケットの発売日は今週土曜日(6/16)だったんですよ…。今までも中止になってしまう演目はありましたが、こんなに間際に中止発表された事はなかったんじゃなかろうか。そういえば、休憩時間にこのフライヤーの前に四季のスタッフが2人くらいずっと立ってたんだよな…。もしかして撤去のタイミング狙ってたとか!?
考えられる理由は、退団する役者が増えてきて帳尻合わなくなった…ということなんだと思いますが…それにしてもショックです。あまりにも間際すぎる…。洋輔くんのデュティユル…本当にもう一度会いたかったのに(涙)。

午前中はモーニングバードにちょこっとだけど洋輔くんが出てきてテンション上がってたのに、夕方になってこの衝撃のニュース…。一日にこれだけテンションの落差が起こる日も珍しいです(苦笑)


関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

美女と野獣(四季) - -
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。