<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ついに大阪遠征実行してしまいました。単身、愛之助さんの歌舞伎観たさに大阪入りしましたが、現地ではそれ以上にステキな出来事が盛りだくさんで・・・すごく楽しかったお世話になりました皆さま、本当に本当にありがとうございました!!

というわけで、まずは大阪観劇一日目(4/6)レポです。

大阪に着いてから友人と会って難波の街を案内していただきました。美味しいタイ料理も満喫させていただき、とても有意義な時をすごしました。
で、現地に行って気がついたのですが・・・私は偉大なる勘違いをしてた(爆)。宿泊するホテルと『浪花花形歌舞伎』上演中の大阪松竹座劇場、これが意外と距離があったのですが・・・実は、このホテルのすぐそばに『新歌舞伎座』なる立派な建物がありましてこれを『大阪松竹座』と呼ぶものなんだと思い込んでたのです。ちなみに新歌舞伎座では『川中美幸』公演をやってました…(笑)。
IMG_1580.jpg
↑これ(笑)

松竹座はその先にある道頓堀にありました(爆)。

前置きが長くなりましたが(いつものことだけど 爆)以下、舞台感想です。この日は2部と3部を観劇しました。客席総入れ替えのため、2部が終わった後は外で待機。この時間は道頓堀の写真撮りまくってました(笑)

2部-1『土屋主税』
中村翫雀(主税)、中村亀鶴(大高源吾)、坂東薪車(落合其月)、上村吉弥(侍女お園)、坂東竹三郎(宝井其角)ほか

有名な赤穂浪士討ち入りの外伝的ストーリー。浪士たちが吉良邸に討ち入りした際、彼らに同情的立場だった隣家の土屋主税が討ち入り本懐を遂げられるよう庭に提灯を立てて明るくしてやった、という有名な逸話を歌舞伎に仕立てたものだったのでとても分かりやすかったです。
一場では、俳人其角のもとへ親交のあった元赤穂藩士である大高源吾が訪ねてきたときのエピソード。討ち入りを直前に控えた源吾ですが、それはトップシークレットであった為に「西国のとある大名に仕えることになったから暇乞いに来た」と嘘をついてしまう。本当の目的を知らない其角はその話をまともに信じてしまい、源吾に対して疑念を抱くのですが・・・さらに悪いことに源吾とは初対面の其月が訪ねてきて源吾の行動を激しく罵ります。
これ、ものすごく辛いシーンでしたねぇ…。討ち入りはトップシークレットで誰にも打ち明けられないし、源吾としては親しくしていた俳諧の先生からも初対面の人からも否定されて・・・心中察するにあまりあるとはこのことです。源吾役の亀鶴さんの表情があまりに辛そうで胸に迫るものがありました…。其角が贈った上の句にそれとなく苦しい胸の内をこめた下の句を残すところは特にジーン逆に罵る側の薪車さん演じる其月はめちゃくちゃイキイキしてて大迫力(笑)。源吾を蹴っ飛ばしてましたしでもねぇ、薪車さん・・・めちゃくちゃステキだった。何しろ私は2月の「娘道成寺」での坊主だった薪車さんしか知らなかったもので(笑)今回の凛々しい姿はかなり衝撃的でした。
第二場でいよいよ主人公の翫雀さん演じる土屋主税が登場。そこへ雪見の会に其角と其月がやってきて散々と源吾を罵ります。その過程で先の俳句の意味を主税だけが理解するのですが、源吾の言葉を真に受けている二人は悪口言い放題になっていたため寝たふりをして二人を退席させます(笑)。・・・と、ここはけっこう面白いシーンだったと思うのですが、実は私・・・このあたりで旅疲れがでたのかフッと気を失ってしまいまして薪車さんの捲くし立てがほとんど記憶にありません(爆)。迂闊だった・・・翫雀さんの主税が寝たフリをしたのと同時に私が目覚めまして・・・(爆)なんとも妙なタイミングだと自嘲してしまった
そうこうしている間にいよいよ隣家で討ち入りが始まります。この始まった時の音が「キーン、キーン」ってなんだかすごく可愛い音(笑)。その音に大興奮の土屋主税は提灯を立てて明るくしてやります。これは忠臣蔵でも有名な話。それにしても翫雀さん、貫禄ありますよねぇ。堂々とした魅力溢れる主税です。で、討ち入りの音を聞いてあわてて其角さんと其月さんが駆け込んできて自分たちの浅はかさを嘆きまくり。其角さんなんか「源吾はいないかぁ」って木登りして隣を覗いちゃう始末(笑)。この姿がめちゃくちゃ滑稽で笑えました。そして脇でひたすら悔いている其月の薪車さんがめちゃくちゃ私のストライクゾーンって感じで大好きでした
討ち入り達成後に源吾が駆け込んでくるシーンは感動的だったなぁ。鶴亀さんの赤穂浪士姿がとても凛々しく眩しかったのでなおさらそのあとに起こる出来事を想像すると泣けてしまいます去っていく源吾を見送る主税の姿も泣けました…。
愛之助さんは出演していませんでしたが、とてもいいお芝居でした。この演目で薪車さんがますます気になる存在になっちゃったし亀鶴さんも今後チェックしなきゃだな

2部-2『於染久松色読売 お染の五役』
片岡孝太郎(油屋娘お染・丁稚久松・久作娘お光・雷・土手のお六)、上村吉弥(猿廻しお龍)、片岡愛之助(猿廻し白蔵)ほか

家業のために気の進まない縁談を受けなければいけなくなったお染は、恋仲だった丁稚の久松と駆け落ちすることに。その道中での追いつ追われつといったストーリーですが、この演目の見所はなんと言っても孝太郎さんによる1人5役の「早替わり」です。
「早替わり」に関してはものすごいエネルギッシュなものを先月『高田馬場』で観ていたのですが(笑)、今回のも素直にビックリしたり感動したり笑ったりでとても楽しめました。孝太郎さんの女形って正直あまり顔が美形・・・とは思えず違和感があったのですが(爆)、この演目での孝太郎さんはとても綺麗で可愛く見えてしまった。舞台から近い席だったので流れるような美しい踊りも存分に堪能させていただきました。そんななか、雷様はめちゃくちゃウケたなぁ。なんとなくドリフの雷様を想像してしまったのは私だけではあるまい(笑)。歌舞伎にはこんな役もあるんだぁ~とまさに目から鱗でした。クライマックスのお六さんによる殺陣はカッコよかったです!タオルを客席に撒いたあとにお辞儀している姿は本当に可愛かった
そうそう、この演目でもう1つ気になったのが竹本愛太夫さん!以前テレビで歌舞伎中継を見たときに「義太夫さんにも愛ってつく人がいるんだぁ」と気になってて・・・こんなところで生の愛太夫さんを拝見できるとは、と感動してしまった(笑)。
で、役者の「愛」さんはこの演目ではちょこっと出演だったのですが(笑)、登場した瞬間に思わず「ぷっ」と噴出しそうになってしまった。猿廻しの役という事で背中にサルの人形を背負ってでてきたんですが・・・この組合せが似合うこと似合うこと(笑)!!あまりにも

『猿と愛之助』

の構図がピッタリきすぎてて・・・それだけで目が釘付けに(笑)。か、可愛すぎる・・・。愛之助さんまでぬいぐるみに見えちゃったよ(爆)。
吉弥さん演じるお龍さんも可憐でとても綺麗。愛之助さんとの踊りも息が合っていてホンワカした気持ちで見つめてしまいました~。この演目って予想外に私の好みだったかもしれません

あ、2部だけで相当書いてしまった(爆)。1日目の3部観劇感想はまた次の記事で
関連記事

テーマ : 歌舞伎 - ジャンル : 学問・文化・芸術

古典芸能関連 comments(2) trackbacks(1)


コメント

感動の大阪遠征

rukoさん、こんにちは!
rukoさんのおかげで本当に楽しい大阪遠征ができました(^o^)。なんか大阪現地でrukoさんと出会ったとき密かに感動しちゃったりしたんですよ(笑)。
浪花花形歌舞伎、本当に面白かったです。今までじっくり見る事ができなかった若手の役者さんを堪能できたのも大きいですよね。鶴亀さん、まだお若いと思うのですが凛とした美しさがあるいい役者さんだったので私もチェック入れてますよ~。
愛之助さんは言わずもがな・・・なんか見れば見るほど愛が深まってしまいちょっとヤバイ(爆)。あまり熱が上がらないよう気をつけます(笑)。

若衆のチケット手配してくださったんですか!感激です!!後ほどメールさせていただきますね♪

亀鶴さんね~

えりこさん、お互い遠征お疲れ様でしたw

1月以上に充実した大阪遠征、もう心ゆくまで満喫できましたね~(っていうか私は、した)。

薪車さんは期待通りだったんですけど私の中で今回の最大のピックアップはなんといっても亀鶴さんですよ~。もっともっと歌舞伎で拝見したいんですけどなかなか厳しい状況みたいで残念です。

孝太郎さんはやっぱり「かわいい」「かっこいい」っていう形容詞が似合いますね。私も雷はかなりストライクゾーンでした…。

驚愕の三部、そして陶酔の一部のエントリも楽しみにしてますよーん。

事務連絡:5月の切符、えりこさん(とだんなさん?)の分も「あの件」を見るまえにお願いしちゃいました。自力で手配したかったら連絡くださいね~


フォーム



トラバ

浪花花形歌舞伎 第二部

第二部は15時半から。1時間ちょっとしか&quot;幕間&quot;がないと、案外あわただしいです。途中に20分の幕間(こんどは本物)をはさ
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。