<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800045012016691375.jpg
渋谷のユーロスペースで公開中の映画『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』を見に行ってきました。
前々から井浦新さんの芝居は凄いなぁってずっと思ってきましたが、ここ最近大河見て…さらに生のトークショーまで参加した私はすっかりハマってしまったようで(笑)。と、いうのが大前提ではありますがw、実はそういう状況になる前から気になる映画ではありました。壮絶な生き方をした人だというのは文章を読んで知っていましたが、実際はどういう人間だったのか…実在する人物には興味がある私としてはぜひ見ておきたかった。

ちなみに井浦新さんはこの映画が封切られるのをきっかけにして芸名をARATAから本名に変更したんですよね。そのことはたしか、大河ドラマが始まる直前くらいにニュースになってて。今も「井浦新=ARATA」だって知らない方もけっこう多いみたい。
"三島由紀夫を演じた役者がテロップが流れる時にアルファベット表記になっていては申し訳ないと思った"という理由がなんだかとても彼の誠実な性格を物語っています。そこまで思い入れた新さんの三島由紀夫をぜひ劇場で見たかったというのもあります。

映画全体としては、あまり気楽な気持ちで見れる作品ではないです。冒頭から社会党の委員長が刺殺される事件入りますし、その犯人の若者が自らの命を絶つところからのスタートなので…。この若者演じてたの、「タンブリング」のメガネくんを演じてたタモト清嵐くんだったんですが、あの頃と全然雰囲気が違うのでビックリした!
時代は学生運動の真っただ中で世の中がものすごく混沌としてる。国の将来を憂えて多くの若者たちが過激な行動に走る。その真っ只中に、作家の三島由紀夫が生きている。彼もまた国を憂え、自衛隊に入隊して軍隊を作ろうとしたり(盾の会の結成)対抗の立場にいる学生たちの元へ乗り込んでいき彼らと激論を交わす。

まず最初にビックリしたのが、三島由紀夫が大豪邸に住んでいたってこと。彼のことについてほとんど知らなかったので、立派な邸宅が出てきたときには驚いてしまった(笑)。奥さん役の寺島しのぶさんも金持ちの妻らしく化粧がめっちゃ濃いww。なんだかちょっと不思議な夫婦関係だった。

正直、私には政治的なことについては語れるほどの知識もないし…激論の中に出てくる言葉の意味も理解できないものも多かった(汗)。
だけど、は伝わってきます。三島が「君たちの誠意は理解できる、けれど共闘することはできない」って最後に語るのがとても印象的。あのころの学生は本当にものすごい熱を帯びていたんだなぁと思った。現代ではあまり見られない光景です。そのことに関して単純にすごいと感心してしまった。

そんな熱い三島由紀夫ですが…新さんが演じるとなぜかものすごく凛としてて清涼感すら覚えてしまう瞬間があります。若松監督からは「三島の真似をしないで自分自身の三島を演じろ」と言われていたそうですが、まさにそれ。新さんならではの三島由紀夫。激しさの一方で混沌とした時代の中で自分がどう生きていいのかもがき苦しむ姿がとても印象的だった。
さらに印象的だったのは自分についてきてくれる学生たちに対する温かい眼差しです。ネットの動画とかで見た三島は骨太な感じで「俺についてこい!」みたいなタイプに見えたんですけど、新さんが演じる三島は学生たちと共に歩んでいく兄のような存在だった。ここでもやっぱりがねぇ、本当に印象的。激しさの裏側にある優しさがあったからこそ、盾の会の学生たちは三島についていったんだろうなって思えたし説得力があった。

市ヶ谷駐屯地での最後の演説…あれ、ほんとにすごかった…。息を呑んだ…というか、瞬き忘れて見入ったくらいの吸引力がある熱演。決死の覚悟で憲法改正を唱え続ける姿は圧巻です。あの穏やかそうな新さんのどこからあんなパワーが出るんだろうっていつも思う。
そして最期の時…。辛いシーンだけど目が離せなかった。駐屯地へ向かう直前の車の中で学生たちと笑顔で歌を歌っていたあのシーンが印象的だっただけに、彼の美学を全うする姿はなんだかやはり哀しいのです…。

政治的な事とか本当に私はよく分かってないんですが、三島由紀夫の生き様は心に響きました。漠然とですが…彼は遅く生まれてしまった悲劇の人じゃないかなと感じた。侍が町を闊歩していた時代に生きていたら、もしかしたら大きなことを成し遂げられた人なのかもしれないなと…。
そういった意味でも、三島由紀夫という人は武士だったんじゃないかと思いましたね。

三島と一緒に最期を遂げる森田必勝役は満島真之介くんが熱演。現場では監督から相当追いつめられるほど怒鳴られまくったらしいのですが(汗)それにも耐えたあの鬼気迫る表情はとても印象に残りました。いつも常軌を逸した目をして…三島を最後の決断に至らせるだけの説得力があったと思います。そんななかで、個人的にはサウナの中で「先生の作品は分からないんです」って告白したシーンが好きだったな。それに対して優しい笑顔で三島が「そんなことどうでもいい」というようなことを語ってて。二人の信頼関係が伺えるようでよかった。
ちなみに満島くんは満島ひかりさんの弟さんです。現在朝ドラの『梅ちゃん先生』にも出てますね。

そうそう、それからこの映画の見どころの一つとしては、井浦新さんの軍服姿の美しさ!!あんなに軍服が似合うというか…シャキッと着こなせる人はなかなかいないと思う。それだけでも行った価値大有り(笑)。所作も本当に美しかったし…やっぱり三島の魂が入り込んでいるかのような芝居は最高でした。
この役者はやっぱスゴイと思うよ…。目が離せない。自衛隊入隊して走るシーンでは足を少し引きずってましたが、あれ、まだ骨折が直っていない中の撮影だったらしい(汗)。すごい役者魂!

大河などの多忙な撮影スケジュールの中、舞台挨拶も現在全国回って精力的にこなしてているらしい。もう少し早く新さんに目覚めてたら私も舞台挨拶行ったのになぁ…なんて今はちょっと悔しく思います(笑)。私もサインほしかった…w。
ちなみにパンフレットの充実っぷりがすごいです。あれで1000円は安いと思えるくらい濃いです(驚)。



関連記事

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

映画鑑賞作品 - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。