<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
こちらの記事はその1その2から続いています。気になる方は前記事からどうぞ。


濃い~大河ドラマの裏話トークがだいたい1時間ちょっとでいったん〆となり、休憩なしで第2部は新さんが5月に坂出を訪れたときの様子を中心に映像を見ながらのトークとなりました。この映像というのが、おそらく、6/24に香川県のNHKでのみ放送される「井浦新、崇徳上皇を語る」って番組だろうなぁと思います。それを今回一足先に流していただけて。まぁ、高松放送局、アッパレなり!その勢いで全国放送実現もお願いしますよ!!
後ろにある大きめのスクリーンにその様子が流されていたんですけど、新さんが後ろ振り返って見てる感じで。そしたらスタッフの人が途中で気を遣って出てきて何やらこそこそ耳打ち。すると、「あぁ、分かりました」って感じでホワッと微笑んでトークのテーブルにある画面に目を移すって一幕がありました。おかげで途中から映像を穏やかな表情で見入ってる新さんを堪能できました~。いやぁ、ほんっとに綺麗な顔立ちだった…。

崇徳上皇の遺跡巡りが中心の映像。新さんは首からはカメラをぶら下げ肩にはリュックを背負ってるというけっこうラフな格好でしたね。もう遺跡巡りの準備万端って感じでしたw。その洋装からも"あぁ、この人本当に史跡巡り好きなんだなぁ"と思ってちょっと嬉しくなった。私もけっこうそういうところあるものでw。

まず最初に訪れたのが雲井御所跡
o0800060011970512345.jpg
私も今年のGWにここを訪れていたのですが…新さんもそのあと同じところを訪れたんだなぁと思うとなんだかとっても感慨深いものがありました。※私が訪れたときのレポートはこちら
雲井御所は意外にも初めて訪れたという新さん、石碑の前にある崇徳上皇がここで詠んだとされる歌を口にして「素敵な歌ですね…」と感慨深げにしていました。さらに、その近くには上皇が鴨川を重ねて見ていたとされている綾川が流れていて…周りの山々の風景をじっくりと眺めつつ上皇の当時の心にすっと寄り添おうと佇んでいる姿がとても印象的でした。「感慨深いなぁ…」とつぶやいて川を見つめている姿はなんだか上皇様のようで…なんだかちょっと胸熱になってしまった。
新さん曰く、「讃岐に流されてまずここに置かれたというのは、都で負った心の傷が癒されてとてもいいことだったんじゃないか」とのこと。山や川の景色、風の流れを見て感じてそんなことを強く思ったそうです。
ちなみに私たちはあの当時急いでいたので綾川があるのに気が付かなかった(次の宿の時間が迫ってて慌てての史跡巡りだったので ←結局宿に間に合わず車中泊で帰った 爆)


以下、今後のネタバレめいた場所も出てくるので追記へ。





続いて訪れていたのが雲井御所から移った場所とされている鼓岡神社
o0800060011970510779.jpg
同行した廣瀬アナによれば、この神社の前には国府が置かれていていつも監視されている状態だったそうです。私たちが訪れた時は夕方だったんですけど…なんだかとても寂しい景色だったなぁと思った記憶があります。
当時は木の皮だけで作られた粗末な建物だったので木ノ丸殿と呼ばれていたそうで…上皇様の侘しい余生が伺えます(涙)。ここで写経を書いて都に送ったんですよね…。でも結局突っ返されて絶望して怨霊に変わってしまったという言い伝えがあると。聞けば聞くほど哀しい方だなぁと思います。
で、鼓岡神社には木ノ丸殿をイメージした建物があるらしい。全然気が付かなかったよ(爆)。当時を再現したという建物内に入りとっても感慨深げな新さん。「ここに来たらぜひやりたいことがあったんですよね」とリュックから取り出したのは崇徳上皇の歌集。扉を開けてそこからの風景を眺めながら、風を感じつつ静かに歌を詠んで上皇の気持ちとリンクしようとしている姿がとっても印象的でした…。その時の新さんの気持ちがなんだかとってもよく理解できた。たぶん、私もあの場に居たら役作りとかじゃないけど(←そりゃそうだw)同じ行動をしたような気がするので…。

亡くなった後、白峯神社で荼毘に伏すとき途中立ち寄ったとされる神社にも立ち寄っていました。私たちはそこへは行けなかったんだよなぁ…。現在も月に2回崇徳上皇の御礼に食事を献上しているそうです。ここの神社を管理している方のご家族も出てきたんですが「ARATAさんの時から好きです」ってオバちゃんが告白してて可愛かった(笑)。
で、この神社には崇徳上皇が使っていたという馬具が保管されていて…それがお盆みたいなものに乗せられて出てきたので新さん、「これはガラスケースに入れなくてもいいんですか!?」とビビってましたww。さっそく一つを慎重に取り上げて自分の体に当てはめてみたりする新さん。匂いもクンクンと嗅いでいたりして…この人は本当に全身で崇徳上皇を受け止めたいんだなぁと思ったなぁ。それを見た会場からは笑いが起こっていたけど、私にはあの時の新さんの気持ちがよく分かる。当時の…しかも憧れの人物縁のものって本当に心が躍るというか…なんだかその人に会えているような感覚になって全身で感じてみたくなるんですよね。
匂いを嗅いだことに関しては新さんも「匂いを嗅ぐことはとても大事なことで、五感で感じるのは重要」と熱く語ってました←坂出の香りがしたらしいw

今回のVTRを見ることを新さん自身もとっても楽しみにしていたそうで前半部分を見終った後だけでもとっても嬉しそうな顔してました。今月にいよいよ崇徳上皇のクライマックスとなる配流先のシーンが撮影に入るということで、この時の旅は本当にとても感慨深いものになったようです。
「以前訪れたときはクランクイン前で史跡に手を合わせお願いしますって感じでしたが、今回は上皇の縁の品を見せてもらったり実際の場所にも入らせてもらったりできたので心を感じることができてとても嬉しかったです」
と感慨深げに語っていた姿がとても印象的です。

そろそろ撮影に入るということなので、たぶん6月初旬に撮るんだろうなと思いました。そんなわけで、まさにこの日は崇徳上皇へのアプローチの直前って感じだったようですね。特にドラマで描かれるであろう木ノ丸殿に入った時には吹き上げてくる風を感じ、その同じ風をきっと崇徳上皇も受けていたんだろうなぁと想いを深くしたのだそうです。
その時の感想や資料を先日スタッフさんたちに色々と伝えることができたという新さん。都でのシーンはずっとお香をたいていて煙が漂う現場だったので、讃岐のシーンではを取り入れてほしいという話もしたそうです。なので、その放送回には間違いなく影響していると思うとのこと。たぶん台本や当初の予定していた雰囲気よりもずっとずっと深いシーンになるんじゃないかと思います。これは絶対に見逃せない!たぶん平治の乱の後の回になるんじゃないかな。


続いての映像は白峯御陵に特別参拝できたもの。
ここにたどり着くまでにまず
o0800060011970501238.jpg
↑こんな階段を上っていかなければいけないんですが…(汗)、御陵の前には
o0800060011970501237.jpg
ふだん二重の柵があって容易には近づけないようになっています。それを新さんの強い希望が叶い今回特別に手前にある柵を開けてもらっていました。天皇しか通れない道とされている砂利を踏まないように慎重に緊張した面持ちですぐ近くの柵まで進む新さん…。参拝するときにも色々としきたりがあり普通に手を合わせるって感じではありませんでしたね。やはり天皇でしたから、作法があるんだなぁと思いました。
特別参拝を感慨深げにじっくりと行っていた新さん。柵の外に出た後もジーッと御陵のほうを見つめ、まるで上皇と心の中で会話をしているかのように佇んでいる姿はなんだかとっても神々しくて…それを見て私、なんか、思わず涙がこみ上げてしまいました(涙)。その姿を見て恐る恐る廣瀬アナが「どんなことをお伝えしたんですか?」と尋ねると、しばらく言葉が出てこなかった新さんは絞り出すように「…内緒にさせてください」と。崇徳上皇と二人で魂の会話をしていた新さん。全身全霊で感じようというその気持ちがきっと上皇の心に届いたんじゃないかなと思いました。新さんだからこそ上皇も心許して語りかけたんじゃないか…みたいな。なんだかその光景が本当に感動的で…一人、胸熱になっていた私です。

さらに感動的な出来事があって…、御陵にどうしても奉納したいとリュックから取り出したのはドラマで鳥羽院が心からの詫びの気持ちを込めて崇徳上皇に宛てた「法華七喩」のなかの長者窮子の書。実際にその事実があったという記録はないそうですが、ドラマでは親子の絆というテーマのもとにこのアイテムが出てきました。
実際の上皇は最後の最後まで鳥羽院から疎まれていたということで、新さんはこの書を奉納することで崇徳上皇の御霊を慰めたいと考えていたんですね。これ、ほんっとうに崇徳上皇のことを想っていなければできない行動ですよ。たとえそれがドラマ部の美術さんが作ったものであれ、気持ちとして…ドラマではこう描かれていたって伝えることで少しは上皇の魂も救われてほしいと考えたんじゃないのかなぁ。なんだかその気持ちにも心打たれてまたこみ上げちゃったよ(涙)。

しかしながら、天皇の御陵ということであの場で「はい、そうですか」と簡単には許可が出ないわけで。宮内庁に持ち帰って検討されたとか。で…結局あの時の「法華七喩」長者窮子の書はどうなったのかということで、御陵の管理人さんが実際に会場に来られてましたw。
そこまでしているんだから許可されたに違いない、とは思ったんですけど…この宮司さん、なかなかもったいぶった言い方をして結論が出てこないので会場のみならず、横で聞いていた新さんもめっちゃ不安そうな顔してましたよ(汗)。で、ようやく許可が下りて御陵の一番近くで預かり置くことになったという結論が出て皆がホーーッという安堵に包まれてましたw。新さんも「とっっても嬉しいです…ありがとうございます」と感無量の表情でした。大河ドラマを通してではあるけれども、千年の時を経たからこそ親子関係の修復があの書を渡すことでできるんじゃないかと考えたと…これまた一つ一つ言葉を探りながら想いを伝えようとしている姿に感動。本当に心から上皇様のことを慕ってるんだなぁと思いまた一人ウルウルしてしまった私です。宮司さんが退場された後もずっと「本当に嬉しいです…」と何度も噛みしめるように言っていた新さんの姿が非常に印象的でした。

そのあと、廣瀬アナが再び御陵の前で何を話したのか聞いていたのですが…申し訳なさそうに「僕が崇徳上皇を演じきるまでは内緒にさせてください」と語ってました。畏れ多くはあるけれども、あの時男と男の二人だけの会話をしたという新さん。特別参拝をさせてもらったことでこれまで以上に強い想いが芽生えてその決意を伝えることができたそうです。きっと、並々ならぬ気持ちであの時崇徳上皇と向き合っていたんだろうなと思います。
でも、この先も絶対明かさないっていうんじゃなくて…「演じきった後だったら崇徳上皇も許してくれると思うので、その時に高松放送局のHPのボーナストラックにでも語ろうかと思います」って恥ずかしそうに話してくれるところがこの人の優しいところ。今は話せないって言う時も本当に申し訳なさそうにしてて…新さんって本当にピュアな人なんだなぁと思いました。撮影後の話が楽しみです。


続いての映像は新さん大興奮だったという縁の品々を見たときのもの。
o0800060011970501240.jpg
御陵の近くに四国巡礼札所にも指定されている白峯寺があるのですが、そこにものすごい貴重なものが展示されているらしい。私たちが訪れたときには時間が遅くて中に入ることができなかったので(汗)新さんが羨ましかったですw。
で、さらにここでも一般では見れない宝物館に案内されていた新さん。なんと、崇徳上皇が実際に書かれたという掛け軸がありました。とても逞しく雄々しい字体のものでちょっとビックリした。それを見た新さんも意外そうな顔をしていて「これでまた自分の中の崇徳上皇像が膨らんだ」と感慨深げに話してました。
また、滅多に公開しないという為義と為朝の像もありました。この二人はドラマにも出てきて上皇方について戦っていましたよね。もっと早くこれを見てれば役としての入り方も違ったのになぁ、とちょっと残念そうにしていたのが印象的です。この二人の像を見て「この人たちに守られていたんだと思うとホッとしてなんだかつい笑顔が出てしまう」と語ってました。本当に見も心も上皇様になりきっている新さん。

さらに琴平宮にまで訪れた新さん。
o0800060011970293666.jpg
あの階段、上ったのか!なんだか涼しい顔してお参りしてたな…。私はもうヘトヘトでしばらく動けなかったというのに(爆)。崇徳上皇は金毘羅さんに何度かお参りしたという伝承があるそうですね。そこから上皇もここに祀られているらしい。知らなかった!!分かっていたらもっとじっくりお参りしたのに~~(←あの時は体力低下で茫然としていたもので 爆)
で、ここでも超秘蔵の品を見せてもらえることに。新さん、そのことは事前に聞かされていなかったらしくもう待っている間めっちゃドキドキしてましたw。出てきたのは崇徳上皇が自ら歌をしたためたという掛け軸。さっき見た立派な文字ではなく、とても繊細な文字でした。さらには金色の文字で描かれた般若心経まで!「す…崇徳院が書いた…!!」と大感動の新さん。なんでも般若心経を全部覚えているそうで(驚)、なおさら崇徳院の手で実際に書かれたその文字を見られたことは感無量だったようです。あまり感情を表に出す人じゃないけれども、この時ばかりは静かながらもかなり興奮した様子でした。さらに他にも色々見せてもらったらしく、感想を求められてもまともに言葉が出てこないくらい感動していた姿がとても印象的でした。「具合が悪くなりそう」って言ってたのでwwよっぽど嬉しかったんだろうなぁと思いました。

映像を見た後に改めて感慨深げにしていた新さん。白峯寺で見た字と金毘羅で見た字の違いを見たことでさらに今後の役作りの表現に表れるかもしれない、というようなことを語っていました。実際に書かれた文字を見ることでその人となりを感じることってできますからね。書体のデザインにも注目したというところがデザイナーの新さんらしい視点だなと思いました。
為朝像を見たときの感動も語っていましたね。崇徳院とは別に個人的にまた大好きな人物で追っていたこともあり、非公開の像を見れたことはとても嬉しかったそうです。大河の現場でもさとしさんの為朝見て大興奮してたらしいですからね(笑)。まさかここの地でも会えるとは思っていなかったので感慨深かったとシミジミ語ってました。

史跡巡りはいつもラフな格好でカメラをぶら下げリュックに必要なものを詰めてというスタイルらしいです。
これまでも実際に存在した人を演じたことがあるようですが、そのたびにいつも自分で実際にその地へ赴いて五感で感じることをとても大切にしているそうです。役者は自分でイメージしたものを形にすることが仕事だけれども、本やネットなどの情報はなるべく見ないようにしていると。それはあくまでも第三者による情報であるので、人物の息遣いが感じられる場所へ行って実際に自分で感じることで役と向き合うようにしていると…ここは本当にとても熱っぽく話してくれてました。新さんの役者としての根幹が見えた気がしましたね。
香川に来たときも山々の風景がとても印象的だったので何枚も写真に収めて「この景色を上皇も見ていたんだろうなと」と感じて役作りに入っていったようです。その人が実際に見たであろう景色をその地に行って見るって感覚…私にはとてもよく理解できます。史跡巡りをする時には私もけっこうそこから見た景色とか写真に撮るので。なんか当時の人と想いが重なるような感覚になるんですよね。なんか、新さんと自分の感覚が似ているなぁと勝手に思えて嬉しかったですw。


長くなったのでこちらはここで〆ます。次が最後のレポになると思います(汗)。
その4へどうぞ。




関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。