<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
大河ドラマ『平清盛』で最近ものすごく注目しているのが崇徳上皇を演じている井浦新さん。"ARATA"の名前で芸能活動している頃から注目していた役者さんですが(モリのアサガオとかすごい芝居だったし)、今回の崇徳上皇役はなんだか神がかり的なものを感じまして…。
そんな新さんが上皇の配流先にもなっていた香川県の坂出でトークショーをやるという情報をキャッチ。最初は"四国は遠いなぁ"と思っていたのですが、ためしに時刻表でシミュレーションしたら日帰りできることが判明(笑)。新さんの上皇に関する話を生で聞いてみたかったこともあり、往復はがきで応募したところ…
591430862.jpg
当選ハガキが…キターーー!!宿泊するお代までは出せないのでw、新幹線自由席を往復割引で購入し…当日はまだ夜も明けきらぬ暗いうちに始発で出発し…、片道約6時間かけて坂出まで行ってきました(笑)。

591547344.jpg
つい先日GWに四国巡りしたばかりですが…こんなに早くまた訪れることになろうとはw。前回車で来たときは明石大橋を渡りましたが、今回は瀬戸大橋。眼下に広がる海が渦を巻いているのを見て"あぁ、来ちゃったなぁ…"って感慨深く思いました。

591678335.jpg
だいたい11時20分頃に坂出市民ホールに着いたのですが、すでに100人くらいの列ができていて。しかも待っている間にまさかのが…(汗)。傘は重いのでと持っていかなかったことを後悔していたところ、12時30分開場予定を少し早めてくれてホールのロビーに入ることができました。
そこから待つことだいたい30分、ついに入場。これまで参加したNHKのイベントで使われたホールは常設の椅子が設置してあって段差もあることが多かったのですが…坂出市民ホールは1階席が平坦になっててそこにパイプ椅子のちょっと立派なやつがズラっと並んでいる状況にちょっとビックリ(汗)。体育館みたいな感じですね。2階席は常設の椅子があって段差もちゃんとあったようですが…意外と前のほうに並べたので1階席へ。なんとか視界が開けるところを見つけて座ることができました。
舞台上には大きめのスクリーンとちょっと平安を意識したような装飾の舞台。下手に聞き手のアナウンサーさん、上手に新さんと磯プロデューサーの席が用意されているといった感じ。このあたりはたぶん高松放送局の清盛特設HPでレポート上がると思うのでその時に見てください。

始まる前に新人アナウンサーさんによる注意事項と拍手の練習が行われました。会場にはNHKのテレビカメラがそこかしこに!この日の模様は収録されて、後日25分番組として放送されるらしいのですが…ご当地の香川県内しか予定されてないというのがなんとも悔しいところ(涙)。
そのあと、聞き手担当の廣瀬アナウンサーが登場。こちらもまだ若くてけっこう緊張している様子w。ゲストの登場前に「どこから来ましたか?」みたいな質問があって、一番多かったのはやはり四国・中国地方方面。全体の7割くらいだったかな。その次が近畿地方方面でこちらも2割強手を挙げてました。で、そのあと、「まさか関東から参加されてる方とかいませんよね?」という呼びかけがありww…恐る恐る手を挙げたところ、私が見ただけで4-5人くらいしかいなかった(汗)。10人はいるんじゃないかと思っていたんですが、あんなに少ないとは思わずビックリしたw。最前列の方は埼玉だと言ってたなぁ。私は千葉だから…けっこう近いわ…ww。だけど日帰りしてるのは私だけのような気がするけど(爆)。
ちなみに、九州と東北からの人はいませんでした…っていうか、もしかしたら手を挙げなかっただけかもだけど。

この日の参加者はだいたい700人だったらしい。ハガキ1枚で2名入れるので、当選は350枚ということかな。670枚近くきたらしいので倍率的にはだいたい2倍か。2階席もいっぱいだったし、来れなかった人を含めても8割以上は埋まってたと思います。ほぼ大入り満員
参加していた客層は…圧倒的に女性が多かったです。男性はお年が高そうな方が奥様と一緒にというパターンがけっこう多かったかも。私が見るに…半分は私と同年代くらいであとの半分はご高齢の方といった按配だったかな。なかには大河ドラマ知らないけど有名人が来るらしいから来た…みたいなことを話してる人もいたけど(苦笑)。そういえば、トーク中に流れてた映像を見て「あら、あれ●●さんじゃない?」みたいな内輪ネタで盛り上がってたオバちゃんもいたな(苦笑)。

そんなわけで、前置きが長くなりましたが、トークの様子を以下レポートしたいと思います。遠いところまで日帰り遠征していたので、けっこう頑張ってメモしたりガン見したりしてきたのでww…相変わらず無駄に熱く長くなると思いますがご了承を。


591604602.jpg
開催日 2012年6月3日(日)
会場 坂出市民ホール
時間 12時30分開場 13時開演 15時ころ終了
聞き手
 NHK高松放送局 廣瀬雄大アナウンサー
ゲスト 井浦新・磯智明チーフプロデューサー

トーク時間は約2時間ちょっと。休憩なしで崇徳上皇一色!新さんの崇徳上皇のファンである私にとっては夢のような2時間でした。
最初に大河ドラマの映像が流れたんですが、そこから崇徳ほぼ一色(笑)。そして盛大な拍手と共に井浦新さん磯プロデューサーが登場です。

井浦新さんの印象ですが…背が大きい!!スラッとしてて本当にモデル体型です。さらに顔が小さいっっ!!!しかも、美形でございました…!うつくすぃ~…!ポワッとした柔らかい表情でフワッとその場に存在してるって雰囲気だった(表現が難しい… 苦笑)。この人の一体どこからあんなすごい役に入った時の激しさが出てくるんだろうと不思議に思ったくらいです。
声は低くて艶がある感じ。谷原章介さんのような癒しヴォイスとちょっと似ているところがあるかも。癒し系笑顔で「よろしくお願いします」と少し控えめにご挨拶。大人っぽいんだけどどこか繊細な少年らしさも併せ持っているような…そんな第一印象でした。考えてみたら新さんって私よりも年下なんだよな…。信じられん!そういえば、虎ちゃんと同い年か。タイプが違うなぁと思った。
磯プロデューサーは「毛利元就」と「風林火山」を演出した経験があるそうです。

香川来訪回数を聞かれていましたが…新さんは今回で5回目になるそうです。美術鑑賞が趣味らしいので美術館なども訪れているし、讃岐うどんも気に入って食べているらしいw。
磯Pは撮影でちょこっと来たことがあるもののじっくり見たことがないので今回が初めましてに近いと言ってましたね。そういえば磯さんは前日は伊勢で豊原さんんのトークショーにも参加されていたらしい。そちらもすごく気になったんですけど…連日は無理だったw。磯さん、大河関係で全国駆け回ってますよね。お疲れ様です。

そのあとトークはテーマごとに展開。

1.崇徳上皇を演じること
まずは廣瀬アナウンサーから崇徳上皇の人物像についての解説がありまて、叔父子と呼ばれていたことについて「井浦さんも苦しい芝居が続いたのでは?」と尋ねると「そうですね」と苦笑いしながら答えてましたw。

・初めての大河で崇徳上皇を演じるというのはどんな気持ちだったか?
美術鑑賞が趣味の新さん、初めての崇徳院との出会いは浮世絵だったそうでそれ以来ずっと魅入られてきたとのこと。歌川国芳の崇徳院の浮世絵を携帯の待ち受けにしているというのは色んなインタビューで語られていたことですが、今回はその証拠写真も出てきて皆大笑い(笑)。たしかに、新さんのスマートフォンの待ち受けには国芳の崇徳院の浮世絵がありましたw。日付は5月19日土曜日だったから…先月撮ったらしいw。「それくらい好きってことです」とニッコリ語る新さんが可愛らしかった(笑)。
何に興味を持ったかというと、怨霊になったという崇徳院がどんな生き方をしたのかというプロセスだったそうです。いったいどんな出来事が崇徳院の身に起こって怨霊伝説が生まれてしまったのか…そこに非常に興味を持って掘り下げていっていたのだとか。そんな時に、大河で崇徳上皇役をやらないかとオファーを受けたのでとても嬉しく感慨深かったと。言葉を一生懸命選ぶように一言一言丁寧に語る姿が本当に好印象

磯Pは新さんをオファーした時には彼が崇徳院が好きだということを全く知らなくて、そもそも崇徳上皇が好きっていう人がいるということじたい思っていなかったと語ってて会場爆笑(笑)。
キャスティングのポイントは…平氏・源氏・朝廷と色分けしたそうです。平氏は温かみのある芝居が魅力の人をキャスティング(中井喜一さんとか中村梅雀さんとか)、源氏はクールで二枚目系の人をキャスティング(玉木くんとか岡田くんとか)、朝廷は人間の裏表を演じられ且つ深みのある芝居ができる人をキャスティングしたそうな。
そんななかでも崇徳上皇はちょっと外れた特殊な存在で、三上さんや松雪さんのような濃い芝居をされる中で一人だけポッとピュアな芝居ができる人がいいなぁと考えていた時に浮かんだのが新さんだったそうです。
新宿のホテルで会ってオファーした時に突然「なんで僕が崇徳上皇好きなこと知ってるんですか!?」とビックリされて携帯の待ち受け画面まで見せられて磯さんビックリしたと(←世の中に崇徳上皇の怨霊の浮世絵を待ち受けにしてる人がいることに驚いたらしい 笑)。これでもう「何かのご縁」ってことで話が丸く収まったようです。

そこまで好きな人物をどう大河ドラマで演じようと思っているかについて。
とても嬉しくて思い入れも深い分、役者として演じるにあたってはだからこその苦労があるそうです。個人的感情を入れすぎると役柄がブレてしまったり美化してしまったりするかもしれず、そういうことは役者として避けたかったので…その感情との兼ね合いみたいな…引き算する作業が大変だということです。

このあと、崇徳上皇のシーン盛り盛りの前半ダイジェスト映像が流れました。あの映像集、欲しいww。崇徳天皇が得子に騙されて退位させられたシーンくらいまでだったかな。「違う、違う!」って動揺して「謀りおったな、得子~~」とすごい表情したところで終わりました。何度見てもすごいよ、このシーンも。魅入られてしまう。
とにかく不遇のシーンの連続だったので廣瀬アナが「ご自身辛くなったりしませんか?」と尋ねるとフフッと笑いながら「崇徳上皇は感情表現の芝居が続いてるので辛くはなるんだけど、慣れてきますね」と。さらに「その先にある様々な不遇の出来事もあるので感情表現の出し方のバランスを細かく計算していかないといけないので大変」と語ってました。最初からガーッと感情出しすぎると後のシーンが生かされないのでそのあたりかなり慎重に演じていたようです。崇徳上皇を一人の人間として表現したいので怒りだけでなく哀しさなどの感情表現をフルに使って奥行ある人物を演じたいと話していました。
この時も、本当にとにかく言葉を一生懸命探しながら伝わるように話してて誠実さが伝わってきたなぁ。その話っぷりを見て廣瀬アナも「なんか新さんが上皇様に見えてきました」とウットリしだして(笑)。いや、でも、気持ちわかるなぁと思ったw。

磯Pから見た新さんの崇徳上皇の印象ですが、全体を通してあまりセリフがないにもかかわらず(全くセリフがない回もあったくらいですしね)感情表現がきっちりできているので上手いなぁと思っているそうです。たしかにあの目の動きや佇まいだけで崇徳上皇の気持ちが伝わってくる芝居ですからねぇ、新さん。ホントにすごいと思います。新さん曰く、セリフじゃない部分で感情を伝えるシーンが多いので、セリフがないぶん演出や監督とよく話し合いながら現場で進めているそうな。

位の高い人物…特に天皇・上皇ともなると言葉の一つ一つに制限がかかるし重みも違うなかで新さんはすごく考えて演じてくれていると絶賛。新さん的には、上皇の芝居としては自分の中で「やりすぎかな」と思うところまでやってみることがけっこうあるそうです。その例で出てきたのが保元の乱で敗北して逃げる時に素足で庭に降りるシーン。上皇としては、素足で地べたに降りるなんていうことは絶対にありえないしやってはいけないことなんだそうですが、感情が先行したからこその行動だと考えて実行したと。台本には書いてなかった部分で、ここは現場とよく話し合って…結論的に新さんが演じたい気持ちを大事にしようということであのシーンになったんだとか。
あのシーンにそんな深い裏話があったとは!!演出部としては止める立場ではあるんだけど、新さんがそこまで気持ちを作っているんだから任せようってことで進めることが多々あるようです。役者として新さんが現場でもとても慕われている様子がよく分かりました。


2.共演者とのエピソード

三上博史さん
私は見えなかったけどダイジェストVTRを見ているとき、新さんは鳥羽上皇とのシーンが出てきたときにニコニコしながら見ていたそうです(笑)。三上さんはきめ細かい芝居をするので、一緒のシーンでは現場で電気が走るような感覚になることがたくさんあったんだとか。三上さんも同じようなことを新さんに言っていたと磯Pから聞くと嬉しそうにしてました。現場では芝居の話は特にすることもなく世間話中心、新さん的には「ファンです!」って感じで接してたと(笑)。

松山ケンイチくん
現場でのムードメーカーでいつも楽しそうにしていたので見ているこちらもとても楽しい気持ちにさせられたんだそうです。時間があるとスタッフさんと将棋を打ったりもしていたんだとか。今回は2度目の共演になるけど、ひとつ壁を取っ払ったような感じがするって思っているとは新さん談。

山本耕史くん
初共演だけど、保元の乱で関係が近くなるので早く会いたいと思っていたらしい。で、実際に会ってみたらものすごく気が合ってしまったと。今までそんなことあまりなかったようですね。とても人を研究してる役者らしい人だなぁと思ったようで、耕史くんは新さんの行動をそれまでもずっと観察していたらしいですよ(笑)。で、ある時、「新さんはどんなことを考えて普段芝居してるんですか?どんなこと考えて生きてるんですか?」と尋ねられて答えたところそこからどんどん話が広がっていって親しくなったそうな。あぁ、耕史くんらしいなぁと思いました。たしか『新撰組!』の時にも自ら副長のようになって色んなキャストに声かけて引っ張っていったって言ってましたからね。
すると、磯Pから「山本くんも今回一緒にやってて一番気が合ったのは新さんと阿部サダヲさんって答えてましたよ」と情報を入れてて。「あ、本当ですか!?」って新さん、めっっちゃ嬉しそうにパァァ~って笑顔見せてくれてました。耕史くんのことホントに好きなんだなって思って微笑ましかったです。耕史くん曰く、新さんと自分とは同じ匂いがするらしいですw。このことは今月発売のTVnaviのインタビューでも語ってますよね。ちなみにサダヲさんとはあまり会うことがなかったらしいのですが、あるとき奇跡的にメイクルームで耕史くん、サダヲさん、新さんの3人が鉢合わせする機会があったそうです。何を話したのかは語られなかったけど、どんな雰囲気になったのか気になりました(笑)。

矢島健一さん
一番共演する時間が長かった矢島さんにはとてもお世話になったそうで、芝居が終わった後でも「大丈夫か?」といつも声をかけてくれていたんだとか。ここまで崇徳を演じてこれたのは矢島さんの精神的支えがとても大きいと語っていました。教長のようにいつも気づいたらそばにいてくれて…と言葉を選びながら考えていた新さん。すると横から磯Pが助け舟だしてくれてて、現場では新さんの「こうしたい」っていう芝居も全部受けてくれてたそうです、矢島さん。
突然起こしてしまったアドリブみたいなものもすべて拾ってくれたと語っていましたが…、それはもしかすると、後白河に後継天皇が決まった時にショックで倒れたあの芝居かなぁと思いました。あの倒れっぷりは衝撃でしたからね。そのように芝居だけじゃなくてプライベートの部分でもしっかりした関係が築けたからこそ撮れたシーンもたくさんあったようです。


とりあえず長くなってきたのでいったんここで〆ます(汗)。
その2へどうぞ


関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 - -
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。