<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
563473491.jpg
約2年ぶりに東京に凱旋公演として戻ってきたミュージカル『アイーダ』を観に行ってきました。前回は海劇場でしたが、今回は少し小ぶりになった秋劇場での上演です。

アイーダといえば…私が短期の間に気が狂ったように通い詰めた作品として思い出深い(苦笑)。劇団四季作品であそこまで通ったのは『アイーダ』が初めてだったからなぁ。今振り返ってみても、あの当時の自分ののめり込みっぷりはビックリします(爆)。海劇場の千穐楽週には5日連続観劇なんていう荒業までやってますから(しかも全日程の感想書いている自分がすごすぎるwww)
そこまで好きだった『アイーダ』が今回改めて東京に帰ってくるということで…期待半分不安半分だった私。作品的には好きなんですよ、本当に。曲も大好きだし。しかしながら、あの当時とキャストがけっこう入れ替わっているんですよね。つまり…2年前私があれだけ熱狂したのはキャストの影響が非常に大きかったわけで(汗)、自分としては今回のアイーダをどう捉えられるのだろうかと…。

初日公演は大盛況だったようですが、約1週間が経過して客足も落ち着き始めた様子。私の席の周りはかなり空席が目立ってまして(苦笑)、やはり『アイーダ』という作品自体、一般の人にはウケがあまり良くないのかなぁと思ったり。子供には難しい部分がありますから…そういう意味では集客に苦戦するのかもしれません。

しかしながら、作品はやっぱり素晴らしいです。舞台の色使いとか本当に鮮明で美しいし、シルエットを多く使った背景も綺麗。舞台セットが色々と変化するたびに、2年前のアイーダイベントでのクイズ大会を思い出してしまい無意識にホルスの目の数や囚人の数を数えたりしてしまった(笑)。
それからエルトン・ジョンの音楽がまた良いんですっっ(←ジェイさん風にw)!!2年前にあれだけ通ったからか曲も歌詞もほぼ自分の体の中に入っていることもありw、久しぶりに流れる音楽も当たり前のように受け止められて胸熱になる私。懐かしいというよりも、なんか、帰って来たなぁという印象を持ちました。ホントに良い曲揃いだなぁと改めて感動しました。


主なキャスト
アイーダ:秋夢子、アムネリス:大和貴恵、ラダメス:阿久津陽一郎、メレブ:大空卓鵬、ゾーザー:飯野おさみ、アモナスロ:川原洋一郎、ファラオ:石原義文、ネヘブカ:桜野あら ほか


以下、ネタバレを含んだ感想になります。ちょっと辛い部分も多くなると思いますが、あくまでも個人の意見ですのであしからず。



563474997.jpg
キャスト表、かなりナナメ撮りになってしまった(汗)。アンサンブルさんも半分くらい入れ替わっていましたが、田井さんとか森健太郎くんとか、懐かしいアイーダ海劇場当時のメンバーの名前も見られて嬉しかったです。

そういえば、今回からサブタイトルとして「愛に生きた王女」っていうのがついているんだった。これを入れる意味ってあるのだろうか?普通に『アイーダ』でもいいと思うんだけど(苦笑)。


ここから下はちょっと辛口感想になります。




さて、全体を見た感想ですが…『アイーダ』という作品はとても魅力にあふれているということを再認識できたわけですけど…海公演のときと比べてしまうと、なんとなく、全体の勢いが落ちたかも…と残念ながら思ってしまいました。あの当時は本当に特に後半の客席の少なさはシャレにならないくらいだったんですけど(苦笑)そのぶん、役者さんたちの結束力というか…ものすごい熱くシャキシャキしたものを魅せてくれてた気がするんですよね。緊張感、爆発力をすごく感じました。
ところが、今回はなんとなくですが…動きがちょっとユルい…。特にピラミッドを建てようのゾーザー軍団の動きに勢いがあまりなくて正直ちょっとビックリしました。なんていうか、全体的に重々しい雰囲気…。ソロの部分でもキレがあまりなくて残念。あそこはスマートに機械的なシャキシャキしたダンスが魅力だったのですが…やはりそれだけアイーダの踊りは難しいってことなんだろうなと思いました。

それから、神ヌビアのシーン…あのナンバーは壮大で希望を感じさせる素晴らしい楽曲なんですけど…、最初のハミング部分が"おやっ!?"と思ってしまうくらいの不協和音でビックリ(汗)。こんな旋律だっけ?って思ってしまった…。そのあとグワッと歌い上げていくところは良かったんですが、最初がけっこうグラついた感じだったのでなんだか変な気分になってしまった。あの部分は改善してほしいなぁ。

アンサンブルさんで目についたのは脇坂さん朱涛さんだったかな。海メンバーの田井さんもどこにいるかすぐに分かったし、森くんもなんだか懐かしい。
脇坂さんはマンマで長いことビルを演じられていましたが、今回久しぶりにダンサーとしての姿を見ました。うーーん、ちょっとばかし動きが重かったなぁ…というのが正直な感想。ダンスも遅れが目立っていて残念だった。キレがあまり感じられななかったし。
朱さんは今回セリフのある場面があって。アイーダとラダメスがイチャイチャしてるときに「ヌビア王を捕らえました」って入ってくる兵士役も。その時の勢いがすごかったなw。めっちゃ張り切っているのが伝わってきました(笑)。朱さんは体が大きい割には動きもキレがあってダイナミックなのが魅力です。


以下、キャストの感想です。


アイーダ@秋夢子さん
海劇場公演のとき、おそらく一番たくさん見たのが秋さんのアイーダだった。久しぶりに彼女のアイーダを見ましたが、あのころと変わらない凛とした美しさに加えて王女としての気品あってなかなか素敵でした。懐かしかったな。
彼女は日本の役者さんではないのでどうしてもセリフのときのお国訛りが出てしまうわけですが…私は周囲が言うほど実は気にならなかったんですよね。2年前にたくさん彼女のアイーダを見てきたからかもしれませんが。たしかに阿久津ラダメスとのシーンだと同じイントネーションではないので違和感に感じるというのはありますが、ヒドイとまでは感じませんでした。むしろ、あの当時よりも感情表現が一歩進んだなって思って。神ヌビアで民衆を励ましている姿とかはとても印象的でよかったです。それから艶っぽさもあって阿久津ラダとのラブシーンはちょっと大人向けって思ったくらいだったな(笑)。
ただですねぇ…これは海公演のときから感じていたことなんですけど…どうしてもあと一歩のパワーが足らない気がするんですよ。特にソロでの歌い上げ。この作品の一番の見せどころでもある♪ローブのダンス♪は特にそう感じてしまう。王女としての自覚に目覚める過程の表現がちょっと弱い。「いーーまーーー」の聞かせどころも正直パワー不足なんですよ。これは濱田さんや樋口さんを見ているからだと思うんですが…どうしても物足りなく聞こえてしまう。秋さんにはあれ以上の爆発力はもう出せないのかな。♪人生の苦しみ♪の最後の部分「愛がーーー」もちょっと不安定だったし…。
よくなった部分と進化していない部分とが混在した形の秋アイーダだったかもしれません。個人的にはちょっと不完全燃焼気味。

アムネリス@大和貴恵さん
大和さんといえば…BB通いしている私としては「タンス夫人」のイメージが強い(笑)。あのダイナミックな笑いを披露していた大和さんがどんなアムネリスを演じるのか楽しみでした。あ、そういえば、スパのシーンで女性アンサンブルさんが上から泳いでくるっていう演出はなくなってましたね。やはり秋劇場では無理だったらしい。
大和アムネは大柄でスタイルは本当に抜群!思わず見惚れてしまったw。セリフ的にはキャピキャピしたようなものがあっても、大和さんが言うとなんだかとても厳格に聞こえるなぁというのが第一印象だったかな。声質が低めなのでなおさらかも。神経質な気位の高いアムネリスという印象。ラダメスに対しての恋愛もすごく大人っぽいです。ただ、寝室から声をかけるシーンはけっこうコミカルで面白かったw。後半のアイーダとラダメスに裏切られたと知った時のお芝居はなかなか良かったです。裁判シーンでは王女の風格が漂っていました。
歌はなかなか安定していてよかったんですけど…伸ばしが足らないんですよね。なんか歌の区切りの部分がブツップツッって切れちゃうイメージ。もう少し伸ばしてドラマを見せてほしいって思うところがいくつもありました(汗)。そういった意味ではもったいない。
ちなみに…アムネリスというキャラクターで見たとき…私の好みは鈴木ほのかさんだなって思ってしまった。とてもチャーミングだったし恋に破れたときの切なさの表現力に何度も泣かされたので…。比べちゃいけないとは思いますが、そういった意味では大和アムネはちょっと私には物足りなかった気がします。

メレブ@大空卓鵬さん
声がなかなかよく通るメレブで、こちらも周囲が言うほど訛りは気になりませんでした。歌もそんなに悪くなかったし…。でもなんとなく動きに余裕がなかったかも。アイーダとラダメスの初キスの場面、二人がチュッてなった瞬間にはもう彼らの後ろに控えててビックリしたよ(笑)。もう少し遅く出て行ってもいいんじゃないの?みたいなww。
セリフの訛りはそんなに気にならなかったけど、なんというか、あまり感情が乗ってない印象が強かったかも。なので、正直、ほとんど印象に残らなかった(苦笑)。メレブ、どんな人だっけ?みたいな…。歌と動きにまだ精一杯なところがあるのかな。頑張ってほしいです。

ゾーザー@飯野おさみさん
久しぶりにちゃみさんのゾーザーを拝見しましたが、やっぱりカッコよかった!!とにかく彼のゾーザーはカッコいいんですよ。悪の色気もあるし、なんていうか…ヒーローみたいな悪役ってイメージ。ゾーザー軍団に指示を飛ばすところとかもすごく自然でスマートで、そこに潜む悪の雰囲気にゾクッとさせられたり。あぁ、ゾーザーっていうのはこういう人物なんだなって改めて思いました。やはり初演からずっと演じられている方はオーラが違いますね。
ちなみに海劇場で一番長く見ていたのは田中さんでした。彼のゾーザーも見れば見るほど味が出てきて面白かったんですよね。飯野さんとは違った魅力がありました。また会いたいなって思います。

アモナスロ@川原洋一郎さん
川原さんといえば、2年前のアイーダイベントのことが脳裏をよぎります(笑)。あの時の爆走トークが本当に面白すぎて…。アモナスロの人物説明なんか「ズタ袋着てる」とか「出番は3分40秒」とか「最後は立って座ってさようなら」とか、数々の迷言がまざまざと蘇ってきて出てきただけで吹きそうになってしまったww。その当時のレポはこちら
あ、アイーダの父親としての威厳はさすがでしたよ。3分40秒でも濃いです、川原さん(笑)

ファラオ@石原義文さん
海公演ではあまり印象に残らなかったんですけど(維田さんのファラオが強烈すぎたのもあるけどww)、今回はファラオとして、父親としての大きさが見える存在感がありました。うぅぅっっと苦しむお芝居も以前よりちょっと大きくなった気がします。まぁ、維田ファラオにはかないませんが(笑)。

ネヘブカ@桜野あらさん
この役は出番的にはあまり多くないのですが、♪ローブのダンス♪のときに大きな見せ場があるんですよね。海劇場でも何人かのネヘブカを見てきましたが、松本さん以外は不安定な人が多かったなという印象がありました。で、今回の桜野さんですが…ひどいわけではないんですが…危なっかしさはあったかなぁ。あの歌い上げ部分は相当難しいと思うのですが、頑張ってほしいです。それと…存在感がほとんどなかったかも(汗)。目立つ役じゃないけど、もう少し…。


以下、ラダメスについての考察になりますが、個人的な感想としては辛めです。阿久津さんのファンの方は気分を害するかもしれませんので(爆)スルーしてください。あくまでも少数派な私の感想ですのであしからず。






ラダメス@阿久津陽一郎さん
阿久津さんのラダメスは2年前の2月以来…。実はその1回しかお目にかかれなかったんですよね。それまで阿久津さんのことはちょっと苦手意識を持っていたのですが、ラダメス役を見たときに素直に「カッコいい将軍だ」って感じたのを覚えています。ただ、通いたいって思わせる将軍ではなかったんですよね…。で、そのあと、あのラダメスさんが登場して私は傾倒していったわけですが(爆)。
2年前にあれだけ我を忘れて通い詰めた大きな要因は、渡辺正さんのラダメスに会いたかったからです。でも彼はもう退団して現在はどうしているのかもわからない状況(汗)。きっと秋公演では阿久津さんのラダメスが多く活躍されるものと思われます。それだけに、今阿久津ラダメスを見て自分がどう感じてしまうのか…実は観る前からけっこう不安が多かった私。
結果…ダメでした…(爆)。受け止められなかった…。これがごく少数意見だというのは百も承知ですが(苦笑)、私には阿久津ラダメスは合わないということをまざまざと思い知らされてしまった。

阿久津さんのラダメスは歌も芝居も余裕があってほぼ完ぺきだと思います。ラダメスのナンバーなんか、久しぶりにまともに安定したものを聞けたなって思ったくらいだし(笑)。「危険犯して」の部分とかはナベさんのとき毎回手に汗握らながら見てましたからねww。あぁ、ラダメスのナンバーってこういうものだったのかと思っちゃった。
セリフ回しもとても自然で、感情表現がとても豊か。たぶん2年前に見たときよりも人物像としてはとても濃くなっていたような気がします。特に前半部分、自信家である将軍といった雰囲気がものすごく色濃く出ていたのが印象的。ファラオになれと命令されたいらだちからカップを投げつけるシーンなんかすごい迫力でしたよ。ナベラダはソフトに投げつけてましたがw阿久津ラダはカップがひん曲がるんじゃないかってくらい叩きつけててビックリした(汗)。そういった意味でも芝居がとてもリアル。
ラダメス将軍っていうのは、本来は、こういう人物なんだろうなって…なんだか見ていて納得できる感じでした。それが逆に、私が感情移入できない要因にもなってしまった気がします。阿久津ラダメス見てて…こういう人は苦手って思っちゃったんですよね。

一番納得できなかったのがアイーダと恋に落ちるくだりです。それまでの自信家っぷりが本当にリアルでまさに「オレサマ」って感じだっただけに…この人がどうしてアイーダに心許していくんだろうって思ってしまって。夕食会の後に二人でまだ見ぬ土地について語り合ううちに心を寄せるっていう展開になるんですが、私には阿久津ラダはアイーダが気になるって想っているようには見えなかった。なんていうか、見下している感じ?あまり恋に目覚めかけて動揺しているっていう素振りが感じられなかったんです。
勢いでアイーダにキスをしてしまった後、「何かが変わった」とラダメスの心情が変化していくシーンも〝この人は本当に恋に落ちたんだろうか?″って感じてしまった。なんていうか、自信家な部分がどうしても消せなくてその場限りの恋に溺れてるんじゃないかっていうように感じられて仕方なかったんです。もうずーっとそんな調子で最後まで見てしまったので…墓場シーンでも、たとえ二人が来世で出会ってもアイーダはラダメスに飽きられて捨てられるんじゃないかって感じてしまった(爆)。

阿久津さんの中で、ラダメスという人物はもう完璧すぎるくらいに入り込んでいるので芝居にしても歌にしてもものすごい自信とオーラに溢れているんですよね。だけど、彼のラダメスは私の心が寄り添えるような隙間がなかったんです…。なんとなく近寄りがたいっていうような雰囲気。
ラダメス将軍って本来はこういう人物像なんだろうなって思います。弱みよりもギラギラした生命力あふれるオーラのある人。でも私は苦手です…。

ナベさんのラダメスは歌い方も独特だったし、ところどころ手に汗握る音程もありました。セリフ回しもいつも不思議な感じでw将軍としてのオーラみたいなものは正直阿久津さんんには及ばなかったです。
でも、彼のラダメスは私の心が寄り添える隙間をいくつも作ってくれていた。自信家というよりかはヘタレ将軍っていうイメージだったので見ていてラダメスの恋に悩む苦悩やアイーダに対する優しさが感じられて応援したい気持ちにさせられました。そんなところが愛しくて大好きだったんですよね。たぶんそれは、本来のラダメス将軍のキャラクターではないんだと思います。でも、どんなに邪道だと言われても、私は渡辺正さんのラダメスが好きだった。今回それを改めて思い知らされる観劇となりました。


今年のアイーダは、たぶん、あまり行かないような気がします。でも作品自体は好きなので、キャストが大きく変わったころにまた観に行きたいなと思いました。特に東京では一度もお目にかかれなかった福井さんのラダメスが見てみたいです。福井さんは退団されたようで作品契約だと思うので登場の時期とかは微妙ですが…一度はお目にかかりたい。それから百々さんのゾーザーも面白そう。想像があまりつかないw。


全体的にちょっと不完全燃焼な感想になってしまいちょっと残念なアイーダ凱旋公演でした…。





関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。