FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場

パルコ歌舞伎「決闘!高田馬場」が本日WOWOWで放送されたわけですが…実は私、昨日生のこの舞台を観に行けてしまったんです。前売りも抽選も全てハズしてしまった為「WOWOWまで我慢かぁ」と完全に諦めていたのですが、こんな私をrukoさんが誘ってくださいまして!!これはもう奇跡としか言いようがない(席も中央でとても見やすかったですし)。本当に感謝感謝です。ありがとうございました

というわけで、2日連続してパルコ歌舞伎見たことになった為…あの長唄さんによる

パパパパパパパパパ パルコ歌舞伎 見参!

っていうのが頭から離れません(笑)。これ、CDにもなってて…思わず買っちゃいましたよ「亀染勘幸バージョン」もかなり笑えます、コレ(←亀治郎くん、染五郎さん、勘太郎くん、三谷さん 笑)。今日の生放送でも人形劇で勘太郎くんが宣伝してましたよね(笑)。ちなみに昨日は亀治郎くんの人形が「買わないとこうなるぞ!」と言って勘太郎人形を打ち砕いておりました(爆)。このネタ、いつから出てきたんだろう

このテーマ曲(?)でも言ってますが、これを歌舞伎と呼べるのかどうかは見た人の判断によると思われます。歌舞伎座などで見るものとは違って「おもしろ人情噺時代劇バージョン」のような感じですので古典に慣れ親しんでいる人は「歌舞伎じゃない」って言うのかもしれない。でも、私はこれも「歌舞伎」だと思うんですよ。役者さんの動きがちゃんと「歌舞伎」の型を作ってやってるし、殺陣シーンなどではつけ石さんがカチカチと絶妙な音を出して盛り上げてるし、義太夫さんの調子もストーリーの中にこれまたドンピシャで合わせてきてる。それに鳴り物の音も「歌舞伎」な雰囲気を十分醸し出してますし、本当に三谷さんよくぞここまで作り上げたなと感動いたしました。ちなみに「歌舞伎っぽい」演技はほとんど亀治郎くんが担当していました。
これが初めて見る歌舞伎だった人が歌舞伎座などへ行ったらビックリしてしまうとも思うのですが(苦笑)、それでも「歌舞伎」に興味を持ってくれる人もたくさんいると思います。そういった意味でこの挑戦は非常に大きいですね。

主な出演者
市川染五郎(2役)、市川亀治郎(3役)、中村勘太郎(2役)、市村萬次郎、市川高麗蔵、澤村宗之助、松本錦吾、坂東橘太郎 ほか

以下、ネタバレの感想です。

それにしても、

ほんっっとに面白かったです!

この作品!!去年の「12人の優しい日本人」も相当面白くて感激したのですが、「決闘!高田馬場」はもしかしたらそれをもう少し越えちゃったかも(笑)。それくらい個人的には爆発的に面白くて大満足でした
たぶん、舞台見てて8割くらいは笑ったんじゃないかなぁ。ところどころに三谷さん独特の笑いのセンス(長唄さんが飲み屋で飲んでたり、つけ打ちさんが川のシーンでシュノーケルはめてたり 笑)が散りばめられてたし、その意を汲んだ役者さんたちの絶妙の間も最高に面白かった。この舞台見て思ったんですけど、三谷さんは人間が好きなんでしょうね。登場人物一人一人がとても見ていて愛しくなる…。それは三谷さんがキャラクター一人一人にとても愛着を持っていたからだと思うんです。そういうところが好きです、三谷さん。

ストーリーは染五郎さん演じる中山(後の堀部)安兵衛が高田馬場の決闘へ向うまでを描いているので、高田馬場決闘シーンはありません。でも普段の歌舞伎では見られないようなスピーディーな殺陣もあるし、駆けてるときの躍動感もあるし(客席まで振動が伝わってきたし)で見せ所満点!特に染五郎さん、亀治郎くん、勘太郎くんによる目もくらむほどの見事な早替えには拍手喝さいです。この後半の怒涛の展開は見ていて体中が興奮と感動でゾクゾクするのを感じました
笑いのシーンもたくさんあったけれどところどころで「愛」の物語でじんわり感動させてくれるのも見たに作品のいいところだと思います。ラストは決してハッピーエンドなわけではないけれども(又八に平助を重ねたのは私だけではないはず…。勘太郎くんは三谷さんに愛されてるなぁと感じました)、そこを物悲しくさせず逆に躍動感へと変えていく手法もさすがだと思いました。

私が印象に残った(笑った)シーンは以下の通り・・・

・最初のところで安兵衛が侍にやられて納屋につっこんだ時、しばらくして染五郎さんが敵方の中津川に扮して全く違うキャラで現れたとき(笑)。そして引っ込んだあと納屋から安兵衛がまたむっくり現れたのは拍手者でした

・長屋の人たちが安兵衛にお世話になったというエピソード。これは全部笑えてあったかくなるお話でした。勘太郎くん演じる又八が行きたくない決闘に悩んでいる時に出ました、オリンピックネタ(笑)。勘太郎くんがカーリングで染五郎さんがイナバウワー(←3日連続歌舞伎でこのネタを観るとは 爆)。あのシーンならどんどんアドリブ楽しんじゃってOKよん♪

・安兵衛の元に亀治郎くん扮するホリと勘太郎くん扮する弥兵衛がやって来るシーン。亀ちゃんのホリはすごく可愛かったし、勘ちゃんの弥兵衛は扮装だけで大笑い(笑)。このシーンで勘太郎くん、さりげなく勘三郎さんのことを「うるせぇんだよな、あのオヤジ」と言っちゃうのがまた笑えました(爆)。

・安兵衛が叔父の決闘の助太刀を決意するシーン。酔っ払ったダメ安兵衛がようやく目覚めるんですけど、いざ!ってときに長屋のみんなが持ってきたアロマ(これ、劇場全体に香ってました 笑)の香やヤブ医の洪庵先生のシビレ薬でヘロヘロになってしまってドタバタ(笑)。こういうシーンは三谷さんのお得意とするところですごく面白かったです!

・助太刀に向う途中色々な事件があって長屋の皆が安兵衛のために身体を張るのですが、洪庵先生のバージョンがめちゃくちゃ笑えました。この川は浅いとかいいながら実は深くて溺れてしまうんですが(笑)、流されていく洪庵先生のあとから木片に捕まって流されていくおウメ婆さんが(爆)。この流され具合がめちゃくちゃ笑えたんですよ~!おウメ婆さんの萬次郎さんにはこのほかにもたくさんたくさん楽しませていただきました

・亀治郎くん演じる右京が勘太郎くん演じる又八の打った釘を何度も踏んでしまうシーン。又八が敵方について釘で安兵衛たちの進路を教えていたという設定で、右京はその釘を何度も踏んでしまうんです(苦笑)。その踏み付けたときの表情や仕草がめちゃくちゃ真に迫ってて可愛くて笑えました~

そのほかにも面白いシーン満載で、とてもここでは書ききれません(笑)。

出演者の皆さんはさすが歌舞伎役者さんで動きがとても綺麗。アクロバットな動きもたくさんあったし、その身軽さにも感心しまくりでした。たぶん普通の歌舞伎公演よりも動きが激しくて大変だったんじゃないかなぁ。それなのに昼夜2公演をほとんど毎日やってたわけだから・・・本当にすごい!歌舞伎役者の底知れぬ体力と才能を目の当たりにしました。皆さん、本当に最高です
関連記事

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 歌舞伎

[ 2006/03/25 22:56 ] 古典芸能関連 | TB(3) | CM(6)
歌舞伎です!
rukoさん、こんばんは!TBありがとうございます♪
三谷歌舞伎が歌舞伎かそうでないかという論議は起こるだろうなぁと思いましたが、あれも立派な歌舞伎ですよね。WOWOWで亀治郎くんも言ってましたが、歌舞伎役者が出てやるものはやっぱり歌舞伎なんだと思います。歌舞伎って現代劇的なもの(ガイド不要)から古典的なもの(ガイド必要 笑)まで本当に奥深いですよね。
今回の三谷歌舞伎を観て「歌舞伎って民衆の娯楽なんだ」って改めて思いました。第2弾!!期待したいですね。愛之助さんもホント参加してほしい~(チケット確保が問題ですが 爆)
[ 2006/03/28 00:16 ] [ 編集 ]
rikaさん、こんばんは!
本当に何度でも見たくなる楽しい歌舞伎でした~。個人的にはちょっと『12人~』越えちゃったかもってくらいスマッシュヒットでして(笑)。
あ、そうそう、大向こうのこと書こうと思っていながら忘れてました(爆)。私も『大向こうかかるかな』と色々なシーンで思ってはいたのですが、私とrukoさんが観に行った回は一度も大向こうかからなかったんですよ~。客層も若い方が多かったり歌舞伎初心者の方も多かったりといった感じでしたので無かったのかなと…。歌舞伎座だったら大向こうがバンバンかけられそうな見所の多い芝居だったのでそのあたりは何となく寂しかったです。特に亀治郎くんは相当頑張ってたので大向こうかかってほしかったなぁ。

リンクのお申し出本当にありがとうございます!こんなミーハーなページでよろしければぜひともリンクのお仲間に入れていただければ幸いです。こちらからも、ブログリストのほうに追加させていただきました。
これからもよろしくお願いします!
[ 2006/03/28 00:11 ] [ 編集 ]
あいらぶけろちゃん、こんばんは!
『決闘!高田馬場』は本当に楽しい歌舞伎でした!WOWOWでは生放送でしたがDVD化もしてほしいですね。CDもなかなかレアものって感じで楽しめますよ♪パパパパパパパパパぱるこ歌舞伎見参!(笑)
[ 2006/03/28 00:05 ] [ 編集 ]
歌舞伎だよね
えりこさん、遅くなりましたがTBさせていただきました。

あれは歌舞伎か歌舞伎じゃないか、っていう議論があったりするみたいでそれを役者さんも三谷さんも気にしていたようですが、歌舞伎ですよねw

特に1月から歌舞伎を観始めた初心者としては、歌舞伎座で「人情噺小判一両」なんかを見ちゃうと、現代語(=イヤホンガイドほぼ不要)で見られるお芝居も歌舞伎なんだ、っていうのがビックリでした。むしろ、あんな感じの新作歌舞伎よりももっと歌舞伎のエッセンスが詰まっている感じがして、すごく楽しいと思いました。

第2弾、あるとイイなぁ、って今から妄想してます。次回は三谷さん、絶対愛之助さん呼んでっ!とw
[ 2006/03/27 23:51 ] [ 編集 ]
気になる~~。
えりこさん、こんばんは。

映像を見てからえりこさんのレポを読むと、
またもう一度DVDのリモコンを持ちそうになります(笑)。

実際にご覧になった、羨ましいえりこさんに質問!
大向こうはかかってましたか?
今まで全然思いもしなかったんですけど、急に気になっちゃって(笑)。
お気づきでしたら教えてください。

それと遅くなってしまったのですが、
こちらのblogをうちのブックマークに入れさせていただいていいでしょうか?
よろしくお願いします。

[ 2006/03/27 19:54 ] [ 編集 ]
本当に面白かった!!
我が家ではWOWOW見られないのでやさぐれてたわけですが、いろいろな方のブログをみながら思い出してはクスクス、ニヤリな1ヶ月でした。
CDもネット注文しちゃおかなぁ~というくらいです。
[ 2006/03/27 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場
”三谷作品inパルコ”全て観ているわけじゃないけど、忘れられないのは『巌流島』ー!今回は『決闘!高田馬場』っすねぇ!まずは、皆さんに”歌舞伎のいろは”を…亀治郎と三谷の歌舞伎講座~。勘太郎は「携帯」で、つけ打ちの紹介~。「~のための鑑賞教室」って、一生懸
PARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」
PARCO劇場/L列8番作・演出/三谷幸喜  補綴/今井豊茂  美術/堀尾幸男  照明/服部基  舞台監督/松坂哲生  企画/佐藤玄(パルコ)  制作/安孫子正、岡崎哲也、真藤芳一、中里毅(松竹)、大竹正紘(パ...
[2006/03/28 15:52] IT'S SHOWTIME!!
PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場
WOWOWの生中継を観るしかないとあきらめていたチケットを手に入れることができ、「愛之助榎本」つながりのえりこさんと一緒
[2006/03/27 23:49] new雑記帳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。