<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
いよいよ平氏vs海賊の戦いが始まりましたな。他のパートのストーリーは少なめで海賊編に多くの時間を割いていたような気がします。雰囲気はまるで「少年ジャ●プ」って感じだったけど(笑)それはそれで私は嫌いじゃない。いや、むしろ、ワクワクして面白かったよ!ちゃんとドラマとして成立してるし、私は今回の大河ドラマ悪くないと思っている(むしろ、DVD購入を考えているくらいw)
なので、スタッフや役者さんには視聴率に左右されてがっかりせずにこのままの勢いでドラマ作りしてほしいです。面白いと思ってる人もたくさんいると思うし!

宋船に乗ってやってきた海賊たちと平氏との戦いが冒頭にあったのが意外。オープニング前に鈴本の社長…じゃなかったw、盛康がやられてしまうとは思わなかった(汗)。とりあえず重症…ってことで命は助かるんだよな?まだ頑張って生き抜いてほしいよ!
しっかしあの船、すごかったですねぇ。一から作ったというのだからなお凄い。ちなみに呉の海は緑色でしたね。自然のいい色が出てたと思う。

盛康が自分のせいで重傷を負ってしまったと考えた清盛は単身海賊船を探しに出かけようとするわけですが、またしても通憲さんと鉢合わせw。この二人、なんだかんだで運命の糸でつながっている!?しかも清盛、彼の宋の国の話を聞いて海賊船探しよりも「宋へ行こう!」ってなっちゃってるし(笑)。そんな単純なところも好きだけど。
しかし、盛り上がった矢先に海賊の手先に捕らわれてしまう二人。ツイてないねぇ。しかしながら通憲は捕らわれの身になっても飄々としてて宋の国の青年たちと仲良くトークしちゃってる(笑)。清盛が混乱するのも無理ないかもw。

一方の義朝は東の国へ向かう途中で由良姫と出会いますが、第一印象はお互いに最悪だったようで(笑)。由良さんも相当気が強そうだ。そんな彼女に苦言を呈す義朝はちょっと玉木先輩入ってるかも!?今後のこの二人のやり取りも楽しみだな。
京では義清がいつの間にやら堀河局さんと良い仲に!?あの歌会がきっかけだろうか?堀河さんはすっかり義清にメロメロっぽいけど、後々あの方が絡んでくると思われ…どうなってしまうのか気になるぞ(笑)。

海賊船ではついに加藤浩次さんが兎丸として本格的に登場!パイレーツオブ・カリビアンのような雰囲気ですねw。ビジュアルからしてインパクト絶大
そんな兎丸と清盛はなぜか意気投合。通憲は宋の本を見つけ無我夢中で読みふけってるし、とても捕らわれの身になってるとは思えないww。兎丸の「義と悪がひっくり返る」という話に大喜びだった清盛。思わず兎丸もそのテンションに乗せられちゃって、ハッと気づいて「図に乗るな!」とツッコミ入れるところが笑えました。今年の大河はこうしたノリツッコミみたいなやりとりがちょこちょこ出てくるので面白い。
ちなみに海賊メンバーの中にセレソンの須賀尾さんの姿も!宋の人という設定らしい(中華系の顔立ち!?w)。ほかにも個性的なメンツがそろっている兎丸の海賊船。

そして出ました、「俺は、海賊王になるぞーー!!」

これは大人気マンガ「ワンピース」から引っ張ったんですかねw。放送前から話題になっていたので確信犯でしょう。いいんじゃないでしょうかね、こういうノリも。活気があって面白いです。
ちなみに私は一度も「ワンピース」見たことがないのですが(←ヲイ!! 爆)

しかし、清盛と兎丸がいい関係を築けそうになっていた矢先にある事実が発覚。それは、兎丸の父親の朧月を清盛の父の忠盛が討ち取った過去。子供だった清盛はその後、朧月の息子だった兎丸と一度だけ会ったことがある。第1回のまえだまえだ兄弟の共演シーンですね。あの時お互いに苦い想いを共有していた二人…。

「お前かーー!!」

その時の少年だったということに気付いた清盛と兎丸は友好モードから一転、戦闘モードに突入。二人ともお互いに向かって言いたいことは山ほどある。がむしゃらに向かっていこうとした清盛でしたが、ここは兎丸のほうが勝っていたために吊るされてしまう。
マツケンくん、あの吊るしシーンは大変だっただろうなぁ!!

そのころ、忠盛たちのもとには兎丸から清盛を捕らえたという文が届いている。息子を助けたければ単身で来いとあるらしく、平氏一門は頭を悩ませる。忠盛が出て行って万一のことがあれば大変ですからね…。ここは強硬に叔父の忠正が阻止するのかと思ったのですが、彼は意外な言葉をかけます。

「わしは清盛などいないほうがいいと思っておる。しかし、兄上にはなくてはならんのであろう…」

このセリフ、すごく泣けた(涙)。忠正は兄の代わりに清盛救出のため単身向かおうとしたんですよね…。きっとうわごとのように清盛を心配する盛康の言葉が響いたからだと思うんだけど…それでも、清盛を見捨てないともとれるような発言をしたことにものすごく感動しました。忠正も、平氏の将来について色々と考えているんですよね…。複雑な思いがある気持ちもわかる。
この言葉に影響されてか、前回イヤミキャラだった忠清も「みなで参りましょう!!」と声を上げる。鱸丸は漁師仲間(清盛が逃がそうとして失敗した仲間もいてよかった)を引き連れて駆けつける。皆が一丸となって清盛を助けようとしている…、その結束力になんだかとてもグッときました。

そして夜明け前、清盛が赤子の頃に聞いていた母親・舞子の歌声に包まれていた時、平氏一門の船が現れる。ここも印象的でした。まるで母親の舞子が助けてくれたかのような…。吊るされながら自分を助けに来てくれた平氏の船を見て涙ぐむ清盛になんだか泣けた(涙)。
さらに泣けたのは忠正が清盛を射殺そうとしていた海賊から助けてくれたこと。いつも清盛にくってかかっていた叔父の忠正が清盛のために動いてくれたことがなんだか我がことのようにうれしかったです。「どうして!?」っていう清盛の問いに「フンッ」とそっぽを向くあたりがなんだからしくて可愛い。こんなシーンを見てしまうと、なんだか後の展開がつらくなりそうだな…。

兎丸は父の敵と忠盛に勝負を挑む。あの忠盛が兎丸に押されてる!?そこへ助けられた清盛が参戦するわけですが、忠盛は二人の戦いに手出ししませんでしたね。そのあたりに器の大きさを感じます。
清盛は兎丸に対し父親を失った日のことを責め立てながら剣をふるう。あの時兎丸に出会わなければ出生の秘密を知ることなく忠盛を本当の父として慕うことができたかもしれない。これまで出生のことで悩み苦しんできた清盛。しかし、それ以来荒くれ者として平氏の面々に迷惑をかけてきた自分を皆が助けに来てくれた。兎丸に剣をふるい続けた清盛だったけれど、この時にはもう兎丸への恨みはなかったんだと思う。

「血は繋がらずとも、平氏の男だからだ!」

父から貰い受けた剣は自分が平氏の男であることの証。その熱い想いはほかの平氏一門にも伝わっていたと思う。清盛の叫びをジッと聞き入る忠正叔父さんの姿にやっぱりグッとくる。
ちなみにこの二人の激しい殺陣シーン、疲労困憊の撮影だったそうですが…加藤さんの顔には本物の血が混じっているらしい!!よく見ると確かに血のりではない色が…!すごい撮影だったんですねぇ。しかも酷暑の9月だったらしいし(汗)。

戦いののち、清盛は兎丸に「共に生きてほしい」と語りかける。父を失い自らの居場所を求めてもがく姿は清盛そのものに見えたのでしょう。他人とは思えなかったんだろうね。そんな清盛に兎丸も惚れたんだと思う。
そして平氏の凱旋パレード。兎丸たちはお縄になっているものの平氏の仲間に入るということでみんな晴れ晴れとした表情になっている。楽しそうに笑う清盛の姿がなんだか愛しい。

「俺は、海賊王になるぞーー!!」

また出たよ(笑)。無邪気に叫んでる清盛に「俺の言葉をーー」ってツッコミ入れてる兎丸。二人は今後親友へとなっていきそうな予感。
そんな清盛の姿を沿道から見ていたのは将来の妻・時子。フカキョンがここで登場か。しかも清盛を見て一言、
「なにあれ」
にはウケた(笑)。

次回は朝廷パートもまた戻ってきそうだし、清盛にも恋の予感!?あーー、楽しみ!



関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 comments(4) -


コメント

Re: 月に兎

Angelaさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

朧月の息子の名前が兎丸っていう、あの関係性は面白いですよね。
清盛も「ウサギは月夜に餅をつけ」みたいに言ってたしw。
ああいったユーモアあるセリフが出てくるのも今回の大河の特徴でしょうか。

タルカス、いいですよね!!
特に海賊シーンのときに流れたのがテンション上がりました~。
次はどんな場面で出てくるのか、そういった意味でも楽しみな大河です。

前の大河は私の記憶の中ではほとんどなかったことになっているんですけど(爆)
今年はそれ以上に視聴率が上がらない、というのが不思議でたまりません…

Re: 忠正おじさん

サントラさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

忠正叔父さん、なんとなく哀愁もこもっててカッコいいですよね!
豊原さんは個人的にも好きな役者さんなので今回けっこう
テンションあげてみていますw。
忠盛と忠正のこれまでの関係も気になるところ。
忠正はお兄さんのことをとても尊敬していたんだと思いますよ

月に兎

朧月と兎で餅でもついていろ・・・みたいなセリフありましたよね。
ところどころああいうクスっと笑えるところも好きです。

タルカス が流れるととってもわくわくします。

江より圧倒的に面白いのに(と、いうか江と比べたくないくらい)
視聴率が心配なことになってますね。本当に、変なてこいれ
されないことだけを祈るばかりです。

あ、私も例の漫画は未読未見です。

忠正おじさん

>「わしは清盛などいないほうがいいと思っておる。しかし、兄上にはなくてはならんのであろう…」

この回は、忠正おじさんがとても格好よく見えました。

忠盛と忠正は、これまでどんなふうに信頼関係を築いてきたのかも興味あります。



フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。