<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
先週は幕見でしたが、今週は歌舞伎座正面から昼の部3つの作品を鑑賞してまいりました。ちょっと最近体調を崩し、薬な日々を送っていたため頭がボーっとしてしまい危うくチケットを忘れて家を出るところでした(爆)。気合は入ってたはずなんですけどね…(苦笑)。
劇場に着くとお年を召した方々に混じって大量の高校生がざわめいておりビックリ(しかも私が知ってる高校だった 苦笑)。どうやら歌舞伎鑑賞教室だったようで…ひと学年が一斉に来たって感じで歌舞伎座前は異様な雰囲気に包まれておりました(苦笑)。ただでさえ歌舞伎の客層にまだ慣れていないというのに、また乗っけから怖気気味

で、この高校生の皆さんは3回B席あたりをほぼ埋め尽くしており…上演中は半分くらいが夢の中へ旅立っていたようです(笑)。まぁ、気持ちは分かるかな。歌舞伎初心者の人には内容が分からなければ難しい演目だったと思うし、かくいう私も2-3度記憶を失っておりました(爆)。ただ、なかには興味深そうに舞台を見入る生徒さんもいて『この中から歌舞伎にハマル子も出てくるのかな』と微笑ましく思えました。

前回は3階席の1列目で観れたのですが今回は2列目。そんなに変わらないかなと思ってはいたのですが、前回よりも花道が見辛かったですねぇ。必死に見ようとすると疲れるので今回は舞台中央を見るように心がけました。イヤホンガイドもつけてたのですが、今回はなんか説明が少ないような・・・(苦笑)。頭の中でけっこう思考フル回転しちゃって…それに加え今飲んでいる薬がけっこう強烈な眠気を誘うものらしく…2-3度記憶失いました(爆)。

<吉例寿曽我>
この演目はらぶりん目当てで先週幕見したので(笑)2度目の今回はけっこう楽しんでみてしまいました。イヤホンガイドで「へぇ」と納得するシーンも多く、前回よりも話が見えましたね。あの場面自体が夜中だということや雨が降っていただとか最初見たときは気付かなかったし。最後に出てくるキャラクター達の人物像も「そうなんだ」と納得。でも一番「え~そうなんだ~」と思ったのが義太夫さん。がんどう返しのあと出てくるんですが、何を唄っているのかと思いきや『松竹株式会社のおめでたい演目ですよ』みたいなことを言ってただけなのね~(笑)。
愛之助さんの八幡三郎と進之介さん近江小籐太のやりとりはなんだかマ~ッタリしてて見ているだけで自然に笑みがこぼれてしまう(←これが良い事なのか悪いことなのかは分からんが 爆)。特にらぶりん愛之助さん見てるとなんだかこちらが『見守ってる』ような心境になってしまってなんとなく心が和んじゃうんだよなぁ。動いているのを見るだけでも嬉しくなるし。自分とほぼ同年代の人がこうして厳しい歌舞伎の世界で頑張っている姿を見ると、なんだかとても応援したくなります。
ちなみに、今回は写真もゲット。愛之助さん5枚と進之介さん1枚(シベ超コンビだし 爆)、それと松也くん1枚買っちゃいました。私の小遣いほぼ消えました、ここで(爆)

<吉野山>
義経千本桜の話のひとつである「吉野山」。静御前と義経の別れで有名ですが、この話は静が義経を追いかけて吉野山に入ったというものだそうです。先週楽屋口でちょっとお見かけした福助さんが静を演じていたのですが、女形になってもやっぱがありますねぇ。そのあとからついてくるのが幸四郎さん演じる忠信に化けた狐。この二人の関係性がなんとなく艶っぽくてよかったです。幸四郎さんも先月の梶原より声が通ってたような気がするし。ただ、踊りが多いので薬で頭ボンヤリの状態で見るのはけっこうキツかった(←5分くらい落ちました 苦笑)。
一番面白かったのは道化役の東蔵さんが登場した時。この役を以前愛之助さんも演じたことがあるようで興味があったんですが、非常に楽しませてくれました。あのしっとりした場面にコミカルな要素が入るとなんだか舞台も活気付きますね。しかも、「荒川静香のイナバウワー」も出ちゃってたし(笑)。あのキャラなら許せるわ(笑)。しかし最近歌舞伎界は「イナバウワー」大流行!?国立でもパルコでも登場してくるらしい…
う~ん、らふりんの藤太見てみたかったなぁ~~~

<道明寺>
十三世片岡仁左衛門丈の追善メイン公演がこの「道明寺」。菅丞相(菅原道真)役は十三代目の当たり役といわれていたそうで、今回は息子さんでもある十五代目仁左衛門さんが演じられました。この話は菅丞相が悪い奴らにハメられて大宰府へ流罪になり、その別れのときを描いたもの。私的見所としては菅丞相の早代わりが実に興味深かったです。偽のお迎えの輿に菅丞相が乗り込んで危ない目に遭いそうになるのですが、実は木彫りの菅丞相が身代わりとなって乗り込んでいたという不思議なエピソード。仁左衛門さんの静かで美しいたたずまいが非常に印象的でした。
で、この話は静かなまま進むのかと思いきや前半はさながら火曜サスペンスのような展開で非常にスリリング秀太郎さん(愛之助さんのお養父さん)演じる立田の前が殺害されるシーンは特に緊迫感がありました。で、そのあとの悪人達の行動がなんか浅はかでちょっと笑える(笑)。鶏を鳴かせるシーンなんかは思わず笑ってしまったし。あの池も3階から見ると仕掛けが全部見えて(笑)スリリングなのにかなり面白かったです
ラストの菅丞相と刈屋姫(孝太郎さん)別れのシーンはグッとくるものがありました。仁左衛門さん、このあたりの演技が非常に素晴らしいですねぇ。体全身から哀しみオーラが出てて見ているこちらも悲しくなってしまう…。やっぱりすごい役者さんだなぁと感動いたしました。
(途中、義太夫と仁左衛門さんのセリフがアルファ波のように押し寄せてきて数分記憶失いました…スミマセン 爆)

今回の演目はちょっとド素人の私には難しかったような気がしますが、歌舞伎の雰囲気はやっぱり好きです。やっぱり日本人なんだなぁ。毎月観に行きたいと思います。

あ、そうそう。前回見たとき「イヤホンガイドは生放送だ」と思ってしまったのですが、今回生放送ではないことが判明しました(爆)←微妙にバックの音がずれてた
関連記事

テーマ : 歌舞伎 - ジャンル : 学問・文化・芸術

古典芸能関連 comments(2) trackbacks(2)


コメント

rikaさん、こんにちは!トラバありがとうございます♪
「吉例寿曽我」でのがんどう返しがけっこう初心者の私には衝撃的だったので(笑)もう一度観に行きたかったです。愛之助さんたちの踏ん張ってる足元がなんかキツそうだった思い出も…(^-^;

こんばんは。

私が観に行ったのは大分前なのですが
その時のレポをTBさせていただきました。

後半にもう1回観たかったです~~。
(「吉例寿曽我」なら何度でも・・・笑)


フォーム



トラバ

三月大歌舞伎 昼の部 2

さて、短めのお昼休憩を挟んで『道明寺』です。『道明寺』先日放送があった、「芸能花舞台」で映像を一部見たことがあるだけ、全体の流れは理解しているけど細かい所はまったく分からないままの観劇でした。歴史好きの私の好きな時代の一部に入るので、時代背景など

三月大歌舞伎 昼の部 1

行ってきました~初歌舞伎座。すっごく楽しかった。有楽町駅から歩いて迷うことなく無事到着(あたりまえ?)。早めに着いたので三越で時間つぶしをしていざ中へ。入り口入るとすぐ階段、それを上がるとすぐ劇場・・あらあら結構窮屈、と思いながら着席。舞台や客席も想
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。