<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
まだ3回目ですけど、私は十分面白いと思います・・・今年の大河ドラマ。画面の中の登場人物が生き生きしてるしストーリー展開にも満足。ということで、こちらではしばらくポジティブ感想上げていきたいと思います(笑)。

清盛の異母弟・平次が元服して家盛となりました。でもその場にはお兄ちゃんはいなくて…「兄上にも見てほしかった」となんとも健気なコメント。今週も可愛いわ~、大東くんの家盛!それにしても清盛、息災を知らせる手紙というのが"あれ"ですかww。
息災にはしているけれども、やっている行動は相変わらず破天荒でヤンチャ放題。海賊に苦しめられている民を救ってヒーロー気分になっているけれども、実はその行動は無計画で逆に波乱を巻き起こしている。それでもって自分も賊として捕らえられてしまうという有様。そういう危うい幼さを松ケンくんは上手く表現してると思います。

検非違使庁で捕らわれの身となった清盛を見た乳父の盛康は胃が痛くなるばかり。この回だけで何度「申し訳ございませんーーーっっ」と忠盛に頭を下げていたやらw。この気弱な人には荒くれ者の清盛の監視は難しそうだな(サザエさんに叱られてた鈴本社長と重なるよ、佐戸井さん 笑)
それとは逆に、思わぬ形で「兄に元服姿を見てほしい」と言っていた家盛の願いは叶う事に。元服した家盛のことを素直に笑顔で喜んでくれた清盛になんだかちょっとホっとしてしまった。複雑な感情はあるだろうけれども、この二人には仲の良い兄弟でいてほしい気持ちが強い。
でもこの呑気なやり取りに猛ツッコミ入れてきた恐い叔父さん・忠正w。ここまでの一連の流れだけでも面白かった。

以下、ちょっと長くなったので追記へ。
最後に個人的物申す意見もチョコッと入ってます(苦笑)。


朝廷では白河院亡き後、ついに鳥羽院の世がやって来た。白河の落胤である崇徳帝はすっかり蚊帳の外。子供の頃には「天皇だー」って無邪気に走り回ってたのにねぇ…。あれも白河あってこそだったということで。
で、すごいのが"究極の天然か!?"と思わせる鳥羽上皇の后である璋子。崇徳帝を無視し続ける鳥羽院の行動が理解できない彼女は激高する鳥羽に追い討ちをかけるように
「上皇様のお爺様の子ではありませんか」
となんの悪気もなくノホホーーンと返してるじゃないですか(汗)。こりゃ究極の世間知らずと言うか…w。自分の発言が火に油を注ぐことだという自覚もないみたいだし、璋子、恐るべしっ!プライドの高そうな鳥羽上皇がキレちゃうのも無理ないわ(笑)。まさに最強キャラ!?いずれ大きな嵐を巻き起こしそうなのでその展開にも期待w。

同じ頃、鳥羽上皇は清盛に北面の武士を勤めさせてはどうかと提案。本当に自分に忠節を誓う者か試したいという思惑あってのことらしく、忠盛はまた頭の痛い問題を抱えることに。このシーンの時鳥羽上皇役の三上さんの目から涙が溢れているのが気になりました。特に泣く場面ではなかったと思うのですが…もしかして白粉がキツかったのかな?とか・・・。どうなんだろう。
この一件で苦い経験をしたのが源氏の為義と息子の義朝です。いつも出世で平氏に先を越されてばかりで焦りが募っていた上に、何とか上皇に目通りして北面の武士に義朝を取り立ててもらおうとしていた計画も白紙にされてしまいました。これは源氏にとっては痛手だよなぁ。義朝はもしかしたらこの時初めて猛烈に清盛への対抗心が芽生えたのかもしれない。

しかしながらそんなこととは露知らぬ清盛は相変わらず荒れた日々を送っている。北面の武士にという話も「貴族の犬になりたくない」というだけで家を飛び出そうとする有様。
そんな清盛を心配する継母の宗子。幼い時に感じた宗子との心の距離が未だにトラウマとして残る清盛と、その穴を必死に埋めようとする宗子の関係がなんだかとても切ないです…。宗子が優しく接すればするほど清盛は苦しいんだろうなと思います。あの事件まではとてもいい関係だっただけに、それが偽りだったのではないかと感じてしまった心の傷はそう簡単に癒えるものではない。
宗子はそんな清盛の気持ちを察している故にまた苦しんでいる。過去に清盛を叩いてしまったことが重くのしかかっているんですよね…。そして、そんな二人の親子関係に胸を痛めている異母弟の家盛…。優しくて素直な家盛には母の心の痛みが痛いほど分かる。それもあって、なおさら自分の立場というものをわきまえねばと思っているんじゃないのかな。健気で泣けるなぁ…。あの笑顔がなんだか寂しげで切ない(涙)。

そしてついに清盛が事件を起こしてしまった。賊として捕らわれていた仲間を救うべく牢破りをするとは、なんというバイタリティw。しかし、逃げた仲間は運悪く鳥羽上皇の行列と出くわしてしまい妨げる結果になって捕らわれてしまう。後先考えない清盛の行動によって仲間を失い、平家一門にも責任がのしかかることに…。さすがにこの一件は清盛の身に堪えたらしく慌てて父に謝罪。
「どんな責めも負う覚悟」と言う清盛に対し「捕らわれた仲間とは一切関わりがなかったと言い通せ」と言い放つ忠盛。事の発端は清盛だっただけにそんな無責任なことはできないと反発しますが、逆に自分の行動の甘さを厳しく問い詰められてしまう。

これまで一人で生きてきたつもりだった清盛。弱き者を助けヒーロー気分だった清盛。しかし、彼が起こした行動は全て裏目に出て悪い結果ばかりをもたらしている。それでも今日まで清盛が生きてこられたのは平氏一門が彼を守ってきたからだった…。父に厳しく叱責されて初めてこれまでの自らの浅はかな行動を悔いる清盛。一人で粋がってきたつもりが、実は周りの助け無しには有りえない存在だったことを自覚した時のショックはあまりにも大きかっただろうなと思います。
改めて自分の存在を思い知らされ涙を流す清盛に、猛然と「平氏と縁を切れ」と追い討ちをかける叔父の忠正。それに対して怯えた表情を見せた清盛がとても印象的だった。以前の彼なら吼えて飛び出していただろうに、この時は孤独になるのが恐くて言い返せなかったんだと思う。そんな息子に父は「清盛が平氏と縁を切ることは断じて許さぬ」と言い放つ。

「清盛は平氏になくてはならぬ男だからだ」

キッパリと言い切った父の言葉に二の句が出ない息子。きっと彼の中で自分は異端者で平氏にいてはいけない存在なんじゃないかという気持ちがあったと思うんですよね。だからあんなに荒れた生活してた。けど、その清盛の杞憂を父はバッサリと切り捨てた。「なくてはならない存在」だと言ってくれた。それがどんなに清盛にとって大きく頼もしい言葉だったか…!
納得できない忠正は宗子の存在を持ち出し彼女の気持ちも考えろと責め立てますが、その言葉に猛然と反論すべく必死に訴える宗子。

「清盛は私の子でございます!!私の子なのですから…!」

自分の子供だと何度も訴えて泣き崩れる母親に胸打たれる清盛…。しかし、駆け寄ろうとした時に真っ先に母の元に走り寄ったのは弟の家盛でした…。母のためにも必死に兄に対して父の言う通りにしてほしいと頭を下げる弟。
このシーン、微妙に清盛と家盛の間にある埋めようもない心の隙間が垣間見えた気がしました。宗子はやはり家盛の母であって自分の母ではない…。せっかく芽生えた宗子への気持ちも折れてしまったように見えて本当に切なかった(涙)。

再び飛び出した清盛は、いつか市中で突然話しかけてきた義朝の元へ向かう。あの時は勝負しようと誘ってきた義朝の言葉をすげなく断ってしまった清盛。しかし、今は無性に彼と勝負したい気持ちに駆られている。ところが、今度は義朝が清盛の誘いをすげなく断る。そりゃ、今は会いたくない相手だからなぁ。自分が取り立てられるつもりでいた北面の武士の座を奪った相手ですから…。
それでも清盛のただならぬ視線を感じた義朝はその勝負を受ける。競べ馬、スゴイ迫力だったなぁ…松ケンも玉木君も!それを見るだけでもシビれた!勝負は鍛錬を続けてきた義朝の圧勝。清盛は落馬してゴールにすらたどり着けなかった。

平氏のなかでもお荷物的存在、さらには義朝にも屈辱の敗北…。清盛はすっかり自信を失い自らを責め続ける。石清水八幡宮での清盛を見てから彼との勝負に勝つためにと鍛錬を重ねてきた義朝にとって、そんな情けない彼の姿を見るのは苦痛だったに違いない。
ただ惨めな涙を流し続ける清盛にたまりかねた義朝は言い放つ。

「武士は王家の犬ではない。武士が王家を守ってやっているのだ!」

武士がいなければ王家は何もできないということをいつか思い知らせてやる、とギラギラした眼差しで訴える義朝の言葉にまさに目から鱗が落ちる想いの清盛。そんなこと考えたこともなかっただろうからねぇ。まさに発想の転換ですよ。その一念でここまでやってきた義朝はスゴイ奴だと思います。
だからこそ、ウジウジしている清盛に北面の武士の座を取られたことが悔しくて堪らないのでしょうね。勝負に勝って気分がいい、と嫌味を言い振り返ることなく去っていった義朝。それが彼の精一杯の意地。そして彼の存在が清盛を変える。

そしてついに次週、北面の武士となった清盛が登場します。さらには今回チョイ出だった藤木直人さんの佐藤義清も本格的に動きそうな予感。とっても楽しみです!


余談ですが…兵庫県知事の度々に渡る大河批判発言。
個人的に好みに合わないっていうのならわかるけど、県の代表として色々発言してるというのがどうにも理解不能です。普通のドラマとはちょっと違う撮影方法なので好みが割れるのは分かりますが、それを制作に押し付けるっていうのはどういう了見なんですかね。
「いま変えたら(NHKの)全面敗北になる。世論の動きで見直さざるを得ないこともあるだろうから、期待している」
っていうコメントが一番ムカつきます。普通の一個人としての意見ではなく知事として発言してるんですよね、この人。ナニサマ!?兵庫県のためだけにドラマ創ってるんじゃないんだよ。こんな発言、トップの立場の人がするべきではない。こんな奴にはドラマ見てほしくないですよ、ホントに。
なんか、笑えない方向に話が進んできたのでちょっと個人的意見を書いてみました。


関連記事

テーマ : 大河ドラマ 平清盛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 平清盛 comments(2) -


コメント

Re: 申し訳ございませんーーーっっ

サントラさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

佐戸井さん、出番は少ないですが(乳父なのにw)インパクトは大きいですよね。
「房子さまー」は懐かしい!そういえば、あの時も鈴本社長はヘーコラしてましたw。
この3人が一堂に集まるシーンはあるのかな?金田さんが平氏に来なきゃ無理そうですが^^;
戦死してしまう前に実現してほしいかも!?

申し訳ございませんーーーっっ

>この回だけで何度「申し訳ございませんーーーっっ」と忠盛に頭を下げていたやらw。

佐戸井さんが「申し訳ございません!清盛様の乳父として、この盛康っ…」というたびに、声に出して笑いました。

「申し訳ございません!房子さま~」というときと声が一緒なので(笑)

傍らでみている梅雀さんも、キリッとした演技のときはカッコいいですねぇ。やはり歌舞伎のエッセンスが入っているのでしょうか。

金田さんもちょっぴりだけ、出ていましたね。(鳥羽院に召しだされた忠盛とすれ違う源為義と一緒)

この3人を見るだけで楽しめます。


フォーム

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。