<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
冬ドラマが続々と始まっていますが・・・まずは『ダーティー・ママ』の感想から。

このドラマ、始まる前から期待していなかったんですが…なぜそれでも見ようと思ったかと言えば、加藤虎ノ介くんが出演すると知ったからです。
今年は年明けから虎ちゃんの露出が多くなりそうでファンとしては嬉しいんだけど、正直、期待していないこのドラマに出演すると知った時にはちょっと「・・・なぜこの作品に・・・」と苦笑い状態でした(爆)。

で、実際にドラマ見たんですが…感想は一言。面白くない
どうやら1話完結ではなく2話まで事件のエピソードを引きずるみたいなのですが、"次回どうなるんだろう"っていう期待が全く起こらなかったというのが本当に残念(苦笑)。なんでこんな面白くないって思えるんだろうな。ストーリーのテンポはけっこういいほうだと思うし、役者も魅力的な人がたくさん出ている。それなのに、次見たいと思えなかった。

主人公のママさん刑事がとにかく型破りすぎる人物。なにせ職場・事件現場に自分の子供(赤ん坊)をベビーカー引いて連れてくるという傍若無人っぷり。で、子供の世話は自分がするわけじゃなくて次々にやってくる新人刑事に任せるというトンデモないキャラ。
これ、原作があるらしいんだけど…本の中でだけなら笑って許せても、いざ映像化すると共感を得るというのは難しいんじゃないのかな。永作さんが上手い女優さんなだけに、キャラが立ちすぎてて逆に見ている側に不快感を与えてしまっているような気がします。よほど良い脚本じゃないとその隠れた魅力みたいなものは感じづらいんじゃないだろうか。1話見ただけだけど、私にはこの作品にそういった魅力を全く感じられなかった。

何と言っても、主人公に全く感情移入できないというのが致命的です。
たとえあまり上手くない役者が出ていたとしても、そのキャラクターのどこかに感情移入できるようなものが少しでも感じられればもう少し様子見ようかなという気持ちになりますが・・・このドラマの場合はストーリーもダメ、キャラクターにも感情移入できずという最悪のパターン
朝ドラの「カーネーション」はものすごく評判のいい作品ですが、実は私は主人公にほとんど感情移入できずにここまできてしまってるんですよね(爆)。なので朝の1回きりしか見ていてないのですが…それでも見続けていられるのはストーリーが面白いからです。台本が面白い。キャラか台本かどちらかに興味が持てれば見続けられるわけですが、「ダーティーママ」にはその期待が出来ないような気がします(毒)。

それと、脇の役者の使い方があまりにも勿体なさすぎる。八嶋さんはただオタオタ困ってる上司、二朗さんはやたら怒鳴り散らしているだけ、ヤスケンはじめ野間口さんや林さんなど面白い役者が揃っているにもかかわらず彼らのキャラがまるきり無視されているかのような残念さ。
ハッキリ言って、やけに目立っていた主役2人と新人刑事の恋人には興味沸かなかったんだよ…。こっちじゃなくて、刑事課の面々をもう少しドラマに絡ませるべきじゃないのかな。ただの刺身のツマ状態で終わりそうな予感がして気の毒にすら思ってしまった。まさに宝の持ち腐れ状態(毒)。特に主人公の同期だという美味しい設定のはずのヤスケンがあんな使われ方していたのが見ていて不快だった(←NACSファンとしての個人的感情も混じってるけど 爆)

怪しい人物役でアンジャッシュの児島が出てきたのがちょっと驚いたかも。最初誰か分からなかった。児島さんってけっこうああして見るとイケメンかも(笑)。
だけどなぜか高子に拉致されて縛られ、挙句の果てにオムツまでつけられてしまうという展開になったのは彼が芸人だったからなのだろうか(苦笑)。あれはちょっと気の毒だろう。なんか同情してしまった。…っていうか、高子のやり口が酷すぎるだろう。

そして何よりビックリしたのが高子の唯一の理解者とされるバー百蘭のママ・ムツミ役の虎ちゃん(笑)。ガールズバーの店長と聞いた時になんとなく役柄の雰囲気は予測できたんだけど(ネムリバの店長系統だろうなとw)、いやぁ、あそこまでアクの強いオネエキャラになっていたとはビックリだよ!!私のネット友達さんなどはあれが虎ちゃんだと気づかなかった人すらいたくらいだったし(笑)。
役柄としては高子に影で捜査協力して賄賂を手渡しているというちょっとダークなママ。あの化粧と雰囲気、こういうオバサン、巷にもいそうってくらい女装に違和感がない(笑)。この雰囲気どこかで見たことあるかも…と思ったら、泉見洋平くんが昨年演じてたミュージカルのキャラだったw。この二人、ひょっとしたらちょっと顔の系統が似てるのかも!?
しっかしまぁ、虎ちゃんのこのキャラは"可愛い"・・・という表現はお世辞にも言えないかも(爆)。性格がどぎつそうだし。テンション上がると怒鳴ったような台詞回しになってしまうのも気になったりして(そういえばまた中国語話すシーンがあったな 笑)。正直、私の好きなキャラクターではない。なので、マイナス要素だらけのこのドラマはこれにてリタイア…としてしまいたいんだけど…、でも、やっぱり虎ちゃんのムツミ店長が今後どれだけ絡んでくるかだけは気になるんだよなぁ(笑)。

と、いうわけで、録画だけして虎ちゃんのシーンだけ残留させるというスタイルで見ていこうかと(爆)。あ、ヤスケンと絡んでくれたらそこも残留だけど(笑)。



関連記事

テーマ : 新ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

その他ドラマ感想 comments(2) -


コメント

Re: 虎ちゃん

angelaさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

富山発のドラマ「相撲ボーイズ」ですね^^。
いよいよ今週の土曜日にBSですが全国放送されるようです。
「ダーティーママ」はリタイア状態なので(爆)こちらのドラマに期待していますw

虎ちゃん

http://www.nhk.or.jp/toyama/drama/
めちゃくちゃメインキャストではないですか
(写真、もう少し新しいの使って欲しいですが)

とっくにご存知だったかもしれませんが



フォーム

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。