<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
473542224.jpg
TDVでやたら盛り上がった足で…w、秋劇場のソンダンを観に行ってきました。
前回観に行ったときに"なかなか面白かったな"とは思ったものの、ご贔屓の役者さんが出ているわけではないし選曲も個人的にはちょっと微妙なものがあったのであれっきり行かない予定ではありました(苦笑)。が、なんとなく、もう一度観てみようかなぁ…という気持ちになりまして、強行軍ではありましたが急遽予定に入れてしまいましたw。

473542585.jpg
久しぶりに秋劇場前のクリスマスツリーを見ました。青いライトが綺麗に映えてます。

劇場についてからダイレクトメールを見せるとポストカードがもらえるということで早速引き換え。
o0800045011678971224.jpg
なかなか素敵な構図です。ソンダンキャストの皆さんが全員写ってて嬉しい!阿久津さんの妙なポーズがウケるんですがwww。飯田洋輔くんの弟さんでもある達郎くんの屈託ない笑顔がやたら可愛くて癒されます

ちなみに…ソンダンとはまったく関係ない話題ですが(爆)毎週通っていたBBの記録がついにストップ。月曜日のキャスト通知では名前があったのになぜか水曜日に消えていて(苦笑)。
で、この日はお兄ちゃんではなく弟くんを観に行くことに相成りました。それが目的でってワケではないんですけどね(汗)。


ヴォーカルパート
阿久津陽一郎、李涛、種井静夫、飯田達郎、青山弥生、井上智恵、真優香
コーラスパート
真田司、神永東吾、廣瀬聖人、光田健一
ダンスパート
荻原隆匡、朱涛、玉井晴章、西尾健治、水原俊、大森瑞樹、斎藤洋一郎、斎藤准一郎、加藤久美子、須田綾乃、井上佳奈、相馬杏奈、相原茜、相原萌、高田直美、駅田郁美


以下、ネタバレの感想



前回観たときに"キャスト変更は難しい演目かも"と思ったのですが…やはりそのとおりだったようでほとんど変わっていませんでした。女性ダンサーさんが一人入れ替わったくらいかな。達郎くんはボイパがあるし、斎藤兄弟と相原姉妹は♪花の時、愛の時♪の双子ナンバーがあるし…代わりが効かないものがけっこうある。
ただ、ずーーっとおなじキャストばかりで固めていると変化が楽しめないという点があるのも現実なワケで…出演している役者さんのファンである人以外にはリピートして観ようという気持ちにはあまりさせられない作品じゃないかなと…。それが客席にも現れているようで、私が観に行った10月下旬からすると客足がだいぶ落ちているという話を聞きました。

客足を戻すべく今月からやたらイベント続きだという今回のソンダン(苦笑)。予定を見ると毎公演なにかしらの役者さんによるイベントパフォーマンスが実施されている状況にびっくりです。
その中で一番驚いたイベントというのが、終演後のお見送り。東京の常設劇場での役者のお見送りなんてこれまでなかったですからね…。私が観に行った日もそのお見送りデーに当たりまして。

しかしながら、この日は話に聞いていたよりもなぜかお客さんの数がやたら多かったんですよね。1階席も7割くらい埋まっていてかなりの大盛況ぶり。どうやら開演前にプレステージイベントがあったらしく、それのせいもあってか人手が多かったらしいとか。1日2回もイベントだったとは…、役者さん、本当にお疲れ様です
で、終わった後にロビーに出ようとしたのですがものすごい人数でごった返していてなかなか前に進まない。とりあえず後ろのほうで様子を伺って人が捌けてきた頃に役者さんがいそうな場所へ移動しようかなとのんきに考えていましたw。

ところが…!少し前が見えるくらいになった頃にロビー出口あたりで立っていた井上智恵さんがスタッフさんに促されて帰ろうとしているじゃないですか!!こりゃ大変とあわてて何とか前のほうに出て帰り際の智恵さんとぎりぎり握手をしてもらえたのですが…、そのあと共通ロビーに出てみると誰も役者さんがいない状況に(爆)。
"お見送り"という言葉に惑わされていた私が馬鹿だった(爆)。お客さんが全員役者さんに見送ってもらえるわけではなく、ある程度の時間がきたら皆さん退散してしまうということだったようです…。よくよく考えてみたら、そりゃそうだよなと。本来あるはずのないお見送りイベントですし、皆さん本編で力使い果たしてお疲れの中出てきてくださってるわけですし…最後までいるはずがないなと(苦笑)。

でもこういうイベントってどうなんだろう…。私と同じ事考えてた人って他にもいたんじゃないかなと。イベント内容をよく分かってる人は積極的にリアクションして会えたり、話によっては美味しいチラシなんかももらえたりするらしいし…ってことですが…。まぁ、あくまでもこれは負け犬の遠吠えでしかないんですけどね(爆)。ちぃとばかし不完全燃焼気味で終わった気がぬぐえないもんで。
ご贔屓の役者さんがいなかったからダメージがそんなになかったんですが、これ、ご贔屓役者さんとか気になる役者さんとかいる時だったらけっこう凹んでたような気がする(苦笑)。個人的には達郎くんにちょっと会ってみたいなと思ったりしてたのでw、今回参加してなくてよかったと思ってしまった。

しかしながら、分かっている皆さんはちゃんとカメラも持ってて役者さんの写真たくさん撮ってたなぁ。四季でよもやあんな光景が見られるとは…!衝撃の連続だった。


肝心の本編について少々。

1幕で印象に残るのが『ノートルダムの鐘』。大好きなアニメ映画で映画館にも観に行ったしビデオでも何回も観た作品なのでこうして舞台で再現されるのは嬉しいです。いつか四季で舞台化するような日が来たら見たいなぁと本気で思ってしまう。
種井さんの神父さん姿がやたらお似合いなんですよね(笑)。クロパンは阿久津さんなワケですが、どうしても55のクロパンがよぎってしまう(汗)。なべさん、どうしてるかなぁ…。

『春のめざめ』は作品の内容的に私は合わなくて1度で行くのをやめてしまったので(苦笑)、正直ソンダンでもこの作品のナンバーはあまり聞きたくなかったんですよね。でも、前回観たときよりも不思議と嫌悪感はなかった気がする。ポールダンスもすごいし、何よりも達郎くんの歌のテンションが前回以上にパワーアップしてて思わず吹きそうになってしまった(笑)。

『ウィキッド』の♪人生を踊り明かせ♪は個人的に好きなナンバー。久しぶりの李フィエロなので作品の感動もよみがえります。このシーンの直前に学校っぽいシチュエーションがあって、種井先生にコラって怒られてる達郎くんがやたら可愛くて萌えます(笑)。

『アイーダ』の♪おしゃれは私の切り札♪は客席からの連れ去りがあるわけで。前回は通路近くの座席だったのでこのナンバーが始まったときに妙に緊張して気が気じゃなかった私(爆)。その教訓を生かし、今回は連れ去りの危険がまったく及ばない中央に座っていたので余裕を持ってこのナンバーを楽しむことが出来ました。でも、連れ去りにやってくる黒服の男性ダンサーさんたちはけっこうカッコいいんですよね~。
♪迷いつつ♪は阿久津ラダメスが見られるわけですが、私は本編で1度しか会っていないし、あまりにもナベさんのイメージが定着しすぎているため(爆)どうしても物足りなく思えてしまう…。阿久津さんのラダメスは素敵であることには変わりないんですけどね。

ダンサーさんたちによるパフォーマンスは相変わらず迫力満点。皆さんの力強いダンスに圧倒されるわけですが…加藤敬二さんのスタイルのダンスそのもので…カッコいいんだけど、55でも見てきたような動きがけっこう多くて…最初に見たときのような感動はなくなってしまったような気がします。ヴァンパイアに魂抜かれたあとの観劇だった事もあり、多少疲れが…(爆)。

『ライオンキング』の♪サークルオブライフ♪は素晴らしかったです!上から歌っているのは洋一郎くん?准一郎くん?この公演はとにかく洋一郎・准一郎兄弟の見分けを必死に見てることが多かったw。達郎君は鳴り物叩いて頑張ってました。洋輔君の弟だと思って見るとなんだかけっこう感情移入しちゃうんですよね(笑)。

2幕は三木たかしさん劇場になるわけですが…その直前の口上での阿久津さんのテンションがすごいことになってます(笑)。あれは思わず吹いたww。ご本人、超ノリノリですよ、あれ。あんな弾けた阿久津さんを見られるというのはこのソンダンの一番美味しい部分かもしれません。

『夢から覚めた夢』のナンバーは好きなんですけど、ヤクザの演歌な世界表現が個人的にちょっと苦手。達郎くんがヤクザに襲われてボコボコに殴られてるわけですが…一緒に観に行った友人は「お兄ちゃん、助けに来てと思ってしまった」と語ってて思わずウケましたww。たしかにあの場面でお兄ちゃんが助けにきてくれたらって思えるよなぁ。
ヤクザにやられた達郎くんをカトクミ姐さんが助けに入るんですが、やっぱりここのシーンがやたら中途半端に見えて仕方ない。結局助けずに逃げてますし(爆)。で、そのまま青山姐さんが♪夜桜お七♪歌いだして…奥で達郎くん倒れたまま…みたいな(苦笑)。あの演出が何度見てもよく分からん。

♪花の時、愛の歌♪はソンダンの宣伝番組でけっこう出てきたので今回しげしげと観てしまった。いやぁ、双子共演の息はピッタリですね。本当に鏡で見た動きみたい。どっちが洋一郎くんでどっちが准一郎くんなのか必死に見分けようとしましたが、このナンバーは動きが皆早いので駄目だった(苦笑)。

前回退屈に思ってしまった♪ペドロ一家♪、今回はなんだかすんなり見れてしまった。やはり一度見ておくと流れを覚えているのでそんなに長く感じないのかもしれない。

何度見てもよく分からないのが♪振り向くな君は美しい♪。あのサッカーシチュエーション…見ていてどう反応していいのか分からなくて終始首傾げてた私(苦笑)。

前後するけど、よく分からないといえば和楽器パフォーマンスのあとの真さんの歌に移るときの演出。つなぎにしても前後の脈略があるとは思えないし雰囲気も全然合わない。なんとも違和感の残る演出だなぁと(苦笑)。

♪心の鐘♪は個人的に好きです。役者さんたち全員集合だし、皆で目配せしながら歌っている光景も感動的でいい。

でも、カテコで♪津軽海峡冬景色♪♪時の流れに身を任せ♪が入ってくるはやっぱり違和感。ラストに歌謡曲と演歌を持ってくるとなんかちょっとねぇ…。

で、そんな違和感を持っているとラストに阿久津さんの超ハイテンションな口上が入ってくる(笑)。なんとも奇妙なラストパフォーマンスではありますがww、あの阿久津さんは見ているだけで面白いですww。モヤっと感があれでちょっと払拭される。まさかそれが狙いなのか!?そんなはずないけどw。


こうして2回目のソンダン観劇は終了。3回目があるかどうかは…微妙かなぁ。



関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ソング&ダンス(四季) - -
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。