<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
447386813.jpg
帝国劇場100周年公演になっているミュージカル『ニューヨークに行きたい!!』を観に行ってきました。
帝劇に登場した久しぶりの古きよき時代のミュージカルっていう感じでしょうか。初期のブロードウェー作品を思わせるような雰囲気だと聞いていたので、実は観劇前からちょっと不安はありました。と、いうのも、昨年この作品と似たようなスタイルのものを観てドン引きしてしまった過去があったからです(苦笑)。つまりは、ショーが第一でストーリーは二の次みたいな感じの…。
そんなわけで、行くことにためらいはあったんですけど…泉見洋平君が久しぶりに大型ミュージカル出演と聞いては行かずにはいられまい(笑)。彼が出ていなければ正直観に行かなかったであろう作品でした(スミマセン 爆)。

ロビーに入ると、柱に主演の瀬奈さんとさとしさんのサインつきパネルが貼られていたので思わず激写!
o0800045011612650861.jpg  o0800045011612651598.jpg
うーん、お二人ともカッコイイ!!
ちなみに、売店の皆さんも船員さんの格好をしていました。まさに帝劇ロビーが大きな船のデッキみたいな感じだったかな。

開演30分前くらいになると、ロビーがひときわ賑やかに。
指揮者の塩田さんが数人のオケピメンバーを引き連れて二階への階段のところで演奏パフォーマンスを披露してくれました。これ、毎公演やっているみたいですね。塩ちゃんにつれられてやってきたメンバーさんは皆さんお若い!男性演奏者は役者さん並にけっこうイケメン揃いだった(笑)。
楽器についてや、劇中に披露されるナンバーの冒頭部分だけの演奏があったりとか、かなり濃厚なプログラム。それに加えてあの塩ちゃんの軽妙なトーク付ですから華やかです(笑)。ほとんど何も前知識を入れないまま来ていたのでちょっとしたいい予習になりました。この日のパフォーマンスはけっこう盛り上がって開演8分前くらいまでやってたかなw。
これからご覧になる予定の方はちょっと早めに劇場入りすることをオススメしますよ。

客席の埋まり具合ですが、予想していたよりもかなり入っていました。パッと見た感じだとちょっと年齢層が上だったかな?そんな客席の中に某有名脚本家さんのお姿を発見!かなーりの良席でご覧になってました。カテコも最後まで楽しまれていたようです。


主な出演者
リサ:瀬奈じゅん、アクセル:橋本さとし、フレッド:泉見洋平、コスタ:戸井勝海、船長:阿部裕、主任客席係:武岡淳一、オットー:村井国夫、マリア:浅丘ルリ子、フローリアン:吉井一肇


以下、ネタバレを含んだ感想です。







古きよき時代のブロードウェーミュージカルのような作品でしたが、意外にもこれはドイツミュージカルなんですよね。しかもハンブルクで初演されたのは07年ということですからけっこう最近です。
ウド・ユルゲンスさんという方のヒット曲を全編に散りばめているのだとか。私はこの方の曲は知らないのですが、ロビパフォの時に塩ちゃんが「1曲だけ日本でも馴染みの曲がある」と言ってたな。それを聞いても結局分からなかったけど(汗)。作品のスタイルは違いますが制作方法としては、「マンマ・ミーア」みたいな感じになるのでしょうか。

ストーリーはいたってシンプルです。
ドイツの有名なテレビキャスターとして日々忙しく働いているリサ。ところがある日、老人ホームにいるはずの母親マリアが同じ入居者でもあったオットーと駆け落ちしてしまったことを知る。すぐに連れ戻さないと老人ホームに戻れないことを知ったリサは仕事を気にかけながらも、オットーの息子であるアクセル親子と共にマリアたちが乗り込んだ客船へ乗り込んでいく。
母親の行動が理解できないリサと、父親との関係に悩んでいたアクセル。最初は激しくぶつかり合っていた二人はやがて互いの気持ちを打ち明け気持ちを通わせていく。そしてついに想いが通じ合った二人でしたが、リサは愛情を取るか仕事を取るかで思い悩んでいた。そんな彼女が最後に選んだのは…。そして、二組のカップルの行方は…。

1幕と2幕のオープニングでオケピが舞台と同じ高さまで競りあがってくる演出にはビックリしました(←「塩ちゃーん」コールが要求どおりに起こりご満悦だった塩田さん 笑)。2幕のオープニングはさらに塩田さんがなぜか客席扉から登場して、子役の吉井くんが張り切って指揮棒を振るうっていうぶっ飛んだ演出も(笑)。
そう、今回は指揮者の塩田さんが大活躍だったのです!いつもはオケピのなかで大胆なパフォーマンスを見せているシオタクターですが、この作品ではその弾けっぷりが客席にもよーーく分かるような感じになってて。そりゃもう、役者さん並に飛んだり跳ねたり客席煽ったりww・・・まぁ~楽しそうでしたよ。そんな塩田さんのハイテンションに客席も釣られる、みたいな雰囲気すらあったな。

全体的にはやっぱりショー的要素がけっこう強い作品でした。アンサンブルさんの数も多いので、見た感じもとても華やかです。登場人物たちが妄想したりするとすぐにショーナンバーが始まってお祭りみたいな雰囲気になるんですよね。けっこう面白かった。
楽曲はそんな感じなので楽しく派手なものがほとんど。あまり記憶に残るようなナンバーがあったわけじゃないけど、「ニューヨークに行きたい」「66歳になったなら」「何よりもケーキ」といったビッグナンバーは好きでした。アンサンブルさんのソロがたまに挟まっていたのもよかったな。皆さんけっこう実力派の方が多いので。
ちなみに、船員さんの役で出てた谷口浩久さんは今回もやっぱり目がいってしまった。コミカルでカッコよかった。

肝心のストーリーは…、昨年見た「金返せ」と思った某ミュージカルよりもけっこうちゃんとしていたので良かった。でも、やっぱりどちらかというとショーに偏っている作品なので…特にあまり心に響くようなエピソードはなかったな、というのが正直なところ(苦笑)。
一番腑に落ちなかったのが、物語の格であるはずのリサとアクセルの恋愛。親であるマリアとオットーの恋愛は納得できる部分が多かったんだけど、主役の二人の恋愛ストーリーがよく分からなかったのが残念。あんなに二人ぶつかり合っていたのに、いったいどのタイミングで恋に目覚めたんだろうか?特にリサの恋の部分が曖昧で分かりにくかった…。アクセルはリサへの愛に全力だったけど、リサは最後までアクセルに恋したのか流されただけなのか微妙な感じだった気がする(苦笑)。
・・・っていうか、なぜ授賞式へ参加することが恋愛を諦めるっていうところと繋がるのかなと(汗)。授賞式へ行って、その足でまたアクセルのもとへ戻るっていう選択肢はないのかな…、とか。なんか色々現実的なことを考えてしまった。恋か仕事かっていうのとはなんだかちょっと違う気がしたので。

…って、こんな現実的なツッコミをしてしまったということ事態、私はこのミュージカルの負け組なのかもしれない(爆)。つまり、これは、そんな細かいことを考えずにただ単純に作品を楽しんだもの勝ち的なミュージカルです、きっと。
役者さんも熱演だったし、曲も楽しいものが多かったし、あっけらかんと楽しむミュージカル・・・なんだろうけど・・・結局はあまりハマれなかった気がします(苦笑)。


リサ@瀬奈じゅんさん
スタイル抜群だし、立ち姿もカッコイイ。歌もけっこう安定しているし、膨大な長セリフも頑張ってこなしていました。が…、なんだか物足りないんですよね…。リサがアクセルと遣り合っているシーンとか見ても、正直あまり惹きこまれない。なんでだろう?届いてこない印象がすごい強い。歌っていてもその中にドラマが感じられないというか…淡白に思えてしまう瞬間もある。うーーーん、なんでだろう。
すみません、これ、全くの個人的感想なのであしからず。

アクセル@橋本さとしさん
軽妙なセリフの言い回しとか、本当に魅力的でした。コミカルでいて、それなのになんだかすごくセクスィ~(笑)。さとしさんのアクセルがセリフを話したり歌ったりすると思わず引き込まれるんですよね。リサへの愛の告白は不器用ながらもなんとか伝えたいという気持ちがビリビリ感じられて感情移入してしまった。歌もすごい進化してると思います。
印象的だったのは父・オットーへの複雑な心境を打ち明けるナンバー「父と息子」。自分の心の底にしまいこんできた父へのどうしようもない気持ちが表に出た時思わず感極まって言葉に詰まってしまうんですが、それがすごく感動的で良かった!!さとしさんの芝居にはそこに真実が見えるんですよね。
リサと枕で格闘するシーンではけっこう本気でやりあってたのが面白かったな。瀬奈さんの叩きっぷりがけっこう激しくてさとしさんも応戦に必死(笑)。途中でボコッとものすごい大きな音がして「ちょっと、今、頭はずれそうになったよ!?」と慌てている一幕も。これってこの日のアクシデント?かと思ったら、以前にもやってたらしいので狙ってるのかもしれませんね(笑)。そんなアドリブも楽しいさとしさんでしたw。

フレッド@泉見洋平くん
洋平君がこういった大きな舞台に出演するのってすごく久しぶりですよね。彼が出ているから観に行ったわけでもあるのでけっこう出演シーンはガン見してました(笑)。ポスターよりも髪の毛がカラフルに染められてて服装もめちゃくちゃ派手!リサのスタイリストでゲイという役柄なんだけど、キラキラ可愛い洋平くんにはピッタリだったのではないかと。変にナヨナヨしすぎていない、けっこう絶妙なバランスでフレッドを演じていたのが印象的だったな。でも、コスタに甘えるシーンとかはめっっちゃ可愛い!!!萌えた(笑)。
相変わらずの大汗はかいていましたがw、歌声は本当にしっかりしていて安心して見ていられる。ショーナンバーのときの身のこなし方もスマートでカッコよかった。思ったよりも出番が多かったし、けっこう存在感もハッキリ出ていたのでファンとしては嬉しかったな。またこういった大舞台にも出演してほしいです。

コスタ@戸井勝海さん
戸井さんの舞台、かなり久しぶりかも!?洋平くん演じるフレッドの相手役なのですが、なんだか見た目がすごく濃い(笑)。どちらかというとワイルド系!?フレッドが想いを寄せてしまいたくなるような逞しさもあったし、素敵でした。
ギリシャ人っていう設定だったかな。二人でいつかギリシャで暮らそうっていうフレーズが出てくるんだけど、今のギリシャ情勢のニュースを知っていたら…そんな歌詞は出てこないだろうなと思ってしまった(苦笑)。

オットー@村井国夫さん
村井さんもかなりのお久しぶりです。登場した時の雰囲気があまりにも"おじいちゃん"だったのでビックリしてしまった(汗)。村井さんっていうとけっこうギラギラしたおじさんっていうイメージがあったのですがw、今回の役はそれとは正反対。言いたいこともハッキリ言葉に出せない、シャイで引っ込み思案なところが可愛い。しかも、年齢を10歳もサバ読んでまでマリアに嫌われたくないと思っていたっていう健気キャラ(66歳ではなく76歳だったらしい 笑)
とにかく終始ちょっと頼りないソフトな可愛いおじいちゃんだったなぁ。こんな村井さんのキャラ、今まで見たことなかったのでかなり新鮮で面白かったです。

マリア@浅丘ルリ子さん
大女優・浅丘さんがミュージカルに初挑戦だそうな。舞台の上にいるだけでなんだかパッと華やぐ雰囲気をお持ちなのがさすがです。コミカルなシーンでも椅子の下に潜ったりベッドの下に這い蹲ったりと、体も張っていらっしゃって(笑)かなり楽しませてもらいました。キャラとしてはオットーを終始リードしていく積極的なおばあちゃん。おばあちゃんと言ってもけっこう大胆でひと芝居打ってスイートに居座ったりするすごい弾けた方なのでwなんだかとてもお若く見えました。
ただですねぇ・・・歌が・・・。音程云々という以前に、声が完全にオケの音楽に消されちゃっていたのが非常に残念!歌声に張りがないんですよ。音声さんもかなり気を遣っているんだと思いますが…それでも聞き取りづらい。それを補完するようにアンサンブルさんの歌が入ってきたからよかったものの、何を歌っているのか分からないのはミュージカルでは致命的かと。

阿部さん武岡さんは今回は脇に徹したって感じでしたね。大きなソロもなかったし、主にコメディ部分を担当されてました。阿部さんは歌えるのでちょっと勿体なかったかも。武岡さんは客席アナウンスも担当されていたようですが、こちらはちょっとスベってる感じが…(苦笑)。
子役の吉井くんは本当に芸達者ですねぇ!大人顔負けの名演技。レミゼのガブローシュやそのほかにもこれまで様々な舞台を経験しているというだけあって堂々としていました。最近の子役は本当にすごい子が多い。


カーテンコールでは劇中の音楽がいくつか披露されてすごく華やかな雰囲気でした。何も難しいことを考えず気軽に楽しめるショーミュージカルって感じだったかな。個人的にはもう少しストーリーがしっかりしているほうが好きではあるんですけど、たまにはいいかな。



関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

Musical観劇作品 comments(0) -


コメント


フォーム

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。