<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
406797881.jpg
劇団四季で超ロングラン中のミュージカル『CATS』を観に横浜まで行ってきました。我が家から約2時間…、しかも前日にはダンナの親戚の会に参加していたという…かなり強行スケジュールでの観劇でした(苦笑)。
えっ?なぜそんなタイトな時期にわざわざ遠くまでキャッツを観に行ったかですか(←誰も聞いてないって 爆)オフステージトークがあると聞いたからでございます。もっと言えば…、飯田洋輔くんがもしかしたら出てくるかも?なんていう微かな淡い期待があったからです(笑)。

最後にキャッツを観たのは2年前の4月、五反田でした。大好きなミュージカルではあるのですが、あまりマニアックにはまるっていうことはなくて(笑)横浜へ移動してしまってからは遠いこともあり行くことはたぶんないだろうなと思っていました、ついこの前までは(爆)。
しかしながら、最近私の中でかなりブームとなっている飯田君がキャッツに出ていると知ってから心がざわつき始めまして…。それでも夏にBBに戻るまでの間の彼のキャッツは観に行かなかった。ひたすらBBに戻るの待ってたし(笑)。しかしながら、BBに戻った飯田君を見てからテンションが驚くほど上がってしまい…彼の猫も観たいという衝動に駆られ…この日を迎えたというわけです。つまり、キャッツを観に行ったというよりも飯田君を観に横浜まで出向いた、みたいな(爆)。ほんと、キャッツファンの皆さんごめんなさいって感じです…。

この日のキャストは以下の通り。
o0800045011511588793.jpg
あまりにも登場猫が多いのでキャスト表写真のみで失礼します(爆)。※クリックすると大きくなります。

ストーリーはこの作品においてはほとんど無いので、今回は最初に印象に残った猫についての感想を書いていきたいと思います。


グリザベラ@佐渡寧子さん
佐渡さん見るの何年ぶりだろうか…!おそらくは最初に海劇場でオペラ座の怪人のクリスティーヌで観て以来かと!クリスティーヌの佐渡さんは実はあまり好きではなかったのですが(汗)、グリザベラはけっこうハマってるんじゃないかなと思いました。2幕の「メモリー」は圧巻でしたね。♪お願い、私に触って~♪のくだりはドラマチックでちょっとウルっときました。

ジェニエニドッツ@石倉康子さん
石倉さんも超お久しぶりでございます!彼女も海劇場オペラ座でメグを観て以来ですよ、たしか。とても歌が上手い方だなと思っていましたが、おばさん猫のナンバーもパワフルに歌い上げていました。っていうか、キャスト表観るまでは石倉さんがジェニエニドッツだって分からなかったよ(爆)。メグだった石倉さんももうオバサン猫を演じる年代に来たのかなぁ、なんて…。

ボンバルリーナ@西村麗子さん
五反田でも観ていたのですが、すっかりどの猫が麗子さんだったか忘れていた(爆)。「メイクが麗子さんだから」って友達から聞いていたので探してみると…本当だ(笑)。2幕にはソロもあるので分かりましたが、たしかに麗子さんっぽいメイクでしたw。歌はそんなに上手いってわけじゃないんですが、舞台姿はやっぱり映えますよね。高校の1年先輩でもあるので密かに応援しております…。

シラバブ@江部麻由子さん
うーーん、この方のシラバブはちょっと残念だったかなぁ。可愛いんだけど歌がちょい不安定。シラバブってクリスティーヌの登竜門みたいな役だって昔からいわれていますが…それだけにもう少し頑張ってほしいところかなぁと思いました。

マンカストラップ@武藤寛さん
横浜にきてからほぼ休みなくマンカスを演じているという武藤さん、巷では「やつれた」という声もチラホラ聞こえてきて心配したのですが…威厳のあるリーダー猫を演じてくださっていたと思います。お痩せになったということなのでちょっとドッシリ感が薄いかなぁというのは感じましたが…。それにしても長く同じ役が続いている役者さんは心配です…。心身壊されませんように(涙)

ラムタムタガー@金森勝さん
わたし、スンラさんのタガーは今回が初めてだと思っていたのですが…実は五反田の時に1度観ていたみたいです(笑)。その時の感想を読むとけっこう絶賛しているのですが、あの時の記憶がもうなくて…。で、改めてスンラさんのタガーを観て思ったのが、超個性的だってことかな(笑)。歌い方も動きも独特です。足の振り上げもけっこう適当という印象で…なのにあの突き抜けたテンションなので押し切っちゃうみたいな。連れ去りのお客さんは最後にキスのオマケまでと派手です(ちなみに五反田でも同じリアクションしてたらしいw)

ミストフェリーズ@岩崎晋也さん
お初のミストだったと思いますが、彼のダンスはとてもキレがあって見ごたえ十分ですね!ピルエットもかなり安定した回転を見せていたし、そのほかの動きもとても魅力的で目を惹きました。

マンゴジェリー@斎藤洋一郎くん
ソンダンの時に観て以来の洋一郎くん!猫メイクしてるけどけっこうすぐに分かりました(ソロナンバーあるしね)。相変わらずいいダンス魅せてくれてたな。歌も初めて聞いたけどけっこういい感じだった。ソンダン以外の彼を観れてよかった。

そのほかの皆さんも熱演でとてもよかったです。

キャッツはこれで通算7回目くらいになるのですが…今回自分がいかに「猫初心者か」ということを思い知らされた観劇となりました(苦笑)。大好きなミュージカルなんだけど、いつもは音楽に重点をおいて観ていたのでソロのある猫以外はあまり注目していなかった節があるんですよね。全体像を楽しむ、みたいな感じで。
なので、どの模様がなんていう名前の猫なのか、とか、どこにどの猫がいるのか、とか、全然知らなかった(汗)。それどころか、マキャヴィティなんかは後半にチョロッと戦いで出てくるしソロナンバーがあるわけではなかったので存在自体がダミーなんじゃないかとすら思っていたくらいです(←マキャファンの皆さん、ホントにすみません 滝汗)
今回の観劇でキャッツファンの友達に色々教えてもらって…けっこう目から鱗。皆すごく細かいところを見ているんんだなぁとビックリしました。群舞になってもどこにどの猫がいるって分かってるというのだからすごいです。わたしは結局主要猫以外はほとんど判別できませんでした(爆)。
「CATS」は好きなミュージカルではあるけれども…たぶん私はそこまではハマれないかなぁ…。


さて、以下はちょっとテンションがおかしくなるであろうレポートになります(爆)。オフステの感想も書きますが、まともな感想じゃない気がするのでw、そういうのが苦手な方は他のもっと詳しく分かりやすいレポートをしているサイトさんがたくさんありますのでそちらへ移動してください。







406891418.jpg


印象に残った猫の感想の中にただひとり書いていない人物…はい、この方目当てのために行ったわけですから、私(笑)。正直なところ、今回の猫観劇はものすごく偏った見方をしてしまったので実は全体像をしっかり見たわけではなかった(爆)。初めてですよ、キャッツで一人の役者ロックオンして観たの(笑)。


アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ@飯田洋輔くん

ついに観にきてしまったよ!飯田君の猫は観ないで終わるだろうなぁなんて思っていたのに、テンションが上がってしまいとうとう横浜まで出向いてきた私(←単純なアホ 笑)。前日の親戚付き合いでのストレスがありましたが…飯田君を観れるというテンションが勝ったらしくwwえらい集中して見入ってしまった。
しかしながら、私はキャッツ超初心者状態。ソロ以外ではいったいどこにガスが出没しているのか全く知らなくて…事前に友達に教えてもらいました(笑)。で、それが、登場のシーン。オーバーチュアで出てくるのは土管だと聞いていたので注目。すると本当に土管からスルスルっとデカイ猫が出てきた(笑)。
あぁ、飯田くんだ~…!
と感激に浸っていた私ですが、なにせオープニングは暗い(苦笑)。あれよあれよと言う間に見失ってしまい…最初のナンバーも飯田探しに夢中でまともに聞いてなかった私(←コラコラ 爆)。ちなみに上から落ちてくくるのが横浜にちなんで赤い靴なんだっていうところは見ました(笑)。
そのあとも結局見当たらないまま…バストファージョーンズのナンバーへ。

「いらっしゃぁぁい~」

とニコニコしながら入ってくる飯田@ジョーンズさん!オイッっ!!可愛いじゃないかっっ!!すごくいい声でいながらあの可愛さはいったい(萌えスイッチが全開 笑)。大きな体でユサユサ歩いてる姿になんだかかつてないほど癒される。なんか飯田君のおっとりさが役ににじみ出てるなぁ、なんて。スプーンでゴルフする仕草するところなんて思わず見てるこちらの顔の頬が上がってしまうほど可愛かったよっっっ(萌えすぎて怪しい人状態 爆)。マキャの気配がきて縮こまって怖がってる後姿も超絶可愛いっっっ(もう完全に飯田君しか目に入ってない状況 爆)
いまだかつて、バストファージョーンズをこんなに真剣に見たことがあっただろうか(笑)。あの姿が観れただけでも横浜まで来た甲斐があったと思ってしまった私です(←ホントに単純バカ)

そのあと、色んなシーンがあるわけですが…どうにもこうにも飯田猫がどこにいるのかよく分からない(苦笑)。最初の土管から出てきた印象と、バストファジョーンズのメイクを必死にチェックしたのでそれだけを頼りに探しまくる私…。そんなわけなので、実は他のシーンをまともによく見ていなかったりした…(←失礼だぞ、おい 爆)
で、ジェリクル舞踏会の時になんとなくそうかなぁ…と思う猫を注目したのですがどうも違うような…みたいな感じで1幕終了。幕間に友達に会って聞いてみたところ…全く違う猫だったことが判明(←アホ 爆)。次の居場所を再び教えてもらい2幕へ。

2幕冒頭は飯田君の2役目であるアスパラガス=グロールタイガーのナンバー。これは私にだって分かる(そりゃそうだろう 笑)
これまでガスの一人語りのシーンはなんとなく眠気を誘われていたのですが…(爆)、今回恐らく初めてものすごく真剣に見入ってしまったw。飯田くん、まだ若いのにあの深みのある声でちゃんと老人らしく演じてました。顔のメイクを見るとまだ老人って感じには見えないかも…とは思ってしまうんだけど(それと貫禄もまだね)、それでもなんかすごく新鮮で嬉しくなってしまった。飯田君のあの深みのある声は武器だなぁ。いろんな人物の表情を持ってると思う。それに安心感もあるし癒される。
そしてグロールタイガーのシーン。荒くれ者の役だけど、なぜかどこか、可愛いって思っちゃう(笑)。バターナイフ振り回したり他の猫を殴ったりと乱暴しまくってるんだけど、どこか仕草が可愛い。それがいいのか悪いのかは分からないんだけど(笑)好きだなぁ。飯田君らしいグロールタイガーだと思った。その可愛さがもっと出てくるのがグリドルボーンとのシーン。彼女の気を惹こうと頑張ってる姿はなんだかイジらしくて萌える(笑)。
なんだか新しいタイプのガス=グロールタイガーを見たって感じだったな。

その出番が終わった後の居場所も友達のおかげで発見することができて…実はミストフェリーズのシーンはほとんど下手ばかり観ていた私(爆)。いつもはミストのほうをガン見してたのに…ごめんなさいって感じです(←ホントだよ)
クライマックス、グリザベラが天上へ行くシーンは…泣きました。このシーンは何度観てもなんだかとても泣けるのです。そんな状況でも視線はなんとなく飯田猫へ行っている私(笑)。音楽に感動しつつ飯田猫を見て癒され、私のこの日のキャッツ観劇は幕を閉じました。キャッツのディープなファンからは殴られそうな見方だよな(爆)。すみません、こんなテンションで。


この日は観劇後にオフステージトークも開催されました。これがあったので強行的に横浜に出てきたんだった(笑)。でも、微かな期待は持っていながらも、現実的には飯田君は出てこないだろうなと思ってました。ただBBのオフステ時のこともあるので…やっぱりちょっとは期待…みたいなw。
それにしてもこの日の参加者は多かったなぁ…。BBの時のオフステよりも確実に人口密度高かったので改めてキャッツ人気にビックリしてしまった。

オフステの司会はジェリーロラム=グリドルボーンを演じてた朴慶弥さんタントミールを演じてた原田麻由子さん。お二人が登場すると突然、吉本の音楽が鳴りだして漫才ムードになったのが笑えた(笑)。掃除ブラシをマイクに見立てて息のあったテンポいい漫才トークを繰り広げる朴さんと原田さんに客席も大笑いしてましたね。二人とも関西のご出身なのかな。だからあのテンションが出たのかもw。
その二人からこの日のトークの趣旨について説明が。で、「今日はキャッツのイケメン5人をそろえました!」という紹介がありまして…その言葉を聞いて"もしや"と急にテンションがアップしてきたのは言うまでもありません(爆)。が、期待しすぎると落胆が大きくなると思ったのでそこそこまで落ち着かせて出てくるゲストを待つことに。

1人目、黒のテカり気味なスリーピースのスーツに赤いシャツを着てカッコよく登場したのはマンカスを演じている武藤寛さん。へぇ、武藤さんってこんな素顔だったんだ~と感動。「夏の思い出は?」と聞かれて「舟から花火を見たことかな」と素敵な思い出を語ってくれたのですが、朴さんたちが「一緒に見ましたよね」みたいにツッコミ入れてて実はそれがキャッツメンバーで観に行っていたことが判明(笑)。のっけから微笑ましかった。

2人目、やたらきれいな顔立ちのイケメンが登場して誰!?と思っていたら突然中国語でご挨拶して二人にツッコミ入れられている彼(笑)。タンブルブルータスを演じていた松永隆志くん!彼がどの猫をしていたのかこの時点では分からなかったんですけど(あとで友達に教えてもらい納得 爆)本当に礼儀正しそうなイケメンでした。中国国籍の好青年。ちなみに夏の思い出は京都で抹茶アイスを食べたことだそうです。可愛いわ~。

3人目、舞台上段からニコニコしながら出てきたのは…緑のチェックシャツというちょい地味な格好の…飯田洋輔くんじゃないですかっっ!!なんと、BBオフステに続いて飯田くんキターーー状態で私のテンション激昇りww。この日に無理してでも入れて正解だったとシミジミしてしまった。のっけから挨拶する時にマイク代わりのブラシに頭をぶつけちゃうところが可愛いんだってばっっ(激萌えw)。そんな飯田君の夏の思い出は「海に行きたかったなぁ」みたいな願望で。そのほかでは「甲子園かなぁ」ってことで。BBの時にもちょっと語ってたけど、好きなのねぇ、あのチームが。微笑ましいわ~(萌)。相変わらずおっとりニコニコしてて…見てるだけで癒されるわ、この子w。朴さん・原田さんとは同い年ということで会場からは「えぇ?」という声が。それに対して「なんのエェでしょうか」と戸惑い気味の飯田くんなのでした(笑)

4人目、登場したとたんんに司会の二人から軽くあしらわれていたのはカーバケッティを演じてた齋藤太一くん。彼がどの猫だったのかこの時点で分からず(爆)。夏の思い出を聞かれることなく着席させられてましたw。彼はそういう役回りの子なのね(笑)。

5人目、なかなか出てこない…と思ったら客席後ろの扉から「ごめんごめーん」と走って現れるオレンジのスーツを着た男性が。よく見れば、タガーを演じてたスンラさん…金森勝さんじゃないですか(笑)。なんか役のイメージと違ってちょっと爽やかな感じだったわ~。JCSのオフステ以来の素のスンラさんでしたが、あの時とだいぶ印象が違うなと思ってしまった。ちなみに夏の思い出は野菜中心の生活をしたことと3年半ぶりにガスを演じたこととのことでした。

メンバーは以上。今回は客席からの質問などはなく、朴さんと原田さんが進行にしたがって(時に脱線しましたがw)イケメンメンバーに聞いていくというスタイルで進められてました。

Q1.いまハマっていることは何?

松永くん
ゼットを観に行きました。
武藤さん
酸素カプセルにハマってます。←他の皆さんも頷きまくり。スンラさんは週3日も通って入っているらしい。キャッツはかなり体力を消耗するので酸素カプセルは回復させるのにはもってこいみたいですね。

Q2.生活する上でのルールは?

齋藤くん
12時に寝る。←すかさず女性陣から「小学生か!」という容赦ないツッコミ(笑)。それを横目に見てニマニマしてた飯田君が可愛かった(←見てるところが違うって 爆)
武藤さん
朝は野菜ジュースを飲む

Q3.役作りに関しては?

飯田くん
役作りと言うか、正直にやるしかないなということで(←そういう素直なところが好きだなぁ 萌)。この役はスンラさんに教えてもらってデビューしたのがちょうど誕生日だったそうな。その日はあまりの感激で終わった後に舞台袖で号泣してしまったそうです(涙)。あぁ…なんか、目に浮かぶ…。キャッツに憧れて四季に入ったってどこかに書いてあったのでよっぽど嬉しかったんだろうなぁって。純粋な子なんだなぁと思ったらなんかちょっとウルっときそうになった。ヤバイよ、ますます飯田君にハマってしまう(←すでに相当ヤバイ 爆)。その日はスンラさんといっしょにシャンパンでお祝いしたのだとか。いい関係なんですねぇ。
ちなみに飯田君の猫デビューは五反田の08年5月17日だったみたいですね。この頃は行かなかったなぁ…。あ、なにげに誕生日が私と1日違いだ。なんかそれだけで嬉しい(←誰も聞いてねーよ 爆)
やっていくうちに、時々ちょっと「やりすぎかな」って思う部分も出てきたりしてしまうので、そのあたりは自分で自覚してセーブするようにしたり先輩にアドバイスをもらったり(太一にダメ出ししてもらったりと飯田君もツッコミ入れてたよw)やっています、とのこと。本当に素直に実直に役と向き合ってるなぁって感動してしまった。

で、飯田君の齋藤くんへのツッコミから彼の仰天(?)エピソードが次々に出てきまして。先輩とすれ違ってもどかなかったり、先輩にタメ口をきいたり、みたいなことを次々と暴露されていく太一君(笑)。どこからどこまでが本当か分からないけど、とにかくタジタジになってしまう太一くんなのでした~。
皆にツッコミまくられる齋藤くんを楽しそうにイジったりおっとりとニコニコ笑ってる飯田くんも可愛くて萌えたなぁ(結局見てるのはそこだよ 爆)

Q4.今やっている役のほかに演じてみたいキャラは?

松永くん
スキンブルシャンクスをやってみたいとのこと。朴さんと原田さんがこのコメントに食いついて「彼は歌が上手いんですよ!」と大絶賛。ぜひともスキンブルを見てみたいっ!と他のみんなも応援してました。へぇ、松永くんの歌、聞いてみたいなぁ。控えめながらもちゃんとしっかり夢を持ってる好青年、頑張れっ。
齋藤くん
「クレイジーを…」と言いかけると朴さんたちからすかさず「おまえがクレイジーだよ」と強烈なツッコミが入り会場が大爆笑(笑)。可愛そうに、と思いつつもなんかツッコミ入れたくなってしまうキャラだっていうのは分かるわw。
飯田くん
「僕は、エルファバやってみたいですねぇ」という意外な回答に会場も私もザワっ(笑)。それってボケ回答!?と思っていたら、「1幕クライマックスのガーッと歌い上げるシーンがすごく好きで、あれを歌えたら気持ちいいだろうなぁって」と夢見るように語る飯田くん。素直だわ~、可愛いわ~、好きだなぁ、そんな回答してる飯田くん(←ちょい壊れ気味 爆)。飯田君のあの美声でDefying Gravityを聞いてみたいぞ!!あの声は色んな表情を持っているからイケると思う…と本気で思ってしまう。
スンラさん
じゃあ僕はグリンダやりたい、とのこと(笑)。二人でウィキッドやりたいねぇ、みたいな話で飯田くんとニコニコ話してるスンラさんでしたが「濃い舞台になりそうですね」と原田さんたちに苦笑いされてました(笑)。
私は見たいぞ、その濃い~舞台を(笑)。飯田君を緑にしたら…とか色々と妄想がww(←やめなはれ 爆)

Q5.俳優とは何?

齋藤くん
話を振られたもののいい答えが浮かばず時間切れ(笑)。司会の二人にバッサリ斬られスルーされてしまいましたw
スンラさん
生活の一部ですね、とのこと。日常生活で辛いこととかあっても舞台に上れば浄化されると。とても熱く語られていて皆熱心にその話を聞いていました。
武藤さん
実生活では体験できるようなことができるのが魅力だそうです。役者はメッセンジャーでもあるのでちゃんと客席に伝えられるようにしていきたいとこちらも熱く語っていらっしゃいました。

Q6. 舞台上での失敗談は?

武藤さん
セリフが全く出てこなくなったことがあるそうな。お立ち台(猫を集めて演説するシーンだと思う)で歌うときに突然セリフが抜けてしまい頭が真っ白になり、場を繋ぐために何とか歌詞を繋いだものの辻褄が合わずw、咄嗟に近くにいた人の顔を見たら彼女も「分からない…」と顔面蒼白状態で訴えられ…最後は力技で分かる歌詞が来るところまで最初の一音を伸ばしていたんだとか(笑)。今だから笑って話せるエピソードですよね、これって。当時は武藤さん始めその場にいた猫たちがみんな凍り憑いていたに違いない(←その現場を見てみたかった気がする 笑)
飯田くん
「僕はカツラが飛びまして…」という言葉にみんな「!?」とビックリ(笑)。この現場は武藤さんと朴さんと原田さんも目撃していたらしく驚いていたそうなのですが…、何と、このカツラが、次の振りでジャンプをした時に元に戻ったそうです(爆笑)。"頭を右に振ると右にずれて左に振ると左にずれて、最後にジャンプして戻ってた"とのこと(笑)。元に戻った時には飯田くん「安心感」で満たされてたらしい(可愛い 萌)。今だから笑って話せるけど、当時はものすごく凹んだらしい。でも自分の失敗に対してよりも他人のことを気にしてたなぁ。「こういう失敗は当事者よりも周りの人のほうが辛いんですよねぇ、笑えないから」って話してたのが印象的。みんなあの当時は目を合わせないように必死にしていたとのこと(笑)

Q7.恋愛の失敗談

武藤さん
失敗…ないなぁ、と呟いていましたが、後に恋愛で成功したことがないという意味だったことが判明(笑)。
齋藤くん
同じく「ないなぁ」と呟いたところですげなくスルーされてた(笑)
スンラさん
昔のことなのでよく思い出せない…ということで誤魔化してました(笑)

ちなみに飯田君は私はBBで聞いていたからここで回答がなくてもなんだか微笑ましく思い出してたよw。

Q8.理想の女性のタイプは?

齋藤くん
「女性はワガママじゃないですか」という最初の一言にすかさず朴さんから「はぁ!!??」というものすごいツッコミが(笑)。周囲の男性人もビビって彼のほう見ててまさに孤立無援状態にw。スンラさんからも「今のが失敗談じゃない」とかツッコミ入れられてるしボロボロ。「今ので女性全員敵に回しましたよ」と脅されて大慌てで仕切り直しをする太一君(笑)。つまりは、自分のことを理解してくれる女性がいい、ということを言いたかったらしいですw
飯田くん
自分の仕事を理解してくれる人で、なおかつ自分にはないものを持ってる人がいいとのこと。ほほぅ~、かなり現実的な回答だな。けっこうシャキシャキしてる人とかいいのかも?私は理解はできるかもしれないけど飯田君にないものは私にもないしタイプからは反れるのかなぁ…なんて(←オイ 爆)
武藤さん
「自分に対してもそうなんですけど」と前置きをしたうえで"知性・品性・感性"のある人がタイプだそうです。さらにはユーモアがあればなおいい、ということで…そういう女性を見つけるのってけっこう大変かもねぇ(汗)

Q9.魔法を使えたとしたら何をしたいか?

武藤さん
自分で翼を持って空を飛びたいとのこと。これに対して女性軍からはなぜかツッコミがw
松永くん
震災で倒れた場所を直したい、という素晴らしい回答が!!純粋できれいな心の子だなぁって感動してしまった。これには客席からも拍手が。
齋藤くん
このトーク前には「時間を止めたい」と話していたらしいのですが、訂正して「時間を操りたい」とのこと(笑)。これに対しても女性陣から「太一に操られたくないわ~」と猛烈な突っ込みが入っていましたww。
スンラさん
どこでもドアを出したいとのことで。どうやら横浜までの通勤時間がけっこうプチ旅行状態らしいスンラさん。あぁ、私もここまでくるのにけっこうプチ旅行だったからそれがほぼ毎日になるとそりゃ辛いだろうなぁと思ったなぁ。お疲れさまです。
飯田くん
「どこでもドアといわず…ドラえもんを出したい」と大きく出ました(笑)。「すごいですよね、ドラえもん!」と子供みたいになって身を乗り出して話し出す飯田君に萌え(笑)。すると横から「体系がドラえもんかも」みたいなツッコミが入りw、さらには「じゃあどこでもドア出してもらおうかな」とリクエストも。すると飯田くん、自分がドラえもんになった気持ちになったらしく四次元ポケットからドアを出すような仕草してニコニコしてたんですよ(笑)。ぐおおおぉぉ…か、か、かわえぇぇ~…(壊)。無邪気だわ~。けっこう気に入ったらしくて次の話題に入る寸前までドラえもんやってる飯田くん、しかしながら周囲は既に次の質問へチェンジする雰囲気になってて…リアクションしてる自分に注目が集まっていないと悟った飯田君が自嘲しながらちょっと凹んでたのを私は見たぞ(笑)。どこまで可愛いんだよ、オイっ!内心超萌えが止まらなくて大変になっていた私(爆)

Q10.これからの夢は?

松永くん
故郷の中国でキャッツをやりたいそうです。そのときはスキンブルが演じられてるといいねって思ったな。
齋藤くん
故郷の北海道でキャッツをやりたいそうです。
飯田くん
「まだどれだけかかるか分からないけど…」と前置きをした上で…、"魅力的な役者になりたいですね"と。立っているだけで存在感があるような、この人が出てれば間違いないなと言われるような役者になりたいと大きな志を語る飯田くん。この仕事は年齢を重ねてもたぶんずっとそう思うものだと思うので(日下さんも未だに勉強だと語っているとのことですし)磨いても磨いても届かないかもしれないけれど「もっともっといい役者になりたい」と力強く語ってました。あぁ、なんか、飯田くん、ものすごい覚悟を持ってこの世界にいるんだなぁって思いました。それはたぶん皆さん同じだと思うんだけど、それをこうして熱く語れる飯田君がますます好きになった気がする。
私は今四季関連はほとんど飯田くん見たさで劇場に足を運んでいるわけですがw、もっともっと魅力的になっていきそうなので先がとても楽しみです。
武藤さん
「綺麗事に聞こえちゃうかもしれないけど」と前置きしたうえで"世界平和"と語る武藤さん。今の世界情勢を見てて地球が危ないと常々感じてしまっているのだとか。そう思うと自分の悩み事なんかも小さいと思えるしできることからやっていきたい、ととても熱く真摯に語られている姿が印象的でした。
スンラさん
今年の震災を経験してさらに舞台の上に立てていることを噛み締めていらっしゃるようです。自分が舞台に立てることに感謝しながら一日一日を頑張っていきたいとこちらも熱く語っていらっしゃいました。

トークはここまでで終了。そのあとは男性役者さんたちが抽選箱から座席表の入った紙をくじ引きで引いてサイン入りポスターをプレゼントしていました。私はこういうものに当った験しがないので端から諦めていましたが…本当にかすりもしませんでした(爆)。飯田君からポスタープレゼントされていた方が羨ましかった…w。

最後は原田さんが「男性陣、今日はちょっとダメだったから反省会するよ!」みたいな感じでイケメンたちを従え退場(笑)。皆さんガックリしつつも客席になんとなーく笑顔向けて(特に飯田君が客席にどう反応していいのかちょっとオロオロしていたのが超可愛かった 笑)ゾロゾロと原田さんのあとに続いて引っ込んでいきました。それを見ていた朴さんが「コワッ」というリアクションで笑いながらついていって退場(笑)。

いやぁ、めっちゃ面白かったよオフステトーク!しかもまたしても飯田君が参加してくれててもう幸せで…前日の疲れが見事に飛びましたがな(笑)。参加している最中の飯田君はちゃんと足をそろえて座っててお行儀がいいのが印象的だったな。おっとりした笑いを浮かべながら、時にはアヒル口になってたりww、時にはちょこっとツッコミ入れてたり、熱く語るときには一言一言とても大事に言葉を選んでたし…。40分ちょっとの間に色んな飯田君を堪能できました。ドラえもんやってるときが一番可愛かった(超萌)
大きな志を持って真摯に役者業に邁進している飯田くん、これからもっともっといい役者に成長していくと思う。まだまだ若いし、たくさん先輩からいいものを吸収して「この人じゃないと」って思わせる役者になってほしいな。まぁすでに私は四季では「飯田洋輔君じゃないと」って思って観に行ってるけど(笑)。体にだけは気をつけて…心身ともに元気で…(これが一番大切)頑張れ!



関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

CATS - -
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。