<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
今年のNHKの朝ドラと大河ドラマは本当にどうなってしまったんでしょうかねぇ…。

あ、楽しんで視聴している皆さん、ごめんなさい。
ここから先は愚痴、というか毒語りになりますのでスルーしてください

ここまで見てきて不満が相当溜まってるので・・・(苦笑)。
大河、朝ドラに不満を感じている方はよかったら…。







まずは大河ドラマ…。『江』

スイーツ大河とか言われているようですが、スイーツと呼ぶにも失礼なくらいの駄作だと思っています。
これって脚本家の田渕久美子の私情がものすごく入り込んでるんじゃないかと。信長が死んだ時に江の後ろに亡霊として現れているのを見た時からそう感じてきました。あれ、田淵さんの亡くなられた旦那様を想定して描いたんじゃないか…みたいな。
そのあとも、本当に戦国時代なのか!?と疑いたくなるような展開がテンコ盛り(苦笑)。"姫たちの戦国"なんていってますが、たいして苦労しているようにも戦っているようにも思えません。初は少しマシになったかな、とは思いますが、江がほとんど精神的に成長していないように見えてしまうのは大問題ではないかと(毒)。

「戦は嫌にござります」「戦には向いていないのでは」

こればっかし。あんた本当に戦国の姫か!?あの時代に生きた姫の覚悟みたいなものが、樹里ちゃんの江からは微塵も感じられませんがな。秀忠が関ヶ原に遅刻したと知った時にバカみたいな大声で「アッハッハッハーー」と笑ったのにはビックリ仰天ですよ(爆)。なんですか、あの笑い方。演出はあれでOKしてるんですか。
そのほかにも、涙を拭う所作や歩き方など…これまで多くの時代劇見てますが、彼女には主役の姫としての雰囲気がまるでありません。彼女はそんなに苦手な女優さんじゃなかったんですが、この大河を見てからちょっと…。時代劇に向いてないんじゃないですかね。

それから向井君の秀忠…。なんかファンのために早めの登場だったらしいですが、私は彼の芝居はあまり好きではない。ゲゲゲの時からそうでしたので、期待はしていなかったんですけど…秀忠はさらに魅力がないように思えます。
なんていうか、スレている設定だからかもしれないんですけど…それにしたって淡白すぎる。台詞回しもほとんど一本調子だし、感情の動きが芝居からは見えてこないので見ていてものすごく退屈する。私には何も伝わってこないんですよね。目にも力がないし…。まぁ、あの脚本じゃそうなっても仕方ないかもしれないけど…それにしてもねぇ。

田渕久美子さん、あなたはもう大河ドラマに携わらないでいただきたい。目指していたらしい「恋愛」な部分もあまりにも安っぽく、ドラマにマッチしていません。
やっとこさあのヒドい秀吉がいなくなって少しは落ち着くのかと思っていましたが、根本的にドラマ部分が破綻しているのでこの先もどうにもならないと思われます。NHKのドラマ部さんはこの作品、本当のところどう思ってるんですかね。私は視聴者に見せられるレベルのものではないと思います。


そして、朝ドラ『おひさま』…。

前ドラマの『てっぱん』後半があまりにも神経を逆なでするような展開の連続だったので、『おひさま』の初回を見た時にはホッとして心が温かくなったものです。そのあとも、人々の心の動きを丁寧に描いていて美しい長野の風景と共に癒される素敵な朝ドラだなって思いながら見ていました。

安曇野編はよかった…(遠い目)

良一お父さん、茂樹兄さん、春樹兄さん。近所のタケオくん一家。白紙同盟の仲間達、オクトパス先生。彼らに囲まれている頃の陽子が一番輝いていた…。戦争中のエピソードもよかったし何度も涙しました。和成にお嫁入りするシーン、和成の出征、戦時中の子供達の涙…胸打つものが多かったです。

終戦を迎えた時に陽子は気が抜けて倒れ、これまでのことを連想しているシーンがありました。事実上、あそこが最終回だった気がする…(苦笑)。最後に泣いたのは、茂樹が戦地から戻ってきた時かな。あそこで私の「おひさま」時間がストップしたような気がする。

終戦後、丸山家での生活がフィーチャーされることが増えましたが…まるで坂を転げ落ちるかのようにドラマの中身が無くなっていった。まさにジェットコースター状態(苦笑)。なんであんな急にドラマの質が落ちていってしまったのか謎です。
一説には戦前から戦後にかけては本物の原作が存在していて(原作者の方がブログで告白していたし)それを基にドラマを書いていたので安定感があったからではないか、みたいな話がありますね。戦後からは本当の岡田さんによるオリジナルになった…みたいな。それ、ものすごく信憑性あるなと思いました。

色々とツッコミ入れたいシーンがたくさんあるんですが、それを言うのもバカバカしくなるくらい現在は全くスッカラカンな内容が続いている『おひさま』。これまでの朝ドラ、視聴断念したものを除いて色々と腹のたつような内容が多いものがありました(最近では『てっぱん』)。が、とりあえずは、腹を立てる材料のドラマはあった。
今の『おひさま』には、ドラマがほとんど無いんです。まるで今年の頭に話題になった通販おせち料理事件みたいに、中身が入ってると思って蓋を開けてみたらスカスカだった、みたいな(毒)。こんなにも15分が長く感じられる朝ドラは今まであまりなかったかもしれない(視聴断念したものにはあったかもだけど)
ふんっとに、どうでもいいような、間延びするような、ただ時間を引き延ばしているかのような展開ばっっっかし!あれはドラマじゃない。NHK制作部、何も感じないんですかね、今の状況を見て。

不愉快に感じる展開も多いんだけど、その中で一番気分悪いのは徳子や陽子が最近よく口にしている「まったく、男共といったら」みたいなセリフ。このドラマ、女性があまりにも強い太陽に描かれすぎていて男性の描き方がものすごく中途半端だと思う。本当に男性の脚本家が書いているのか?と疑いたくなるような展開ばかり。
そもそも、戦争が終わってからまだ日が浅いというのに…厳しい戦地を体験してきたであろう男性たちはその心の傷を背負っている様子がほとんど描かれなかったのにものすごく違和感を感じます。茂樹がいつの間にか立ち直ってて育子のしつこさに翻弄され心惹かれてる、みたいな展開が信じられない。育子のイジりはものすごく見ている私にとっては目障り耳障り。川原さんだけだったな、戦争に傷ついていた人物は。すぐにスルーされたけど。
あの時代に生きていた男性をバカにしてるんじゃないだろうか、とさえ思ってしまう。

なんでこんな惨めなドラマに成り果ててしまったんだ…『おひさま』。私は良一さんの後半のあるエピソードだけは気になるのでなんとか離脱しないで見てますが(ここまできたら最後まで見るだろうけど 爆)…あそこは本当にちゃんとドラマにしてほしいよ。


『江』も『おひさま』も、なんか哀しくなるくらい質の低いドラマだなぁと…。
『テンペスト』は面白かったのに…、作るチームが違うとこうも差が出てしまうんですかね。帯ドラマは習慣で毎回見ているので、次作はなんとか立て直してほしいです。



関連記事

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

その他ドラマ感想 comments(2) -


コメント

Re: ディープピープルに、「おひさま」の岡田さん

サントラさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

ディープピープル、録画はしてあるのですがまだ見ていないんですよ(汗)。
そういえば尾崎さんって、「わかば」前に書いていたような?
なんかこの番組を見た人の話によると、後半の「おひさま」のグダグダっぷりが
納得できるとかなんとか…みたいですね(苦笑)。
最終回を迎えましたが、とりあえず見てみようと思います。

朝ドラってそういう意味では本当に大変な作業なんだと思います。
ここ最近で一番すごいと思うのは「ちりとてちん」ですね。今から思うとあの朝ドラは偉大だなと。
「つばさ」も波はありましたが(汗)ドラマはちゃんとあったので楽しめました。
岡田さんはもう朝ドラの仕事受けないほうがいいと思います(爆)

ディープピープルに、「おひさま」の岡田さん

今晩のNHK「ディープピープル」で脚本家3人が朝ドラの脚本について語っていました。中園ミホ(下流の宴)、岡田恵和(おひさま)、尾崎将也(梅ちゃん先生)という顔ぶれでした。

中園:「大河よりも、何よりも、朝ドラは大変という。たとえるならフルマラソン」

尾崎:「民放のドラマは45分だけど、15分×6回で90分という感覚がまだつかめない」

岡田:「ずっとつかめないと思うよ。僕は構成が下手で、1週間でひと固まりと考えるのはやめた。ダッシュ156回という感じ。配分ができない、結局は1話1話を見てもらわないといけない」

「つばさ」は、だいたい1週間完結で、水曜と土曜に山場があって、とてもわかりやすかったと思います。

岡田さんの発言にある、「ダッシュ156回」というのが、戦後の「おひさま」急降下の原因なのでしょうか? 「原作」が尽きてしまい、そのうえダッシュ、ダッシュで1週間や1ヵ月の構成まで考えが及ばず、1話1話まとめるのが精いっぱい。それで、へとへとになってしまったとか。

最終週の脚本の打ち合わせの様子が少し映像で紹介されましたが、岡田さんはかなり消耗しきっていた感じでした。 (セリフの言いまわし一つひとつにまで、プロデューサーと打ち合わせしながら修正しているのに驚きました)


フォーム

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。